女友達から彼女になる方法とは|友達でも恋愛対象になる女性の特徴を解説

仲の良い好きな男友達とどうやって彼女として付き合えるのか悩む時ってありますよね。今回は、女友達と関わる男性の心理や友達と彼女の違い、恋愛対象になる女性の特徴、男性が彼女にしたいと思う瞬間を大公開!さらに彼女に昇格する方法も紹介します。気になる男友達がいる女性は必見です!

女友達から彼女になりたいけど、どうすれば良いか悩みますよね。

女友達から彼女になる方法

気になる人がいると、友達のままでいいのか、恋人として昇進したいのか、男性から見た「女友達」と「彼女」の違いが気になりませんか。

「友達以上、恋人未満」と言われると、少し寂しいような嬉しいような複雑な気持ちになることがあるもの。

本命と思う男性がいるなら、恋人として彼女に昇格するにはどうしたら良いでしょうか。本記事では、女友達と彼女の違いに加えて、彼女になれる女性の特徴や方法を紹介します。


女友達と一緒に過ごす5つの男性心理

友達であっても彼女ではない女性と一緒に過ごしている男性の気持ちが何なのか気になりますよね。

ここからは女友達と一緒に過ごしている男性の心理を5つ紹介します。


男性心理1. なんとも思っていなく、男友達と同じ感覚で接している

まるで男友達と同じように、自分のことを理解してくれる一人の人間として関わっているという心理があります。

性別の垣根を超えた関係になっており、お互い信頼関係が構築されていると感じているのでしょう。


男性心理2. 実はずっと好意を持っているが、なかなか告白できない

女友達と過ごしている男性の中には、実は「告白して嫌われたらどうしよう」、「今の関係が壊れるのでは?」と好意を持っているために不安になっている心理を持つ男性もいます。

ずっと温めてきた関係に亀裂が入るくらいなら、告白してOKと言われるまで待ちたいと思っているケースが考えられます。


男性心理3. 少し興味があり、これからの発展を期待している

女友達に異性としての興味を持っており、女友達から彼女にしたいと考えているため、一緒に過ごす男性もいます。

今は彼女としての興味が出始めたという段階なら、気持ちが盛り上がるのを待ちながら、一緒にいる時間を大切にしたりもします。

そうして女性との恋愛関係に発展するのを期待して、待っているのです。


男性心理4. 特に付き合う気はなく、疑似恋愛を楽しんでいる

女友達とのデートが好きだったり、デートの雰囲気を掴むためだったり、彼女はいらないけどデートはしたいと思っているため、女友達と一緒に過ごします。

デートだけの相手として、女友達を見ている可能性も少なくありません。


男性心理5. 共通の友人が多すぎて、今更手を出しづらい

今まで一緒に過ごしてきた時間が長い女友達の場合、「友達は友達」といった暗黙のルールができているため、手を出せずただ一緒に過ごす男性も。

共通の知り合いも多く、付き合っていることや過去のことを知られると、茶化されたりするのではと考える男性も少なくありません。


男性が思う「彼女」と「女友達」の5つの違い

「女友達」にしかなれない女性と、「彼女」として選ばれる女性には、どんな違いがあるのでしょうか。

男性が考える一緒にいたくなる女性でも、彼女と友達の境目になっている基準を5つ紹介します。


両者の違い1. 性的に魅力を感じているかどうか

男性は、彼女にしたい女性が現れると、ボディタッチをしたり、一緒にいる時は出来るだけくっついていたりすることを考えます。

つまり、周囲の女性を見る時、気の合う女の友達の中から女子力があり、色気のある人を「彼女」に選ぶという感じでしょう。

一方、女友達だと思う場合は、相手に色気を全く感じないので、くっついたりボディタッチをしたりすることもありません。

【参考記事】はこちら▽


両者の違い2. 幸せにしてあげたいと思う責任感があるかどうか

「女友達」と「彼女」は、どちらも一緒にいて気を許せる女性達ですが、守ってあげたいと思うかどうかに違いがあります。

彼女にしたいと思う場合は、何かトラブルになった時、「何かできることある?」などと積極的に聞いてくることもしばしば。

ですが、女友達の場合は、困った時があった場合に「大丈夫?」とは聞いても、助けようとしないケースもゼロではありません。

このように女性のことを大切にしようと行動してくれるかどうかで、友達と彼女を分けることができるのです。


両者の違い3. 無理をしても会いたいと思えるかどうか

彼女として見ている場合は、少しスケジュールがきつくても「会って話をしたい」と思っているため、都合をつけて会おうとするでしょう。友達との飲み会などをキャンセルする男性もゼロではないはず。

一方で女友達の場合、彼女と比較して優先順位が高くないので、スケジュールがきついと「ごめん空いてない」と、会おうとはなかなかしないでしょう。

友達と彼女には、女性への優先順位による違いもあると言えるのです。


両者の違い4. ドキドキするかどうか

女性の場合は、デートをしたりすぐ隣にいたりすると、恋愛対象であるならドキドキして当然のこと。

たとえ気を使わない女性だったとはいえ、同性の友達と同じ感覚でいられる女友達とは違います。

いつでも触れあえる彼女がすぐ隣りや近くにいるなら、より一層緊張してドキドキしてしまうのです。


両者の違い5. カッコ悪い姿を見せられると思うかどうか

彼女にしたい女性の場合、「自分のいいところだけを見せたい」と思っているので、カッコ悪い姿をなかなか見せようとはしないでしょう。

もしカッコ悪い姿を見せて、彼女から嫌われたらどうしようと思っていることからです。

一方で女友達の場合、自分をよく見せようという心理が働かないので、カッコ悪い姿でも平気で見せられるのです。


男性が恋愛対象として見ることができる女友達の5つの特徴

好きな人のそばにいたいし、少しでも時間を共有したい!そう思えばこそ、女性としては、時々一緒にいられる女友達より、彼女に格上げしてもらいたいものですよね。

ここからは、男性から彼女として選んでもらえる女性の中でも、恋愛対象として見てもらえる女友達の5つの特徴を紹介します。


特徴1. 色気があり、女性として魅力を感じる女性

女友達として接していても、色気がある女性には異性として魅力を感じて「付き合いたい」と思うので、自然に惹かれてしまう傾向があります。

いくら女友達として仲良くしていても、色気がないとなかなか恋愛対象として考えにくいことも。

「綺麗だな」と思える色気がある女性だと、女友達としてだけでなく、彼女にしたいと自然に思うようになるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


特徴2. 容姿が可愛くてタイプな女性

中身が大切と口にしながらも、可愛い子や女性とすれ違うと目で追ってしまうのが男性心理。

「付き合うなら可愛い子が良い」と思っている男性も多く、容姿が優れている女友達だと「付き合いたいな」と思っている可能性も少なくありません。

どれだけ性格がよくても、容姿がそこまで好みではない場合、なかなか恋愛対象として発展しないことも。

【参考記事】はこちら▽


特徴3. ずっと一緒にいたいと思える安心感がある女性

容姿だけでなく、安心感があるかどうかも非常に重要なポイントです。一緒にいて落ち着く関係性だったり、お互いなんでも話せるような間柄であれば、「この人の付き合ったら楽で楽しそうだな」と思う可能性も。

感情面での安定感があり穏やかな反応ができる女性だと、一緒にいる人にも穏やかさや安心感を与えられ、男性も居心地の良さを感じるでしょう。


特徴4. 上品な振る舞いができ、言葉遣いも綺麗な女性

顔が可愛くて安心感がある女性でも、振る舞いが下品で言葉遣いが汚ければ、一緒にいたいとはなかなか思いにくいです。

友人に彼女として紹介するとなった時、その下品な振る舞いに、男性が恥ずかしく感じてしまう可能性もゼロではありません。

上品さを見ることで、「おしとやかな人だな」と異性として好印象に感じるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


特徴5. 前向きな性格で、一緒にいると笑顔になれる女性

男性が魅力を感じる明るい女性は、周囲を和ませたり気遣いができたりできる人も多いでしょう。

そうした明るい女性を見た時に、男性は勇気付けられて「一緒にいたいな」と思うことも少なくありません。

仕事のストレスを感じていたり、忙しさで疲れ切っていたりすると、つい男性は癒しの求めるもの。前向きな女友達と一緒にいることで、「付き合ったら楽しいだろうな」と感じ、恋愛対象になることも少なくありません。

【参考記事】はこちら▽


「好きかも!?」と男性が女友達から彼女にしたいと思う8つの瞬間は?

男性は女友達の中で、「この子が好き」とか「好きかも」と思うのは、ちょっとしたきっかけと言われています。

女友達のままで終わりたくない!と思う素敵な男性に巡り会えたなら、男性が彼女にしたいと思う瞬間を知っておくのは大切。

付き合うきっかけになるかもしれない8つのポイントを紹介します。


瞬間1. 他の男性とデートに行っているのを知って、嫉妬してしまった時

女友達が他の男とデートに行っている時、「行ってほしくないな」と思う自分がいることがわかることで、彼女にしたいと思うことも。

どうでもいい女友達の場合、どこで何をしていようと全く興味を持ちません。嫉妬することもなく、むしろその女友達の幸せを喜ぶことでしょう。

ですが、他の男性と会っていることを知った時、「自分だけとデートに行ってほしいな」と独占欲が働き、彼女にしたいと思う可能性も少なくありません。

【参考記事】はこちら▽


瞬間2. ボディタッチをされて、キュンとしてしまった時

何かの拍子でボディタッチをされた時の反応の違いで、彼女にしたいかどうか分かれることも。どうでもいい女友達の場合、相手からボディタッチされても何も感じないこともしばしば。

ですが彼女にしたいと思うケースだと、相手からボディタッチされた瞬間に驚くと同時に、思わずときめいてしまう可能性もあるでしょう。

キュンとすることで「好きなのかも」と思うようになり、彼女にしたいと思い始めます。


瞬間3. 女性に近づいて、いい香りがした時

人間は恋愛をすると、好きな人の匂いを好きになり、そのいい香りに惹かれてしまうことがあります。

普段仲良くしている女友達で、何かの拍子で近づいたときにいい香りがしていれば、思わずときめく可能性もゼロではありません。

「そんないい香りだったんだ」といいギャップを感じて、異性として意識し始めるでしょう。


瞬間4. 一生懸命に取り組む姿を見て、愛おしく感じた時

自分の目標に向かって一生懸命だったり、周りに流されない意見をしっかりと持てる女性に、魅力を感じる男性は意外に多いものです。

一生懸命にやるのは努力が必要だということを知っているので、一生懸命な女性を見ると、素敵な女性と思うことがあるのです。

女性らしさに磨きがかかって笑顔の素敵な明るい女性が、一生懸命になっている姿を見ると愛おしく感じるでしょう。


瞬間5. 笑顔を見て癒やされている自分に気がついた時

ニコニコしている女性の笑顔が、気に入らないという男性はほとんどいないでしょう。

彼氏は女性の笑顔に癒されることが多く、微笑みかけられて気持ちを切り替えられることもしばしば。

落ち込んでいた気分から明るい気持ちになれることもあり、そんな自分の気持ちに気がつくことで、「彼女にしたい」と思うでしょう。

【参考記事】はこちら▽


瞬間6. いつの間にか彼女の連絡を待っている自分に気がついた時

付き合いの長い女友達であれば、メッセージのやりとりも頻繁にするようになるでしょう。毎日LINEのやりとりをしているような時、ふと「まだ返信がこないかな」と待っている自分に気づくことも。

連絡を待っているということは、それだけその女友達を連絡を取り合いたいということ。「もしかした好きなのかもしれない」と思うようになり、彼女にしようと考えるかもしれません。


瞬間7. 辛い時に女性がそばにいて支えてくれた時

落ち込んでいる時にさりげなく励ましてくれることで、恋愛対象になるケースも。

そばにいて支えてくれることで、心が落ち着いている自分がいることに気がつき、「恋愛が始まっているかも」と思う男性も少なくありません。

そばにいて広い心で包んでくれる女性の大きさに気づいた時、「この人とずっと一緒にいたいかも」と思い、彼女にしたいと感じるでしょう。


瞬間8. 女友達からの脈ありサインに気づいてしまった時

「彼氏になりたい」「彼女にしたい」と男性が思っても、女性はどう思っているのか本心がわからなければ踏み出せない男性も少なくありません。

女性から脈あり行動をされたときに、驚くと同時に嬉しさも感じるはず

「ずっと一緒にいたい」「〇〇君なら彼氏にしてもいいかな」と言われることで、「彼女にしたいかも」と思うかもしれません。


「女友達」から「彼女」へ昇格して付き合う7つの方法

ここで、女友達から付き合う彼女へ昇格する7つの方法を紹介します。

長年の友達だと良いイメージがあっても、友達から彼女への昇格は壁を乗り越える必要があります。

でも、一緒にいたいと思う男性とは、「女友達」では終わりたくない!そう思う方は、ぜひ彼女に昇格して付き合う方法を参考にしてみてくださいね。


付き合う方法1. 女性らしい服装や振る舞いを心掛ける

「女性らしい一面」がないと彼女への昇格は望めないかもしれません。そのためにも、自分の服装やメイクなどの振る舞い方をチェックし、女性らしさが含まれてるか見直してみましょう。

彼氏の好む服装に合わせてスカートやパンプスでおしゃれにしたり、ヘアスタイルやネイルケアも定期的にチェックしたり。

普段から身だしなみをチェックする習慣は大切です。


付き合う方法2. 今まで見せなかった女性としてのギャップを意図的に作る

普段とは違うギャップを見せることで、相手の男性を惹きつけるのもおすすめの方法のひとつ。

例えば普段バリバリのキャリアウーマンが、プライベートな時間には可愛らしく女性らしい行動をしてみるのもアリです。

いつもとは異なる自分を見せつけることで、相手の男性は思わずドキッとしてときめいてくれるので、彼女として見てくれる可能性もアップするでしょう。

【参考記事】はこちら▽


付き合う方法3. あえて弱さを見せて、男性を頼ったり、甘えてみる

女性からのさりげないアプローチが決め手になることもあります。

男性は、「女性を守りたい」、「支えたい」と思っているもの。そこで、女性側から「悩みごと」や「相談」を持ち掛けて弱さを見せて悩んでるということをアピールすれば、男性に頼られていると感じさせることができます。

相談する時は、頼ったり甘えたりするのに加えて、飾らない自分も見せておくのはポイント。守りたいという一心で、近くに置いておける彼女への昇格が決まる確率がUPしますよ。

【参考記事】はこちら▽


付き合う方法4. 恋愛の話をして女性として意識させる

少し勇気がいるかもしれませんが、あえて恋愛の話をするのもおすすめ。「どういう人がタイプなの?」「どういう彼女がほしいの?」などと言えば、相手の男性も恋愛に前のめりになってくれるでしょう。

そこで「〇〇君みたいな人と付き合えたらな」など、恋人になりたいようなアピールすれば、嬉しく感じて彼女になれる可能性もありますよ。


付き合う方法5. 思い切って2人きりのデートに誘う

女友達から彼女に昇格したいなら、2人きりのデートに誘って二人の時間を増やしてみましょう。

大勢のグループでの旅行やバーベキューなども、彼氏と一緒に居ればそれなりの楽しみ方ができます。

ですが「デートしよう」と口にすれば、相手の男性も驚きつつも、デートだと意識してしまうので、異性としての距離が縮まります。結果的に彼女へ昇格しやすくなりますよ。

【参考記事】はこちら▽


付き合う方法6. さりげなくボディタッチをしてドキドキさせる

「いつになったら気がついてくれるのかなぁ」と悩むほど、鈍感そうな彼氏には、女性からちょっと積極的なアピールが必要です。

段差や歩く時のサポートに手をつないだり、話している時に軽く相手に触れたりしてみましょう。

普段しないようなさりげないボディタッチにキュンとしてしまい、「僕のことが好きなのかな」と異性として意識させることができますよ。


付き合う方法7. 好きな気持ちを素直に打ち明ける

素直に「好きです」という気持ちを伝えることで、付き合うことを願ってたり、一緒に居たいということが伝わるのです。

男性は、頼りにされている、自分が必要とされていると、実感できることに喜びを感じるもの。

気持ちがしっかり伝えて、直接彼女に昇格してみるのも良い方法です。

【参考記事】はこちら▽


女友達で終わりたくない方は、ぜひ彼女に昇格する方法を試してみて!

女友達のまま終わりたくないと思える出会いには、彼女になりたいという気持ちをアピールすることから始めることができます。

そのためにも、男性が「女友達ではもったいない!彼女にしたい」と思えるような女性磨きを続けましょう。

女性らしさがなくても女友達にはなれますが、彼女になるには女性らしさは必須条件!毎日のさりげない振る舞いや言葉遣いからも、身につけていくので、彼女への昇格目指して頑張ることがおすすめですよ。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事