大学生の恋愛はどこまでOK?あるある&恋のきっかけなど恋愛事情を解説

大学生の恋愛事情が気になることってありますよね。そこで今回は、恋人がいない大学生の割合から、恋愛がどこまでOKなのかどうか、恋人ができない大学生の特徴を大公開!さらに、学生恋愛が始まるきっかけや恋愛あるある、恋したい大学生へ送るアドバイスも紹介していきます。

大学生で恋愛をして、キャンパスライフを楽しみたいですよね。

大学生の恋愛のあるある&恋のきっかけなど恋愛事情

大学生の恋愛と聞くと青春時代と連想する人が多いです。ただ、当の大学生はどんな恋愛をしたらいいのか悩みますよね。本当にこの人と付き合っていいのか、大学生なのに出会いがないなど悩みも多いはず。

今回は大学生の恋愛はどこまでOKなのか、恋のきっかけなど様々な大学生の恋愛事情について紹介していきます。この記事を読んで大学生の恋愛を謳歌しましょう。


恋人がいない大学生の割合とは?

大学生の恋愛とはいうものの、実際のところ恋人がいない大学生の割合はどのくらいなのでしょうか。

結論からいうと、約6~7割の大学生に恋人がいません

バイトやサークル等出会いはあるものの、忙しさや恋愛経験がないことからなかなか発展しないことが多いようです。


大学生の恋愛はどこまでOK?

大学生の恋愛というとどんなことを連想するでしょうか。いきなり結婚だなんて想像する人は少ないですよね。

しっかりとした恋愛をするための準備期間や、少しハメをはずして遊ぶ期間だと考える人が多いです。一般的にはどう思われているのか詳しく解説していきますね。


付き合う前の場合

付き合う前にどこまでしてOKなのか、恋愛経験がないこと悩む人は多くなっています。

どこまでOKかというと、手を繋いだり、いってもキスまでという意見が多いです。淡い感じの時間を連想する人が多いので、この辺が限度ではないでしょうか。

それ以上は印象が悪くなるかもしれないので、控えた方が良さそうですね。


付き合った後の場合

では付き合った後の場合はどうでしょうか。キスや手を繋ぐまでという意見もありますが、お泊りや一線を越えるという意見も出てきますね。

カップルによっては結婚を考える人もいるようですが、お金の問題もありなかなか実現する人はいません。あくまで将来的にと考えるカップルが多いみたいです。

しかし、実家を出て一人暮らしをしている人に関しては、半同棲をしているカップルも見られます。


なかなか恋愛できない大学生の特徴

冒頭でも紹介したように、6~7割の大学生には恋人がいません。出会いの機会があるはずなのに、どうして恋愛に発展しないのでしょうか。

気になる恋愛できない大学生の特徴をここで紹介していきますね。当てはまるかチェックしてみてください。


特徴1. 恋愛以外に忙しい

最近は奨学金を借りる人も増えてきて、学業の他にバイト等をしている大学生が増えています。そもそも時間がなければ恋愛はできないですよね。

バイト以外のにも、サークルや習い事と、とにかく時間がないです。

好きな人ができてもデート等をする機会がなければ先には繋がらないので、せっかくのチャンスを逃してしまうことになります。


特徴2. サークルに属していない

大学生の出会いの場として代表的なのがサークルで、大半の大学生がサークルで出会っています。

逆を返せばサークルに属していないということは、大きな出会いの場を失っているということ。

恋愛できない大学生はサークルに属していない人が多いようです。中にはサークルがないという大学もあるので、案外多いようですね。


特徴3. 合コンに参加しようとしない

大学生といえば合コンの機会も増えてきますよね。しかし、合コンと聞くと軽い出会いしかないというイメージを持つ人も多いようです。

合コンは恋をしたい人が集まる場でもあるため、実は恋人を作る絶好の機会なのです。しかし合コンに行かないでしると、チャンスを自ら潰してしまっていることにもなります。

何事も経験なので一回だけ参加してみるのもありですね。


特徴4. 大学に行くことを面倒くさがる

大学内には出会いが盛りだくさん。その大学生の最大の利点を生かせないというのは致命的ですね。

勉強をしに行く場所というのは大前提ですが、出会いが多いというのは否定できません。日常から出会いを探していて損はありませんよね。

大学に行くのが面倒くさいということで、恋愛も面倒くさがってしまう人が多いようです。


特徴5. 同性の友達とばかり一緒にいる

案外意識していない人が多いですが、この傾向は強く見られます。同性とばかり一緒に居ると異性としても隙がなく、アタックしにくいんですよね。

女性同士だと恋愛でドロドロしてしてしまうこともあり、なかなか踏み出せないようです。

恋愛をしたいのであれば、程よく隙を見せてあげることも必要。同性の友達は大事ですが、程々にしたいところ。


大学生の恋愛が始まるきっかけとは?

恋愛できない大学生の特徴が分かったところで、続いて大学生の恋愛が始まるきっかけについて見ていきましょう。

一体どこから恋愛が始まるのでしょうか。これが分かれば恋愛を始めやすくなりますね。ぜひ参考にしてくださいね。


きっかけ1. サークルで意気投合したこと

大学生といえばサークルですよね。同級生はもちろん、先輩や後輩との出会いもあるので恋愛が始まる可能性が格段に高くなってきます。

一緒に何かをする機会も多く、趣味や思わぬ共通点も発見することができますね。同じサークル内でどこまで仲良くなれるかが重要です。

イベントが多いサークルだからこそ、恋愛が始まるきっかけも多いので、サークルは参加必須ですね。


きっかけ2. アルバイト先で一緒に働いたこと

実家の都合でアルバイトをしている学生も多いですが、アルバイト先も貴重な出会いの場です。

大学内の恋愛事情に関わることなく、恋愛ができるというのもアルバイト先で出会うメリットですね。一緒に働いている異性と付き合うのも、大学生ならでは。

社会人とも出会えるので、大学生の恋愛が始まるきっかけとしてはあるあるのようです。


きっかけ3. 同じ学科の講義で隣の席になったこと

大学は勉強をしに行く場所ではありますが、講義がきっかけで恋愛が始まるということもあるあるです。

特に多いのが同じ講義で隣の席になったということ。意図した恋愛のきっかけではありませんが、これも大学生ならでは。

講義によってはペアワークなんていうのもあるので、近くの人と仲良くなることは多いです。また一緒に受けようと誘うこともできるのは、嬉しいところですね。


きっかけ4. 友人の紹介で知り合ったこと

大学生は友達ができやすい環境です。新しい人と出会うといことは、その分チャンスが増えるということ。

中にはモテる友達を紹介してくれて、恋が始まるなんてこともあり得るので見逃せないですね。

友達からその人の恋愛事情などが聞けて、お互い初見の人よりも警戒心を抱きにくいのも恋のきっかけになりやすい理由です。相手のことをリサーチしやすいのもありがたいですよ。


きっかけ5. 学園祭で仲良くなったこと

一緒に何かをすれば、その人の人間性も見えてきます。話す機会が多いので、一緒に作業をしながらお互いの関係性を深めることが可能です。

また、単純接触効果というものも働き、共に過ごした時間が長い人に好意を抱きやすくもなります。

恋愛経験がないという人も自然な流れで仲良くなることができるので、恋愛が始まるきっかけになりやすいようですよ。


きっかけ6. マッチングアプリで知り合ったこと

最近はマッチングアプリを利用する大学生も増えてきているので、恋愛のきっかけになることも多いです。

マッチングアプリを利用している大学生の割合は3割ほどですが、年々伸びてきているのでチャンスは多いですよ。

大学生の恋愛事情は変わるのが早いので、次のトレンドになるのがマッチングアプリになるかもしれませんね。

【参考記事】はこちら▽


大学生にありがちな6つの恋愛あるある

ここからは大学生にありがちな恋愛あるあるを6つご紹介していきます。あるあるを知ればより充実した大学生活を送ることができますよ。

もちろん普通に読むだけでも楽しい内容なので、ぜひチェックしてみてくださいね。


恋愛あるある1. 家デートが多い

時間はあってもお金がないというのが大学生です。実家にいればお金も貯まりやすいですが、一人暮らしの人はそうもいかないですよね。

毎回外出していては、お金が底を尽きてしまいます。そんなこともあってか、家デートが多いのは大学生あるあるです。

本来であれば外でデートをしたいところですが、お金を考えると難しいのも分かります。ここは大学生の恋愛事情の難しいところですね。


半同棲カップルになることもある

実家から通っている人同士でなければ、半同棲カップルになることもあります。

特に結婚等を考えているわけではないですが、大学から家までが近いと多い半同棲の傾向が多いようですね。

ただ、半同棲になると引くに引けなかったりという問題もあります。ドロドロした関係にならないように注意したいところですね。


恋愛あるある2. サークル内の人間関係に亀裂が生じる

同じサークル内でパートナーをとっかえひっかえしていると、当然ながら良い評判は回らなくなります

「前はあの人と付き合ってたのに、もう変えてるよ」なんて噂も回ることは多いです。同じ人を好きになってしまったという場合も、ドロドロ恋愛に発展しやすいので注意が必要ですね。

同じコミュニティだと恋愛に発展しやすいものの、その後の関係等を考えることも大切です。


恋愛あるある3. 飲み会が多いので浮気が不安になる

行くなというわけにもいきませんし、大体異性も一緒なのが厄介なところ。詳しく聞きたいけど、嫌がられそうだし、やめておこうと考えてしまいます。

大学生なので飲み会が多いのは分かりますが、異性もいるし浮気が頭をよぎってしまうのは当然のこと。

許すことも大事ですが、あまりにも多い場合には抑制するカップルもいるようです。


恋愛あるある4. 宅飲みから恋に発展しやすい

社会人でもよくありますが、大学生も例外ではありません。特にお金がない訳なので、宅飲みにしようということはよくあります。

宅飲みはお互いの距離も近く仲良くなりやすいです。というのも家ということもあり周りに人がいないので、深い話ができてしまいます。

さらに近い距離感からドキドキしてしまい、ときめいてしまうということもあるある。楽しい時間の共有は恋愛に発展しやすいんですね。


恋愛あるある5. 二人で大学の講義を受けることが多い

もうこれは王道のあるあるですね。一緒の講義を組んで、同じ時間に通って一緒に帰るなど、ベッタリにねるカップルもいます。

誰から見てもカップルの二人が講義中に仲良しそうにしていると羨ましいですよね。大学生にしかできないことなので、大学生カップルが通る道でしょう。


恋愛あるある6. 周囲の友達が恋愛を後押ししてくれる

大学生は友達が多い時期で、それが功を奏すこともしばしばあります。仲間意識も強く、親身に話を聞いてアドバイスをしてくれるのはありがたいですね。

ただでさえ強力な後押しですが、モテる友達がいればなおさらです。鬼に金棒といった具合に自信が持てるようになるので、ありがたいこと間違いなしですね。


大学生で恋愛をしたい人への4つのアドバイス

現在大学生、もしくはこれから大学生になって恋愛をしたいという方に向けて4つのアドバイスをここではご紹介いたします。

恋愛をしたくてもできない、やり方が分からないという方は必読です。これからの恋愛に役立てられるよう紹介するので、ぜひ確認してみてくださいね。


アドバイス1. 今からでも遅くない!まずは友達作りから始めよう!

まずは母数を増やすところから。なんでもそうですが母数が多ければ、チャンスも多いです。

異性の友達が増えれば単純に恋愛対象が増えますし、同性であれば紹介に繋がる可能性があります。友達が増えれば私生活も充実しますし、いいことだらけです。

気軽に始められるので、楽しく友達を増やして恋愛に繋げられるようにしてくださいね。

【参考記事】はこちら▽


アドバイス2. 自分磨きをして異性から魅力的に見られるようにしよう

モテる人とモテない人の違いは様々ですが、大きな違いの一つに自分磨きが足りないということは挙げられます。自分磨きをすれば、異性から魅力的に見られることは間違いないです。

休み期間に自分磨きを行って、サークルの異性の友達を振り向かせたというケースもありますよ。

時間はかかりますが、長い目で見たら損はしないので、嬉しいことばかり。人によっては化けることもあるので、忘れずに磨いていきたいところですね。

【参考記事】はこちら▽


アドバイス3. 出会いの場に積極的に顔を出そう

もちろんなんでも参加するというのは違うので、どこまでの基準で参加するのかを考えて行くことがおすすめです。

出会いの場には、恋を目的とする人が集まってきます。つまりスタートのハードルが低いということ。

大学生の恋愛感情を聞いていると、やはり恋愛している人は出会いの場に積極的に参加しています。時間があれば参加してみてはいかがでしょうか。

【参考記事】はこちら▽


アドバイス4. 恋愛以外だけでなく自分の大学生活を送ることも大切

散々恋愛のことにフォーカスを当ててきましたが、恋愛だけに集中していればいいわけではありません。

他のことも充実していないと恋愛自体がマンネリ化してつまらないと感じてしまうからです。なんでもバランスは大切。

他のこともやりつつ自分に刺激を与えることで、恋愛も大学生活も思いっきり楽しむことができますよ。


大学生活を謳歌するために、恋愛も楽しんでいこう!

大学生は恋愛を取るかお金を取るか、それとも自分の時間を取るか悩みが多いですよね。

輝いて見える大学生活でも、恋の可能性を下げてしまう人も少なくありません。しかし、実は出会いの場は多くあるため、恋愛はしやすいのです。

本記事を参考に、ぜひ恋愛も楽しめる学生生活を送ってみてくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事