2017.08.06

女性との会話が続かない貴方に。話題&ネタなど話が弾む9つのコツ

女性との会話が苦手で続かない…とお悩みの貴方に「女子との話が弾む9つのコツ」を伝授します。会話の話題やネタはもちろん、LINEでのコツや会話の練習にもなるテクニックを女性目線で徹底レクチャー。合コンやデートなどで駆使して、素敵な彼女を作りましょう!

もう、女性との会話で悩まない。

会話 ネタ

男友達とは普通に会話が続くのに、なぜか女性を目の前にすると会話が弾まない。沈黙の時間が長くなる一方で空気がどうも重いとお悩み貴方に、女子との会話のコツを伝授します。実は意外と肩肘はる必要ない、とても簡単なことなんです。貴方の得意な会話術を見つけていきましょう。今回は会話のコツ9個から、会話が続かない原因まで徹底解説していきます。

 

会話のコツ1. 会話の基本は笑顔

会話のネタ 笑顔

ムスっとしている人に何でも話できるなんて人なんて滅多にいません。ニコニコしていると、物腰が柔らかそうな人と思われるので女性側も話しかけやすいです。普段からニコニコ笑顔心がけていきましょう。

 

会話のコツ2. 自分の弱みを先に出す

会話のネタ 弱み

自己開示をする人ほど相手から好感が得やすいと言われています。弱みをさらした人間に対して人は、親近感が湧くのです。口下手な人は、「俺結構口下手だからよろしくね」と最初に言ってしまいましょう。そしたら女性側も「私もなんです。」と共感してくれるかも。

【参考記事】不器用な男ほど、女心をくすぐる▽

 

会話のコツ3. 相手に教えてもらう

会話のネタ 教えてもらう

相手の女性が得意なことを聞き出しましょう。もし相手の女性が料理が得意なら「男でも作れる簡単な料理教えて!」と聞きましょう。自分が得意なことを話す時は楽しいし、聞いてもらえるとすごく嬉しいものです。ただ、マイメロ好きには気をつけて。もしかしたらその女の人はメンヘラかもしれません。

【参考記事】メンヘラ女と付き合うと貴方は苦労する▽

 

会話のコツ4. 目の前にあるものについて話す

会話のネタ 目の前のもの

「話題が思いつかないどうしよう。」と困ったらまずは目の前のことを話していきましょう。目の前に小さい子供がいたとして。「俺、将来自分に男の子生まれたらサッカー習わせたいんだよね。」とか。目の前のことに関することをネタにするのです。「あ ぁ、わかる!サッカーいいよね。私はね…」と会話がドンドン膨らんでいきますよ。

 

会話のコツ5. 5W1Hを常に意識

会話のネタ 5W1H

よく耳にする5W1H。国語で習った人が多いと思いますが、意外と侮れないです。改めて確認していきましょう。

  • When (いつ)
  • Where (どこで)
  • Who (誰と)
  • What (何を)
  • Why (なぜ)
  • How (どのくらい)
5W1Hがあるのとないのでは、会話の広がり方が大きく変わっていきます。 

5W1Hを意識していない会話

♀:「私、スノボ好きなんだよね」
♂:「へぇー。そーなんだ。」

これじゃ会話が全然膨らみません。相手の女性も「興味ないのかな?」とテンションがダウンしてしまう恐れも。  

5W1Hを意識した会話

♀:「私、スノボ好きなんだよね」
♂:「へぇ。いつからやってるの?」
♀:「えーとね。3年くらい?」
♂:「そうなんだ!」
(「 どこのスキー場によく行くの?」)
(「いつも誰と行くの?」)
(「スノボのウェアってどこのブランドがかっこいいの?」)
(「始めてどのくらいでうまくなった?」)

5W1Hを駆使すると会話が広がりますし、聞かれた相手も「ああ。この人私の話ちゃんと聞こうとしてくれてる。」と安心感を覚えます。コミュ力ある人間にも見せてくれる5W1Hは、まさに会話の救世主。


会話のコツ6. オウム返し

会話のネタ オウム返し

聞き上手と思われるには持ってこいのオウム返し。相手の言った言葉をそっくりそのまま返すという単純なテクニックです。

♀:「ひどい目にあったのよ」
♂:「なるほど。そんなひどい目にあったんだね」

相手の言葉をそのまま繰り返すだけで、”共感してもらえた”と相手は無意識に感じます。オウム返しを駆使すれば、“共感力のある男”と印象付けられるはず。

 

会話のコツ7. リアクションは、2倍大きく

会話のネタ リアクション

男性は女性と比べて感情表現が乏しいと言われています。しかし、これを覆すのが関西の男性たち。彼らはリアクションが大きいです。「嘘やろ!」、「ホンマか!?」、「それはえらい大変やわ」。聞き手のリアクションが大きいと話し手は気分良く話せて、楽しいのです。関東の男性たち、関西の男性のリアクション取り入れてみてはいかがでしょうか?リアクションは、2倍大きくしていきましょうね。


【参考記事】女性にモテる聞き上手とは▽


会話のコツ8. 相手をピンポイントで褒める

会話のネタ 褒める

「すごいね」という褒め言葉も十分女性を喜ばせることができますが、女性をもっと喜ばせるには具体的に女性を褒めていきましょう。

♀:「今日も残業しちゃった。私って要領悪いわ本当に。明日はしないようにする」
♂:「え。そんなことないっしょ?◯◯はコツコツ頑張ってるから平気だよ。俺は、そういう◯◯素敵だと思う。」


【参考記事】カップルの愛が深まる会話から参考にしてみて▽


会話のコツ9. 女性との会話で鉄板の話題&ネタ13個を把握する

会話のネタ 13個

今までは会話のテクニックについてご紹介していきましたが、最後に会話に困らない話題&ネタ13個を提供します。女性との会話ネタを知っておくことで、話題に困ることもありません。ぜひ会話のネタとして使ってみてください。

  1. 地元トーク
  2. お互いの第一印象を話す
  3. 仕事や学校での面白エピソード
  4. 占いの話
  5. 休日の過ごし方
  6. スポーツの話題
  7. 身内や兄弟の話
  8. 夢や未来について
  9. 好きな異性のタイプ
  10. 何フェチか
  11. 好きな芸能人
  12. 好きな食べ物・飲み物
  13. お互いの趣味

コチラ▼の記事もご参考にどうぞ。合コンの記事ですが、非常に参考になりますよ!

【参考記事】合コンの記事ですがネタああああああ▽


【LINE編】会話のコツ

ここまでは、面と向かって女性との会話について話ましたが、LINEでのやりとりにも困っているメンズも多いかと思います。先程紹介した9項目の中にはLINEで使えるコツも多くありますが、LINE特有のコミュニケーションを紹介。


【LINE編】会話のコツ1. 文章は長くとも3行まで

女性とのLINEでの会話のコツ。文章は長くとも3行まで

急に5行、6行の長文LINEがきたら、女性は返すのも億劫になってしまい、既読スルーなんてことも。LINEはどちらかというと単発のコミュニケーションの交換のため、長くても3行と意識しましょう。


もちろん、短すぎるLINEはそっけなく見えてしまう

関係性が近く、相手の女性が自分を把握している場合は良いのですが、ここから仲良くなる女性に対して…「うん。」「了解。」と返信するとそっけなくなってしまいます。

そんな時、「うん、これ楽しいよね!」、「○○件、了解。」などクッション言葉を入れるか、「了解。」の後にスタンプを入れるように意識しましょう。


【LINE編】会話のコツ2. スタンプを上手に利用する

女性とのLINEでの会話のコツ。スタンプを上手に使う

【会話のコツ.2】で紹介したような、LINEにはスタンプという強力なツールがいます。「了解。」は硬いけど、「了解でーす。」みたいなフランクに話すのは難しい…という男性はスタンプでキャラクターが「OK!」をしているスタンプを使うと、柔らかなやりとりになります。

「了解。」の後にスタンプを送るのも、そっけないという印象が緩和されます。


相手のスタンプから会話を膨らますことも

相手が課金した「特別なスタンプ」を使用していた場合に限りますが、そのキャラクターについて質問やリアクションしてみましょう。

「そのスタンプかわいいね。何のキャラクター?」

「スタンプ○○に似てるね笑」

などなど、会話の種は沢山詰まっています。


【LINE編】会話のコツ3. 「既読スルー」されても焦らない

女性とのLINEでの会話のコツ。既読スルーされても焦らない

LINE特有の相手が見て「既読」が付いても、返信がこない「既読スルー」。この場面で「おーい!」「どうした?」など覆いかぶさるように、連絡はNGです。寝落ちしてしまったり、何か手が離せなかったり…などなど、様々な要因があります。今は忙しいかなぐらいの大きな器を持って構えましょう。

【参考記事】もし、相手からの既読スルーが気になる方はLINEトーク術を参考にしてみて▽


女性との会話が続かない原因は、たった2つ

女性との会話を続けるコツをお送りしましたが、最後は会話が続かない原因について解説していきます。「会話下手だから」、「上がり症だから」という性格の問題ではなく本当は違う所に原因があります。


女性の会話が続かない原因1. “自分の評価”をつい考えてしまうから

会話のネタ 自分ばっか

  会話が続かないと「つまらない人間に思われてないか」、「かっこ悪いと思われてないか」知らず知らずのうちに自分のことばかり考えてしまいますよね。自分がどう思われているかよりも、相手の女性が今どんな気分なのか考える癖をつけていきましょう。


女性との会話が続かない原因2. ”沈黙=気まずい”と考えすぎ

会話のネタ 沈黙

”沈黙=気まずい”という思想がどこか日本人には根付いています。結論から言うと、貴方が思うほど相手は気まずいとあまり考えていないケースが多いです。途中に間があってこそ会話は成り立つもの。「会話が思いつかないのならしょうがないかぁ、まあちょっと一旦ここで休むか」ぐらいの余裕を持っていた方が気持ちが楽になりますよ。  

会話を長続きさせるには、聞き上手になった方が早い

会話のネタ 聞き上手

 

太古を遡ると男は外で狩り、女性は周りの人とおしゃべりしながら家を守ってきた習慣が根付いていたので女性の方がコミュニケーション能力に長けています。だから女性は、話し上手な人が多いんです。でも、会話ってそもそも聞いてくれる相手がいないと成り立たないものです。「聞き上手って忍耐入りそう」と思うかもしれませんが、実はメリットばかり。  

  • 聞き上手は女性からモテる
  • 信頼されやすい
  • 仕事の商談率アップ

聞き上手であればあるほど、女性は貴方に何でも話ししたくなり安心感を感じます。仕事でも、相手との信頼関係を築きやすくなるでしょう。聞き上手への一歩は、“5W1H”や“リアクションを2倍”、“教えてもらう”ことを意識すること。聞き上手になれば、気づかないうちに会話はどんどん弾んでいきますね。

【参考記事】誰にでも好かれる男は、ほとんどが聞き上手▽


まずは相手に興味を示す。ここから全てが始まる。

女性との会話はまず、興味を示すことから始まる

会話する前にまずは、相手に興味を示していきましょう。「どんな人なんだろう?」、「好きな話題はなんだろう?」、「聞かれたら嫌なことないかな?」と。相手に興味を示してあげればあげるほど、自然と質問も出来て相手との会話をもっと楽しめるはず。会話を続けるコツを実践する前に、相手に興味を持ってあげて。興味を示してあげるところから全てが始まります。会話上手になって、好きな女性と時間も忘れる会話を楽しんで下さいね。

【参考記事】女心を知っておくのも会話において大切です。“女性”という難しい生き物を把握してあげてくださいね。▽


【参考記事】モテる男は、いつも笑顔で話しかけやすい雰囲気を持つ▽


【参考記事】一緒にいて面白いと思う男性の特徴をまとめました▽

お気に入り

注目の記事

関連する記事