2016年10月5日

女性が語る“男らしさ”の定義。男らしい人の10の行動チェック

数多くの男性が“男らしさ”を勘違いしています。そこで今回は、女性目線で見た“男らしい人”の特徴から、男らしくなるには?という方法論、男らしくない人の行動までを徹底解説。貴方の“男らしさ”の定義、間違っていないか要チェック!

女性が求める“本当の男らしさ”とは?

女性が求める男らしい人とは

男らしい男性と聞いて貴方はどんな男性を思い浮かべますか?体を鍛えていて引き締まったボディの持ち主、何があっても前を向くメンタルの強い男性など。人それぞれ「男らしいの定義」は異なるはず。今の時代、物事を女性目線でも見れる中性的な男性がモテるようになりましたが、やっぱり男らしい男性はいつの時代もモテます。女性が強く逞しい男性に惹かれるのは、本能的に至極当然と言えるでしょう。

ただし、男性目線から見る男らしさと、女性目線から見る男らしさでは、解釈が微妙に違うため注意が必要です。今回は、女性の考える“本当に”男らしい人の特徴から、男らしくなるための方法、男らしさから遠ざかってしまうNG行動まで。女性を魅了する強い男性に共通するエッセンスをたっぷり伝授しちゃいます。

まず始めに、女性目線で見た「男らしさの基準」とは?

 

女心を掴んで離さない男らしい人に共通する10の特徴

男らしい人の共通点

本当に男らしい人は、女性の心を掴んで離しません。では女性は、具体的にどんな男性を見て、男らしさを感じるのでしょう。女性目線で見た男らしい人に共通する10の特徴を紐解いていきます。

 

男らしい人の特徴1. 小さな約束もきちんと守る

男らしい人は約束を守る

「絶対これしようね」と言って大抵やらないで流れてしまうことってありますよね。「次のデートはここに行こう」「絶対次の旅行はここ」など。

男らしい人は、果たせない約束をしません。自分で言い出したことは、どんな些細なことでも忘れず実行していきます。有限実行する実行力を見て、女性は男らしさを感じるのです。言ったことを守る、実現できていますか?ノリで生きていませんか?

【参考記事】一途でモテる男は「些細な約束」も忘れない▽

 

男らしい人の特徴2. 過去のことは引きずらない

過去のことは引きずらない

元カノのことや過去に失敗したことなど。辛いことや嫌なことっていくらでも掘り返せば出てくるけど、男らしい人は敢えて引きずりません。「過去は戻れない、変えられるのは未来だけ」という前向きな考えを持っているから。過去は過去、未来は未来、とはっきりと割り切る点に男らしさを感じます。

【参考記事】未来に希望を見出す男らしさの根源は、自信たっぷりの前向きな姿勢にありますよ▽

 

男らしい人の特徴3. 動じない余裕を持っている

男らしい人は余裕がある

トラブルが起きても簡単に動じない強さを持っている男性は男らしいです。余裕を持つ秘訣は、物事の行く先を何通りもしっかり想定しているかどうか。

「ねえ、どうしよう」とこちらが心配な素振りを見せても「え、大丈夫だよ。」とサラっと言って貰えると、女性側はすごく安心できます。もちろん嘘ではなく、未来を見据えた余裕ある発言に男らしさを感じるのです。

【参考記事】反対に、慌てふためく男性は余裕がなく女々しく見えてしまいます▽

 

男らしい人の特徴4. できない理由を考えない

男らしい人はできない理由を考えない

仕事やプライベートで壁にぶつかった時、「次の一歩をどう動くか」でその人の男らしさを見極められます。男らしい人は「なんでできないんだ?」と悲観的になるのではなく、「どうしたらできるのか?」と前向きな質問を自分に投げかけます。できない理由を考えたところで解決策は見つけられないと分かっているから。できない理由を考るのではなく、淡々とひたむきに物事に打ち込めるのが本当の男らしい人。

【参考記事】マイナスに目が行きがちな男性は、男らしくないばかりか好きな人すらできません

 

男らしい人の特徴5.「男は〜であるべき」と固定概念に縛られない

固定概念に縛られない

「男はこうであるべき」と豪語する人程、逃げ場を狭くして自分でストレスを抱えているように見えます。どう男らしくあるかは人それぞれです。男らしい行動、外見、言動。すべて自分で決めた固定概念に縛られてしまうと、いつか自分の首を締めて人に弱味を見せられない孤独な男になってしまいます。男らしい人ほど、バランスのいい柔軟性を持ち合わせている人が多いです。

【参考記事】賢いハイスペック男性ほど、固定概念に縛られている傾向にあります▽

 

男らしい人の特徴6. 自分に自信を持っている

男らしい人は自信を持っている

男らしい人は自分を卑下したりしません。思うような結果が出なくても、「もう俺はだめだ!」と自暴自棄になるのではなく、「今はだめでも、そのうち結果は出る。」と自分自身を誰よりも信じ抜いています。男らしい人ほど人生で大成しているのは、男らしさの根源が「自信」だからかもしれません。

【参考記事】男らしさの近道は、自分に自信を持つこと▽

 

男らしい人の特徴7. 時と場合に応じてプライドを折る

男らしい人は謙虚でもある

自分の部下が失敗をした時に取引先に深く頭を下げられる男性、自分に非があったらすぐに謝る素直な男性。時と場合に応じてプライドを折れる男性って男らしいです。「男は簡単に謝るもんじゃない」と昭和チックな男らしさを振りかざしている男性も時折いますが、残念ながら現代社会ではカッコ悪く見えます。本当にプライドが高い人ほど、時と場合に応じてプライドを折る術を知っているもの。

【参考記事】今は、謙虚で素直な人が大成する世の中▽

 

男らしい人の特徴8. 決断力と行動力を兼ね備えている

決断力と行動力がある男性

男らしい人ほど、決断を先延ばしにはしません。頼まれた仕事は言い訳をせず、二つ返事で決断をします。断る時もはっきりと断ります。もちろん、決断をした後に必ず行動で示していくのも男らしさ。流行りのYESマンのような自我のない男よりも、バイタリティ溢れる快活な男性に心を奪われる女性が多いのも納得です。

【参考記事】デキるビジネスマンは物腰柔らか。だけど、自分のコアは譲らない▽

 

男らしい人の特徴9. ブレない信念を持っている

信念をしっかり持っている男性

信念に基づいて行動するのが男らしい人。絶対に譲れない信念を持っているからこそ多くの人望を集め、たとえ辛いことがあっても前に進んでいけるのです。

信念を持っている男性を支えたい!と思う女性は絶えません。この機会に今一度、自分の信念とは何か見つめなおしてみてはいかがでしょう?

【参考記事】EXILEのように、ブレない信念を持つ組織は男らしく強い▽

 

男らしい人の特徴10. 野心家で志が高い

野心家で志が高い男性

絶対に稼いでやる、自分で起業する、俺にしか出来ないことをやる。男らしい人は身の丈以上の目標と夢を常に持っています。身の丈に合ったことには興味がないのです。誰にでもできることではなく、自分にしかできないことを日頃から考えています。そんな勇ましい姿勢に、女性は男らしさを感じるのでしょう。もちろん夢見がちな男の子ではなく、実践してチャレンジする行動も兼ね備えている男らしい人に限った話ですが。

【参考記事】強い志を持った坂本龍馬のリーダーシップ論に迫ります▽

 

男らしさを身に付けるためには?

男らしい人はブレない

肉体美やルックスなど逞しい外見も男らしい要素の1つですが、それ以上に女性が求めているのは揺るがない信念や芯の強さなどの内面性。そして、男らしい人を見た女性が「この人の為に何かできないか」「支えになれないか」と心を動かされるのです。辛くても自分の美学を持って前に進む男性に、ついて行きたくなってしまうのは、もはや女性の本能なのでしょう。

では、肝心の男らしさを身に付けるためには?男らしくなる5つの方法をお教えします。

 

男らしくなる方法1.  男らしい髪型にする

男らしいツーブロックにする

内面性を男らしくするために、まず外見から男らしくなる変えるのも一つの戦略です。女性から見ても、男性から見ても清潔感のあるサッパリとした髪型を取り入れてみましょう。中でも人気の高い髪型は、ツーブロック。「ツーブロックに男らしさを感じる」という女性は数多くいます。アレンジも簡単で、男らしさの中に気軽におしゃれを取り入れられるのも魅力的。

【参考記事】メンズ髪型の定番「ツーブロック」を完全網羅しました▽

 

男らしくなる方法2. 常に平常心でいることを心がける

男らしく平常心でいる

続いては内面について。男らしく余裕を持って日常を送る為には平常心を保つことが不可欠です。平常心でいるには、常に余裕を持ってゆったりと行動すること。出勤30分前に会社に着いていたり、朝早く起きて読書する時間を作ったり。備える癖をつけていきましょう。何事も事前準備をする癖をつければ、自然と日々の生活に余裕が生まれてきます。

【参考記事】常に精神が安定しないメンヘラ男にならないように要注意▽

 

男らしくなる方法3. 筋トレをして精神も鍛え上げる

男らしさを鍛える

筋トレをして得られるのは、男らしい身体だけではありません。筋トレは以下のような効果も得られるとデータが出ています。

つまり、筋トレをするほど男らしい性格に化けていくということ。健康のためにも男らしくなるためにも筋トレは取り組むべきでしょう。

【参考記事】筋トレ初心者の方は、まず「腕立て伏せ」から開始してみて▽

 

男らしくなる方法4. 理想の男像をイメージし続ける

男らしい人

男らしい人ほど、目標とするロールモデルを明確に描いています。偉人でも身近な人でも、なりたい男性像をイメージすると、具体的なお手本として理想の自分に近づいていけます。尊敬する人の行動をよく観察したり、その人の思考を盗みながら理想の自分を目指していきましょう。

【参考記事】結婚したい男を目標に設定すると、男らしさが自然に身に付きます▽

 

男らしくなる方法5. 苦労を買ってでもする

男らしく苦労する

男らしい人ほど、苦労を避けません。むしろ苦労を買ってでもする勢いの逞しい男性ばかり。苦労をするほど内面が磨かれて、人としても一人の男性としても成長することができます。“男の顔は履歴書”という言葉があるように数々の修羅場を経験してきた男性ほど、顔から醸し出すオーラが違う。周りを魅了する男らしい人は、苦労や経験値が豊富です。

【参考記事】多くの男性が憧れる須藤元気。彼の男らしい哲学を見習って▽

 

“エセな男らしさ”はいらない。男らしさから遠ざかる3つの行動

男らしくない人

男らしさは、一長一短なテクニックでは身に付きません。時間をかけて努力を積み重ねていくことが、男らしい人になる最短ルートです。

だからこそ、すぐに剥がれるメッキのような“エセな男らしさ”を持つくらいなら、男らしさを持たない男性の方がまだマシ。最後にエセ男らしい行動をご紹介します。汚い男らしさは、男らしさの欠片もないので注意してくださいね。

【参考記事】表面だけ優しい男はモテないように、表面だけ男らしい男はモテません▽

 

エセ男らしい人の行動1. 店員さんに対する態度が横暴

横暴な男

店員さんにタメ口で「まだなの?」と上から目線で物申すエセ男。「お金を払ってるんだから」と上から目線な態度は、カッコ悪いだけ。どんな立場の人にも分け隔てなく平等に接することができるのが本当の男らしさ。偉そうに強がっている男性は、器の小さい中二病でしかありません

【参考記事】器が小さいと、損な人生を歩んでしまいますよ▽

 

エセ男らしさ2. 「やっぱ男は◯◯でなくっちゃ」とひと言多い

男らしくない男

「やっぱ男は黙って◯◯でしょう」と口にするよりも、無言実行する方が断然かっこいいです。男らしさの定義は人それぞれなので「男は〜であるべき」という多言は避けましょう。先入観の塊のような老害に見られてしまうかも。

【参考記事】固定概念に縛られた“ダメ男”にならないように気を付けて▽

 

エセ男らしさ3. 自分の考えが常に正しいと思っている

自分の考えに固執する男

どんなに仕事ができる人や賢い人でも、間違いをしてしまうのが人間です。エセ男たちは「自分の意見を曲げたら負け」という概念を持っている人が非常に多い。間違ったことを言っても素直に謝れなかったり、いつまでもプライドを折れない男は、男らしさとはかけ離れています。自分の非を認めずに、自分のプライドばかり守る男は“ただの頑固者”ですよ。

【参考記事】プライドのみ高い男は、いつまでもモテません

 

せっかく男に生まれたなら、男らしい人生を楽しもう。

男らしい人の特徴

男に生まれたからには、男性にも女性にも好かれる男らしい頼り甲斐の人になりたいものです。そのためにまずは、自分の中に強い信念と譲れない美学を持つことから始めてみてはいかがでしょう。一度決めたブレない軸は、何か道に迷った時や大きな決断を迫られた時、判断基準にとして貴方の決断&行動をサポートしてくれます。いかなる状況であっても男らしさを忘れずに、艶のある男らしい人生を100%謳歌してくださいね。

【参考記事】強靭なメンタルや信念が備われば、必ずモテます

【参考記事】ひたむきで真っ直ぐな男性を、女性は「イケメン」と呼ぶのです▽

【参考記事】男らしさを持った“いい男”がモテるのは必然です▽

Smartlog(スマートログ)

注目の記事

関連する記事

こんな記事も人気です!