2017年9月22日

一流の「いい男」とは。周りを魅了する15の条件と特徴

異性にも同性にも人気がある、本物の「いい男」とは?一流の男性が持つ15の条件と特徴をご紹介します。ただモテるだけじゃなく、周りを魅惑して離さない!結婚したい男性No.1の「いい男」の秘密を解明します。

本物の「いい男」の秘密を解き明かします

一流のいい男

Smartlogをお読みの皆様はいい男の条件に関しては「耳にタコができる」ほどもう知識がたくさん詰まっていることでしょう。

でも、きっとみなさんが言ういい男って

  • 清潔感がある
  • 連絡がマメ
  • 仕事ができる ...etc

もう世間で出回っている条件ではないですか?

これって、みんな大体できてませんか?

日本人で不潔な男性なんてあまり見たことないし、今時の男性って連絡もそこそこマメで基本的に優しいし。今回はモテるのは当たり前、本物の「いい男」の条件と特徴をご紹介します。今回は”モテる男の条件”ではなく、もっと高みに位置する”一流の男”の条件です。ぜひチェックしてみてくださいね。


いい男の特徴1. 断る時はキチンと断る

いい男はキチンと断る

モテる男の条件では”誰に対しても優しい”、頼まれた仕事は何でも引き受けるイエスマンが多いという印象がありますよね。ところが本当にモテる男性というのは何か人から頼まれて”自分ができない”と思ったこと、難しいことがあれば次のように行動します。「正直僕の力では厳しいところがある。ただ、こうしてみたらどうかな?」と代案を提案できたり他の人の力を借りてうまく処理するとか。実際、ただ優しいだけの男はモテません


断ることは人間関係を作る上で重要

「断る=自分が無能に見えてしまう」とネガティブに考える人もいます。しかし、逆にやせ我慢をして頼まれた仕事を引き受けるなど自分の能力以上のことをすると、必ずボロがでて自滅してしまうものです。逆にはっきり断ることで相手から信頼を得られたり、断るのが早ければ早いほど他の解決策を見つける時間が早まってコトが丸く収まったり。キチンと断ることこそ、スマートな対応です。

【参考記事】断られると逆に気になってしまう“カリギュラ効果”をご存知でしょうか?▽


いい男の特徴2. モチベーションで仕事をしない

いい男は公私混同しない

モチベーションというと「仕事の意欲向上のエネルギー」というイメージがありますが結局は毎日消耗していってしまうもの。そのうち補給が必要になってきます。モチベーションが切れてきた頃には「モチベーションが下がってきた。また上げなきゃ!」なんて手間暇がかかってしまっているのが現状なわけです。モチベーションというガソリンは燃費がとっても悪いです。いつ上がるのか、下がるのか自分じゃ予測できないし、コントロールするのにも骨が折れます。人間は結局環境だったり自分の体調にも左右されてしまうものですからね。


目の前のことを全力で取り組む

本物の“いい男”はエネルギーに頼らず仕事をこなします。モチベーションになんて頼りません。毎日やらなければならない目の前の仕事に集中して無心で片付けます。そうしてコツコツやってきた先に大きなことをさらっと成し遂げてしまう人が多い印象があります。まずは目の前のことを全力でやっていきましょう。

【参考記事】どうしてもモチベUP&維持をしたいなら、とっておきの秘技を試してみて▽


いい男の特徴3. 頭の中8割が仕事、2割が大切な人(家族・彼女・友人)

いい男は無駄な時間を過ごさない

「仕事に刺激を求める男は恋愛で刺激を求めない。仕事で刺激がない男ほどひたすら女の尻を追いかけまわす刺激的な恋愛を求める。」と奥さんを一心に愛する経営者の方(中小企業)から教わりました。もちろんその人の会社はここ数年ずっと安定の経営です。


仕事に熱中するからこそ、火遊びをしない

仕事でたくさん刺激をもらって消耗しているから「あの子ともこの子とも関係もちたい」「俺の魅力がどこまで通用するか試したい」なんて火遊びに走らないのです。もっと言ってしまえば、自分の欲望に身を任せない強い理性を持っている人とも言えます。だから彼女や奥さん他の女性に目をくれる時間が勿体無いと自然と思えるのです。一番大切な仕事以外は一番大切な人との時間を大切にする。それ以外は無駄。こんな男性がいたら、女性は三歩下がって一生付いていきたくなってしまいます。

【参考記事】人生の無駄を省く姿勢が「一途さ」を構築してくれるのかも▽


いい男の特徴4. 家族を大切にしている

いい男は家族を大切にしている

【特徴3. 】でお話した通り、いい男は人を大切にします。特に未婚者の場合は自分の家族は大切にしているかというのが重要になります。家族との喧嘩はしょうがないものの、しっかりと家族のことを思っているかということが重要になります。


嫁・姑問題にもしっかりと向き合う

家族を大切だからと良い、嫁・姑問題に当たった時に、ほったらかしや姑だけに肩入れをしたりしません。しっかりとお互いに話を聞き、適切な対処を行うのがいい男と言ええます。男性に良くありがちな「マザコン=家族を大切にする」とは全く違います。


いい男の特徴5. 相手の時間を大切にしている

いい男は時間を大切にしている

筆者が体験したエピソードをお話しします。毎年バレンタインデーになると家の玄関にチョコレートの山がどっさり、FBも女性からのコメントで溢れる超モテる男性とデートをした時のこと。LINEでデートの約束をする時から「ああ。この人、生粋のモテる人だ。他の人とやっぱり違うな」と感じたやり取りがありました。デートの約束をした時の彼のこのフレーズ未だに忘れられません。

「いつもお疲れさん。せっかくの休みなのにありがとな。俺に時間くれて。ほな、楽しもうか!」

「相手の時間も気遣えるこの人となら絶対デート楽しい!いつもよりも気合入れてメイクと髪型頑張ろう!」と素直に思えました。実際、彼とのデートはすごく楽しくて時間が経つのも忘れてしまうほどでした。なんて「いい男」。

【参考記事】付き合う前のデートは、相手を敬うことから▽


いい男の特徴6. 気遣いができる

いい男は気遣いができる

「何を当たり前のことを言ってるんだ!」と思う方もいますが、意外とこれができてない男性が多いです。周りが今どのような状況になっているかを把握して、気遣った行動ができるか否かが重要になります。

人の気持ちを汲み取り、女性にさりげない気遣いをする男がモテてしまうんです。

【参考記事】デートでできる気遣いについて徹底レクチャーします。▽


いい男の特徴7. いつも自分に素直

一流のいい男の特徴

本当にモテる男性は自分をごまかしません。どんな時でも自分の気持ちに素直です。「髪型変えた?そっちの方がかっこよくて好きだな。」と女性側が褒めても少し冷めた顔で「よくわかってんじゃん」とかちょっと照れ隠しのつもりですましている男性って時々いますよね。すました方が余裕があって男らしいと思っている方、そんなことする必要ないですよ。嬉しい時は素直に嬉しい表情をして「ありがとう!」と満面の笑みで言える方がとても魅力的です。

【参考記事】わがままな男性がモテるのは、いつも自分に正直だから▽


「男なら…」という古臭い考えは捨てよう

「男なら何にも動じない方がかっこいい」なんてもう古い。嬉しい時は嬉しい、悲しい時は悲しい、辛い時は辛い。どんな時も素直に自分の気持ちを表現することで「気取ってなくていつも誰に対しても態度変わらない。この人は素で接してくれるから安心だな」と人から信頼を得られます。自己開示ができる人ほど周りに人が集まっていくのです。

【参考記事】素直に褒めてくれる男性の方が、やっぱり素敵に思えます▽


いい男の特徴8. 常に高い目標を意識している

いい男は高い目標を持っている

「大阪勤務3年間で俺の目標は2つある。1つは支店で営業成績1位。もう一つはCS(顧客満足度)も1番の票をもらうこと。3年後、26歳になった時に背中を追ってくれる後輩がいて、”あいつなら任せられるな”って信頼して貰えたら最高だな。」

23歳新卒1年目、不動産業界で毎日コツコツ頑張る彼の目標を聞いていてとても素敵だなって心から思えました。絶対に達成して欲しい。

そう。本当にモテる男というのはいつも目標設定を明確にしていて常に具体的な期間年齢のリミットを掲げて自分にプレッシャーを与えています。誰かに言われてやるのではなく自発的にプレッシャーをかけて楽しんでいるようにも見えます。自分にストイックでコツコツ頑張る男性を見ると女性はつい応援したくなってしまうものです。

【参考記事】常に目標を掲げているから、その分自信を持っていられるのです▽


いい男の特徴9. 自分の軸はぶれない

いい男は軸がぶれない

自分の中に強い芯を持っている男性はかっこいいです。発言や行動に一貫性があり、何をやるにも男らしく見えます。自分の目標に対して、ブレずに行動することで女性からするととても魅力的な男性になるのです。


意地っ張りとは違う「自分の軸」

ブレないということは自分の意見をずっと変えないのかな?と思いますが、そうではありません。むしろ“良い”と思った意見に対して積極的に取り入れて、行動します。自分の「やりとげたい目標」という「軸」がぶれないというのが重要なポイントです。


いい男の特徴10. 愚痴を漏らさない

いい男は愚痴らない

「あの上司腹立つ。あの人さえいなければ」

「なんで俺人事なんだよ。マーケティングの方が絶対楽しいし花形だろ。」

華金の飲み屋で夜な夜なアルコールに身を任せて気分上々になったのは良いものの、口から出るのは上司の悪口や会社の環境の不満。本物の「いい男」は絶対に愚痴りません。自分が任された仕事に多少の不満を感じたとしても我慢強く耐えて自分の望む方向、成し遂げたいことに持っていけるよう努力を重ねます。自分の置かれている環境のせいに決してせず愚痴を漏らさず目の前にことにひたすら集中します。

【参考記事】愚痴るばかりでは「器の小さい男」認定をされてしまいます▽


愚痴を言いたくても我慢することが重要

もしも、貴方が女性でいうネガティブな“さげまん”や、心が弱いナヨナヨしたメンヘラ男のように、せっかくの花金に愚痴を零しているなら、一度見直してみましょう。どうせお酒を飲むなら笑い話をしながらの方がお酒もさらに美味しく感じますよね。

【参考記事】マイナスを吐くほど、自己肯定感も下がるってご存知でしたか?▽


いい男の特徴11. 誰にでも平等に接する

いい男は誰にでも平等に接する

いい男は人種立場を問わず、誰にでも平等に接します。上司の前だけ頭をペコペコ下げ、部下の前で罵ったりなど一切しません。会社内でイベントのコミュニティ、あらゆる場所で男女問わず同じ態度で接します

例えば、何かのイベントでフリーで人と話す時に、一人でいる人に対して自ら話しかけて、イベント全体を楽しませようという意識があります。立場を問わず、誠心誠意向き合うのがいい男ということではないでしょうか。


いい男の特徴12. 聞き上手

いい男は聞き上手

沢山のことを成し遂げた男性はどうしても自分のことを話したくなります。悪いことではないのですが、いい男は会話の中で相手にも話をふっており、いつの間にか相手の話を聞いている状況になっています。

ついつい女性が話したくなるような雰囲気を作っている“聞き上手”なのです。


いい男じゃない条件「自慢話をする」

反対に自分の自慢話しかしない人は、話がつまらないというレッテルを貼られてしまいます。仕事の話をするのは楽しいですが、話し相手の女性についてもしっかりと聞く耳を立てるのが重要になります。

【参考記事】女性との会話に悩むなら会話の話題&ネタをご紹介します▽


いい男の特徴13. 本当に辛い経験をたくさんしてきた

いい男には辛い過去がある

なぜかわかりませんが、本当にモテるいい男はどこか影を感じさせるんです。影のある人は過去に何か辛い経験をしたとか、背負いきれないものを背負っていそうな人たちが多いです。

例えば、過去に大好きな彼女に世にも不幸な振られ方をしたとか大切な人を亡くした、大きな挫折を味わったとか。悲しい過去を背負っている男性ほど自分が傷ついた経験があるから、他人の失敗だったりダメなところを許せる広い心を持っている人ばかりなんですよね。相手の傷ついた気持ちをより理解できるから。他人を受け入れる大きな度量を持っている男性は、器が大きくて魅力的。

【参考記事】心の余裕を持って、周りを受け入れる度量を持ちましょう▽


いい男の特徴14. 優しさを安売りしない

いい男は本気で優しい

優しい男性ほど下僕になってしまうというのが世の常です。よく女性が言う優しい男性って「何でも言うことを聞いてくれる優しい人」っていう意味じゃないんです。本当の優しさをくれる人です。

相手が何か過ちを犯そうとした時にはっきり「それ間違ってないか?」と相手のことを思ってはっきり言える人、本当に相手が辛い時に一緒に問題を解決しようとしてくれる人。これが女性が求める本当の優しさです。

【参考記事】表の顔だけ優しい男は、決定的にモテません▽


いい男の特徴15. 相手に見返りを求めない

いい男は器が大きい

「なんで俺がいつもおごらないといけないんだよ。」

「なんで時間作ってデートプランもしっかり立てたのにキャンセルされんだよ。ありえねぇ」

自分が相手にこれだけ時間を避けたのに。相手のためを思ってたくさん色んなことをしてきたのになんで相手から何も返ってこないんだろうってモヤモヤすることってありますよね。世の中「ギブ アンド テイク」と言うけれど、”テイク”はそうすぐに手に入れられないもの。忘れた頃に返ってくるんです。形を変え、人を変え、時間を超えてようやく自分の元に返ってくるという法則があるのです。

いい男は見返りなんて考えず、人に与えることに楽しさを見出します。結果、最終的に女性から「ここまで私のためを思って彼は行動をしてくれてる。彼を支えよう」と信頼感と本当の愛情をテイクする運命にあるのです。

【参考記事】女性が思わず「結婚したい!」と考える“いい男”の特徴を解説します▽


本物の“いい男”になれば、周囲の人から愛される

本物のいい男

髪型をイメチェンする清潔感を意識した見た目にする女性にモテる筋肉を鍛える、連絡をマメにする…などモテる男の条件と言われるテクニックは、努力で補えます。しかし、今回ご紹介した“いい男”の条件は、一長一短ではなかなか身に付けられない特徴です。人生において生粋の一流の男になるための条件ですから、難しいのも当たり前かもしれません。だからこそ、一つでも多く自分の特徴にできたら、女性だけでなく老若男女、人類すべてから愛される本物の“いい男”に近付くはず。さらにカッコいい、一流のいい男が増えることを祈って。

【参考記事】女性を魅了するモテる男性のエッセンスも取り入れてみて▽

【参考記事】いい男なら、イケメンの本質も見抜いてほしいところ▽

【参考記事】謙虚な男性は同性から見ても、やっぱり格好いいもの▽

Smartlog(スマートログ)
このエントリーをはてなブックマークに追加

注目の記事

関連する記事

こんな記事も人気です!

男を磨き、人生を遊ぶ。
かっこよく、挑戦的であり続けたい現代の男性たちが
自分を楽しんで生きる情報と出会う場所が、Smartlogです。