イケメンの定義20個。顔だけじゃない「カッコいい男の要素」

女性の言う「イケメン」って何かご存じですか?今回はイケメンの定義を20個お教えします。顔だけじゃだめ!真のイケメンとは外見と内面、どちらもカッコいい男性のことを意味します。イケメンの定義を知って、モテる男を目指してみてはいかがでしょうか?

イケメンの定義8. 女性目線の“おしゃれ”を分かってる

イケメンの定義 お洒落

男性と女性では、ファッションで見るべきポイントが大きく異なります。イケメンは、女性目線のファッションが分かっています。女性が特に見るのはと鞄。女性は、時計など小物を中心に細かい部分に自然と目が行きます。メンズファッションのトレンドを抑えているかも重要です。


イケメンはスーツの着こなしもカッコいい

おしゃれ過ぎず個性を出しすぎず、しかし適度なファッションセンスがあるのがイケメンです。TPOに合った私服をさっと着こなすのはもちろん、ビジネスファッションも徹底的にカッコよく着こなします。王道のネイビースーツはもちろん、ワンランク上のスリーピーススーツや、程よく外したブルースーツをセンス良く着こなしてみてくださいね。

【参考記事】はこちら▽


【外見】見落としがちなイケメンである2つの定義

イケメンの定義 Other

顔と身体とともに、見落としがちなイケメンの定義を2つ解説します。それはイケメンだ!という納得感のある特徴と、そこもなのか!という驚きの特徴をご覧ください。


イケメンの定義9. 声が低い

イケメンの定義 声

低さで言うと、テノールくらいがイケメンです。バスまでいくと男前と定義されてしまうことが多いでしょう。また、柔らかく優しい声も人気。声帯手術をしない限り声を変えることはできませんが、「あの人、声イケメン!」と言われる男の声をよく観察して、場面によって低い声を使いこなせるようにすると、イケメンに近づけるかも。


その日のコンディションで声のトーンは変化する

いつも通り話していても、「今日何かいいことあった?」と言われたりするのは、人は気持ちの高ぶりによって声のトーンが変化しているから。好きな人の前だと声は高くなりやすいですが、落ち着いた渋い低めのイケメンボイスを心がけてみましょう。


イケメンの定義10. 若々しい

イケメンの定義 若い

イケメンは「付き合いたい人」です。年齢が高い人に比べて、年齢の若い人の方が普通は当てはまりやすいはず。ただし、歳上の男性がモテるのは世の常。特に経済状態などを後押ししてか、年の差婚も近年では増えてきました。年齢を重ねていっても、他のイケメンの定義を満たして、よりカッコいいイケメンに近付いてくださいね。


【内面】性格がイケメンである3つの定義

イケメンの定義 inward

真のイケメンはルックスだけでなく、内面もイケメンです。特に性格面や考え方、価値観はイケメンの定義を語るのに外せない大切な部分。内面イケメンの3つの特徴をレクチャーします。


但し、過度な若作りはNG

相手と歳が離れているからとはいえ、無理に若づくりをする必要はありません。自分の年齢に合ったイケメン像を目指しましょう。あくまでも自然体な爽やかさを持つことが重要です。


イケメンの定義11. 自信がある ※ただし謙虚

イケメンの定義 自信

自身がある人は人を惹きつけます。男性からも人気ですし、女性からはもちろんモテます。ただし、自信だけが膨らんでしまった人は嫌われます。カッコいい&高収入のハイスペック男子がモテない理由は、行く過ぎた自信がプライドに変わってしまっているから。イケメンは謙虚さを忘れません。最近、年下彼氏が流行っているのも、自信と謙虚のバランスを取りやすい部分が大きいでしょう。

【参考記事】はこちら▽


イケメンの定義12. ポジティブ

イケメンの定義 ポジティブ

常に前向きでプラス思考の人は、自分も周りも元気にします。とても魅力的な存在です。女性もネガティブな“さげまん”よりも、ポジティブな“あげまん”の方が男性にモテますよね。ポジティブやプラス思考は、絶対的に欠かせない「イケメンの定義」です。


イケメンの定義13. 器が広い(おおらか)

イケメンの定義 おおらか

小さなことでは腹を立てず、店員さんなどにも丁寧に接することが出来ます。ポジティブにも通ずる要素。器の広さは、人間としての魅力を広げてくれます。おおらかに落ち着いたイケメンになりませんか。

【参考記事】はこちら▽


【内面】社会的にイケメンである7つの定義

Men's JOKER (メンズ ジョーカー) 2014年 03月号 [雑誌]

顔や身体、性格以上に大切になるのが、社会的地位や社会的なスキルです。人間社会における男としてのレベルが、貴方をイケメンに変えます。極論を言えば、見た目にある程度気を遣い、最低限性格のいい人になり、社会的な男としてのレベルを磨けば、イケメンになれるということ。最後のイケメンの定義7つをご紹介します。


イケメンの定義14. 笑顔がきれい(爽やか)

イケメンの定義 笑顔

笑顔は誰の心も和ませます。逆に無表情の人は関わりにくいという印象です。イケメンは人と話して笑顔を見せるため「話しかけやすい人」「モテそうな男」といった好印象を周りに与えています。

人の感性が豊かになってきた今日において、人は嘘の笑顔や営業スマイルに気が付きます。特に感性の鋭い女性からすると、本物と偽物の笑顔を見抜くことなど容易です。本当に笑顔が素敵なイケメンを目指してくださいね。


イケメンの定義15. 社交性がある

イケメンの定義 社交性

口数によらず、イケメンの周りにはいつも人が集まります。それは社交性であったり、あるいは仁徳なのかもしれません。メンヘラ男のようにSNSなどソーシャルの世界でマイナスを吐いたりも一切しません。厳しいことがあっても男らしく耐えて乗り切る。まさに、イケメンですね。


イケメンの定義16. 女慣れしている ※ただし誠実

イケメンの定義 女慣れ

イケメンは、良い意味で女慣れしています。モテない男と違い、女性との接し方を知っています。ただし、女慣れだけではただのチャラい人になってしまいます。約束を守ったり、思いやりがあったりと、一途な男らしい誠実さを兼ね備えていることが肝要です。


イケメンの定義17. 素直

イケメンの定義 素直

イケメンは、「ありがとう」や「ごめんなさい」を素直に言うことができます。「嬉しい」とか「素敵だね」など伝えるべき大切な言葉をしっかり伝えてくれます。女性に人気の褒め上手も、素直だから素直に褒めるのです。変なプライドが邪魔して素直になれない男は、イケメンとは程遠い生き物です。一流のいい男は、この“素直さ”がずば抜けています。


イケメンの定義18. 話し上手

イケメンの定義 話し上手

面白い話ができる人は、機知に富んでいます。話のセンスがあったり、頭の回転が速くて適切な話題をどんどん出すことができます。イケメンは、女性との会話で盛り上がる話題やネタを把握しているため、合コンでもデートでも人気者です。

【参考記事】はこちら▽


イケメンの定義19. 仕事ができる

イケメンの定義 仕事できる

これは絶対です。イケメンは仕事ができます。業務をサクサクとさばいていく姿に、女性は惚れ惚れ。ビジネス書を集中して読む姿も、仕事に一生懸命な姿も、イケメン度をアップさせます。男性の仕事ができる姿を見た時こそ、女性がその男性に惚れる瞬間だったりしますからね。仕事ができないダメ男とは、バレンタインでもらうチョコの数も比べ物になりません。

【参考記事】はこちら▽


イケメンの定義20. 頼りになる

イケメンの定義 頼りになる

女性は頼りになる人を見ると「この男性は自分を守ってくれそう」とキュンとします。そして、その男性を“イケメン”と評します。生物学的に強い男性に惹かれるのが女性です。その紛れも無い事実からも“頼りになる人=イケメン”と定義できるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


かっこいい人になるために今すぐできる4つの方法

かっこいい男性の定義は「顔」だけではありません。外見、内面どちらも揃ってこそ、真のイケメンと言えます。ここでは今すぐ始められて誰でも出来る「かっこいい人」になるための方法をご紹介します。 今すぐ始められる事ばかりなので、是非参考にしてみて下さい。


方法1. 身だしなみを整える

「人は見た目じゃない」とは言っても、第一印象はかなり重要です。顔は生まれ持ってのものなので、整形でもしない限りは変えられませんが身だしなみは心がけ一つで変えられます。

身だしなみの基本は清潔感。「髪の毛はちゃんと整えているか」「服や靴は綺麗か」「爪は伸びていないか」等、意識して身だしなみを整えることで印象が良くなり、かっこいい顔でなくてもイケメンとして認識されることもあります。

【参考記事】はこちら▽


方法2. 筋トレを始めて、かっこいい肉体に仕上げる

たくましく鍛えられた筋肉は女性のみならず男性から見てもかっこいいですよね。パリっとスーツを着こなしているかっこいい男性の多くがジム等でトレーニングをして、体を鍛える努力をしています。 かっこいい人になるために誰でも出来る努力が「身だしなみを整えること」と「体を鍛えること」です。筋トレは自宅でも出来ますので、モテる男になりたいと思ってる人はすぐにでも筋トレを始めましょう。


方法3. 有言実行を心掛ける

「口だけ男」ってかっこ悪いですよね。逆にかっこいい人は「有言実行」な人が多い印象です。自身の口にした目標を達成していく姿は誰から見てもかっこいいもの。

目標をあえて口に出す必要はありませんが、目標を口にする場合は「口だけ」にならないように達成していく事が大切です。有言実行出来ている人は頼りがいもあるし、男女関わらず慕われるので、真のイケメンになるためには重要な要素となります。


方法4. 困難なことでも立ち向かう男らしさを身につける

嫌な事や大変そうな事があると逃げ出してしまう、そんな人がかっこいい男性になれるわけありません。もちろん困難に立ち向かうのは簡単なことではありませんが、かっこいい人になるためには自分の苦手な事や嫌な事から逃げない姿勢が必要です。 外見だけでなく内面を鍛えることで、男らしさを身につけた真のイケメンになることが出来ます。

【参考記事】はこちら▽


かっこよくなりたい時に気をつけるべきポイント

身だしなみを整え、内面を磨いたとしても、ふとした行動で台無しになってしまうことがあります。「この人のココがなければかっこいいのにな~」そんな風に思わせてしまう残念ポイント。ここでは、注意してほしい残念ポイントをご紹介します。


ポイント1. 「俺かっこいい」アピールはしないこと

「LINEのアイコンをキメ顔自撮り写メにしている」「自分がどれだけ仕事の出来る男かを自慢する」これら、俺かっこいいアピールは男女関わらず嫌がられることが多いですよね。

俺かっこいいアピールをしている限り、モテることはないでしょう。本当にかっこい男性の場合、アピールしなくても人間的魅力に溢れているものです。


ポイント2. 女性は当然のこと、男性にも優しく接すること

裏表ある人って嫌ですよね。例えば、女性にだけ優しくして男性には悪い態度をとっていた場合、男性から反感を買うだけでなく、女性からも裏表があって嫌な人と認識されるでしょう。

本当にモテる人というのは、女性だけではなく男性からもモテる人のことをさします。本当にかっこいい人を目指すのであれば、男女関わらず誰にでも別け隔てなく接することが大事ですね。

【参考記事】はこちら▽


ポイント3. 鏡や窓ガラスで、長々と見た目をチェックしない

身だしなみを整えることは大切ですが、人前で長々と髪型や服装のチェックをするのは控えたほうが良いですね。身だしなみは人と会う前に整えることが基本です。

会社や学校などの公の場で整えるのは、タイミングとしてズレているだけでなく「ナルシストなんじゃない?」といった反感を買ってしまいます。人前では、髪型や服装が崩れていないかサっとチェックするだけにしておきましょう。

【参考記事】はこちら▽


ポイント4. 人の為にならない優しさは、本当の優しさではないと知ること

人に優しくあることは、かっこいい人に必要不可欠な要素ですが、悪いことでも許容してしまうのは相手のためになりません。例えば何度も会社に遅刻してくる後輩を甘やかすのは優しさではないですよね。

自分も相手も嫌な思いをするかもしれないというリスクをおかしても、相手のために言うべき事はしっかりと言うのが本当の優しさと言えます。


ポイント5. イケメンの定義を身につけても、モテようと女性にガツガツしない

イケメンになるための努力をし、外見も内面も十分に整ったからといって、女性にモテようとしてガツガツするのでは本当のイケメンとは言えません。本当にかっこいい男性は、ガツガツせずともモテるものです。

せっかく努力して自信を手に入れたのであれば、余裕ある態度で過ごしましょう。今までの努力があなたを魅力的にしてくれているはずなので、焦らずともモテる男性になっているはずです。


イケメンの定義は「外見と内面がカッコいい男性」

イケメンの定義 外見と内面

外見が良くてこそ“イケメン”と評されます。外見以外でイケメンの男性は「爽やかイケメン」「性格イケメン」「雰囲気イケメン」などと修辞を付けて使われます。しかし顔だけが良くても、「顔だけイケメン」と揶揄されてしまいます。つまりイケメンの定義は、外見も内面もカッコいい男性。イケメンになる努力を怠らず、「あの人、イケメンだよね。」と女性から噂される男性を目指していきましょう!

【参考記事】定義が分かったところでイケメンになる方法についてご教授します▽

【参考記事】イケメンの定義を理解したら、次はイケメンの条件を▽

【参考記事】イケメンはさり気ない香りまで素敵▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事