2017年5月15日

【完全版】合コンの会話が盛り上がる話題・ネタ21選

合コンで女性との会話が盛り上がる21の話題を時間帯別に徹底解説します。彼女が欲しい人から、お持ち帰りやワンナイトラブを狙う人まで、全男性の合コン必勝法がここに。学生も社会人も、テクニックを駆使して出会いを楽しみましょう。

合コンの会話が盛り上がる話題を完全網羅しました。

合コン 話題

日本では夜な夜な、数々の合コンが開催されています。その中で、合コン勝者は彼女を作ったり、お持ち帰りにワンナイトラブを全力で楽しんでいます。

一方、敗者は頑張って頑張って頑張って…飲み代を多めに払って終わる…まさに浪費。もう敗者にならないために、合コンで勝者になるために会話が盛り上がる「話題」を知っておきませんか。

今回はたっぷり21選、徹底解説します。時間帯によって話題を使い分けて、合コンの覇者となり、この世の王になりましょう。

時系列で21選をご紹介

※()内は話題の番号

  1. アイスブレイクタイム(1〜7):まずは急激なインパクトと共通点を探る時間。共通点がいくつ見つかるかがキモ。スタートダッシュを切りましょう。
  2. トラストビルディングタイム(8〜14):信頼関係構築がすべて。ここが勝負の行方を左右します。普通の話題が多いですが、ここは敢えて普通に。次の段階に備えましょう。
  3. クロージングタイム(15〜21):刺激たっぷり。(1〜14)の話題はここまでの伏線。がっつり刺激的な時間を楽しみましょう。

 

アイスブレイクタイム(1〜7)

合コン 話題

「アイスブレイク」とは言葉通り解釈すると氷を壊すという解釈。会話におけるアイスブレイクとは、氷のようになった雰囲気を壊すこと。

合コンは初対面の集まり。アイスブレイクは第一印象のみならず、合コンの成功を左右する貴重な時間です。合コンにおける、最初のなんとな~く重い雰囲気を壊して場を温める話題や話し方を7つ紹介します。共通点をたくさん見つけて、自分を印象付けましょう。

 

1. 自己紹介はさらっと終わらせる

合コン 話題 自己紹介

まずは当然のことながら自己紹介。事前準備がすべてです。男性陣で戦略立てて、事前にボケやツッコミを決めておきましょう。やってはいけないのは、面接のように淡々と自己紹介すること。空気がどんどん凍ります。笑いを取れないなら、15秒くらいの短い自己紹介でヤケドしないようにしましょう

自己紹介の話題は

  • 名前
  • 住まい・出身
  • 趣味
  • ひと言

くらい簡易的なものが無難でしょう。

 

自己紹介でNGの話し方

自己紹介は内容でスベるのはまあまあ合格点。一番気をつけたいのは話し方です。

  • モジモジしている
  • テンパってしまい何言っているのか分からない
  • 下を向いている
  • 無駄に長い

上記の話し方は、合コンを失敗にクリティカルヒット。場を北極レベルで凍らせます。いくらイケメンでルックスのスペックを持っていても、空気を凍らせた瞬間に終わりを迎えます。

【参考記事】合コンの自己紹介を制したら、合コンを制す▽

 

2. 盛り上がるジモトーク(地元トーク)

合コン 話題 地元

自己紹介で「住まい・出身」に触れることができたら、次は場所の共通点を探りましょう。地元が一緒だったら最高にいい雰囲気に。ジモトークほど盛り上がる話題はありません。爆発的に仲良くなれます。

 

共通の場所がなくても大丈夫

住まい・出身で共通点がなくても、ジモトークは存分に使いましょう。地方になるにつれ、地元愛が強いもの。

  • 方言
  • 特産地
  • ご当地キャラ
  • 出身の芸能人

で盛り上がりましょう。特に方言や言葉がなまっている女の子は、ガンガンいじりましょう。いじり方は「え〜かわいい〜!もう一回言って!」くらいが良いでしょう。特に鉄板は博多弁や京都弁あたりでしょうか。

 

3. お互いの第一印象を探りあう

合コン 第一印象

お互いの第一印象は話題も広がりやすく、会話が盛り上がります。同時に、恋愛についての自己開示の時間にもなり、みんなのことを知れる絶好のチャンス。

例えば、

Aちゃん 「B君はスポーツ万能そう!サッカーやってそう」

B君「そ、そうかな(照)」

C君「いやいや、こいつアメトークの運動音痴芸人なみの運動神経だよ(笑)」

D君「それは禁句!実は握力10しかなくて(恥)」

Eちゃん「女の子よりもない!」

Fちゃん「勝負してみようよ!」

こんなやり取りで、場は自然と和んでいきます。男性陣は仲間内でコントのようにすると打ち合わせをしておくと流れは作りやすいです。

 

4. 仕事や学校での面白エピソードを暴露

合コン 話題

自分が先陣を切って職場の面白エピソードを披露するのもありです。しかし、すべらない話のように「間のとり方」や「オチの入れ方」に慣れていない場合、チームプレーが必要になってきます。事前に男性陣で面白エピソードを共有しておいて、男性同士でいじりましょう。

  • 「こいつ、小学校のときのアダ名が完全に下ネタで」
  • 「職場内恋愛に巻き込まれて大変らしいよね」

など、仲間内でナイスパスをすると便利です。上がってきたセンタリングのシュートは女性陣にも話題を振ること。こちらも恋愛やプライベート、昔の恋バナにも発展しやすくおすすめの話題です。

特に自虐ネタは光ります。合コンにおける男性の役割は、いかに女性を楽しませるか。献身的に自虐で笑いを取りに行きましょう。人は弱音を見せられると、自分も弱音を話したくなるもの。まずは勇気ある一撃を加えて、アイスブレイクタイムをぶち壊しましょう。

 

続いては「占い」の話題も。でも手相占いはダメ!?気になる真相は次のページから→

Smartlog(スマートログ)
このエントリーをはてなブックマークに追加

注目の記事

関連する記事

こんな記事も人気です!

男を磨き、人生を遊ぶ。
かっこよく、挑戦的であり続けたい現代の男性たちが
自分を楽しんで生きる情報と出会う場所が、Smartlogです。