中距離恋愛を成功させる8つのコツ│会う頻度や結婚のタイミングとは

中距離恋愛という言葉を聞いたことがありますか?今回は、中距離恋愛の定義から遠距離恋愛との違いについて徹底解説!さらに、中距離恋愛のメリットとデメリットから、中距離恋愛をしているカップルがデートで会う頻度や結婚のタイミングまでお教えします。中距離恋愛を成功させるコツも参考にどうぞ!

中距離恋愛で悩んでいるカップルはいませんか?

中距離恋愛を成功させるコツ

「中距離恋愛」という言葉を知っていますか。遠距離恋愛と何が違うか、どんなものが中距離恋愛か分からない人も多いですよね。

ここでは、中距離恋愛の意味や定義、そして彼氏との中距離恋愛がうまくいくコツまで徹底的に紹介します。

彼氏とまさに中距離恋愛中、届きそうで届かない距離や会う頻度で悩む人も、ぜひ参考にしてくださいね。


中距離恋愛とは?中距離恋愛の距離の定義は?

中距離恋愛、と言っても具体的にどのような恋愛か分からないという人も多いですよね。まず中距離恋愛の距離の定義を解説しておきます。

まず中距離恋愛とは、恋人同士が近くに住んでいるのではなく、会うのに時間がかかる場所で離れて住んでいる状態を指します。

そして中距離恋愛の中距離は、『だいたい片道2~3時間かかる距離』と定義されています。

お泊りするまでもない、けれども日帰りで行くのは難しい、という微妙に離れた距離が中距離の定義です。


「中距離恋愛」と「遠距離恋愛」との違いは?

中距離恋愛と似た言葉に遠距離恋愛がありますよね。恋愛作品でも取り扱われるシチュエーションで、遠距離恋愛については知っている人も多いのではないでしょうか。

遠距離恋愛はその通り、恋人同士が中距離恋愛よりも遠く離れている状態を指します。

今の遠距離恋愛の距離は、会うならお泊りしなければいけない距離です。新幹線でも乗り換えが必要な距離、飛行機の距離、国内と海外等が該当します。


【参考記事】はこちら▽


平均はどのくらい会ってるの?

中距離恋愛をしているカップルの会う頻度は、どのくらいか気になりますよね。

付き合っている彼氏と彼女の年齢や仕事の状況によっても変わります。「週末は必ず会うようにしているので週1回」というカップルもいれば、「お金をあまり使いたくない、忙しいため月に1回」というカップルもいます。

以上を踏まえると、中距離恋愛で会う頻度の平均は、2週間に1回、または1ヶ月に2~3回程度と言えます。


中距離恋愛をするメリットとデメリットとは?

会えそうで会えない微妙な距離の中距離恋愛。実は、近距離恋愛や遠距離恋愛と比較すると、中距離恋愛ならではのメリット、デメリットがあります。

中距離恋愛をもっとうまくするために知っておきたい、メリットとデメリットを順に紹介していきます。


『中距離恋愛』をする5つのメリット

中距離恋愛ならではのメリットも実はたくさんあります。まずは主な中距離恋愛のメリットを5つ見てみましょう。

メリットを知っておくと、より中距離恋愛を楽しめるようになりますので、中距離恋愛になる可能性のある人も安心ですよ。


1. 会う頻度が多くないため、デートでドキドキ感がある

中距離恋愛は、当然近距離恋愛よりも会える頻度は少なくなります。「なかなか会えなくて寂しい」と感じる人もいるかもしれません。

けれども、会う頻度が少ないからこそ、一回のデートがいつでも新鮮で、ドキドキ感も味わえます。

また、いつでも会える距離にいると、デートで行く場所もどんどん増えてくるため、どうしてもマンネリ化してしまいますが、中距離恋愛ならマンネリを防げます。


2. 相手の大切を改めて感じることができる

いつでも会える距離にいると、どうしても相手のことを空気のように感じてしまいがちです。付き合う年月が長く、会う頻度が増すほど、相手の大切さを忘れてしまうことがありますよね。

中距離恋愛は、なかなか彼氏に会えないからこそ、彼氏の大切さをいつまでも感じることができるのも魅力。

いつまでもお互いを大切に思えるので、会う頻度は少なくても、ずっと一緒にいたいと結婚も意識するようになりますよ。


3. 彼に会いに行くときは、ちょっとした旅行気分を味わえる

中距離恋愛は、日帰りでは難しい距離に会いに行きます。もしも自分から彼氏に会いに行くときには、いつでも旅行気分を味わうことができるのも、中距離恋愛のメリット。

自宅近くにはないお店を探したり、彼氏の家の近くで行ってみたいスポットを調べておいたりするのもおすすめですよ。

デートと一緒に旅行気分も味わえるので、ただ彼氏に会うだけでなく色々な楽しみも増やせるでしょう。


4. いつでも会える訳ではないため、次のデートを目標に頑張れる

中距離恋愛は、いつでも会えるわけではありません。だからこそ、会える時間を大切にしたいと思うカップルが多くなっています。さらに、次に会える時を糧にして、日々の生活を頑張ることもできます。

お互い仕事などが忙しかったり、日常生活で辛いことがあったりもします。それでも、「これを頑張れば会いに行ける」「今週が終わったらデートができる」と、会えない時間を過ごすエネルギーに変えられるのです。


5. 1人の時間が多いため、自分を高める時間が作れる

恋愛をしていると、彼氏との時間を優先しすぎて、気が付くと「一人の時間が少なくなっている」ということがあります。

中距離恋愛は、普通の恋愛よりも会える頻度が少ないため、自分の時間をたくさん持てるのもメリットのひとつです。

自分の趣味を充実させても良いですし、自分磨きに使うのもおすすめです。ジムに通ったり、美容院やエステサロンに行ったりして、次に会うまでにきれいな自分になることもできますよ。


『中距離恋愛』の5つのデメリット

中距離恋愛には、なかなか会えないからこそのメリットもあります。けれども、なかなか会えない、距離があるというのは当然デメリットもあります。

次に、中距離恋愛の具体的なデメリットを5つ紹介します。

これから中距離恋愛になるかもしれない、という人は、先にデメリットを知っておくと上手に中距離恋愛を進めるコツも分かるようになりますよ。

デメリットに悲観するのではなく、中距離恋愛を乗り切るためのコツとしても知っておいてくださいね。


1. 会いに行くだけで、時間もお金もかかる

中距離恋愛は、片道2~3時間の距離を離れている状態を指します。つまり、会いに行くだけで時間もお金もかかってしまいます。

複数の交通機関がある場合は、お金が安い方を選べば時間がかかりますし、早く着く方ならお金がかかる場合が多いですよね。

あまり自由にお金を使えないカップルにとっても、仕事などで忙しいカップルにとっても、会うだけで時間もお金もかかるのはデメリットです。


2. どちらかが会いに行く回数が多いと、負担が偏りやすい

中距離恋愛は、彼氏または彼女のいる方までどちらかが会いに行く、ということが多いですよね。

もしも彼氏または彼女どちらかが会いに行く回数が多いと、当然そちらにばかり負担が偏ってしまいます。

金銭的な負担もそうですし、移動時間の長さから疲れもたまりやすいです。

お互いに会いに行くのを交互にする、学生と社会人のカップルなら、社会人の方が会いに行く回数を多くする、など、カップルによってうまくバランスを取りましょう。


会いに行く側の人の不満が溜まりやすい

会いに行く回数がどちらか一方だけ多くなってしまうと、会いに行く側の負担は当然大きくなります。

すると、「なんで自分だけお金を使ったり、時間をやりくりしなければいけないんだ」と不満が少しずつ溜まってしまいます。

ある日、溜まった不満がそのまま爆発して、関係が悪化してしまう危険性もあります。当然そのまま別れてしまったり、自然消滅してしまったりします。

不満が溜まる前に、会いに行く回数について決めておくのが上手くいくコツです。


3. 会えない距離ではないため、仕事終わりに会いに行くなど、無理をしてしまう

中距離恋愛は、頑張れば日帰りでも行ける距離です。そのため、無理をすると会いに行けてしまうのもデメリットにつながります。

例えば、お互い仕事などで忙しく、数か月程会えない期間があったとします。そんな中でも、やっぱり会いたいと思っていたとして、ある日の仕事がたまたま定時で終わったとします。そのまま新幹線に飛び乗って、仕事帰りに会いに行く、など無理をすれば会いに行けてしまうのです。

会うために無理をしてしまうのも、デメリットと言えます。


4. 会いたい気持ちが強くなり、寂しい思いをする

中距離恋愛で特に大きなデメリットと言えば、なかなか会えないため寂しいと感じることではないでしょうか。

遠距離恋愛ほど距離がないとはいえ、すぐに会える環境ではありません。

会えないとなると、離れている距離が中距離でも遠距離でも関係ありません。いつでも会えるカップルよりは、「会えなくて寂しい」と感じる頻度は多くなるでしょう。

その代わり、会えない時間を糧にする、いつでも新鮮な気持ちで会える、など前向きに考えるのが寂しさを紛らわすコツです。


5. 好きのバランスが崩れると、関係が崩れやすい

恋愛をしている間は、彼氏と彼女の間で、お互いに好きの度合いは異なります。好きの度合いが違っても、バランスがとれていれば、恋愛はうまくいっている状態になります。

中距離恋愛も同じですが、普通の恋愛に比べて、中距離恋愛は好きのバランスが崩れると一気に関係も崩れてしまいやすい特徴があります。

例えば、彼女の方が好きの度合いが高いため、中距離恋愛の彼氏にいつでも会いに行っていたとします。けれども、彼女の好きの度合いが減ってしまうと、彼女から会いに行く回数が少なくなります。結果、そのまま会わなくなってしまうという可能性もあるのです。


『中距離恋愛』でも関係を長続きさせるコツ

中距離恋愛にはメリットもデメリットもあります。けれども、中距離恋愛を上手に行かせるコツを知っておけば、中距離恋愛も怖くありません。

これから中距離恋愛を進めていく上で、知っておきたい上手なコツを7つ紹介します。


1. お互い家の中間地点でデートをすることで移動の負担を減らす

中距離恋愛は、どちらかに移動やお金の負担がかかりすぎて不満が溜まるのも、うまくいかない理由のひとつです。

お互いの負担を減らすためには、彼氏と彼女の中間地点で会って、デートをするのもおすすめです。中間地点で会うようにすれば、移動距離もお金も、彼氏や彼女の自宅まで行くよりかは負担が少なくなります。

会う場所を中間地点にすることで逆に会う頻度を多くすることもできるかもしれません。


2. お互いのスケジュールに無理のないよう、会う頻度を調整する

中距離恋愛は、無理をすれば会いに行ける距離です。けれども、好きのバランスが崩れるとすぐに関係も崩れてしまうのも、中距離恋愛の特徴です。

どちらかが無理をし続けたまま付き合うのは、ある日関係が崩れる理由にもなりやすいので、お互いのスケジュールに無理がないように、会う頻度を調整するようにしましょう。

無理やり会う時間を作って頻度を増やすよりも、しばらく会えなかった後に長い時間会う方が、より大切に過ごすこともできますよ。


いつも彼が来てくれている場合は「今度は私が会いに行くね!」と行く回数のバランスを取る

もしも、中距離恋愛中にいつも彼氏が来てくれているのなら、自分から「今度は私が会いに行くね」と提案してみましょう。

彼氏は「大丈夫」と言ってくれるかもしれませんが、どちらか一方に負担がかかり続けているのは、中距離恋愛の進め方としては非常に危険ですよね。

彼氏にばかり負担がかからないように、自分からも会いに行くと提案してバランスを取るのも、中距離恋愛を上手に進めるコツです。


3. 会えないからこそ、LINEでこまめに連絡する

中距離恋愛は、実際に会えなくても連絡は取れます。今は、電話だけでなくメールやLINEなど、便利かつ気軽に連絡を取れるツールもできました。会えないからこそ、まめに連絡は取るようにしましょう。

特にLINEなら無料で利用できますので、お金がなくてなかなか会えない中距離恋愛カップルでも便利に利用できます。忙しくてメッセージが打てない時でも、LINEならスタンプを押すだけで気持ちを伝えられますよ。


4. 会えない時間も自分磨きをしたり、1人の時間を楽しむ

中距離恋愛で、なかなか会えない時間が溜まっていくと、ついつい寂しくて気分も落ち込んでしまいますよね。

けれども、会えない時間を活用しないともったいないです。会えないからこそ持てる、自分一人の時間を活用してみましょう。

仕事の勉強をしたり、資格取得にチャレンジしたりするのも良いですね。会えない間にジムに通って、ダイエットに成功して次に会う時に彼氏を驚かせる、なんてこともできますよ。


相手を信頼し、自立した関係を構築する

一人の時間を活用するということは、「一人でも上手に時間を使えるようになる」「自立できる」ということです。

実は、自立した関係を作るのも中距離恋愛を長持ちさせるコツのひとつです。

相手に依存しがちな場合、どうしても会えないと寂しさが募ってしまいます。さらに、会えない間彼氏が浮気をしていないか、など疑心暗鬼になってしまうこともあります。

自分の時間を持って自立するということは、相手にも依存しませんし、無駄に疑うこともなくなります。

相手を信頼して、お互い自立した関係を構築するのも大切です。


【参考記事】はこちら▽


5. 来てくれた彼氏に感謝の言葉を忘れない

中距離恋愛でも、長年付き合っていると、つい彼氏のしてくれたことが「当たり前」になってしまいがち。自分の所に彼氏が来てくれた場合には、いつでも感謝の言葉を忘れないようにしましょう。

感謝は言葉にしないと伝わりません。照れくさいから言いたくない、というのを理由にせず、必ず「ありがとう」という様にしましょう。

いつでも彼氏が来てくれたときに感謝するようにすれば、彼氏も負担を感じにくくなります。


6. デートするときは思いっきり楽しむ

中距離恋愛を上手に進めるコツのひとつが、会える頻度よりも内容を充実させることです。平たく言えば、デートの量よりも質を重視することです。

すぐに会えるカップルよりもデートの回数は少ないからこそ、デートは思い切り楽しむようにしましょう。

中距離を活かして、いつでも旅行気分を味わうのも良いですね。中間地点で会う時も、いつも同じ場所ではなく違った街にすると、新しい楽しみ方やスポットの発見もできます。


7. 結婚を考えれる相手なら同棲を視野に入れる

もしも将来結婚したい彼氏なら、思い切って同棲を提案してしまうのもおすすめです。

同棲してしまえば、当然毎日一緒に会えますので、中距離恋愛で会えない時間に悩むことはなくなります。同棲や結婚を視野に入れれば、中距離恋愛中でも二人で将来が見えるようにもなります。

付き合って年数がある程度たっていて、そろそろ結婚も考えた方がいいかも、と思ったときにはさりげなく同棲や結婚を切り出してみましょう。


【参考記事】はこちら▽


中距離恋愛は工夫次第で長続きできる。

中距離恋愛の距離の定義から、メリットやデメリットをご紹介しました。実は中距離恋愛はメリットも得られますし、デメリットも上手くいくコツを押さえておけば怖くありません。

さらに、中距離恋愛を活かしてもっと二人の関係を強くしたり、同棲や結婚を視野に入れたりもできます。

これから中距離恋愛が決まっている人も、今中距離恋愛で上手くいっていない人も、素敵な恋愛時間を過ごす役に立ててくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事