30歳でやりたい12のこと|アラサー男女の貯金&恋愛事情を大公開!

アラサーと言われていた年齢が終わり、ついに30歳を迎えた方へ。30歳になったら「したいこと」や「やめたいこと」ってありますか?今記事では、30歳になった男女のリアルな悩みや目標を大公開!貯金や恋愛など、なかなか人には聞けない内容まで解説しているので、参考にしてみてくださいね。

30歳を迎えた男性&女性へ。

30歳でやりたい12のこと

30代はライフスタイルの変化や仕事環境の変化など、これから先の人生を決める帰路となる出来事が多い時期です。だからこそ、どのように過ごすのかがとても重要。

今回は、データから結婚率や収入、転職率などをチェックするのと共に、30代のうちにやりたいこととやめたいことをまとめました。今、30代の真っ最中の男性や女性はぜひ参考にしてみてくださいね。


データから見る30歳男女!30歳男女の平均や現状は?

まずは、データから30代男女の実情をご紹介します。結婚率や転職率、貯金率などなかなか聞けない気になるデータを集めてみました。

現状に不安や心配を抱えているあなたも、30代の実情を知れば、ホッと安心できるかもしれません。


【男女別】30歳の金銭的な実情

まずは、30代の金銭的な中央値や実情をご紹介します。30代になると20代よりも収入が増えて、貯金や趣味にも回せるようになります

ぜひ、30代はどのようなお金の使い方をしているか参考にしてみてくださいね。


平均年収は?中央値も合わせて解説

働き盛りである30代の男女平均年収は、390万~430万程度といわれています。30代前半男性の平均年収は男性440万前後、30代後半男性の平均年収は550万前後となっています。

女性の場合は、30代通しての平均年収は300万前後。結婚をして育児をしている期間となっている場合も多く、男性よりも年収は低くなっています。(参考:https://woman.mynavi.jp/


平均の貯金額は?中央値も合わせて解説

30代の平均資産は380万前後だそう。平均貯金額は300万前後で、貯金をしていない人は3人に1人だと言われています。(参考:https://news.cardmics.com/

また、貯金額は生活スタイルによっても大きく異なり、実家暮らし、一人暮らし、既婚者で差が出ています。

特に、男女問わず一人暮らしの場合は、毎月定額を貯金できている人から余った時だけ貯金する人など、収入に合わせて工夫しながら貯金をしているようです。


30歳の結婚や恋愛事情

ここからは、30代の結婚や恋愛事情をデータと共にご紹介します。30代は恋愛や結婚などライフスタイルの変化が多い時期

30代で大好きな恋人がいる人や結婚している人は、意外と少ないようです。あっと驚く結果をぜひ、チェックしてみてくださいね。


30歳の結婚してる人の割合は?(参考URL必須)

男女問わず30代での平均未婚率は、35%前後となっています。30代前半の男性未婚率は47%前後、30代後半の男性未婚率は35%前後です。

また、女性の場合は、30代前半では34%前後、30代後半になると23%前後となっています。男女ともに、年齢を重ねるに連れて結婚をしている人の人数は増えているようです。

しかし、それでも50年前と比べると未婚率は10倍以上に跳ね上がっています。(参考:https://news.yahoo.co.jp/


30歳の彼氏や彼女のいない割合は?(参考URL必須)

30代で彼氏や彼女がいない人の平均割合は、75%前後となっています。30代男性で恋人がいる割合が約18%、30代女性は約27%です。つまり、未婚の30代男女のうち、恋人がいるのは約3人に1人となります。(参考:https://www.myilw.co.jp/

働き盛りなので恋愛に興味がないという意見や出会いがないという意見も多く、これが未婚率へと繋がっているようです。


30歳の仕事の実情

ここからは、30代での転職率を踏まえて仕事の実情をご紹介します。20代のキャリアを活かしながら、年収アップやレベルアップにも繋がる30代。豊かな人生を生きるためにも、転職や仕事は大切なポイントとなります。

また、家庭を持つようになると、男性は家族を支えるためにも仕事に励まなければなりません。そのため、30代で仕事への意識や姿勢が変わる人も多いでしょう。


転職している人の割合は?

30代で転職をしている人の割合は、10%前後です。男性で見てみると、30代前半は10%前後、後半になると7%前後まで下がります。(参考:https://raorsh.com/

20代で転職をする人が多く、30代は落ち着いてキャリアを積みたいと考えるようになることも。

また、20代で向き不向きがハッキリとしてビジョンが見えたという人も多いのではないでしょうか。


30歳になったら“やりたい12個のコト”

ここからは、30代のうちにやっておきたい12の項目をご紹介します。ライフスタイルの変化や仕事での立場の変化など、何かと環境が変わることの多い30代。

だからこそ、やってみたいことをチェックしておくと有意義に過ごせるでしょう。


やりたいこと1. 休日に楽しむことができる趣味を見つける

社会人にも慣れてきて、ある程度金銭的な余裕も生まれる30代。今まで大切にできなかった自分の時間を、有意義に過ごしたいと考えるようになります。

休日の過ごし方も分かってきたので、今まで時間がなくて挑戦できなかった趣味や興味があるけれど打ち込めなったことに、取り組んでみるチャンスです、自分の視野が広がるかもしれません。

【参考記事】はこちら▽


やりたいこと2. 40歳、50歳になった時のキャリアを想像する

20代と比べると仕事にも慣れて、中堅として会社でのポジションに変化が生まれる30代は、今後のビジョンを考えるにはいい時期です。役職がつく人や部下の指導に当たる人も出てくるでしょう。

その中で「やりたい仕事は何か」「どのようなキャリアを積みたいのか」を明確にすることで、40代や50代のビジョンが明確になります。


やりたいこと3. 最低週1は運動をする習慣を作る

男女問わず、10代後半をピークに新陳代謝は低下していきます。そのため、同じように生活をしていても歳をかさねだけで太りやすくなっていく傾向が。

今の体型維持するためにも、健康維持のためにも、運動をする習慣を作ることも30代にしたいことです。

できれば、週に1度は思い切り体を動かせるようにジムなどに通うといいでしょう。

【参考記事】はこちら▽


やりたいこと4. 家族との時間を大切にする

30代になると自分の家庭を持つ人も増えてきます。毎日誰かの待つ家に帰るというのは、とても幸せなもの。自分だけの家族だからこそ、家族と過ごす時間はできるだけ大切にしましょう。

結婚をしていない場合でも、親と会う機会は意識して作りたいもの。誰もが歳を重ねてしまうものだからこそ、親孝行はできるうちにしておきたいものです。


両親の介護についても早めに話し合っておくと良い

自分だけでなく、家族も同じように歳を重ねていきます。そうなると、両親の介護問題が出てくることもあるでしょう。

兄弟がいる場合には、誰が世話をするのか話し合っておくことが大切。両親と同居している場合にも、できる準備から始めておきましょう。


やりたいこと5. 規則正しい生活を送る

若いうちは無理をしても短期間で回復できますが、30代となるとそうはいきません。自分の心と体に負担のかかる生活を続けていては、いつか身が持たなくなり周囲に迷惑をかけてしまうことも。

そうならないためにも、できるだけストレスがかからないよう規則正しい生活を送り、心身ともに健康となるように心がけましょう。


やりたいこと6. 清潔感のある外見であるか改めて見直す

30代にもなると、周囲からも立派な大人として認識されます。だからこそ、清潔感のある大人の身だしなみが身についているか改めてチェックしてみましょう。

鞄や靴など毎日使うものをずっと替えていない場合には、思い切って新調してみるのもおすすめです。30代のうちに、大人の女性や男性としての品格を意識したいところですよね。

【参考記事】はこちら▽


やりたいこと7. 古い友人に久しぶりに連絡をしてみる

忙しくて全然連絡ができていなかった友人に、連絡してみるのもおすすめです。時が経ったからこそ、話せることや分かり合えることもあります。

また、久しぶりに会う姿に懐かしさを感じるのはもちろんのこと、お互いのいい刺激となるでしょう。古くからの友人は、きっとこれから先の人生でも大切な存在となるはずです。


やりたいこと8. 将来のために貯金をする

20代のうちには今だけを見て駆け抜けることができましたが、30代になるとそうはいきません。家族がいる場合には、家族の将来を考えて貯金や積み立てをしていくことが必要です。

一人暮らしの場合でも、将来を見据えた貯金は必要不可欠。現在の収支を見直して、毎月いくら貯金ができるのか考え直すには良い時期かもしれません。


最低限のファイナンスの知識をつける

効率よく貯金をするには、ファイナンスの知識が必要です。保険や投資、資産運用など自分に必要な知識を少しずつ身につけましょう。

自分ではなかなか勉強できない場合は、セミナーや勉強会に参加してみるのも一つの手段です。


やりたいこと9. 日本の伝統文化に触れる

大人の男性や女性になったからこそ、日本の文化や伝統を理解できるようになるものです。日本人として身につけておきたい作法や礼儀、そして文化を学ぶのにも30代がチャンスです。

美術館や博物館、伝統的な建造物などに積極的に足を運んでみましょう。本物の美術が芸術を鑑賞できる目を養うことで、人間としての厚みが出るはずです。


やりたいこと10. 政治に興味を持つ

20代までは政治や時事問題が分からなくても、先輩や上司がカバーしてくれました。しかし、30代になっても理解できないようでは「教養が足りない」「大人の話ができない」と思われてしまいます。

これからより多くの人たちと関わっていくためにも、政治に関心を持つことが大切です。新聞やニュースに目を通すようにして、理解を深めるようにしましょう。


やりたいこと11. 歯を矯正する

笑顔が美しい大人の女性や男性は、魅力的に映るもの。30代になり自分の笑顔に自信が持てるよう、歯の矯正やホワイトニングを始める人も多いそうです。笑った時に歯が白かったり綺麗だったりすると、それだけでも若々しく感じます。

虫歯など直すのはもちろんのこと、これから先も一生使い続ける歯だからこそ、自分でメンテナンスができるようにしたいですよね。


やりたいこと12. 新しいジャンルの勉強をする

30代からでも、まだまだ新しいことにチャレンジできます。今まで興味はあったけれど勉強できなかったことには、30代で取り組んでおきたいもの。新しい教養が増えることで、視野が広がります

視野が広がることで、これから先のビジョンが見えてくることも。自分のできることを増やすためにも、挑戦することを辞めないことが大切です。


30歳だからこそ“やめたい11個のコト”

最後に、30代になったからこそやめたいことをまとめてご紹介します。

充実した30代を送るためにも「もうやめたい!」「こんな自分は嫌」と思うことには、決着を付けたいですよね。ぜひ、参考にしてみてくださいね。


やめたいこと1. ためにならない無駄な”付き合い”をやめる

自分の意思とは関係なく、なんとなく参加していた飲み会やパーティー。後から考えると「時間の無駄だったな」と感じることがありますよね。

20代よりも忙しくなり自分の時間が持てなくなる30代は、人付き合いの取捨選択も大切です。

自分のためにならない誘いや、乗り気でない誘いはキッパリと断る勇気を持ちましょう。


やめたいこと2. 他人と比較して生きることをやめる

自己肯定感が低く、自分の人生や仕事を悲観的に見てしまう癖がある場合は、30代でおさらばしましょう。「人は人、自分は自分」と他人と比較しないことで、随分生きやすくなります。

また、自然と自分の生き方を肯定できるようになり、ぐんと生きやすくなるはずです。自分に自信を持って楽しく過ごせる心を持つようにしましょう。


やめたいこと3. 流行に乗ったファッションをやめる

大人の女性や男性として、品格を問われるようになる30代。いつまでもファストファッションや流行を追いかけていると、それだけでもチープに見られるもの。

大人の女性や男性として生まれ変わるためにも、自分に本当に似合うファッションを追求してみるといいでしょう。今までとは違うテイストのお店に出かけてみるのも、おすすめですよ。

【参考記事】はこちら▽


やめたいこと4. 幸せになれない恋愛をやめる

自分自身を苦しめる恋愛を続けていても、いつまでも幸せになれません。周りが幸せになっていく姿をみては、妬みや嫉妬心が生まれるだけ。何の進歩も生まれません。

30代でも浮気や不倫を繰り返すことは、やめたいことの一つ。時間がかかってもいいので、自分自身を本当に幸せにできる恋愛を追求することが大切です。


やめたいこと5. ”時間”や”気合い”に頼る仕事の仕方をやめる

20代までは若さで乗り切れた仕事も、30代となると気合いやテンションで乗り切ることができません。歳を重ねるごとに、仕事の質や成果が求められるようになります。

それに応えるには、「なんとなく働いている」「時間内で終わらせるようにしている」という働き方ではいけません。仕事の質や内容にもこだわっていけるようにしましょう。


やめたいこと6. 仕事だけに生きる人生をやめる

「仕事のために生きればいい」と思っていたものの、歳を重ねるごとに周囲の意見や環境が変わっていきます。仕事だけに時間を費やしてしまうと、それがなくなった時に本当に何もなくなってしまいます。

そこで、仕事以外いも趣味ややりたいことを見つけることが大切。それがない場合には家族との時間を大切にして、仕事以外での生きがいも見つけておきましょう。


やめたいこと7. 夜型の生活をやめる

若いうちは夜更かしができても、どんどん夜更かしをすることが厳しくなっていきます。もちろん、夜更かしは体にも大きなダメージを与え、健康や美容を損ねてしまうことも。

そうならないためにも、30代のうちに規則正しい生活ができるライフスタイルを確立しましょう。起きる時間や寝る時間を決めてしまうのも一つの方法です。


やめたいこと8. 他人に嫌われないように生きることをやめる

他人からの評価ばかり気にしていては、どんどん生きにくくなってしまいます。30代のうちに「誰かから嫌われるのは仕方ない」と開き直って、自分らしく生きれるようになりましょう。

周りの目を気にしなくなることで、自分らしい生き方や本来自分がしたかったことがやれるようになります。自分を輝かせるためにも、思考の転換が大切です。


やめたいこと9. 後先考えず感情的にお金を使うことをやめる

30代にやめたいこととして欠かせないのが、無駄な浪費です。20代までは後先を考えずパッと使うことはあっても、30代からはお金の使い方や貯金にも目を向けてみましょう。

無駄な浪費を続けてしまうと、取り返しのつかないことになることも。30代のうちに正しいお金の知識や使い方も身につけておきたいところです。


やめたいこと10. 両親や恋人に依存することをやめる

自分の意見や意思がなくいつも他人に決定権を委ねてきた場合、30代からは自分の意見や意思を持って行動することをおすすめします。

恋人や両親はアドバイスをしてくれますが、その人生を生きるのは自分自身です。自分で決めて行動する力をつけることはとても大切なこと。ぜひ、30代のうちに誰かに依存するのは止めて、自分自身で考えられる力を身につけましょう。


やめたいこと11. 自分を否定して生きることをやめる

いつまでもネガティブ志向を続けていても、状態は良くなりません。「自分なんて」「自分みたいなものが」と否定し続けることで、どんどんみじめになるだけです。自分から多くのチャンスを遠ざけているかもしれません。

30代になったからには、もう少し自分に自信を持って前向きに生きてみましょう。自分らしく生きていれば、自分を認めてくれる人に出会えるはずです。

【参考記事】はこちら▽


充実した30代を過ごすためにも、事前の計画を大切にしましょう。

今回は、データから30代の結婚率や転職率、収入などをチェックするのとともに、30代のうちにやりたいこととやめたいことをまとめてご紹介しました。

社会人にも慣れて一人前の大人として見られる30代だからこそ、これから先の人生を見据えた行動や目標設定をしたいもの。

ぜひ、有意義な30代を過ごせるように参考にしてみてくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事