遠距離恋愛で結婚するカップルの特徴集|結婚のきっかけやタイミングとは

寂しい遠距離恋愛を乗り越えて結婚するカップルはたくさんいます。今回は、遠距離恋愛中で結婚したい人に向けて、結婚のきっかけ作りやおすすめのタイミング、結婚できる遠距離恋愛カップルの特徴を、遠距離で結婚した先輩カップルを参考に解説していきます。結婚に踏み切れない男女は必見ですよ!

「遠距離恋愛」で結婚できるか不安な男女へ

遠距離恋愛で結婚するカップルの特徴

恋愛をしていれば、できればいずれは結婚をしたいと思ってしまいますよね。

しかしカップルになっても結婚まで進む道はなかなか困難です。

さらに、遠距離恋愛は恋愛の中でも長く続けるのが難しいタイプの恋愛。そんな困難なタイプである遠距離であっても、大好き恋人とはいずれは結婚したいはずです。

そこで今回は、そんな遠距離恋愛中のカップルのために、結婚のきっかけ作り、おすすめのタイミング、実際に結婚している元遠距離恋愛カップルの特徴などを詳しくご紹介していきます。


遠距離恋愛から結婚したい!結婚できるカップルの8つの特徴をご紹介

結婚まで行けたカップルとまだ遠距離恋愛中で結婚までいけない自分たちカップルの違いってどんなところだと思いますか?

今回は遠距離恋愛でもスムーズに結婚まで行けるように、実際に結婚までいった遠距離恋愛カップルの特徴をご紹介していきます。

ぜひ、自分たちカップルと違いを見てみてくださいね。


特徴1. 付き合った段階や、付き合ってからも将来の話をこまめにしており、共通認識がある

先が全く見えないと不安になってしまいますよね。

「彼は将来どうしたいのだろう」

「彼女は結婚したくないのかな」

お付き合いしているのに、全く将来の話が出てこないとお互いに結婚まで考えていないのかなと思ってしまうのです。

不安を長期間抱えていると、だんだんと二人にすれ違いが起こってしまい、別れてしまう原因になります。

そんなことを避けるためにも、二人で将来のことを話していたほうが長続きする秘訣になりますよ。


特徴2. お互いが経済的に自立し、無理のない関係が築けている

遠距離恋愛はどうしてもお金がかかります。

そのため、相手に会いに行くほうがどうしても経済的な負担を背負ってしまうのです。

いつも相手ばかりが負担を背負っていては、長く遠距離恋愛を続けるのは難しいでしょう。

お互いにしっかりと自立して、できる限り、経済的な負担は無理なく公平なバランスにすると、遠距離恋愛中も経済的な問題も起こることなく、長続きする秘訣になりますよ。


特徴3. 2人で会っている時間を大切に過ごすことができる

遠距離恋愛では、2人で会っているときは本当に特別なもの。

遠距離恋愛では自由に会いたいときにすぐに会うことができません。そのため、久しぶりに相手に会うことができたら特に嬉しいものです。

やはり会えなかった時間を埋めるように、濃密で楽しい時間を過ごすことで、また会えるように頑張ろうと前向きになります。

2人で会っている時間を大切にすることが、実は長くお付き合いを、続けられる秘訣になりますよ。


特徴4. 信頼関係があり、会えていない時間も無駄な詮索はしない

信じているといってるのにも関わらず、浮気をしていないか詮索をされるのは不愉快なものです。

信頼しているのであれば全面的に信頼をして、会えない時間に相手に対して無駄な詮索はしませんよね。

「今日仕事の飲み会だって聞いていたけど、どんな人がいるの?」

恋人に詮索をするようなLINEやメールを送りたくなるかもしれません。

しかし、相手を信じて、無駄に詮索をしないことが長く付き合うためには必要です。

【参考記事】はこちら▽


特徴5. 相手の変化に柔軟に受け入れることができる

「転勤先でみんなゴルフにはまってるから、誘われて始めたんだよ」

環境が変わってしまたら、影響を受けて変化をしてしまうもの。

特に身近に入ればその変化をしていく過程を感じられるため、変化を受け入れる準備ができ、柔軟に変化を受け入れられるでしょう。

距離が開いていて、時間があいてしまうと、相手の変化が急激なものとして受け入れずらいかもしれません。

しかし、離れているからこそ、相手の人生があるということをしっかりと認識し、相手の変化を柔軟に受け入れることが、遠距離恋愛を続けるコツなのです。


特徴6. 毎日無理のない範囲で連絡を取り合っている

遠距離恋愛は会う機会が少ないからこそ、相手との距離感が遠く感じて、寂しいと思ってしまうのです。

だから、距離や寂しさを感じないように、できる限り毎日連絡を取るようにしましょう。

相手が何を思っているのか?しているのか?というところを知ることで不安が解消されるものです。

しかし、メールやLINE、Twitterなど二人が使いやすいコミュニケーションツールを使って、連絡を取るようにするのが長く続けるための秘訣なのです。

【参考記事】はこちら▽


特徴7. LINEや電話だけでなく、ビデオ通話を活用している

やはり好きな人の顔を見ながら、話すことは格別ですよね。

いくらこまめにLINEや電話で連絡をといっていたとしても、やはり顔が見えることとは全く嬉しさが違うのではないでしょうか。

特にLINEは気軽にやり取りができ、相手の都合でメッセージを確認してもらえるのでとても便利ですが、やはりテキストだけでは物足りないものです。

毎回は難しいかもしれませんが、タイミングが会うときはビデオ通話などを活用するのが長くお付き合いするためのコツになりますよ。


特徴8. 「いつもありがとう」などの感謝の気持ちをきちんと言葉にできる

遠距離恋愛は実際に距離があることから、ちょっとした原因ですれ違いがおきてしまいます。そのすれ違いが、遠距離恋愛にとっては致命的な別れの原因になることも。

「いつもお土産をもっていっているのに、迷惑かな」

「この前掃除をして帰ったのは嬉しくなかったのかも」

特に相手を思ってしたことに対して、全く反応がないと不安になってしまいます。

相手は自分が感謝していることを伝えなければ、全く気持ちを理解はできません。日ごろから感謝の気持ちを伝えるのが長続きする秘訣ですよ。

【参考記事】はこちら▽


遠距離恋愛から結婚に踏み切るきっかけ

恋愛のゴールといえば結婚ですね。

恋愛をしていれば、いずれは結婚を考えるもの。

特に、いつも一緒にいられない遠距離恋愛であれば、一緒にいるために結婚を考える人もいるはずです。

今回は、そんな遠距離恋愛最中にどんなきっかけで結婚したのかをご紹介していきます。


きっかけ1. あらかじめ結婚するタイミングを決めてあった

遠距離恋愛は、長くなればなるほどお互いに精神的にも、金銭的にも、体力的にも負担が大きくなり疲れてしまいます。

やはり恋愛をしていれば、ずっと一緒にいたいもの。

そのため、遠距離恋愛を始めるときに、ある程度どのぐらいの期間がたったら、結婚すると決めておくカップルがいるのです。

「転勤をしたけど、2年で戻ってこれなければ、結婚する」

相手と相談して、ある程度の期間を決めておいて、その期間になったら結婚できるように、いろいろと環境を整えていくのです。


きっかけ2. 将来の話をした際に、決断をするきっかけができた

「28歳までには子供がほしいよね。」

「子供はやっぱり3人ぐらいほしいかな」

人によりけりですが、結婚自体がまだまだ実感がわかないという人は多いのです。

今付き合ってる相手と、結婚する気はあるけど、いつかと思っていても、いつかなので遠く実感のないものなのかもしれません。

そのため、結婚をイメージしやすい将来の話をすると、結婚をより現実味を、帯びてくるのです。


きっかけ3. どちらかの転勤や転職をきっかけにした

恋愛をしているのであれば、できる限り一緒いたいですよね。

そのため、一緒にいるため一番良い方法が結婚です。結婚すれば自然と一緒にいることができます。

「転勤になって、3年ほど大阪にいくことになった」

「地元に帰って転職をすることになったの」

転勤や転職がきっかけとなり、どうしても離れなければならない状況になったとき、一緒にいたいと思ったときに結婚を考えるのです。

【参考記事】はこちら▽


きっかけ4. 妊娠をしていたことが発覚した

子供のためにも、しっかりと将来を考えなければなりません。

相手糸の遠距離恋愛中に予想外に妊娠をしてしまったら、まずは驚いてしまいますよね。

「妊娠したけど、どうしたらの良いのか」

もちろん、最初は混乱してしまうものでしょう。

しかし、妊娠したことがわかったのであれば、まず相手としっかりと今後のことを早急に話し合う必要があるのです。

遠距離恋愛ですと、結婚するのであれば、どちらかの方に行くなど結婚するための準備をしなければならりません。

新しい生命により結婚に踏み切ったきっかけになります。


きっかけ5. 年齢的にそろそろ結婚しないと焦って来た

「今月で2組、来月は1組。みんな結婚してるなぁ」

適齢期となると、周囲が続々と結婚していきます。そのため、どうしても自分だけが取り残されてしまうと思ってしまうのです。

さらに、いままで現実感の薄かった結婚がやっと現実味を帯びてくるのではないでしょうか

自分の焦りをそのままにせず、相手にきちんと伝えて、相談することをおすすめします。そうすれば、二人の今後どうするのかきちんと決めて進むことができるはずです。

【参考記事】はこちら▽


【男女】遠距離恋愛から結婚に踏み切れない心理

遠距離恋愛中の相手と一緒にいたいと思うものの、なかなか結婚まではいけない男女は多いようです。

相手のことを好きだから、結婚をしたくなるはずなのに、どうしてでしょうか。

今回は、なかなか結婚に踏み切れない男女の心理をみていきましょう。


結婚に踏み切れない4つの「男性心理」

結婚は男性にとっては、人生の大きなターニングポイント。

やはり簡単には、決断をできないものですよね。

今回は、彼女のことは好きだけれど、なかなか結婚まで踏み切れない男性のかなり複雑な心理を、ご紹介します。


男性心理1. 今の仕事忙しく、タイミングが合わない

「仕事が落ち着いたら、彼女にプロポーズしよう」

あまりにも仕事が忙しいため、結婚をしたいと思いつつも、結婚について考える暇がない。

仕事人間にありがちなケースですよね。

仕事が落ち着いたらと考えていても、なかなか仕事が落ち着かず、ずっと結婚ができないようになってしまいます。

結婚をするために、まず仕事とプライベートを両立できるように、仕事の状況を落ち着かせる必要があるのです。

【参考記事】はこちら▽


男性心理2. 経済的に厳しくて責任が持てない

結婚をしてからもするためにも、お金がいろいろかかってしまいます。

結婚をしたいけど、自分の経済的な状況を考えると、結婚をすることができない

「結婚をしたいけど、きちんと子供を育てられるかわからない」

「結婚をしても彼女に苦労をさせそう」

そう思ってしまうと、なかなか結婚まで踏み切れる人は多くはないでしょう。

まず結婚式の費用、指輪、結納や子供を育てるために、教育費などさまざまな費用がかかります。

養えるか不安…という点で踏み出せない男性心理になります。


男性心理3. 結婚に対して現実的に考えられない

そもそも結婚自体が実感ができていないため、結婚をしようと考えられない。

「彼女にプロポーズをされたけど、結婚したいと思えない」

結婚について現実的に考えられない場合、結婚について全く考えたことないのでしょう。

いずれ結婚したいな思っていたけど、いつか遠い話なので、今じゃないという時

男性には結婚自体が遠い存在の場合なので、結婚を実感させるような話を少しずつして、実感をしてもらうようにするしかないのです。


男性心理4. まだ独身期間を楽しみたいと思っている

まだまだ遊び足りない!

やはり結婚をしたら、家族のために経済的に時間的に縛られてしまいますよね。

結婚をすると、趣味に没頭したり、自由に飲みに行ったりできず、子育てをしたり、仕事を頑張ったりしなければならないもの。

そのため、まだまだ自由に遊んでいたいという男性心理があるのです。


結婚に踏み切れない4つの「女性心理」

「彼氏にプロポーズをされたけど、結婚したいと思えない」

彼氏から結婚をしたいといわれて、嬉しくない女性はいないですよね。

ただ、女性にとって結婚は今後の人生を左右する大切な選択。

簡単に決められるものではありません。

今回は、そんななかなか結婚に踏み切れない女性の心理をご紹介してきます。


女性心理1. 彼氏の気持ちが分からなくなってしまっている

いざ彼氏と結婚をしようとする時に、彼氏の気持ちがわからなくなっていると不安なものです。

「彼は私のことちゃんと好きなのかな」

「もしかして他に好きな人ができた?」

遠距離恋愛をしていると、やはりそんな不安な気持ちを抱いてしまうことは多いですよね。

女性にとって結婚は人生の大切な選択肢、そんな大切な時に、不安があったままで結婚はしたくないはず

しっかりと不安を解消できるように、気持ちを確認すればスムーズに解決するに違いありません。

【参考記事】はこちら▽


女性心理2. このままこの人と結婚して良いのか迷いがある

彼氏のことは大好きだけど、いろいろと不安がある。

恋愛ならいいけど、一生を共にする結婚となると不安があると踏み切れないのは当たり前。

特に、経済的に不安があれば生活ができるのか、価値観が合わないのであれば喧嘩が多くなってしまいそうと不安ばかりが浮かんでしまうのです。

【参考記事】はこちら▽


女性心理3. 仕事に夢中で、まだタイミングでは無いと考えている

最近の女性は仕事をバリバリとこなすキャリアウーマンが多くなっています。

収入面でも男性と同等の人が多くなっているため、仕事の面でも男性と同様に忙しく働いています。

男性でもあるケースですが、仕事が楽しくて仕方がないため、結婚がまだ考えられないことがあるのです。

女性はどうしても妊娠してしまうと、仕事を辞めたり、休まなければならない期間がでてきてしまいます。そこを断ち切るのは難しいという女性の心理もあります。


女性心理4. 彼氏のところに行く勇気がなく、決断が固まらない

遠距離の彼氏のところにいくということは、彼女の今の環境とは離れるということ。

なかなか大変なことですよね。

今の環境が楽しくて、不満がないのであれば、わざわざ今の環境から出ていく人はなかなかいないはず。

また新しい環境に飛び込み、一から新しく関係を築くことは勇気がいるので、なかなか進んでいく決断もできるはずがありません。

そんな決断をさせるほどのきっかけがないと、先に進むのは難しいのかもしれません。

【参考記事】はこちら▽


好きな人との「遠距離恋愛」を乗り越えてみてくださいね

遠距離恋愛から結婚まで行くカップルには、お互いに自立をしていたり、お互いを大事にしていたりといろいろな特徴がありました。

やはり遠距離恋愛から結婚までいくためには、さまざまな困難があるので、一緒に乗り越えていけるようなカップルが結婚できるようですね。

今回ご紹介したことをぜひ参考にしていただき、遠距離恋愛中の彼氏や彼女と結婚まで目指してみてくださいね


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事