「自分磨きの方法」決定版。男女が輝く“素敵な自分”の作り方とは

自分磨きで現状の自分を変えたい男女へ。今記事では女磨き&男磨きをしたいと思っている人におすすめの、自分磨きの方法をレクチャーしていきます。自分磨きをする意味やメリット、注意点など細かな点まで大公開。仕事や恋愛でもっと「最高な自分」になりたいと思っている男女必見です。

「自分磨き」をしたい前向きな男女へ。

自分磨きをした前向きな男女へ

ワンランク上の自分になりたい、仕事もプライベートも充実させたい。

社会人になって数年経った男性も女性もようやく仕事に慣れてきたところですが、「今のままでいいのかな?」とふと考える時期でもありますよね。そこで自分磨きをしたいと思う人も多いでしょう。

今記事は自分磨きに力を入れていきたい男女に向けて、具体的な方法から注意点までお送りします。魅力をさらに引き上げていきましょう。


そもそも「自分磨き」とは?

はじめに改めて自分磨きの意味について。自分磨きとは、恋愛や仕事でもっと良い状態を保つために**“外見の見せ方”や“思考力”を変えて自分の価値を更に上げて行く行為です。

**従来までは女性中心に流行っていましたが、最近は仕事だけでなく恋愛も充実させてモテたい男性にも浸透しつつあります。


自分磨きは意味がない?自分を磨くメリットとは?

自分磨きをするメリットとは

自分磨きというのは至ってポジティブな行為ですが、その反面ネガティブな声も時々耳にします。「どうせ自分磨きしても元の顔立ちが良くないから」、「自分変えてまで必要なこと?」と。

でも、この意見を言う人達は自分磨きのメリットは知らないだけです。どんなメリットがあるのかここでご紹介します。


メリット1. 簡単に折れない自信が付いて、「魅力的な人間」になれる

自分磨きと一言で言っても、今までの自分を変えるため、簡単なことではありません。

そのため自分磨きをすると、努力する回数が増えて日々挑戦をしていくのでどんどん、確固たる自信がきます。

さらに自分と沢山向き合った結果、深みのある人間になれるので自然と周りから好かれるでしょう。自分嫌いな人ほど、自分磨きをすれば第二の人生のスタートに◎。

【参考記事】はこちら▽


メリット2. 素敵な恋人やパートナーを得られる

これはかなり大きいメリットではないでしょうか。恋愛も結婚も“同じレベル同士”が惹かれ合うもの

もし貴方が素敵な恋人やパートナーを得て充実した日々を過ごしたいなら、その分自分の魅力もしっかり高めておく必要がありますね。これから幸せな結婚生活を送りたい、楽しく恋愛をしたい人は避けては通れない道でしょう。


自分磨きをすると異性からどう思われるのか?

自分磨きをすると、周りからどんな反応をされるのか気になりますよね。特に異性からの反応は、意識しますよね。

結論から言うと、自分磨きをしている男女は素敵な人にしか見えません。合コンや飲み会で出会った時に、良い第一印象を与えられるでしょう。特に周りが努力していない場合はその差は歴然。

パッと見ただけで、好感度が上がればその分恋愛のチャンスも増えるはず。


【男女共通】自分磨きの10の方法

男女共通の自分磨きの方法

では、ここから本題の自分磨きをする方法についてレクチャーしていきます。第一印象アップするために【外見編】人間性を磨く【内面編】と分けてお送りしていきます。

自分磨きのやる気スイッチが入った人も準備中の人も必見です。自分の魅力を高めるには、何をしていけば良いのでしょうか。


【外見編】自分磨きの5つの方法

まずは【外見編】からスタート。外見で人の印象は9割決まると言われていますし、特に恋愛において外見フィルターを突破することは極めて重要ですよね。

「この人と話したい」、「どんな人なんだろう?」と興味付けにもなるので外見磨きを徹底していきましょう。


外見の磨き方1. スキンケアに力を入れて健康的な肌を保つ

肌は第一印象でかなり見られているパーツです。男女共に、ニキビがなくてツルッとした肌に清潔感を感じます。反対にぶつぶつ肌は少し敬遠されがち。

そのため毎日、洗顔や保湿を欠かさず綺麗な肌作りをしていきましょう。綺麗な肌を持っているだけで、きちんとした生活をしている健康的な人と印象付けられますよ。肌は常に見られていると意識を忘れずに。


外見の磨き方2. 清潔感のある身なりを意識する

仕事中やプライベートでも、清潔感のある身なりは必要最低限のマナーと見なされます。洋服はシワシワになっていないか、靴に汚れや傷がついていないか、髪の毛はボサボサになっていないか毎回確認する癖をつけていきましょう。

“清潔感のある身なり”を意識するだけでも、きちんとした人に見られて人に不快感を感じさせないです。忙しい朝でも全身鏡で確認するだけでも、意識から中身まで変わりますよ。

【参考記事】はこちら▽


外見の磨き方3. 思い切って髪型を変えてみる

ヘアチェンジは、その人の印象を一気に変えてくれます。直毛の男性がパーマをかけると柔らかい印象になりますし、暗い髪色の女性が明るめの茶髪に染めると印象が明るく見えます。

「自分のイメージを変えたい」、「雰囲気を変えたい」と思う人はぜひ美容師さんと相談して思い切って髪型を変えてみてはいかがでしょうか。新鮮な気分を味わえるし、周りからも「髪型変えたの?」と注目を浴びるかもしれませんね。

勇気は入りますが、一番確実で時間がかからない自分磨きになります。


外見の磨き方4. 運動やストレッチをして身体を動かす

引き締まった身体を手に入れる為に、運動の習慣をつけるという手法も鉄板の自分磨き。年齢を重ねると代謝がどうしても落ちてくるので、いつまでも同じ体型を保つことは至難の技です。

特に20代以上の男女は日々身体は衰えやすくなっているので注意が必要。

なので、男女共に筋肉量は落とさずストレッチをして柔らかい体型作りをしましょう。筋トレ、ランニング、ヨガと短時間でも良いので週に1〜2回運動の機会を作っていきましょう。

体型の変化を実感するのは、数ヶ月と有しますが気長に身体改造を楽しんでみて。

【参考記事】はこちら▽


外見の磨き方5. 口角を上げて親しみやすい雰囲気を作る

表情を意識することも立派な外見磨きです。口角が下がっていると元気がない暗い人に見られてしまうので、極力は口角はしっかり上げて親しみやすさを演出しましょう。

実は、口角を上げると目の筋肉も連なってニコッと細くなるんですよね。ニコニコ笑顔で親しみやすい雰囲気を意識してみて。明るい表情を持つ人の周りに自然と人は集まるものです。プライベートも仕事もどちらも口角を上げる癖をつけてみて。

【参考記事】はこちら▽


【内面編】自分磨きの5つの方法

内面の自分磨きの方法

続いて【内面編】にうつります。内面の充実の為に新しい趣味をスタートすることもメジャーな方法ですが、無理に趣味を作らなくても物事の捉え方や新しい考えを取り入れるだけで、十分内面磨きは出来ます

毎日同じ環境で仕事をする人や同じ人間関係で生活をする人がほとんどなので、考え方を常にアップデートすることは求められるでしょう。

仕事面から周りへの接し方までどうやって内面を磨いて行くのか具体的にレクチャーします。


内面の磨き方1. 仕事場での評価を上げるために「結果」にこだわる

どうせ毎日仕事をするなら、少しでも人の役に立ったり実績を認められた方が“やりがい”を感じられます。

なので、仕事は「どうやったらより結果が出せるか」、「効率よく結果出しをするには?」と考えながら取り組んでいくと◎。

ただ目標もなくダラダラ日々過ごすとあっという間に1年が過ぎて、また1年を迎えてというマンネリが生じます。結果を出す為に、人一倍調べごとをしたり準備をしたり復習することも必要になりますが、気づいたら忙しい日々になって充実していることでしょう。


内面の磨き方2. ノートを活用して思考を整理する

仕事や普段のやるべきこと追われていると、中々1人でゆっくりする時間を過ごせないという人も多いかと思います。気づいたら自分の感情を整理する時間が減って疲れたり、家事や整理整頓が追いつかない状態になることも。

定期的に時間の使い方を見直して、行かなくても良い飲み会には行かない。SNSチェックの時間を減らして1人でゆっくりする時間を作ってみて下さい。

ノートに「理想の自分」・「今後の目標」・「To doリスト」・「現状の自分」と項目を作って一つずつ考えを整理しましょう。日々の思考を整理すると心に余裕も生まれるでしょう。


内面の磨き方3. 他人の長所を1つでも多く見つける

仕事上でも恋愛においても、人間関係をいかに良好にしていくのが問われますよね。他人と関わっているとどうしても嫌な部分が見えてきたり、その場で短所を指摘したくなる場面にも直面することでしょう。

他人と関わっていくストレスを減らすためにも、極力相手の長所を見つける癖をつけると◎。もし言葉がキツい人がいれば、「口うるさい所はあるけれどその分人思いってことだよね」と捉えてみるだけで心が平穏になります。

こうやって人の長所を見つけると、気づいたら大らかな人になっていることでしょう。


内面の磨き方4. 感謝の気持ちを伝える

仕事をしている時も恋人といる時も、つい忘れてしまいがちなのが“感謝の気持ち”です。

「仕事は激務な時もあるけれど任せて貰えてありがたい」、「相手も忙しいのに自分に時間を割いてくれてる」と気持ちでは思っていても口に出せないこともあるでしょう。

出来れば一言、「いつもありがとう」と言う習慣を身につけていきましょう。感謝の気持ちを伝えると、周りの人の自尊心を高めますし“謙虚な人”と尊敬されます。「ありがとう」は出し惜しみせず。自発的に言ってみて。

【参考記事】はこちら▽


内面の磨き方5. 他の人がやりたがらないことを率先してやる

利他的に行動する人は、どこに居ても貴重な存在になれます。会社では人がやりたがらない整理整頓やゴミ出し、プライベートは誰かの誕生日会の企画や幹事をやってみる。

他の人がやりたがらないことを率先してやればやるほど、感謝される立場になりますし気遣い上手になります。「損して得取る」くらいの気持ちを持てば、良い人間関係に恵まれたり素敵なパートナーを将来的にゲット出来る確率も上がりますね。


女性必須の自分磨きとは!女を磨く3つの方法

女を磨く方法

では、ここから性別に分けて“自分磨きの極意”をお伝えします。

女性の場合は、どうしても受け身になったり控えめになってしまう人が多いのですが、女磨きに必要なことはとにかく自発的に行動することです。魅力的な女性に近づくには、どんな考え方や行動を取ると良いのでしょうか?


女磨きの方法1. 我慢してまで相手に合わせない

恋愛でも友人関係でもつい相手に合わせがちな女性は、“合わせ過ぎない”ように自分を上手くコントロールしましょう。

「断ると嫌われるんじゃないか」と考えて自分の意見を言えなかった周りに流されると心がどんどん疲弊します。気分が乗らなければ誘いを断る勇気を持つ、同調できないことは無理に同調しない。

我慢の量を減らして、上機嫌な自分を保つことも立派な女磨きです。女性は、ニコニコして愛嬌がある方がやはり魅力ですからね。

【参考記事】はこちら▽


女磨きの方法2. 休みの日も外出して“人から見られる状況”に身を置く

年齢を経ても綺麗な女性ほど、仕事はもちろん休みの日も外出して“人から見られる状況”に身を置きます。人に失礼のないように髪型やメイクをきちんと整えようと、背筋がピンと伸びるんですよね。

もちろん無理に人と会う約束を頻繁に取れとは言いませんが、ちょっとした買い物をする時や美容室に行く時も、必要最低限のお洒落をする習慣を付けると◎。

人から見られている意識が自然と美意識を保ってくれますよ

【参考記事】はこちら▽


女磨きの方法3. 女性らしい振る舞いを意識する

女磨きと聞くと外見を綺麗に整えることに注力したいところですが、より魅力的な女性に近づくにはいかに“女性らしさ”を磨くが大事です。

いくら見た目が綺麗な女性でも、乱暴ば言葉遣いだったり所作がガサツですと魅力が半減しますし、男性受けも悪くなりますね。女性らしさを意識するには、言動と行動をいかに“柔らかく”見せるかを考えていきましょう。

極力男言葉を使わない、物を丁寧に扱う。慌てないでゆっくり行動するなど。女性らしさを基準に行動していくと、男女問わず「この人は大事に扱わないと」と思われる存在になってみて。

【参考記事】はこちら▽


男性必須の自分磨きとは!男を磨く3つの方法

男を磨く方法

今度は【男性編】です。男性の場合、かっこよさを追い求めてしまうがゆえに猪突猛進になる人も多いです。

でも、どうせやるなら周りと差をつける方が効率が良いし一歩先に進めます。では、周りと差をつける“男磨きの真髄”とは?


男磨きの方法1. 仕事でも恋愛でも使える「会話力」を磨く

会話を制する男は、仕事も恋愛も制します。仕事場は、周りから細かいと思われるくらい「報告・連絡・相談」ができる人が信頼されます。

恋愛は、女性の話を親身に聞いて自分の意見をここぞという時にスパッと言えた方が女心にも響きます。

会話力を磨けば、どちらの場面でも“できる男”や“良い男”と印象付けられますよ。会話は場数をこなせば後天的にいくらでも実力が付けられます◎。

【参考記事】はこちら▽


男磨きの方法2. どの場面でも対応できる柔軟性を身につける

プライドを持つことは素晴らしいこと。しかし、もし仕事のデキる男になりたい or モテる男になりたいと思うなら、柔軟さが求められます。

周りからアドバイスを受け入れたり、自己開示して素の自分を見せる場面も増えてくるでしょう。その都度「俺がこれをするのか」とプライドを持っていたら、男磨きは進みません。

男磨きした“その先の自分”を目指すために、時にはプライドも無くすことも考慮しておきましょう。「俺はこういう人間だから」とカテゴライズをする習慣がある男性は、片隅に置いて貰えると◎。


男磨きの方法3. 仕事も恋愛も1度断れるくらいの気持ちで挑む

身近のモテる男性も、スマートに日々過ごす男性もはじめからその状態になった訳ではありません。その陰で幾度も失敗を重ねて、男を磨いてきたのです。

だから、恋愛も仕事も一発で成功しようと肩に力を入れず、「1回断られよう」くらいの気持ちで挑んでいきましょう。何事も行動してその時々、反省して修正しての繰り返しです。

難しいタスクに敢えて挑戦してみる、気になる女性に思い切ってアプローチしてみる。1度断られても、また挑戦すれば良いのです。男磨きは、行動あってこそ。気づいたら自分の必勝パターンを手にしていますよ◎。

【参考記事】はこちら▽


自分磨きする際の3つの注意点

最後の自分磨きの注意点についても解説をしていきます。自分磨きはやり方や方向性を間違えるとただの苦行だったり、効果を実感できない場合もあります。

“意味のある”自分磨きをしていくために、注意しておきたいことは次の3つです。


注意点1. 続けることに意味があるので無理はし過ぎない

内面磨きも外見磨きも全て、数ヶ月単位で磨くことでより洗練されます。逆に単発で過ごしてしまうと一瞬で磨かれた部分も落ちてしまうことも。

完璧主義の男女は、いきなり高いハードルを課す傾向があるので、何かと費用がかけ過ぎてしまうことも珍しくないです。

まずは、自分のキャパシティやお財布状況を考えて自分磨きをしてみて◎。継続することに重きを置きましょう。


注意点2. 自分磨きに成功しても人に強要しない

自分磨きが楽しくなって、恋愛や仕事で成果が見えた時に天狗にならないことです。つい自分が上手くいくと、周りに「こうした方がいいよ」とアドバイスしたがる人も中にはいます。

相手から求められない限り、極力アドバイスは控えないと、ただの押し付けになってしまいます。

一番大事なのは自分がやりたい時に自分磨きをすることです。


注意点3. 外見磨きと内面磨きのバランスを考える

外見磨きをし過ぎて内面が疎かになると、薄っぺらい人間に見えてしまいます。逆に内面磨きにこだわり過ぎて、外見磨きを怠ると貴方の第一印象が薄くなります。

自分磨きをする時は、ぜひとも外見と内面のバランスを大事に◎。両方磨けば効率良くパワーアップできますよ。


自分磨きをして「理想の自分」へ。

自分磨きをして理想の自分へ

自分磨きの方法から注意点まで細かくお届けしました。「理想の自分」に近づくには、自分で積極的に行動してその都度修正をしていきましょう。

どうせ一度きりの人生なら、とことん自分と向き合って歴代NO.1の自分にアップデートしていきましょう。その先には、素敵な環境が揃っているはずです。自分磨きは、その片道切符なので根気良く続けてみて下さいね。

【参考記事】気になる異性が好きだけど、相手の想いがわからない方へ▽

【参考記事】モテる人の特徴や、モテない人の特徴を大公開▽

【参考記事】あなたは「いい人」と「都合のいい人」のどちらですか?▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事