2017年2月8日

ブルースーツの着こなしで外さない18のコツ。色合いから鮮やかに

いい男は知っている「ブルースーツの華麗な着こなし術」をお届けします。ストライプ柄のコーデやブルースーツに合うネクタイ、ビジネスシーンの靴の色など18のテクニックを身に付けて、個性が光るコーディネートを。

ブルースーツを華麗に着こなして、好印象のビジネスマンに。

ネイビースーツコーデ

スーツの帝王と言えば“ブルースーツ”です。ブルーのカラーイメージは「信頼・誠実・清潔」。上手に着こなせば相手に好印象を抱いてもらえること間違いなし。

 

洗練されたブルーは、貴方を“いい男”にする。

ブルースーツの着こなし方

海外では多くの人が着用しているブルースーツですが、日本では落ち着いたタイプが好まれるため、グレーやネイビーに比べて着用する人が少なめです。でもSmartlogメンズなら、ぜひ華麗に着こなしてほしいところ。そこで今回は、上品に仕上がるブルースーツコーデ15本をレクチャーします。しっかりマスターして、貴方もデキる男の仲間入りをしましょう。

 

◇ まずは、スーツの柄やデザインから

1. 大人の余裕漂う、ストライプ柄ブルースーツ

ブルースーツ ストライプ

ストライプ柄をあしらったブルースーツで、大人の貫禄や迫力を演出しましょう。シャツやネクタイ、ポケットチーフに統一感を持たせれば、さらに上品な仕上がりに。また、ストライプスーツには、身長を高く見せる効果があります。

【参考記事】ストライプスーツの足元には、×シークレットシューズを合わせてみて▽

 

2. 周りと差をつけたいなら、ダブルのブルースーツ

ブルースーツの着こなし方

男なら誰もが憧れるブルーのダブルスーツ。白シャツやシンプルなネクタイと合わせると大人っぽを演出できます。ビジネスシーンで貫禄ある着こなしをしたい大人の男にぴったりのブルースーツです。

 

3. 無地で落ち着きのあるブルーのクラシックスタイル

ブルースーツ 全身

控えめな光沢感のある無地のブルースーツに、無地のネクタイを合わせたトレンドのクラシックスタイル。シンプルに着こなしを求める方におすすめです。“自分らしさ”のその先にあるのが、クラシックなスーツコーデです。

【参考記事】クラシックファッションを取り入れて、洗練されたおしゃれを愉しんでみて▽

 

◇ 次に、気になるネクタイの場面別コーデ

4. 勝負の時は、赤ネクタイで情熱をプラス

ブルースーツの着こなし方

青と赤は補色関係にあたります。赤のネクタイをセレクトすることで、よりブルースーツが際立ちます。赤は情熱を伝える色。最高のパフォーマンスを発揮したい時に、ぜひ挑戦して欲しいコーディネートです。

 

5. ブルー×イエローは暖かい印象に

ブルースーツコーデ

出典:https://www.amazon.co.jp/

暖かみをもたらす“イエローカラー”。幅広いシーンで活用できる万能コーデと言っても過言ではありません。相性のいいバイカラーが、綺麗なスーツ姿に彩ってくれます。

 

6. 上級者のネクタイは、ペイズリー柄

ブルースーツ ネクタイ

奇跡の色彩バランスで、派手すぎないオシャレを実現したペイズリー柄。ブルースーツとの相性も抜群。なんか若くない?派手じゃない?とマイナスイメージを持たれている方も多いようですが、本当の上級者はビジネスシーンで付けています。まさに、ワンランク上の男だけのネクタイです。同系色のブルーペイズリー柄か、光沢のあるブラックペイズリー柄がおすすめ。

【参考記事】Vゾーンを彩るのに相応しい、優れたネクタイを厳選しました▽

 

7. ネクタイもブルーにしたら統一感◎

ブルースーツの着こなし方

全身同系色のスーツコーデに欠かせないのはシャツとネクタイを同系色にすること、ノーネクタイよりもフォーマルで落ち着きのある印象になります。写真のようにポケットチーフを白にするなど敢えて少し外すと遊び心とのバランスを保てますよ。

 

全身ブルーコーデで、よりスマートに

ワイシャツもブルーに統一した全身ブルーカラーコーデは上級者向けのテクニック。一見かなり攻めた印象に見えますが、色彩的な失敗がないのでむしろ安全な組み合わせです。思い切って一度チャレンジしてみてください。高級シャツにこだわれたら、よりベストな着こなしの完成です。

【参考記事】こだわりの1枚がみつかる高級ブランドとは?▽

 

 

8. ネクタイの結び目に“ディンプル”を忘れずに

ブルースーツの着こなし方

ネクタイの結び方をアレンジしておしゃれ上級者の仲間入りをしましょう。“ディティールまでこだわる”ことが最高の着こなしです。ネクタイの結び目にディンプル(くぼみ)を作るとさり気ないヌケ感をもたらします。

 

◇ ネクタイ以外のVラインは…

9. 蝶ネクタイで、手軽にこなれ感を

ネイビースーツ 蝶ネクタイ

蝶ネクタイの合わせるだけで、簡単に上級コーデが完成します。ちょうどいいヌケ感を加えることで、パーティーシーンにぴったりのコーディネート。黒の蝶ネクタイだと、色合いでトラッド感を出せますよ。

【参考記事】スーツコーデにぴったりの蝶ネクタイをご紹介▽

 

10. スリーピースのノーネクタイは男の美徳

ブルースーツの着こなし方

感動を超えた着こなしを実現しれくれるスリーピース。特にブルースーツは、その発色の良さを存分に活かした見事なコーデに仕上がります。ベストの美しいシルエットに、美しいブルー色が見事にシンクロ。ノーネクタイでさりげない抜け感を出したら、最高のコーディネートの完成です。

【参考記事】着こなせたら“男前”、スリーピーススーツの着こなし術を厳選▽

 

11. 柄シャツ+ノータイは漢の登竜門。

ブルースーツの着こなし方

柄シャツ+ノータイスタイルで、簡単に“おしゃれ”を表現しましょう。ラフな着こなしで、プライベートにもぴったりです。インナーのシャツによって印象も変わるので、気分に合わせた一枚を選んでみてください。今年のトレンドを捉えた、花柄をチョイスすると上級のオシャレを楽しめます。春夏はサングラスも忘れずに。

【参考記事】おしゃれメンズなら、機能性・デザイン性どちらもこだわりたいところ▽

 

12. センスが光るブルースーツのセットアップ

ブルースーツの着こなし方

ブルースーツの着こなしでおすすめしたいのはセットアップ。インナーをシャツやネクタイではなく、白Tシャツや写真のボーダーシャツと合わせてみてください。プライベート感の強い着こなしですが、春夏に大活躍。とにかくオシャレに着飾れます。

【参考記事】セットアップなら、気軽にコーデの統一感を出せます▽

 

13. 黒のタートルネックをインナーに着て知的な印象に

ネイビースーツ タートルネック

黒タートルネック×ブルースーツの組み合わせは、インテリジェンスな印象を与えます。元々スポーツウェアだったタートルネックも、今日ではすっかりファッションアイテムとして定着しています。さらに知的さをアピールしたいなら落ち着いた黒がおすすめです。

【参考記事】知的な印象に仕上がる「タートルネック」を上手に着こなしてみて▽

 

◇ 洗練されたブルースーツの足元は?

14. ブラックのシューズは足元をシックにまとめてくれる

タートルネック ブラックシューズ

足元にブラックシューズを配置することにより、全体に落ち着きをもたらしてくれます。主張が強いブルースーツには、モノトーンカラーの小物でコーデのバランス感を意識しましょう。

【参考記事】デキるビジネスマンの足元に相応しい一足とは?▽

 

15. 靴下を履かずにちょい悪な着こなしを。

ブルースーツの着こなし方

ラフな裸足スタイルもブルースーツならキマります。汗の蒸れや臭いが気になる方は、デッキシューズ用の短い靴下を上手に合わせましょう。春夏に爽やかな清涼感を与える好印象コーデに。

 

◇ 小物で粋な男を演出してみて

16. 派手なスーツこそ映えるポケットチーフ

ブルースーツ コーデ

出典:http://amazon.co.jp/

 

スーツの着こなしにアクセントを加えてくれるのが、ポケットチーフ。基本はネクタイを同系色が好ましいですが、迷った際はホワイトをチョイスしましょう。 ハンカチを使うのも、あまり知られていないテクです。

【参考記事】チーフとしても活用できるおすすめブランドハンカチをピックアップ▽

 

17. 遊び心あふれるブルースーツ×ブルーチーフの組み合わせ

ブルースーツ ブルーチーフ

同系色コーデはよく耳にしますが、ここまで統一感を表現できるのはブルースーツだからこそ。普通の着こなしに物足りなさを感じる方はぜひチャレンジしてみてください。

【参考記事】ポケットチーフの活用術を徹底レクチャーします▽

 

18. ラベルピンのアクセサリーでワンポイントを

ブルースーツ ワンポイント

細かいワンポイントを加えてコーデの幅を広げてみましょう。蝶ネクタイや花のラペルピンでほどよい崩しをプラス。嫌みな感じもなく、しっかりとスーツを着ている印象を与えられます。カフスボタン&タイピンにこだわると、より洗練された着こなしに。

【参考記事】おしゃれなカフスで、腕周りを優美に彩ってみて

 

まとめ

ブランク、グレー、ネイビーなどとは少し違った世界観に誘ってくれるブルースーツ。今回のコーデをマスターして、フォーマルからカジュアルまでスーツを幅広く着こなせる“いい男”になってくださいね。

【参考記事】スーツを着るなら絶対に足を運んでおきたい名店をピックアップ▽

【参考記事】シックに決めたいなら、ブラックスーツにチャレンジしてみて▽

【参考記事】ブルースーツだけでなく、ネイビースーツも上手に着こなしてみて▽

Smartlog(スマートログ)

注目の記事

関連する記事

こんな記事も人気です!

男を磨き、人生を遊ぶ。
かっこよく、挑戦的であり続けたい現代の男性たちが
自分を楽しんで生きる情報と出会う場所が、Smartlogです。