紳士とは?紳士な人の特徴15選&モテるジェントルマンになる方法を解説

紳士とはどんな男性を指すのかご存知ですか?本記事では、紳士とは?の意味の部分から、紳士な人の特徴を性格や外見に分けて解説!さらに女性から紳士な男性だと思われる瞬間や、紳士な人になる方法までご紹介します。男性の方は是非参考にしてくださいね。

紳士な男性ってモテますよね。

紳士な人の特徴15選&モテるジェントルマンになる方法

紳士とは一体どのような男性を指すのか、具体的に答えられる方は少ないはず。紳士はモテますし、できることなら紳士になりたいと思う男性が多いでしょう。しかし、そもそもの意味が分かっていなければ「紳士になりたい」と思っていてもなりようがありません。

そこで今回は、「紳士とは?」の解説から紳士になる方法までたっぷりとお届けしていきます。紳士になって、大人な男性の魅力を身につけていきましょう。


紳士とは何か?紳士の意味を解説!

紳士とは、振舞いが上品で礼儀正しい男性を指す言葉です。英訳ではジェントルマンと呼び、パーティーなどで「レディース&ジェントルマン」といったセリフを聞いたことがある人も多いでしょう。

元々紳士とは、上流社会に位置する男性を指す言葉でしたが、使い方が変化してきて現在では上品で余裕のある男性を表す言葉となりました。ちなみに、上品な女性は淑女(しゅくじょ)と呼ばれます。


ジェントルマンとはどんな人?紳士な人と思われる人の特徴15選

紳士という言葉は一般的に使われていますが、具体的にどういった男性を指すのか分からない人も多いでしょう。

そこで紳士とはどんな人なのか、紳士な人と思われる特徴を性格・行動・外見の3カテゴリーに分けて紹介していきます。紳士になるには、まず紳士に見られる特徴を頭に入れておきましょう。


紳士な人の「性格」の特徴

紳士だと言われる人には、まず性格が良いといった特徴が挙げられます。紳士とは上品な振舞いができる男性を指しますので、性格が良くなければ紳士とは言えないでしょう。

ここからは、どういった性格をしていれば紳士な人だと思われるのかを紹介していきます。


性格1. 誰に対しても優しい

誰でも自分に利益があったり、好かれたいと思う特定の相手には見返りを期待して優しくしますよね。そんな中、紳士な人は損得勘定で物事を考えず、誰に対しても公平且つ優しい態度で接します。

心が綺麗で広いからこそそういった接し方ができ、周囲から紳士と呼ばれるようになるのでしょう。老若男女問わず、誰に対しても優しい性格は紳士な人のなによりの特徴です。

【参考記事】はこちら▽


性格2. 芯が強く、自立している

紳士な男性は自分の意志を強く持っており、周囲の意見に流されることはありません。人と意見が異なって周囲からの圧力を感じても、自分が正しいと思う判断を貫き通せる芯の強さ・自立心が人から信頼されて好かれるようになるのでしょう。

自分の弱さに負けず、周囲のために注力できる姿は周囲からも高評価を得て、紳士な人と思われるようになります。

【参考記事】はこちら▽


性格3. おおらかで、包容力がある

紳士な人と思われる人は器が大きく、多少の物事には動じない心の広さを持っています。自分のことだけではなく他人のミスや欠点なんかも気にせず、そんな所すら受け入れてしまう包容力は大人の魅力を感じさせ、周囲から好かれるように。

特に女性の方は「紳士とは包容力がある男性」と考える方が多く、心に余裕があって他人の全てを受け入れられる男性は紳士だと評価されます。

【参考記事】はこちら▽


性格4. 自分の中でこだわりを持っている

紳士な人は自分なりの信念を持っており、それを達成しようととにかく一生懸命です。人生に対する姿勢や振舞いに強いこだわりを持っているため、一切の努力を惜しみません。

他人に優しく、自分に厳しいを意識せずに行っていますので、そんな姿勢は評価されて「紳士な人だな」と周囲から思われるようになります。そういった性格は表面にも表れますので、服装や仕草にもこだわりがある姿が確認できるでしょう。


性格5. 常に向上心を持ち、自分を高める

現状に満足して、あぐらをかいてしまうような男性はとてもジェントルマンとは言われません。常に自分を高めるのを忘れず、向上心を欠かさない男性は素敵な男性と思われて、次第に紳士な人だと周囲から認識されます。

また、紳士な人は自分が努力している姿を周囲には見せようとしないため、わざとらしさを感じさせない点がさらに紳士的に見えるのでしょう。


紳士な人の「行動や振る舞い」の特徴

ここからは、紳士な人の行動や振舞いについて紹介していきます。行動や振舞いは目に見えて分かりますので、周囲はこれを見て紳士な人だと認識するようになります。

基本的には上品な行動をする人が紳士なのですが、どういった振舞いをしているのか具体的に見ていきましょう。


行動や振る舞い1. ゆっくりとした話し方をする

早口で話をしてくる人にはどうしても余裕のなさを感じて、ジェントルマンとは思いませんよね。紳士な人は心に余裕があるため、その余裕が話し方にも表れてゆっくりとした話し方をするようになります。

ゆっくりとした話し方は品格の良さを感じて上品に映る上、聞き手が理解しやすいようにとの気遣いも感じますので、紳士だと思われるようになるのでしょう。


行動や振る舞い2. 綺麗な言葉遣いをする

紳士だと言われる男性は、一般の男性が自然と使いがちな男言葉や若者言葉を使いません。場面を問わず常に綺麗で正しい言葉遣いをするため、その姿に上品さを感じて周囲から紳士だと思われます。

紳士な人は言葉遣いによって他人に与える印象が変わるのを知っているからこそ、綺麗な言葉遣いをするよう心掛けているのでしょう。

【参考記事】はこちら▽


行動や振る舞い3. 話の引き出しが多い

紳士な人は振舞いが上品である他、教養の高さも伺えます。様々な知識を持っており、自分を高めようとさらに学習するため、話の引き出しも自然と多くなるのでしょう。

どんな話をしても合わせてくれる姿には大人の男性としての余裕・教養を感じる方も多く、紳士的だと思う人も多いです。話が上手く、コミュニケーション能力が高いのも紳士だと思われるには必要な要素となるでしょう。


行動や振る舞い4. きめ細やかな気遣いができる

紳士な男性は、他人に対しての気遣いを忘れません。道に迷ってそうな人がいれば自分から声をかけたり、飲みの席でグラスが空いていれば注文したりと、人のためになることは進んで行おうとする特徴を持っています。

きめ細やかな気遣いができるのは心に余裕があるからで、決して押しつけがましくないさりげない気遣いを受ければ、紳士だと思わざるを得ません。


行動や振る舞い5. 礼儀やマナーを重んじる

「紳士とはレディファーストな男性」だとイメージする方も多いですよね。しかし、本当の紳士は誰に対しても礼儀を重んじて、マナーを欠くことはありません。

それは礼儀やマナーの重要さをしっかりと理解しており、「人との関係を良好に保ちたい」という思いから為せる行動なのでしょう。そういった振舞いは周囲からも評価されて、紳士だと感じる人も多いです。


紳士な人の「外見や服装」の特徴

見るからに不潔な人は決して紳士とは呼ばれないように、紳士な人は行動や振舞いに留まらず、外見や服装にも紳士としての特徴が表れます。

一体どういった特徴なのか、紳士と言われる人の外見や服装についてこれから見ていきましょう。


外見や服装1. TPOに合わせた服装ができる

TPOとは、Time(時間)・Place(場所)・Occasion(場合)の頭文字を取った和製英語です。お葬式や結婚式、ビジネスや初デートなど、あらゆる場面に合わせて最適な服装を選べるのは周囲からデキる男だと思われます。

TPOに合わせた服装ができるのはマナーを知り尽くしている証拠であり、そんな姿を見れば多くの方は「紳士な方だな」と感じるようになります。


外見や服装2. ほのかにいい匂いがする

紳士な人は、周囲を不快にさせまいと香りにも気を遣っています。汗臭さがないのはもちろん、強すぎる香水の香りも感じさせず、ほのかにいい匂いがするのは紳士にはよく見られる特徴です。

口臭にも気を配っており、タバコを吸った後や食事の後には歯磨きをしたり、ガムを噛んだりしている人も多く、どこからもいい匂いがするのは紳士だと思われやすいでしょう。


外見や服装3. 健康的で引き締まった体をしている

紳士な男性はガリガリな体型でもなければ、太った体型でもありません。ほどよく筋肉がついていて引き締まった体をしており、健康さを感じさせるため、男性としての魅力を覚える方が多いでしょう。

引き締まった体にはスーツも映えますし、上手に着こなしている姿からは大人の男性としての色気を感じますので、紳士的だと思う方は少なくありません。

【参考記事】はこちら▽


外見や服装4. 姿勢がいつ見ても綺麗

姿勢が人に与える印象は意外と大きいものです。背筋がピシッと伸びていたり、胸を張って堂々と歩いていたりする姿には、自信に溢れている紳士の風格を感じる人も少なくありません。

綺麗な姿勢をしていればその分背も高く見えますし、スタイルも良く映って、より大人の男性としての魅力を感じるため紳士的だと思われているのでしょう。


外見や服装5. 自分に似合う髪型を知っている

本当に紳士な男性からは、髪型にすら上品さを感じさせます。それは、自分に似合う髪型を知っており、より自分の魅力を高められているからなのでしょう。

その上、他人に不快さを感じさせたくないという気遣いも持っているため、爽やかで清潔な髪型をしている方が多いです。決して派手ではなく、似合っていて落ち着いた外見も紳士な男性に見られる特徴となります。


モテる男性はここが違う!女性が紳士だと思う10個の瞬間

紳士な男性は、年齢問わず幅広い女性から大人気です。そのため、紳士になりたいと思う男性は多いですが自称紳士では意味がなく、女性から紳士だと思われなければ意味を成しません。

そこで、どういった瞬間に女性は男性を紳士だと思うのか、その瞬間について紹介していきます。


瞬間1. 重い扉を開けて先に通してくれた時

女性は出掛ける時にバッグを持っている方が多いので、手動のドアを開けるのも一苦労。そんな時に自然と扉を開けて自分が通るのを待っていてくれていた瞬間には、さりげない気遣いを感じて紳士的だと感じます。

また、女性自身がされるのはもちろん、他人に扉を開けてあげる姿を見た瞬間にも同様に紳士的だと思う女性が多いです。


瞬間2. 女性に歩くスピードを合わせてくれた時

筋肉量や足の長さの違いから、基本的には女性よりも男性の方が歩くスピードは速いです。女性もそれを理解しており、わざわざ自分の歩くスピードに合わせてくれる男性には優しさを感じます。

多くの男性が無意識に女性にスピードを合わせさせている中、意識して歩くスピードを遅くしている男性には、口には出さなくても女性は紳士的だと思っているでしょう。


瞬間3. さり気なく車道を歩いてくれた時

車道側は歩道側よりも車に近い位置のため、危険が多いです。そのため、自ら車道側を歩いてくれる男性には「守ってくれている」と女性は感じます。

ただし、車道に移動したのを自分からアピールする男性には押しつけがましさを感じて「小さい男」だと思われるように。何も言わずに車道側を歩いてくれるさりげなさが女性の心をくすぐり、紳士で素敵な男性だと認識されます。


瞬間4. 食事の際に、女性がトイレに行く間に会計を済ましてくれた時

男性が食事をご馳走してくれれば、当然女性は嬉しいものです。しかし、金額を知ることで申し訳なさを感じて、素直に喜びきれないのが女心。そんな中、自分が知らない内に会計を済ませてくれていれば、値段も知らず必要以上に恐縮する必要がありませんので、男性としてのスマートさを感じます。

ただ奢るだけではなく、女性の精神的な負担も考えてくれる姿勢には強い魅力を感じて、紳士だと思われるのは間違いないでしょう。


瞬間5. エレベーターで扉を押さえていてくれた時

一緒に出掛けていたり、オフィスに勤めていたりすれば、女性とエレベーターに乗る機会も少なくありませんよね。そんな時に、エレベーターの扉が閉まらないように手で押さえてくれている男性には、気遣いに感動して女性はその男性を紳士だと思うようになります。

当然のことのように思えますが、意外とこういった細かな気配りが身についている方は少ないので、いざされると嬉しいものです。


瞬間6. レストランで奥の席に座らせてくれた時

多くの飲食店では奥の席がソファ、手前の席がイスといった作りになっています。個人差はありますがソファとイスならソファの方が座り心地が良いので、それを譲ってくれた瞬間にはさりげない気遣いを感じて「紳士的だな」と思うように。

上手にエスコートしてくれた瞬間には「自分を大切にしてくれている」と女性は感じるので、それができる紳士な男性はモテるのでしょう。


瞬間7. デートの後にすぐ、お礼の連絡をしてくれた時

デート中は優しくしてくれても、デート後まで気遣ってくれる男性は多くはありません。そのため、デートが終わってすぐに男性から「今日はありがとう」とお礼の連絡が来れば、気に掛けてくれているのが伝わりますので女性は紳士的だと感じるようになります。

ご馳走してくれたり、上手にエスコートしてくれたりと、デートを楽しませてくれた上にお礼までしてくれるのですから、魅力的に思わない女性はいないでしょう。


瞬間8. 段差や階段で手を差し伸べてくれた時

女性が男性を紳士だと思う瞬間は、自分をお姫様のように大切に扱ってくれた時です。階段などでそっと手を差し伸べるのはアニメやドラマではよく見る光景ですが、現実でしてくれる男性はほとんどいないでしょう。

そのため、自然と手を差し伸べてくれた時にはちょっと恥ずかしいと思いつつも「凄く紳士な人」と感じます。その振舞いはまるで王子様のように映り、恋に落ちてしまう女性も少なくありません。


瞬間9. 「寒くない?」と気温に気を遣ってくれた時

筋肉量の違いから、男性よりも女性の方が寒さに弱い傾向に見られます。女性が寒いと感じていても男性はそう感じていないケースが多く、多くの男性は女性が寒がっているのに気が付きません

ですので、「寒くない?大丈夫?」と気を遣ってくれる男性には「そんな所まで気遣ってくれるなんて」と感じ、紳士な男性だと思うように。その上、自分の上着などをそっと肩に掛けられたりすれば、キュンとしない女性はいないでしょう。


瞬間10. 鞄や重い荷物を持ってくれた時

女性は元々荷物が多いですし、買い物をすれば両手が塞がってしまいます。そんな時に、「荷物持つよ」とさりげなく重い荷物を持ってくれた時には、男らしさを感じて女性は紳士的だと感じるでしょう。

しかし、バッグはそれも含めたコーディネートである場合が多いので、女性の持ち物全てを持とうとする男性は女心が分かっていないと逆効果になってしまうことも。

荷物や鞄を持ってあげるべきか、女性の本心を察して臨機応変に対応できる男性こそが本当の紳士です。

【参考記事】はこちら▽


モテる男になりたい!紳士な人になるための5つの方法

ここからは、紳士な男性になるための方法を5つ紹介していきます。紳士になることで女性からモテるようになりますし、より良い女性とお付き合いできますので今すぐにでも試していくといいでしょう。

女性だけでなく、男性からも好かれる存在になりますので、紳士にならない手はありませんよ。


方法1. 他人への気遣いを恥ずかしがらない

多くの方は男性からの気遣いを感じることで、紳士な男性だと認識するようになります。しかし、それを分かっていても「キザだと思われるんじゃないか」と感じて、恥ずかしさから気遣いができない男性も多いです。

特にレディファーストを恥ずかしからずにできる男性は女性からモテますので、気遣いを恥ずかしからずに行えるよう自信を持つことから始めましょう。


方法2. 相手から好印象を持たれる服装をするように心掛ける

人の印象のほとんどは外見で決まってしまいます。服がヨレヨレだったり、穴が空いていたりすればその時点で紳士とは到底思われないので、服装においても気を配るようにしましょう。

ただし、ただオシャレにするのではなく、他人から好印象を持たれる服装にするのが大事です。自分のためではなく、相手のために服装を選ぶという認識が紳士としての人格を作っていきます。


方法3. 女性の変化に気付き、マメに褒める

たとえ他人に優しく接し、上品に振舞っていても女性からモテる紳士とはなりません。女性は特別扱いされて始めて男性として意識しますので、ただの紳士ではなくモテる紳士になるには口にだして女性を褒めるようにしましょう。

その際に容姿を褒めたり、身体のパーツを褒めたりすると下心を感じてしまうため、髪型や服装に変化が見られた時に「似合ってるね」と褒めるようにすると効果的。

上手な褒め方ができてようやくモテる紳士となりますので、褒め方も勉強しておきましょう。

【参考記事】はこちら▽


方法4. 正しいマナーや最低限の常識を知っておく

紳士とは、上品な振舞いができる男性を指します。そのため、紳士と思われるには最低限のマナーや常識を知っておくのが大前提です。

人との接し方に対する常識の他、食事におけるテーブルマナーやビジネスマナーも重要ですので一つずつ学んでいくようにしましょう。

仮に、自分では「マナーや常識は身に付いている」と思っていても、それが正しいとは限りませんので一度見直すようにしてくださいね。


方法5. ガツガツしすぎず、心の余裕を持つ

女性との関係をすぐに発展させようとしたり、強引に口説いてきたりする男性は、自分本位なので決して紳士とは思われません。女性の気持ちを第一に考えて、焦らずアプローチしてくれる姿にこそ女性は惹かれますので、女性を前にしてもガツガツしない心の余裕を持つようにしましょう。

具体的には仕事や趣味に精一杯取り組むことで、恋愛や女性を意識しすぎないようにするのが効果的です。恋愛を焦らなければ女性に対して余裕のある振舞いができますので、紳士と思われやすくなりモテるようにもなるでしょう。


女性から絶大な人気を誇る紳士になりましょう。

紳士とは上品な振舞いや余裕がある風格を持った男性を意味しますので、紳士な方は人から好かれます。特に紳士な人はレディファーストが身についているため、世の女性が放っておかないでしょう。

紳士な人になるには努力が欠かせませんが、やがて努力に見合う評価を周囲から得られるようになります。男性からは憧れられて、女性からはモテる紳士になれるよう、日頃から振舞いや外見に気を配っていきましょう。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事