2016年5月22日

メンヘラ男の15の特徴。彼氏にしたくないメンヘラ男子とは

メンヘラ男か診断できるように、15の特徴をお教えします。男子からも女性からも印象最悪なメンヘラ彼氏。今回は、メンヘラの治し方など対処法も完全レクチャー。弱いメンタルから脱却して、結婚できる強い男になりましょう!

メンヘラは女だけじゃない。メンヘラ男もいる。

メンヘラ男 特徴

世にも奇妙で怖い“メンヘラ女”が近年増加中で男性のみなさんも命の危機を感じていることでしょう。しかし、明日は我が身。“メンヘラ男”も巷でジワジワと増えています。女子会でも「男のメンヘラって意外と多くない?」と話題になっているんだとか。男性からも女性からも煙たがられ、嫌われちゃうメンヘラの男たち。もちろん、彼氏にしたくない人種No.1のトップ独走。

 

そもそも、メンヘラとは?

メンヘラ男 病気

「心の病気を持った人」というネットスラング。元々は、メンタルヘルスがメンヘルと略され、-er 形になりメンヘラと呼ばれるようになりました。精神(メンタル)が極度に弱く、自分に自信がない男の子たち。メンヘラ男は、承認願望を満たされない時メンタルが弱りやすい特性を持ちます。また、自律神経がイカれてるため、よく体調を崩しやすい人種です。

今回はそんなメンヘラの中でも、たちが悪いメンヘラ男の15の特徴を徹底解説します。当てはまったら要注意!記事最後のメンヘラ更生術も併せて熟読してくださいね。

 

1. 連絡がマメすぎる(≒しつこい)

メンヘラ男

朝、昼、晩、寝るまでずーっと好きな人と繋がっていたいのがメンヘラ男の特徴。もちろん仕事の連絡がマメなのはいいことですが、空いている時間も常に誰かとつながっていたい構ってちゃん。良く言えば愛情深いのですが、ストレートに言ってしまえば極度の寂しがり屋。メンヘラ女って面倒ですよね。同じですよ、メンヘラ男も。

【参考記事】メンヘラ男が未読スルーされる理由も納得です▽

 

2. プロフィール写真をコロコロ変える

メンヘラ男 プロフィール

心理学的に、SNSのトップ画やプロフィール写真にはその人の欲求が表れると言われています。メンヘラは、LINEやFacebook、Twitterの写真を頻繁に変えます。理由は「写真変えたんだ!」と周りに注目して欲しいから。そして“イイネ!”が欲しいから。プロフィール写真の変更の頻度は、その人のメンヘラ度の表れです。

また、プロフィール写真の変更頻度が多い男性は、現実とSNS上のキャラクターが乖離している可能性大。現実が理想に追い付かず、人生に迷走した結果、SNSの世界に逃げ込んでしまうのです。「こいつ、ネットだとキャラ違うな〜」なんて思ったら、9割方メンヘラ男と判断していいでしょう。

 

3. プロフィール写真が自撮り

メンヘラ男 SNS

プロフィールが自撮り写真の男は、50%以上メンヘラ男。いくら自撮りがトレンドとはいえ、20代30代以降の男性の間ではまだまだ浸透していません。特に男一人の自撮りは芸能人でなければ、時代遅れのおっさん or 勘違いナルシストのどちらか。流行に敏感な人、芸能人みたいな人、という印象をネット上で与えたいのでしょう。現実世界で認められないことで、SNSに逃避している典型的な行動です。

【参考記事】もしも自撮りプロフィール写真にしたいなら、せめて撮り方を工夫して▽

 

4. SNSの投稿で金持ちぶってる

メンヘラ男 金持ちアピール

周りにいませんか?一世を風靡した与沢翼のように、金持ちぶった投稿をする男。高級ホテルに泊まったらカッコつけた写真を投稿し(実際には泊まってない場合も)、ブランド物を買う度にわざわざSNSで報告(実際には買ってない可能性大)。借金してまでタワーマンションに住んで、それをSNSでアピールするメンヘラ男たち。自分のリアルに自信がないため、SNS上の“イイネ!”で承認願望を満たしているのです。稀にメンヘラじゃないのに金持ちぶる男もいますが、8割はメンタルが弱い男の子たちです。

 

5. ブランド物が大好き

メンヘラ男 ブランド品

先ほど触れましたが、メンヘラ男は自分に自信がありません。か弱い男の子なのです。そのため、ブランド物で本当の自分を隠そうとします。必要ないでしょ!というくらいブランド物で身を固め、貧乏なら借金をしてまで無理して高級車を乗り回します。最近は香港のスーパーコピーなど、偽ブランド品を本物に見せるメンヘラ男も増えました。偽物の時計や偽物の服を着て、果敢にSNSにアップ。貪欲に“イイネ!”で承認願望を満たそうとします。

 

6. 気分にムラがありすぎる

メンヘラ男 気分屋

昨日は優しかったのに今日はやたらと意地悪をしてくる。また明日になるととたんに甘えてくる。生理前の女子並にメンヘラ男の毎日は不安定。日替わり定食並に気分がコロコロ変わってきます。自分の感情をコントロールする力をつけてほしいですね。メンヘラ彼氏とか、女子的にちょっとキツめです。まさにダメ男と呼ばれる、ダメダメな男。

【参考記事】自分の気分を一定に保つ方法を身に付けて、対策しましょう▽

 

7. 異常に恋愛で駆け引きをする

メンヘラ彼氏

恋愛において彼らは自分が常に上に立ちたいという願望が強すぎるあまりに、見え見えな駆け引きを繰り広げてしまうのです。今まで頻繁に連絡を取っていたにもかかわらず、急に連絡の頻度を激変させたり、デートを誘っておいて当日はどこかそっけなかったり。他の女性の影をチラつかせて“俺モテるぜ”アピール。駆け引きをしてしまう理由は自分に自信がないから。相手に強く思われて有利な立場に立ちたいという心理の表れなんです。特に、意外にもハイスペック男子にありがちな行動がこれ。

 

8.「お前のため」というのが常套句

メンヘラ男 恩着せがましい

貴方が「お前のため」というワードをもし使っていたら要注意です。「お前のために」の後には「それをしてあげている俺」。そう、人のために何かをしてあげる自分に酔っているのです。彼女のために、彼女のためにとひたすら繰返していると、いずれそれは重荷になってきます。彼女のために何かをしてあげてる自分が好きというのは恋に恋してる状態と全く一緒。男を不幸にする“さげまん”と丸っきり一緒です。カッコ悪いメンヘラ彼氏にならないように注意してみてください。

 

9. 嫉妬心が半端じゃない

メンヘラ男

嫉妬する理由のほとんどは「相手の女性が盗られたら嫌だ」という建前よりも、自分に自信がないことを補いたいから。メンヘラ男は、「本当に自分を彼女は愛してくれるのか?他の男に目移りしないか。」ということばかり考えてしまうのです。己に自信がないゆえに。「俺から簡単に離れないだろ」ってちょっとやそっとじゃ動じないくらいの自信がほしいものです。メンヘラ彼氏がモテない理由がだんだん分かってきましたね。女性からしても怖い。束縛彼氏になりそうですもん。

 

10. 昔の女のことをやけに引きずる

メンヘラ 男

「あの子今何してるのかな」

「いまだにきっと可愛いんだろうな」

とか昔の彼女の話がやけに多かったり、引きずってませんか?

昔の彼女との思い出を大切にしたいのでしょうか。男の人の恋愛は別フォルダと言うけれど、メンヘラ男の場合はもっと複雑に細かくフォルダ分けがされていそう。昔の女性を思い出すのは適度にしておきましょう。

【参考記事】本当に忘れられない、元カノと復縁する方法くらい頭に入れておきましょう▽

 

11. ヤキモチを焼かせようとしてくる(しかも下手)

メンヘラ男 めんどくさい

「今日◯◯ちゃんとご飯行ったんだよね」

「同僚の◯◯に俺好かれてるみたい」

などと言ってくる男性に言いたい。「本当に面倒臭いんですよね。いちいち言わなくていいんですよ。」(女性の本音)

ヤキモチ妬かせてこっちが怒るのを伺うのはやめた方が良いです。いちいち、相手を試す恋愛なんて疲れるだけ。余裕のない男の典型的なダサい行動ですし、完全に時間の無駄!

 

12. ネガティブワードが口癖

メンヘラ男

「でも、それって◯◯なんじゃないの?」

「だって◯◯じゃん」

「結局、◯◯ってことじゃん。どうせそんなもん」

批判的な言葉をよく発するのがメンヘラ彼氏と言われる人種の口癖です。ひたすら批判を繰り返すよりも、相手の意見を聞いて素直にうなずいてくれる人の方が余裕があって魅力的に見えますよね。口癖は簡単に直せます!さあメンヘラを更生しましょう。

【参考記事】メンヘラあるあるの特徴的な口癖とは?▽

 

13. 実はコンプレックスの塊

メンヘラ男 コンプレックス

人からチヤホヤされたい、恋愛で相手より上の立場にいたい、という気持ちの強い原因はコンプレックスを抱えているから。学歴、年収、容姿、ファッション、体型、女性との恋愛経験。何かに対して人より劣っているという部分を感じている人が多いです。共通の知り合いの話になると「いくら稼いでるんだろ」とか「あの人って頭良いっけ?」という話から入ったり…。人と比較しても仕方のないところは割り切りましょう。

 

14. 繊細な心を持っている

メンヘラ男 繊細

メンヘラ男がはびこる全ての根源はここ。ほんの些細なことでも気にしてしまう繊細な心を持っているのです。だからちょっとしたことですぐに凹んでしまうし、立ち直りたくても中々すぐには立ち直れない。あなたは大丈夫ですか?ガラスのハートを持っていませんか?強くなりましょう。

【参考記事】そもそも弱い男はモテません

 

15. 自分のことをどこか特別だと思ってる

メンヘラ

「今の職場は俺に合わない」

「俺はここで収まる人間じゃない」

となぜか自分のことを特別だと思っているメンヘラ男。もちろん、自分の独自の世界観を持ってるのは大切です。でも「それが全て」だと勘違いした途端に、ただの自己中な人になってしまいます。自分はどんな立ち位置にいるのか、人からどう見られているのか、などと客観的に自分の行動&言動を見直す必要がありますよ。彼女ができない夢見がち男子にならないように!

 

メンヘラ男の自覚がある男性におすすめの「3つのリハビリ」

メンヘラ男の特徴、どのくらい当てはまりましたか。もしもメンヘラ男である自覚が少しでもあるなら、3つのリハビリを駆使して更生を試みてみてください。

 

① メンヘラ男である自分を受け止めて

メンヘラ男 対処

メンヘラであることを痛いと思わず「俺はこういうところがあるな」とまずは素直に自分のことを認めましょう。今までの恋愛がうまくいかなかったところ、ついこじらせてしまったところを思い出してみて同じ間違いはもう二度と繰り返さないようにしましょう。

 

② 暇な時間を作らない

メンヘラ彼氏 対処

SNSのトップ画を頻繁い変えたり、昔の彼女を思い出したりしているうのは暇な時間があるから。暇な時間をとにかく作らないようにして毎日を充実させましょう。20代〜30代のうちはまだまだ時間があると考えがちですが、元々時間って有限なもの。若いうちに下積みをしないと良い歳を重ねることは難しくなってきます。自分をより輝かせるためにもっと時間の使い方に工夫を。マインドフルネス瞑想により、自分を高めるのも知的なリハビリです。

 

③ 自分に意識を向けすぎない。目の前の相手のためにできることを

メンヘラ 対処

男女関係なくメンヘラは自分の気持ちに目を向けすぎて、相手のことをきちんと見ていない場合が多いです。自分と向き合う時間ももちろん大切。だけど、まずは目の前の友人、恋人との時間を大切にしてみましょう。貴方ができることをしてあげてください。「愛されたい」「自分を特別に思ってもらいたい」という気持ちがあるなら、まずは貴方自身がその人に何かをしてあげましょう。与える心を忘れずに。

 

メンヘラ男から卒業して、強い男に。

メンヘラ男 いい男

「メンヘラになる」ということは「メンタルが弱い」ということ。だから、メンヘラ男がモテないのも当然ですよね。弱っちい自分におさらばして、強い男になりませんか?より男らしい男性を目指して。カッコいい男になってくださいね。

【参考記事】メンヘラ男とは程遠い、本物の“いい男”に▽

【参考記事】そもそも、モテる男ってどんな男なの?意外と分かっていない男性が多いかも▽

Smartlog(スマートログ)

注目の記事

関連する記事

こんな記事も人気です!