「遠距離恋愛」が上手くいく“コツ”とは?男性&女性の本音を大公開

会いたいけど会えない遠距離恋愛。今記事では遠恋のメリットや秘訣はもちろん、長続きするコツや会う頻度など幅広くまとめました。遠距離になった時の男性心理&女性心理、結婚するカップルの秘訣など、様々な項目でお届けします。大学生・社会人、これから恋人と離れるかもしれない人必見です!

遠距離恋愛を乗り越えるカップルになるには?

遠距離を乗り越えるカップルとは

大好きな恋人の転勤が決まった。相手が実家に帰ることになって遠距離になってしまった。初めての遠距離恋愛で不安でいっぱいの人も多いでしょう。大好きな恋人と離れて過ごす日々をどう乗り越えていけば良いのか。その距離に2人の愛は打ち勝つのか気になる所ですよね。

今回は、遠距離恋愛の現実問題から乗り越える方法までお送りしていきます。距離に負けない愛を貫く秘訣とは何でしょうか。


遠距離って?「遠距離恋愛」は主に2パターンある

遠距離恋愛のパターンは主に2つ

遠距離恋愛と一口に言っても、様々なパターンがあります。大幅に分けると、最初から遠距離の状態なのかそれとも途中から遠距離恋愛なのか。どんな出会い方や物事が起こると遠距離恋愛の可能性が出てくるのでしょうか。改めて見てみると、遠距離恋愛って他人事じゃないかもしれませんので要チェック!


パターン1. 最初から遠距離恋愛

元々住んでいる場所が、同じ県じゃないというパターン。この場合、イベントや旅行先でたまたま出会ったというケースで片思いの段階で遠距離ということがほとんど。最近は、SNSの婚活アプリや出会い系アプリで知り合ってたまたま遠距離だったいうパターンも浸透しつつありますね。元々会う頻度が少ないながらも、LINEや電話でコミニュケーションをとっているパターンがあります。


パターン2. 付き合っている最中に遠距離恋愛

相手が社会人で、転勤が多い会社に勤めているなら付き合っている途中から遠距離恋愛になることも。毎年、毎年住む場所が変わるというパターンもありますね。

学生なら、相手が留学に行って遠距離になってしまったということも珍しくないでしょう。ただし、留学なら短くて3ヶ月〜6ヶ月、長くて1年〜2年と目安が立ちますね。反対に転勤の場合は人事の都合もあるので目安が付かないこともあります。

【参考記事】少し中途半端な中距離恋愛について▽


気になる!遠距離恋愛の会う頻度の平均は?

遠距離恋愛の会う頻度とは

続いて気になるのは、遠距離恋愛カップルの会う頻度。どこまで距離が離れているかによって会う頻度は変わってきますが、基本的に国内 or 国外で会う頻度はかなり変わってきますね

。それぞれ、どのくらいの頻度で会っているのかチェックしてみましょうか。


国内の遠距離なら会う頻度は「月1回 or 月2、3回」

関東県内と関西地方 or 九州地方の遠距離の場合、往復の交通費が最低2万円かかってきます。会う頻度は、コンスタントに月1回会えれば高頻度

毎月の費用を抑えていくなら2〜3ヶ月に1回とペースを落とすカップルもいます。会う頻度は、お互いの経済状況や仕事の忙しさによって左右されるところですね。


国外の遠距離なら会う頻度は「半年に1回 or 1年に1回」

国外の遠恋の会う頻度

国外で遠距離中のカップルの会う頻度は、半年に1回のペースで夏休みや冬休みの長期間限定年に1回派と分かれてきます。

相手が日本に帰ってくる場合でも、相手の国に行く場合でも航空費と滞在費と合わせて10万円以上と掛かるのが現実問題です。事前にスケジュールも抑えて、費用も蓄えておくことも必要でしょう。

【参考記事】遠恋の会う頻度の距離別&決め方について詳しく紹介▽


遠距離恋愛に対する男女の心理とは?

遠距離恋愛に対する男女の心理とは

男女間で遠距離恋愛に対する気持ちってどう違うのかも気になるところですね。2人を隔てる距離を活かして行こうと考えの人もいれば、目の前の不安でいっぱいになる人もいるのが現実です。

プラス面もマイナス面も赤裸々に解説していきます。


遠距離恋愛に対する「男性心理」

遠距離恋愛の男性心理

まずは、男性心理から。男性は、意外とポジティブ面が多いのが特徴です。寂しさをバネに仕事に力を入れたり、1人時間を楽しんだりと言った面が目立ちますね。

最後の方はマイナス面もありますが、ポジティブ面もマイナス面も含めて至ってシンプルに考えてますね。男性の本音とはどのようなものでしょうか?


男性心理① 次会うまで仕事を頑張るモチベーションが高い

仕事を頑張って彼女から認めて貰ったり、会う度に男としての自信をアピールしたいのが男心。遠距離恋愛中の彼女と会えない期間は、休む暇も無くバリバリ仕事してとにかく結果を出すことに一点集中します。

男性の場合は「次に会った時」、「1年後のため」と未来志向でモチベーションを保つ傾向がありますね。

【参考記事】モチベーションを維持する方法とは▽


男性心理② 寂しいけれどそのうち慣れて1人時間を楽しむ

付き合っている彼女と途中で遠距離になった場合、流石にはじめは寂しくて心にポッカリ穴が空いてしまうこともあるでしょう。

でも、そのうち現実を受け入れて「未婚のうちは自分の好きなことをしよう」と時間とお金を趣味に費やす男性も少なくないです。「寂しいけれど仕方ない」と割り切って考えるのが男性心理。


男性心理③ 女好きな男性の本音は「他の女性と遊べる」とウキウキ

世の中には彼女一筋な男性もいれば、中には女好きでつい彼女以外の女性と火遊びしたくなる男性も一定数います。女好きな男性は、遠距離恋愛中の本命女性が居ない隙に近場の女性と遊んで恋愛のドキドキ感を味わいたい願望を持っています。

彼女と別れるつもりはないけれど、遊びたいという気持ちには逆らえないというのが本音であり本能なのでしょう。

【参考記事】遠恋中の彼氏の気持ちとは?▽


遠距離恋愛に対する「女性心理」

遠距離恋愛の男性心理

続いては、女性心理について。男性と比べると繊細で複雑な面が際立つのが女心。ポジティブに捉えていく人もいれば、不安でいっぱいの人いと分かれますね。

年齢にもよりますが、「結婚」というワードも思い浮かぶ人も。


女性心理① 次会う時までに綺麗になろうと美容を頑張る

好きな人の前では綺麗でいたい、彼氏に「会う度にどんどん可愛くなるね」と言葉を貰いたい一心なんですよね。離れていても生活を充実させて、1人の女性として魅力をキープしたいのが女心です。

彼氏のことが大好きな女性は、遠距離恋愛中でもポジティブで自分磨きを怠らない人が多いですね。

【参考記事】自分磨きを怠らない綺麗になる方法とは▽


女性心理② 25歳〜30歳の女性なら「別れ」or「結婚」の2択が浮かぶ

2番目は、リアルな女の本音。結婚願望がある25歳〜30歳の女性は出産のリミットを考えて、30歳までに彼氏とゴールインしたいのが正直な意見です。

もし遠距離恋愛中の彼女がアラサーで、結婚願望が強ければ「あと1〜2年でプロポーズされないし、見込みもないなら他の人と付き合おう」と常に「別れ」or 「結婚」の2択を考えています。彼氏への愛はあるけれど、「どうなるんだろう」と不安を隠せないんですよね。

【参考記事】30歳は様々な分岐点▽


女性心理③ 寂しい時は近場の男友達に相談して元気を貰う

自己肯定感が低い&寂しがり屋な女性は、会えない日々が続いた時に急に自信がなくなってしまうんですよね。「まさか浮気してるんじゃ」、「向こうは私ほど想ってないのかも」と煩悩で埋め尽くされています

だから、近くにいる男友達に相談して「彼氏こんな感じなんだけど、私平気かな?」と聞いて、男性サイドの意見を聞いて安心しようとすることもあります。不安になりやすい女性は結構これやってしまいます。

【参考記事】自分は寂しがりやかもと思っている方はこちら▽


「遠距離恋愛」をするメリット&デメリット

遠距離恋愛をするメリット&デメリット

「遠距離恋愛って結局どうなの?」というのは本音のところですよね。凄く大好きな人と会えない日々、どんな生活になるのかイメージがつきにくい人もいるかと思います。なので、メリットとデメリットを両面を見て遠距離恋愛のイメージも変わってくるでしょう。

メリットに気持ちが傾けば、そのまま恋愛を続行。デメリットに目が行きやすいなら要相談ですね。では、メリットとデメリットを比較してみましょう。


1. 遠距離恋愛をするメリット

遠距離恋愛をするメリット

彼氏 or 彼女と離れているからこそ自分の時間を確保出来たり、恋愛面でも意外とプラスに働くのが遠距離恋愛。1人時間が好き、仕事を頑張りたい人にはある意味良い環境かも?


メリット① 1人時間が大好きな人は束縛されない

恋人と会う時間が少ないということは、その分1人時間を満喫できるということです。元々、多趣味な人や友達付き合いを優先する人にとって遠距離恋愛はさほどデメリットには感じないでしょう。

無駄に束縛されず、1人時間を楽しみたい人は遠距離恋愛を何とか乗り越えられそうですね。お付き合いしている人も似ているタイプなら尚更。


メリット② 仕事に打ち込める環境でいられる

仕事をバリバリ頑張りたいなら、遠距離恋愛中は仕事を第一優先にしやすい環境が整います。仕事を頑張ってお金を稼いで、遠距離中の恋人とたまには旅行行って2人きりの時間をたっぷり満喫出来たり、会う頻度を上げることも出来るかもしれません。

仕事の優先順位が1番でも、結果恋人に還元出来るのでこのメリットは大きいですね。

【参考記事】仕事ができるかっこいい女性ってどんな人?▽


メリット③ マンネリせずいつも新鮮な気持ちでデートを楽しめる

遠距離恋愛中は、しょっちゅう会えないですが会う毎にマンネリが無いのもメリットの1つ。むしろ久々に会って緊張するくらい。恋人といつも新鮮な気持ちでデートし続けられるし、倦怠期も起こりにくいでしょう。

しかも、会う度にお互い外見から内面まで変化に気づきやすいのも利点で毎回会う度に「前回と違う所探し」をするのも楽しいですね。

【参考記事】マンネリについて知りたい方はこちら▽


2. 遠距離恋愛をするデメリット

遠距離恋愛をするデメリット

恋人と常にベッタリしていたい、経済的に考えて難しいというどちらか1つが当てはまるなら、正直遠距離恋愛はデメリットが大きいです。

近くにいない恋人にどれだけ時間とお金を費やせるかが課題ですね。


デメリット① 会いに行く時に交通費がかかる

遠距離恋愛中にどうしても避けられないのは、交通費という経済的なところ。距離が遠ければ遠いほど、会いに行くまで時間もお金もかかってしまう点は避けて通れない問題です。

でも、交通費のためにしっかり貯金をしたりお金を稼ぐモチベーションにも変わるので働き盛りの20代のうちは意外と乗り越えられてしまうかもしれませんね。


デメリット② 会う回数が制限される

お互いの仕事の都合や休み状況もあるので、会う回数が制限されてしまうのもデメリットの1つ。

しかも、会いに行くなら1日だけでなく1泊2日と泊まっていくことが多いのでスケジュールも合わせないとコンスタントに会うのが難しいですね。お互いの時間をどれだけ差し出せるか。これは、努力次第です。

【参考記事】遠恋は浮気の心配もあります▽


デメリット③ 相手から連絡が来ないと不安になりやすい

遠距離恋愛中は、連絡が唯一のコミュニケーション手段。相手から連絡が来ないと、相手が今何をしているのかどんな状況なのか把握出来ないですよね。連絡が1日、2日と連続で途絶えると不安でいっぱいで四六時中、相手のことを考えてしまいそうです。

連絡をこまめにするのが苦手という人は、夜だけ必ず連絡するとか一定のルールを決めておくと◎

【参考記事】恋愛の不安を抱えている方に▽


こんなこともある…遠距離恋愛が辛いと思う3つの瞬間

遠距離恋愛が辛いと思う瞬間

「距離が遠くても大丈夫」とはじめはポジティブな気持ちでいっぱいだった遠距離恋愛ですが、時には辛くて落ち込んでしまう瞬間ももちろんあります。どんな時に遠距離恋愛を辛いと思いやすいのでしょうか。


辛い瞬間1. 会いたい時に会えない時

仕事で落ち込んだ時やプライベートでショックなことが起こった時、恋人に会いに行って気持ちを落ち着かせたいところですよね。

でも、遠距離中はそんな時でも会うことが出来ないから寂しさでいっぱいになります。「もっと近くにいたらなぁ」とつい思ってしまう瞬間です。

【参考記事】男が思う会いたいと思う瞬間についてはこちらをレクチャー▽


辛い瞬間2. 相手が忙しくて連絡が取れない時

連絡が取れない時って1番遠距離恋愛を恨めしいと思う瞬間です。遠距離恋愛中は、寂しさに負けないように仕事や自分の時間を満喫しようとするカップルも多いでしょう。つい忙しくて相手と連絡が取れない時もあるあります。

夜の時間帯になっても連絡が取れない時は、「忙しそうだからあまり連絡しない方が良いかな」と気を遣ってしまうことも。「もはや一緒に住みたい」とつくづく思ってしまうのではないでしょうか。

【参考記事】忙しい彼氏と付き合い方についてレクチャーします。▽


辛い瞬間3. 周りのカップルが頻繁に会ってる様子を聞いた時

最後は、女性あるある。周りのカップルが週末必ず会っているのを聞いたり、「今度ここ行くんだよね」とデートの予定を聞いた時に「羨ましい」と反射的に感じます

女性は、他人と自分の幸福度を相対比較する癖があるので無条件に周りのカップルと自分たちを比較してしまう人が多いです。「何で私達は遠距離なんだろう」と落ち込んで辛い気持ちがいっぱいに。

ただし、芯が強い女性なら「他人は他人。自分は自分」と割り切っているのでそう簡単には落ち込まないでしょう。

【参考記事】遠距離が辛い瞬間に乗り越える方法とは▽


遠恋の成功とは?遠距離恋愛を長く続くコツ

遠距離恋愛が長く続くコツ

ここまで少しマイナスな内容が多めでしたが、ここからはプラスの内容になります。実際にこれから遠距離恋愛になる人、今まさに遠恋中のカップルが上手くコツとは何でしょうか。

基本的な全カップル共通・社会人・大学生のそれぞれの状況での“コツ”をレクチャーしていきます。


1. 【全カップル共通】遠距離恋愛の3つのコツ

全カップル共通の遠恋のコツ

辛いこともありますが、大好きな恋人とそう簡単には別れたくないと強い意志を持つ人に向けて遠距離恋愛を長く続けるコツについてお届けします。

距離に負けない愛情を保つ秘訣は、1人の時間をどうやって過ごすかとお互いの工夫次第。では、ご紹介します。


遠恋が長く続くコツ1. 一人の時間をとことん楽しむ

「会えない時間が愛を育む」という言葉がありますよね。遠距離恋愛中は会えない時間の方がほとんどですが、自分1人の時間をいかに楽しんで充実させるかがコツ。

もう恋人のことを一瞬忘れるくらい夢中になれる趣味を見つけたり、資格の勉強をしたり運動をしたり。そんなひと時を1時間でも多く過ごせたら、気づいたら寂しさに負けない強い心が育っているでしょう。

【参考記事】あなたにあった自分磨きはこちら▽


遠恋が長く続くコツ2. 会う時にプレゼント交換して愛情をアピール

お土産程度のものでも良いので、会う時にプレゼント交換して愛情をアピールするのも1つの手。恋人が国外にいて遠距離中のカップルは、会う頻度も1年に1〜2回と限られるのでプレゼントで愛情表現をすると二人の絆も深まるでしょう。

直接会った時に渡すのも良し。寂し過ぎて仕方のない時に、手紙を添えて郵送するのも◎。プレゼントを選ぶ時間も楽しい一時になるので、1度は試す価値ありですね。

【参考記事】最愛の人への愛情表現についてはこちらを参考にしてみて▽


遠恋が長く続くコツ3. 会う頻度は極力下げない

最後は、お互いの努力とスケジュール管理にかかっています。極力月1度会うと決めたら、その頻度を下げないことをおすすめします。仕事の休みの都合もあるかもしれませんが、先に会う日を決めてしまいましょう。

最悪忙しい時は、お互いの住んでるところで会おうとせず中間地点で会って時間とお金の節約をするのも1つの手。会う頻度をコンスタントにしていけば、「この日に向けて頑張ろう」と逆算思考で日々乗り切れるでしょう。

【参考記事】遠恋が成功するコツとは▽


2. 【多忙な社会人カップル】遠距離恋愛の3つのコツ

社会人カップルの遠恋のコツ

社会人カップルにとって遠距離恋愛は、人によって負担になったり頑張り過ぎて空回りすることもあります。

そこで重要なのは、いかに自分の気持ちや時間を大切にしていくかということ。多忙な社会人カップルが遠距離恋愛を乗り越えていくコツとは?


社会人の遠恋のコツ① 相手の為に頑張り過ぎない

社会人になると会社内で予想外のことが仕事で起きたり、自分は平気でも意外と心身共にすり減っていることもあります。

休みの日は遠距離恋愛中の恋人としっかり連絡取ったり、会う時間を取りたいところですがもし自分が疲れているならまずは“自分を最優先”にしましょう。遠恋であっとしても、自分をすり減らしてまで相手の為に時間を費やすと負担が生じます。

長く遠距離恋愛を楽しむなら、エネルギーの配分は大切です。


社会人の遠恋のコツ② 相手にして欲しいことがあったら遠慮なく言ってみる

遠距離恋愛中で最もやってはいけないことは、“遠慮”です。例えば職場で嫌なことがあったら話を聞いて欲しい、次会った時に「ここ行きたい」など。

小さなことでも良いので頼んでみましょう。相手にとって負担かどうか相手が決めることなので、そこまで気にする必要はないです◎。

遠慮せず、自分の要望を伝えて“本音”を出してみて。本音のコミュニケーションを取り続ければ、物理的な距離に負けない強い信頼関係が深まっていますよ。


社会人の遠恋のコツ③ 「もし相手が近場の人と浮気していたら」と起こっていないことは考えない

簡単に言ってしまえば、被害妄想は1秒でも減らすということです。彼氏 or 彼女が近くにいる職場の人や会社の人と浮気していたらとか、他に良い人が居るんじゃないのかなど。

起こってもいないことは、一々考える必要がありません。「距離が離れているから心配」とついネガティブになることもあるかもしれませんが、そんなことよりもたまにしか会えない恋人との時間を思いっきり楽しんで下さい。

近場でいつでも会ってるカップルですら、いつ別れるか分かりません。遠恋は距離と会う頻度は問題じゃないということは忘れずに。

【参考記事】遠恋にはポジティブに考えることが必須です▽


3. 【多感な大学生カップル】遠距離恋愛の3つのコツ

大学生カップルの遠恋のコツ

続いては、大学生カップルの遠距離恋愛について。高校を卒業が片方が地方の大学に進学して遠恋になったり、在学途中にどちらかが留学に行って会えない日々が続くパターンもあります。

学生時代ってバイトや学校、恋愛とやることがあって多感な時期でもあります。そんな時期に遠愛を長続きさせるコツをご紹介します。


大学生の遠恋のコツ① 大学入学後にやりたいことを共有しておくこと

同じ高校に通っていたけれど、大学卒業後に遠距離恋愛が確定したカップルは不安が多いかと思います。その不安に負けないように、お互いに「大学生になったらやりたいこと」を共有しておくと◎。

例えば、夏休みに一緒に旅行に行く。◯月にディズニーランドに行くなど。あらかじめ先の予定や目標を決めておくと、「それまでに頑張ろう」と前向きになれますよ◎。

【参考記事】大学生の恋愛についてレクチャーします▽


大学生の遠恋のコツ② 留学中の相手に負けないように自分もスキルアップしておく

大学在学中のカップルのうち、どちらかが海外留学をすることも珍しくありません。短い期間だと3〜6ヶ月間。長期期間だと10ヶ月〜1年間遠距離恋愛を耐え忍ぶことに。

しかも相手はは語学力やスキルアップの為に留学という選択を選んだので、帰ってきた頃には一回り成長した姿になっているでしょう。そんな向上心のある恋人に負けないように、自分も勉強やインターンシップを積極的にやってみてはいかがでしょうか。

お互いに切磋琢磨出来る関係の方が張り合いがあって、寂しさに負けないはず。自分を忙しくしていれば、気づいたら相手の帰国シーズンはすぐそこ。

【参考記事】女性なら女磨きを極めてみて▽


大学生の遠恋のコツ③ 彼氏・彼女も大事にしつつ、近くにいる友人関係を充実させる

遠恋中の彼氏や彼女との関係ももちろん大切ですが、せっかく大学で知り合った近くの友達やバイト先の人と関係を充実させることも忘れずに。

学生時代の友人って社会人になっても力になってくれたり、遠距離恋愛中の恋人と上手く行かない時に良き相談相手にもなりえます。辛い時や寂しい時に寄り添ってくれる友達は、“かけがえのない存在”ですよ。

【参考記事】親友とは?と思っている方に▽


遠距離恋愛から結婚までの道のりで大事なこととは?

遠距離恋愛から結婚まで行くカップル

最後は、辛い遠距離恋愛を経て結婚までゴールインに至るカップルについて全項目をお届け。

会えない遠距離恋愛生活を経て、結婚まで辿り着くにはどんなことを意識すれば良いのでしょうか。

遠恋から結婚するカップルの特徴、結婚するためのきっかけ、結婚の秘訣までお届けします。大好きなパートナーに結ばれるのに大事なこととは何でしょうか?


1. 遠距離恋愛から結婚するカップルの3つの特徴

もし相手や自分に結婚願望があるとするなら、「このまま付き合って結婚に結びつくのか」というところ。

遠距離恋愛中のカップルほど、会う頻度は少ないのである意味程よい距離感を保てるので冷静に自分たちの状況を俯瞰(ふかん)できるでしょう。

自分たちが結婚に向かいそうか、そうでないか1つの判断として、遠恋から結婚に行くカップルの特徴をぜひ抑えておきましょう。


結婚するカップルの特徴① お互いが1人時間を大切にして自立している

「遠恋で近くに居なくて心配」と言い訳をせず、会えない時も自分の時間も相手の時間も尊重出来るカップルは強いです。

遠距離恋愛でも近距離恋愛中と変わらないメンタルを保てているので、自然と結婚までゴールインしていきます。「何があっても平気」とお互いに確信を持っている証拠ですね◎。

【参考記事】まっすぐな人についてレクチャーしていきます▽


結婚するカップルの特徴② お互いに“将来のビジョン”を共有している

「将来、結婚して子供は2人欲しい」、「結婚したら仕事はこんな感じでやっていきたい」など将来のビジョンを共有しているカップルも結婚に向かいやすいですね。

お互いに何を求めているのか明確なので、結婚するにあたって何が必要なのか・どうしたら良いのか行動に移しやすいのです。

もっと言えば、「自分はこうしたい」と意見交換が出来る関係を築けているカップルであれば遠恋であっても結婚へ向かいやすいということ。


結婚するカップルの特徴③ 「いつもありがとう」とお互いに感謝の気持ちを伝えられている

遠恋カップルは、頻繁に会える訳ではないからこそ相手を大切にしていきたいですよね。相手を大切にするには、“感謝の気持ち”をいかに伝えられるかが重要です。

「いつも忙しい中時間を取って会いに来てくれてありがとう」、「不安にさせないように連絡取ってくれてありがとう」など。

沢山ありがとうを言える仲って相手のことを思いやれるので、将来結婚した時も支え合って上手く行く関係になるでしょう。

【参考記事】カップル以外にもある信頼関係を築くコツについてレクチャー▽


2. 遠距離恋愛から結婚するための3つのきっかけ

恋愛をしていれば自然と結婚の意識も生まれくるでしょう。実は、遠距離恋愛のカップルって近距離恋愛のカップルよりも結婚に踏み切りやすい場合もあります。

でも、結婚もきっかけが必要。じゃあどんなきっかけがあるのかここでご紹介します。


結婚のきっかけ① あらかじめ結婚するタイミングを決めてあった

遠距離恋愛はある程度期間を決めておかないと、お互いの体力・金銭面的にも疲れが生じてしまいます。責任感のあるカップルなら、はじめから「このタイミングまで遠恋頑張ろう」とゴール設定をしているんですよね。

「転勤して2年目で戻れなかったらもう結婚しよう」と約束していることも。もし結婚の意志が元々あるなら、どのタイミングで結婚していくか・ある程度期間を先に決めておくと結婚までの道がイメージしやすいのでしょう。


結婚のきっかけ② どちらかの転勤や転職をきっかけにした

既に遠距離にもかかわらず「地元に転職することになった」、「都内から関西に転勤が決まっていつ戻って来れるかが分からない」など。もう戻るかわからない状況。

転勤や転職というどうしても離れてなければいけない時、何としてでも一緒に居たいと気持ちが動いた人は結婚を決意します。結婚すれば常に相手の隣に居られるので、一番安心出来ますからね。


結婚のきっかけ③ 年齢的に20代後半で結婚適齢期だったから

周りの友達が「結婚・出産」を迎えている姿を見ると、今まで遠くに感じていた結婚も身近に感じるようになります。

25歳以降から結婚ラッシュに差し掛かってくるので、「そろそろ自分達も結婚しよう」と決意する人も珍しくないです。

しかもちょうど遠恋中なら「いっそのこと結婚した方がもう経済的にも時間的にも余裕持てる」と前向きに考えられますね。

【参考記事】結婚の決め手とは?▽


3. 遠距離恋愛から結婚するまでのカップルの3つの秘訣

「特徴」・「きっかけ」ときて、最後はなんといっても、今後の二人が上手くいくような秘訣とは何でしょうか。

今後今の恋人と遠距離恋愛を経て結婚を考えている方は必見です。


結婚の秘訣① 「一緒に居て楽しい」アピールをする

社会人同士の遠距離恋愛は、相手の仕事の都合によって連絡頻度も変わって来ますよね。連絡が取れない時に「辛い」・「寂しい」とつい思ってしまいますよね。でも、寂しいのも辛いのもお互い様。

だから、敢えて口に出さず「離れていても付き合っていること自体が楽しい」とアピールする余力を持ちましょう。遠距離恋愛でも前向きにポジティブさを貫ける人は、結婚して何か問題が起こっても乗り越えられると思われるでしょう。


結婚の秘訣② 「結婚したら」と未来の話はし過ぎない

結婚願望が強い男女は、「将来結婚したら〜」、「子供は将来◯人欲しい」と具体的な未来の話をついしてしまう傾向があります。しかし、相手によっては負担に感じてしまうことも。

結婚という遠い未来よりも、遠距離中は“次あった時にしたいこと”“今度行きたいところ”など、もっと近い未来を2人で共有することを優先していきましょう。

結婚するかしないかという2択よりも、楽しい時間をいかに共有できるかが婚約の近道でしょう。だって、どうせ長く一緒にいるなら居心地の良い相手がベストですもん。


結婚の秘訣③ 相手のことを信用する

シンプルだけれど、1番難しいのはこれ。遠距離中は相手が返事1つ遅れただけで相手の浮気を疑ってしまったり、本当にこのままで続くのかと不安になることも多々あるでしょう。

たった一瞬でも、相手を疑いたくなりますがその一瞬に負けない心を持ちましょう。報告連絡を徹底するように過度に束縛をしたり、相手の言動を一々疑わない強さが大切ですよ。

【参考記事】遠恋で結婚するために必要なこととは▽


遠距離恋愛は、お互いの心の強さが試される。

遠距離距離恋愛はお互いが試される

遠距離恋愛のメリットからデメリット、長く続ける秘訣と盛りだくさんでお届けしました。恋人と物理的に距離が離れてしまってそう簡単に会えなくなってしまうのが遠距離恋愛ですが、1番大切なことはお互いの心の距離をいかに近く出来るかです。

物理的な距離に負けない、心の強さと相手への愛情を絶やさないようにして下さいね。「遠距離って辛いよね」なんて言葉を吹き飛ばすくらいの心意気で限られた時間を楽しみましょう。

【参考記事】遠距離で別れるパターンも多いです▽

【参考記事】遠距離で別れてしまった方は必見です▽

【参考記事】理想のカップルに迫ります!▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事