【男女別】人を好きになる理由は?恋愛感情が生まれる瞬間ときっかけ10選

男性も女性も恋に落ちる瞬間ってありますよね。どんなきっかけで人は人を好きになるのでしょうか。今回は、好きになる理由を男女別に14個ご紹介。さらに、人が異性に恋愛感情を持つ心理やメカニズムもレクチャー。番外編では、しばらく恋をしていない男女に、本気で人を好きになる方法まで解説します!

人を好きになるのは何故でしょうか?

人を好きになる理由

人を好きになる理由には、どんなものがあるか知っていますか?

「理由なんてない」と思っているかもしれません。しかし、実は男女によって人を好きになる理由やきっかけや感覚は異なり、十人十色です。

今回は、人を好きになる具体的な理由やきっかけから、異性に恋愛感情をもつ心理、そして最近恋をしていない人向けに人を好きなる方法までをご紹介します。


【男女別】相手のことが好きだと認識する瞬間

相手を好きになることは自然なことです。しかし、相手をどんなときに好きだと認識するかご存知ですか。

そんなに好きだと認識する瞬間は、男女によっては異なります。

今回は、そんな相手のことを好きだと認識するのはどんな瞬間なのか、男女別でご紹介していきます。


男性が好きだと認識する瞬間やきっかけ

男性が女性を好きだと思う瞬間やきっかけはどんなものだと思いますか。

「外見やスタイル」、もしくは「笑顔」なのかもしれません。

今回は、男性が好きだと認識する瞬間やきっかけを具体的にみていきましょう。


1. 頼られたり、甘えられたりする事に対し、嬉しいと感じた瞬間

男性は女性に頼られたり、甘えられたりすると嬉しいと喜びを感じてしまいます。

「やっぱり〇〇くんは頼りになるね」

「〇〇くんにしか相談できないよ」

そんなふうに女性から言われてしまうと、相手が自分を好きなのではないかと思ってしまうのです。

そして、「相手が好感を持っているかも」と思うと、相手のことが自然と気になり始めて、自分も好きなのかもと自覚をしてしまうことが多くなっています。


2. とにかく外見がタイプで、直感的に「付き合いたい」と思った時

これは一目惚れなので、本能といっても差し支えないでしょう。

自然な心の動きなので、理由なんておそらく本人でもわからないはず。

「相手が真剣に打ち込んでいる姿に思わず見惚れてしまった」

「彼女のあまりの可愛さに見とれた」

いろいろ瞬間はありますが、女性が微笑んだときの仕草のかわいさや純粋さに、思わずキュンとして見惚れてしまうというケースが、多いようですよ。

【参考記事】はこちら▽


3. 異性の話をされて、嫉妬している自分に気づいた時

男性は、好きな人はできるだけ独占したいものです。

「〇〇くんってサッカーが上手くてとってもかっこいいよね」

「勉強を教えてもらったら、すごくわかりやすかったの」

などと、好きな人が他の異性のことを話していると、嫉妬してしまうというのは自然な流れ。

そんな気持ちになって初めて、自分が彼女に惚れているということに気がついてしまうのです。

人はなかなか自分の気持ちに気が付きにくいものなので、嫉妬してやっと気が付くということはよくあるケース。

【参考記事】はこちら▽


4. 無意識に視線で追いかけてしまうのを自覚した時

人は気になる人がいると、その人ばかりをずっと思わず見てしまいます。

そのため、無意識に目線が追いかけているということは、その相手を好きだということです。

「最近あの子が、よく視線の中にはいるな」

「あの子とよく目線が合うな。なんでだろう」

そんなときは、相手のことをもっと知りたい、もっと見ていたいと思って、目で追いかけてしまう可能性が高いですよ。


5. ひたむきに頑張る姿勢を見て愛くるしいと感じた時

男性であれ女性であれ、人が純粋に何かに打ち込み、ひたむきに頑張っている姿は、かわいく思ってしまうもの。そして、そんな姿はやはり心に響き、応援をしたくなります。

「真剣に仕事に打ち込み、がんばっている姿の愛くるしさに惚れた」

「一生懸命スポーツの練習をして、がんばっているひたむきさをかわいいと思った」

そんな風に女性のことを感じたときは、男性はその女性に惚れているのです。


女性が好きだと認識する瞬間やきっかけ

女性が好きだと認識するのは、特別ですよね。女性は相手のことを好きだと認識すると、胸のあたりが熱くなったり、キュンとなったりするはず。

そんな女性の特別を引き出す瞬間やきっかけはどんなものなのか、具体的にみていきましょう。


1. 手が触れたり、軽いスキンシップでドキッとした時

男性は好意があるからこそ、その好意を示すために、好きな女性にちょっとしたボディタッチなどのスキンシップを取ってきます。男性は好きな女性に特別に思われたいと思っているのです。

そんなスキンシップは、女性にとって全く何も思っていない相手と手が触れたとしても、効果抜群。その瞬間に急に男性として意識することがあるのです。

【参考記事】はこちら▽


2. 仕事の帰り道など、別れ際に寂しいと感じた時

女性は寂しがりやですが、誰にでも甘えたいとか一緒にいたいとは感じません。女性は好意を持ってるからこそ、一緒にいたいと思うのです。

つまり、別れ際に寂しいと思うということは、相手と「もう少し一緒にいたい」と思い、別れるのを寂しいと感じてしまうから。

女性がそんなふうに感じたときは、相手に好意を感じているのです。


3. 下心のない男性の誠実な優しさを感じた瞬間

優しくされるのは嬉しいですが、下心を感じてしまうとその優しさは、本来の純粋なものじゃないと思ってしまいますよね。

「道路を歩いていて、ふと男性が道路側を歩いて、いつの間にか自分が歩道側を歩いていた」

そんなさりげない気遣いは、男性の下心は感じられず、男性の誠実な性格からにじみ出ている優しさを感じられます。

だからこそ、下心のないそんな優しさに女性は思わず、好意を感じてしまうのです。

【参考記事】はこちら▽


4. 直感的にこの人と一緒にいたいと強く思った時

「この人はとても話が合う」

「一緒にいるととても楽しい」

「一緒にいるがとても自然で疲れない」

女性がこの人と一緒にいたいというきっかけはさまざまです。

特に一緒にいたいと思うのは、男性と話が合った場合です。男女で話が合う人はなかなかいませんよね。やはり価値観が一緒だったり、共通の趣味があったりすると、女性は男性を親しく感じてしまいます。

つまり、親しく思うと一緒にいたいと思うものなのです。


5. 些細な話でも真剣に聞いてくれる懐の深さを感じた瞬間

女性は優しさには弱いもの。些細な話でも真剣に聞いてくれるのであれば、いざ真剣な相談のときはもっと自分をしっかりとフォローしてくれると思うのです。

やはり好きになるのであれば、頼りになるような男性がよいと思っています。

また、適当に話を聞かれていると、自分に対して特に何も思っていないと思うものです。

ですので、些細な話でも真剣に聞いてくれるのであれば、自分に対して何か好意を持っているのかもしれないと思い、相手のことが気になります。


男女で異なる?人を好きになる主な理由とは?

人を好きなるのには、いろいろと理由があります。その人の外見だったり、性格だったり、金銭的な面だったりと本当にさまざまです。

ただ、男女で好きになる理由は同じというわけではなく、それぞれに理由があるようです。ここからは、男女による人を好きになる理由をご紹介していきます。


男性が女性を好きになる理由

男性が女性を好きになる理由ってどんなものだと思いますか。

人により異なりますが、一目惚れだったり、女性の優しさだったりといろいろですよ。

好きな男性に好きになってもらうには、どうしたらよいのかなかなかわからないので、そんな理由は女性にとっては気になるところ。

今回は、そんな男性が女性を好きになる理由をみていきましょう。


1. 初めて会った瞬間に一目惚れをしてしまった

「あの女の子はスタイルがいいなー」

「はっきりとした顔立ちがかわいい」

男性は女性よりも視覚的な情報や感覚を大切にしてるため、視覚的な部分である外見やスタイルが好みのタイプであれば、一目惚れをしてしまいます。

本当に初対面のときに、その女性が好みか好みではないかを、判断をしているようです。

そのため、男性は女性よりも一目惚れをしてしまうケースが、多くなっていますよ。

ただし、視覚的な情報を大切にしているとはいえ、その好み幅はだいぶ広いようなので、好きな人に一目惚れされなくてもアピールし続けていれば、思いが通じるかもしれません。

【参考記事】はこちら▽


2. 辛い時や苦しい時に優しくされた

男性は弱っているとき、優しくされると思わずその女性に好意をもってしまいます。

「失恋をして弱っているときに、一生懸命なぐさめてくれた」

「トラブルで大変なときに、いろいろと手を貸して、助けてくれた」

弱っているときに優しくしたり、助けてもらえると男性にとって女性はとても大きな存在とっている感覚をもちます。

心の中で、大きな部分をしめることになり、好意をいただくようになります。

【参考記事】はこちら▽


3. 女性から甘えられたり、頼りにされた

男性は女性から甘えられたり、頼りにされたりすると嬉しいものです。

「やっぱり〇〇くんって頼りになるよね」

「〇〇くんしか甘えられないの」

そうすると、男性は自分が頼りにされているため、自分が認められていると自信をもつことができるのです。

実は自分で着てしまうことでも、好きな人にはたまには頼ってみると、女性が自分を頼ってくるところがかわいいと気持ちが揺れるはず。


4. 彼女の可愛い笑顔を目にしてキュンとした

男性は、女性の笑顔に弱いのです。

いつもなかなか笑顔を見せない女性が一瞬浮かべた笑顔に、思わず見惚れてキュンとして、好きになってしまうなんてこともありますよ。

そんなかわいい笑顔をみてしまったら、男性はその女性をほっとけないと思い、守らないければならない思うものなのです。

もし、好きな男性がいたら、なるべくその男性の前では素直になって、思いっきり笑顔を浮かべるとよいでしょう。


5. 秘密を打ち明けられたり、女性に特別扱いをされたりした

「あなただけが特別なの」

「一番大切なのはあなた」

男性は、自分だけが特別扱いをされるのにとても弱いのです。

そのため、女性にあなただけと特別扱いをされると、頼られていると思い、喜びといった感覚を感じてしまいます。

好きな男性には、なるべく相談する機会を設けていたら、男性は「俺のことが好き?」と思うでしょう。男性は女性が自分に好意を持っていると気が付いたら、自分のことを気にかけるようになってくれるはず。


6. 相手が自分に好意を抱いていることに気が付いた

やはり他人に好意を持たれるのは、嬉しいもの。

相手が自分に好意をもっていると思うと、どうしても相手のことが気になり始めます。

そうして相手に興味をもち、相手を見るようになると、好意を持つようになるのです。

さらに、男性の中には女性が自分に好意をもってくれているのがわかれば、その好意が嬉しいと思い、よっぽどのことがない限り断らないという人も多くいますよ。


7. 職場の女性の私服姿を目にし、ふいに“女性らしい”ギャップを感じてしまった

これはギャップ萌えです。いつもはパンツスーツでさっそうと歩いているのに、たまにふんわりとしたイメージのかわいいワンピースをきている。

そんな時、男性は女性らしさを感じてしまい、思わずキュンとしてしまうのです。

男性は女性のやわらかい部分を認識することで、自分とは違うもので、守るものだと感じるよう。


女性が男性を好きになる理由

女性が男性を好きになる理由は何だと思いますか。

女性は男性と違い、どちらかというと感情や直感で判断する場合が多くあります。

そんな女性が男性を好きになる理由は実はいろいろ。男性とは好きになる理由が異なるため、なかなかわからないものです。今回はそんな女性の男性を好きになる理由をみていきましょう。


1. 荷物を持ってくれたり、紳士的な振る舞いに男らしさを感じた

女性は、男性の男らしい行動に弱いところがあります。

いつもは異性を感じさせないような男性が、たまに荷物を持ってくれたり、何かから守ってくれたりすると、思わず相手に異性を感じてしまい、どきりとしてしまうのです。

反対に、あまりにも乱暴な言葉遣いや暴力的なことをしてしまったら、男性の怖い部分を感じてしまい、女性から引かれてしまいますよ。好きな女性には、なるべく紳士的な男らしさを感じてもらえるようにすると、好きなってもらえるはず。


2. 親しみやすく、居心地がいいと感じた

女性からみるととてもアプローチがしやすい存在です。女性としてはしかめっ面をしていたり、しゃべりかけるなというような雰囲気の人よりは、親しみやすい雰囲気の人には気軽に話しやすいのです。

さらに親しみやすいと、自分に親しみを持ってくれていると思うので心を開きやすいもの。

そんなふうに、たやすく話しやすいと、女性と仲良くなりやすいのです。

ただあまりにも居心地がよいと、男性と思われず、まるで女友達のように扱われて、異性と思われなくなってしまうので注意をするようにしましょう。

【参考記事】はこちら▽


3. 職場でミスした時、優しくフォローして助けてくれた

女性はいつもフォローしてくれたり、一緒に何かをしてくれる人に対して好意をもちやすいのです。

女性は同じ目標をもって、作業をしたり交流を重ねていくと、最初は好意をもっていなくも、徐々に好意をいただくケースがあります。

さらに何か失敗をしてしまい、困っているときにフォローしてもらい、優しくされると、自分に好意をもっているのはないかと思うのです。そして相手に好意をもつようになっていきます。


4. なんとなく体調がすぐれない時、すぐに察して心配してくれた

やはり弱っているときに、優しくフォローされているとその優しさが身に沁みますよね。人は弱っているときほど、優しさに弱いものです。

男性から優しくされると、自分を大切にしてくれている、自分に好意をもっていると思い、好意をいただくようになるのです。

また、それだけ相手の状況をすぐに察してくれ、心配をしてくれるような男性であれば、相手のことを大切に思い、優しくしてくれるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


5. ネイルを変えたり、わずかなイメチェンにも気付いて褒めてくれた

単純に他の人が気が使いものに気が付いて、褒めてくれると嬉しいですよね。

特に女性はネイルや髪形などに非常に気を配っているため、一生懸命頑張ったところを認めてくれるのは格別なはず。

そもそも相手に興味がなければ、そんなわずかな変化になんてなかなか気が付かないものです。

つまり男性が女性に対して、興味=好意をもっていると思い、女性も相手のことが気になっていき、好意をもつようになります。


6. 普段はクールな人が無邪気に笑ったり、意外な一面を目にした

女性はいつもと違うギャップに弱いもの。

「いつもはちゃらちゃらしていて、仕事場とムードメーカーなのに、仕事になるとすごく真剣になる」

「いつもは冷静な人なのに、動物をみたときの優しい笑顔がたまらなくかわいい」

女性は普段から考えられないような、意外な一面を見てしまうと、その姿にドキドキしたり、キュンキュンしたりしてしまうのです。

そんなギャップをみてしまうと、相手のことを見る目が以前とは変わり、相手のことを気になり始めるんです。


7. 悩みや相談を親身になって聞いてくれた時

人の悩みや相談に真剣に向き合うのって難しくて、少し面倒な部分がありますよね。

そんなことに親身になってくれると、女性は男性のことをいざというときには、助けてくれるいい人だなと思ってしまいます。

実際、いざというときに助けてくれる人はとても貴重。

その貴重さに気が付き、相手の価値を認識して、自分にとって相手はなにより大切な人でかけがえのない人だと思うようになるのです。


男性と女性では人を好きになるメカニズムも違う

人を好きになるのだから、男性であっても女性であってもメカニズムは同じだと思いますよね。

実は、男性と女性では火を好きになるメカニズムがかなり異なるのです。

今回は、その男女によるメカニズムの違いをご紹介していきます。


男性が人を好きになる心理

男性はどちらかというと、性的な感情と愛情を一緒に考えてしまうことが多いため、その女性に対して、性的な感情が大きくなってしまうと女性のことを好きになる場合があります。

また、自分だけ特別という「特別感」にとても弱いため、相手の女性にとって特別だと感じてしまうと、相手のことが好きなってしまいます。

男性は外見やスタイルなどで一目惚れをすることもありますが、本当に相手の性格などに本気で好きになってしまうこともあるのです。


女性が人を好きになる心理

女性はどちらかというと、「優しさ」を愛情と一緒に考えてしまうため、優しくされると愛されていると感じてしまい、相手のことを好きになる可能性があります。

また、好きでもない男性であってもキスをされると、その男性のことが好きかもしれないと思ってしまうことがあります。これはキスを許したことを自分のなかで許すために、そう思ってしまうのです。

普段はおとなしい男性なのに、たまに男らしさを見せられるとそのギャップに思わずドキッとしてしまうのです。


人を好きになれない時に試したい人を本気で好きになる方法

自分を好きだと告白してくれて、相手がとても性格がよく、外見的にも文句がないのに、好きになれない。

周りからみると好きにならないのはおかしいほど良い人で、仲もよいのに、どうしてもなんとも思えないというときがありますよね。

そんなときは、これから紹介する方法を試してみてください。

きっと、本気で人を好きになるはずですよ。


1. まずは相手の前に自分の事を好きになってあげる

自分に自信がないと、どうしたって人のことなんて好きになれるはずもありません。

そのためまず自分のことを好きなってあげる必要があります。

「俺なんて、好きになってもらう価値がない」

「俺にはいいところなんて一つもない」

そんなことを思っていては好きになってくれた相手に失礼ですよ。相手が好きなってくれるだけ、いいところがあるはずです。

相手が好きになってくれるほどの自分には価値があると思うことで、自分に自信がつくはず。


2. 相手の短所ではなく、長所に目を向けてみる

人であればだれでも短所の一つや二つはあるものですよ。

相手の短所ばかり見ていては、相手のことが嫌いになるのはあたりまえ。そんなときは、相手のことが好きになるなんてできません。

「あの子はちゃんと決断できなくて、優柔不断だな」

「いつも遅刻をしてきて、マナーがなさすぎる」

相手のマイナスなところばかりみて、指摘するばかりではなく、相手のマイナスの面も許して、穏やかな気持ちで相手のことを一度見てみることをおすすめしますよ。


3. いい人に会う確率を高めるため、単純に異性と出会う数を増やしてみる

単純に好きになる人に出会うための機会が少なすぎれば、まだそんな人に会っていないだけなのです。

「仕事が忙しくて、合コンになかなかなんていけないよ」

「友達に飲み会に誘われたけど、めんどくさい」

異性と出会う機会が少ないとなかなか、人を好きになるという感情自体が、なかなか起きなくなってしまいますよ。異性と出会う機会を増やしていけば、好きになる人に出会えるはずです。

【参考記事】はこちら▽


4. 怖がらずに素直な自分を相手にさらけ出してみる

人と関わっていれば、もちろん自分も傷つくこともありますし、相手を傷つけることもあります。

そんなことに恐れていても、いつ傷つくかなんては誰もわからないもの。

相手にきちんと向き合わないのであれば、相手も自分にちゃんと向き合ってくれるはずはありませんよ。

きちんと相手に素直な自分をさらけ出せば、きっと相手も自分にちゃんと向き合ってくれるはずです。

怖がってばかりいては、先に進むことはできません。


5. 過度に人へ期待したり、見返りを求めたりしない

あまりにも相手に対して期待値をあげてしまうと、付き合ってみたものの思っていた「理想」とは違ったということがあります。理想を追い求めすぎると、そのうち痛い目をみてしまうはず。

本当に好きであれば見返りを求めず、相手を愛するはずです。

あまり相手に過度な期待をせず、現実を見るようにしましょう。


積極的に恋をしてみましょう。

人を好きなるというのはやはり誰にとっても特別なもの。

そんな特別な好きをいう感情を相手にいただく瞬間やきっかけは、これから恋愛をしたいと思う人や恋愛をしている人にとっては、とても気になりますよね。

そんな人を好きなる瞬間やきっかけ、心理、人を好きなる方法をご紹介しました。

ぜひ、参考していただき、ステキな恋愛をしてくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事