2017年10月8日

絶対的に「モテる男」の必須条件。女性が惚れる男の特徴とは

モテる男とモテない男は一体何が違うのか?絶対的にモテる男の特徴と条件を徹底解説します。モテる性格や雰囲気、余裕を感じる会話術、行動といったマインド面から、モテる顔や髪型、服装などルックス面まで、モテ男の30の共通点がここに。

モテる男に共通する特徴や条件とは?

モテる男の条件

男性が「女性にモテたい」と思うのは自然の摂理。そして理想のモテる男になる一番の近道は、モテる男をお手本にすること。Smartlogは同性をも魅了するいい男たちや、数多の美女たちと接点を持つ中で、モテる男性について究明してきました。

今回はその集大成として、モテる男の条件や特徴、共通点を内面(マインド)/外面(ルックス)の大きく2つに分けて徹底的に解説します。

寛大な性格や巧みな会話術、清潔感のあるファッション・身だしなみ、女子ウケする髪型など、全30個のモテるポイントをしっかりと把握して、女性を虜にする魅力的な男性を目指してくださいね。

 

そもそも前提として「イケメン=モテる」は違う

モテる男はイケメンなのか

イケメン、つまり端正なルックスの男性がモテるとは限りません。もちろん、女性がカッコいい!と思うメンズの顔は決まっています。いわゆる、イケメンの条件(ルックス)を満たしている男性です。

しかし、実際にモテるイケメンは顔だけじゃない「カッコいい要素」、つまりモテる条件を持っている男性のみ。三高と呼ばれる高収入・高学歴・高身長のハイスペックな特徴を持つ男性でも女性にモテないのは、このモテる男の条件を満たしていないから。

逆に言えば、モテる条件を満たすと、生まれつき顔がブサイクでも「モテる男」にはなれるということ。自信を持って、モテる男の条件を読み進めてみてください。

 

モテる男が持つ15のマインド「強靭な“メンタリティー”」

モテる男の精神力

モテる男性の性格や内面性の条件として挙げられるのは、強靭な精神力。心の持ちようで、モテる男への道のりは大きく変わってきます。

「中身は外見に現れる」という言葉もあるように、いくらルックスを磨いても、肝心の“中身”が備わっていないと、すぐにメッキは剥がれてしまうもの。モテる男は、内面にブレない信念や軸、考え方をちゃんと持っています。

それでは、モテる男に共通する内面性“15個のポイント”をご紹介します。

 

モテる男1. “来るもの拒まず、去るもの追わず”のスタンス

モテる方法 男性 立ち振る舞い

来るものを拒むというのは、相手に対して恐れや食わず嫌いの心理が働いているときに起こります。反対に、去るものを追っているときは、貴方が相手に依存や執着している状態。つまり、ネチネチしたメンヘラ男です。

モテる男は物事を“来るもの=チャンス”、そして“去るもの=過去のもの”と捉えます。この姿勢を保つことで、いつでも前向きでポジティブに毎日を過ごせるのです。暗い雰囲気の人より、明るく前向きな男性がモテるのは当然ですよね。

 

モテる男2. がっつくのは遠回り。モテる男は余裕を持って女性を口説く

モテる男性は包容力がある

好意を寄せる女性に対し、電話やラインでガツガツしすぎていませんか?積極的な姿勢はすごく良いことですが、急いてはことを仕損じる。過度なガツガツした姿勢は、飢えていると思われ、敬遠されてしまう場合があります。

例えば「次いつ空いてる?空いてる日わかったら連絡して」「ご飯早く行こうよ!」といった会話内容では、女性は急かされていると感じるもの。余裕のない男はモテません。

反対にドシッと構えている男性の方が、心に余裕も感じられ魅力的に映ります。30代や40代の大人メンズが若い女性にモテるのは、経済力はもちろん、心に余裕があるから。肉食的に行動するのも良いですが、女性を安心させたり、癒してあげられる寛大な男性はもっと素敵ですよ。

【参考記事】人気モデルも「“さりげない”男性がモテる」と語ってくれました▽

 

モテる男3. モテる男は、時間を割く優先順位が分かってる

男性のモテる方法

モテる男性は物事にしっかりと優先順位をつけています。時間は有限と理解しているからこそ、必要ないことに時間を割いたりはしません。そのため、生産性のない時間は過ごさず、本当に大切な人のために時間を費やします。高校生や大学生と違い、社会人になるとタイムスケジュールもシビアになるので、しっかりと時間は有効活用しましょうね。


モテる男4. 一人の時間を大切にしている

モテる男は一人の時間を大事にする

1人で過ごす時間を敢えて作るのがモテる男。忙しい毎日に追われてつい忘れてしまいそうになる「自分の軸」を見直したり、読書をして知識を増やしたり、一人きりの時間でも向上心を忘れません。

自分と向き合う時間を惜しまないからこそ、そこに男の美学が宿るのでしょう。その美学が、男の格や魅力を引き上げます。そんな男性が、恋愛面で女性にモテるのは言わずもがな。


モテる男5. 失敗を糧にしている(とにかく場数を踏んでいる)

モテる方法は失敗の場数を踏むこと

どんなにイケメンでモテる素敵な男性でも、恋愛成就100%などあり得ません。今までの人生でほろ苦い恋愛経験も味わっているはずです。自分が良い!と思う女性を見つけたら、失敗を恐れず、積極的にアプローチしましょう。失敗したら糧にすれば良いのです。失敗に埋もれるモテないダメ男のようにクヨクヨする必要はありません。もちろん、先ほど少し触れたように、「積極的」と「ガツガツ」の意味を履き違えないように注意してくださいね。

好きな人に果敢にアタックする男性に、きっと恋の女神も微笑んでくれます!恋愛も仕事も場数を踏むことで、人としての深みが増していきます。

【参考記事】屈強な環境で育った男子校出身者がモテるのは強いメンタリティかも▽

 

モテる男6. 素直な姿勢を忘れていない

男性のモテる方法は素直でいること

モテる男性は、目の前の起こることを素直に受け止めます。自分が悪いと思ったらすぐに「ごめんなさい」と謝る、褒められたら素直に「ありがとう」と答える。まっすぐ素直な男性は爽やかで、清々しいですよね。自分の気持ちに対して素直に行動できる爽やかイケメンは、男女問わず周囲から信頼されるため、必然的にモテる男になるのです。

 

モテる男7. 愚痴を言わない

モテる男は愚痴を言わない

モテる男は、絶対に愚痴を言いません。マイナスを吐いたところで問題が解決されないことを知っているからです。仕事のことで不満があるなら、まずはどうやって解決するかを考え、相手の女性に不満があるなら、言葉を選びながら自然な状態で伝えます。愚痴を言う前に行動を起こしていれば、余計なストレスも溜まりません。

愚痴を言わずその場でしっかり対処していくので、モテる男は安定感抜群。自己責任だから成長もするし、良いことしかない。ポジティブな言動を心がけましょう。

 

モテる男8. 相手の顔色を“いい意味で”伺わない。心から相手のことを大事に思っている

モテる方法 男性 

聞き上手な男性や、アドバイスが上手な男性がモテることは周知の事実。女性は会話のコツがわかっている男性と、一緒にいたいと思うもの。居心地が良く、楽しいですから。でも、ただの聞き上手ならカウンセラーで十分

本当にモテる男性は、いちいち相手の顔色を伺いません。相談や悩みに対して真摯に向き合い、相手が傷付く可能性や自分が嫌われる可能性があっても、相手の女性のためを思ったアドバイスをしてくれます。いい人止まりの優しい男が女性に不人気で、比較的フリーダムなわがままな男がモテるのは、女性にビビっていないからかもしれません。自分に自信がない“モテない男性”は、女性と真摯に向き合えないですから。心の底から相手に敬意を表して、正面から相手にぶつかります。

【参考記事】表面上の優しさはいらない。モテる男の優しさとは▽

 

モテる男9. 一つのことを着実に極めている

モテる方法はストイックな男性になること

女性は、何か一つのことに一生懸命取り組む男性を、自然と応援したくなるものです。ひたむきに頑張る姿勢は、人の心を揺さぶる大きな力を秘めています。自分が今やるべきことを決めて、今できることを一個ずつ極めていけば、貴方もきっと女性にモテる一途な男の仲間入りしているはず。


モテる男10. モテる男は相手の“良い部分”にばかり目を向ける

モテる男は褒め上手である

モテる男性は褒め上手な人が多いです。女性からすれば当然、会話が弾む人の方が魅力的に感じます。人のあら探しばかりをするより、素敵なポイントに目を向けた方がお互いにとっても幸せですよね。あまりオーバーに言うとあざとく受け取られてしまうので、会話の流れで自然と具体的に褒められる度量を身に付けましょう。

女性を褒めるのが苦手!という人のためにSmartlogでは【褒め上手への道】という連載を開始しています。女性を褒める技術を身に付けて、あなたも早々にモテる男になろう!

【参考記事】売上一億のホストが語る、女性を褒めるコツ▽


モテる男11. 生活スタイルにこだわりを持っている

モテる男は生活スタイルを確立してる

食生活や生活リズムにもこだわりを持つのがモテる男。自分の身体を労わって食べるものをチョイスするなど、身の回りを整えていく習慣が徹底されています。生活スタイルにこだわりを持ちたいから、仕事も恋もより頑張れるのです。

心の余裕は身体の余裕から生まれます。そして心の余裕がモテる男を作り出します。モテ男のように生活スタイルまでこだわって、“生活習慣の内面”を磨いていきましょう。

【参考記事】モテる男の代表格「バチェラー」久保さんの生活スタイル▽


モテる男12. 女性をライバル視しない

モテる男は女性をライバル視しない

モテる男ほど、女性をライバル視しません。相手の女性が仕事で充実していていも、ステータスを持っていても僻むどころか素直に認められます。充実している女性を見るとどこか僻んだ目で見てしまう男性も多いですよね。特に年配のおじさんたちに。モテる男は、そんな老害のような“モテないマインド”は持っていないのです。

【参考記事】可愛い10代女子が語る、年下にモテる年上男性の魅力▽


モテる男13. 仕事のデキる男はやっぱりモテる

モテる男は仕事ができる

仕事のデキる男性って、やっぱりモテます。中学生・高校生で勉強やスポーツができればモテるのと同じ原理。何事においても結果を残す男は、立ち振る舞いや発言が説得力や自信で満ち溢れています。無論、仕事のモチベーションの上げ方や、一流ビジネスマンが読むべき必読書も分かっているため、怠惰に仕事をすることはありません。周囲からの信頼が厚く、男女問わず認めたモテる“いい男”は、仕事も遊びもデキて当たり前なのです。

【参考記事】世界に名を轟かせた中田英寿は、経営者としても才覚を発揮しています▽

 

モテる男14. モテたいではなく、モテるためにはどうするかを考えて“行動”している

モテる方法は実際に行動するマインドを持つこと

モテない男とモテる男の内面における決定的違いは、モテる自分を具体的に想像できているか。「モテたい!」と口にしたり、モテる男の条件を分かっていたり、それらはあくまでスタートラインに立っただけ。今回の記事を読むのもそうで、大切なのは「その後どうするのか?」。

  • どんな女性からモテたいか(容姿、性格、スペックまで考える)
  • 俳優の◯◯みたいなモテる男になりたい(ロールモデルを作る)
  • 今年のクリスマスまでに彼女を絶対作る(期限を決める)
  • モテるためにはどんなファッションをしたら良いのか(ルックスを高める)

全員生まれつきモテている訳ではありません。モテる男の条件を把握し、自分を奮い立たせ、実際にどんなアクションを起こすかを決め…と実際に行動を起こしたからモテる男になったのです。夢や願望を抱いたまま終わる夢見がち男子で終わるか、一歩踏み出すか、全ては貴方次第。何事においても「行動」を起こすマインドを持てれば、気が付いた時にはモテる男に生まれ変わっていることでしょう。自分の人生は、自分で決めるのです。

【参考記事】山本耕史が堀北真希のハートを射止めたのも、強い行動力があったから▽


モテる男15. 結果にプライドを持つ

モテる男は結果にプライドを持つ

プライドの高い男ほど、女性からモテません。なぜなら、自分のプライドを守るために消極的になっているから。自分から好意を示すことを避けたり、相手から追わせるように仕向けたり、恋愛のプロセスにプライドを振りかざしてしまう男性は女心を掴めないのです。
モテる男ほど、女性を口説く時は、余計なプライドを捨てて真正面から口説きます。“恋愛成就”という結果にプライドを持つのが真のモテる男です。謙虚な男は仕事も恋愛も上手くいく、とはこのこと。


Smartlog(スマートログ)
このエントリーをはてなブックマークに追加

注目の記事

関連する記事

こんな記事も人気です!

男を磨き、人生を遊ぶ。
かっこよく、挑戦的であり続けたい現代の男性たちが
自分を楽しんで生きる情報と出会う場所が、Smartlogです。