【束縛する恋人の行動一覧】軽い束縛〜きつい束縛の13の具体例とは?

恋人の行動が束縛なのか知りたい方へ。本記事では、束縛する人の行動一覧から、束縛している心理まで大公開!束縛チェックリストとして解説していますので、気になった方はぜひチェックしてみてください!

具体的な束縛の種類とは?束縛する人の特徴を一覧で紹介

束縛する人の行動や特徴

「恋人が束縛しているかも…」

「束縛ってどうしたら分かるの?」

恋人からされていることが束縛なのかどうか分からなくて、戸惑っている人も多いでしょう。

まずは、誰でも診断できるように、束縛する人の特徴や行動あるある一覧を詳しく解説します。

具体例もあげているので、それぞれのポイントをしっかり理解して、自分の恋人の行動が束縛に当てはまるのか一覧からチェックしていきましょう!


特徴1. 相手の予定を全て把握したがる

恋人を束縛する人は、「自分の思い通りに相手をコントロールしたい」という気持ちが強い傾向にあります。

そのため、恋人のことは全て把握したがり、1日のスケジュールを細かく聞いてこようとするのです。

例えば、朝からLINEなどで「今日は何をするの?」「誰と遊ぶの?」と逐一連絡してくることも。

恋人が予定を教えてくれないと、教えてくれるまでしつこく聞いてくるでしょう。


特徴2. LINEの連絡が遅いと怒る

彼氏や彼女を独占しようとする人は、性格的に「もしかしたら相手は浮気しているかも?」という被害妄想が強い傾向があります。

そのため、LINEなどで返信がちょっと遅いだけで怒ることも。

  • 「どうして遅かったの?今まで何してたの?」と怒っていちいち理由を聞いてくる
  • 返信がくるまで大量のメッセージや着信をしてくる

など、極端な行動に走ることも。付き合っているのだから、自分が最優先だと考えているのです。


特徴3. 感情の起伏が激しい

束縛する人は、感情がコントロールできず、周囲の声も聞かずに自分の意見をいつも優先させようとする傾向があります。

自分の感情に流されやすいので、気分によって言うことが変わることも。

  • 仕事の後にデートの約束をしていたのに、仕事で嫌なことがあったからと突然キャンセルする
  • 「友達と遊びに行っていいよ」と言っていたのに、自分が会いたいからと「やっぱ今から来て」と急に言う

など、恋人の都合も考えずに自分の気分で振り回してくることがあるでしょう。


特徴4. 休みの日はずっと一緒にいたがる

束縛する人の行動や特徴はずーっと一緒に居たがる

恋人を束縛してしまう人は、相手が自分と一緒にいない時に何をしているのか分からなくて、不安になることがあります。

自分がいない時に「他の異性と会っているのではないか」という猜疑心が強いのです。

  • 夜になっても帰らず、相手の家に泊まろうとする
  • デートなどの約束はしてなくても、時間があれば常に会おうとする

など、いつまでも一緒にいて、相手が浮気しないように見張ろうとするでしょう。


特徴5. 情緒不安定でマイナス思考

束縛しようとする人は、恋人が「いつか離れてしまうのではないか」という心理から、強い不安を感じて感情的になってしまいます。

  • 気分にムラがあり、彼氏にハイテンションで「好き」と言うこともあれば、そっけない態度をすることもある
  • 彼女が「1人で過ごしたい」と言うと、「他の男と会うの?嫌いになった?」などネガティブな質問をして愛情を確認しようとする

など、恋人を自分の支配下に置いて愛情を独占し、安心したいと思っているのです。


特徴6. 自己中心的に物事を考える

彼氏や彼女をを独占しようする人は、自分を中心に物事を考える性格なので、自分の考えや行動が「常に正しい」と思っています。

そのため、恋人は自分の言うことを聞くのが当たり前だと考えているのです。

  • 買い物に行くと、相手が好きな服よりも自分の好みに合わせた服を買わせようとする
  • デートプランでは、相手の希望よりも自分の行きたい場所に行く

など、相手を自分に従わせようとします。


特徴7. 自分との予定を優先させてくる

彼氏・彼女を束縛する人は、相手が自分と過ごす時間が長いほど愛情を感じて安心します。

なので、相手の他の予定は自分よりも重要度は低いと考えて、自分との予定を優先させる傾向があります。

  • 自分とのデートのために、部署の飲み会などは欠席させる
  • 休日に実家に帰省する予定をキャンセルさせて、自分と過ごさせる

など、相手が他のことよりも自分を優先してくれることに幸せを感じるのです。


特徴8. 言う通りにしてくれないと不機嫌になる

束縛する人の行動や特徴は言う通りにしないと不機嫌になる

恋人を束縛する人は、「愛しているなら自分の言う通りにするはず」と考えて、言う事を聞かせて相手の愛を支配しようとします。

そのため、相手が自分の思う通りにならないと、愛情がないと捉え不機嫌になるのです。

  • 残業で仕事帰りのデートがキャンセルになると、謝られても口をきかない
  • 「毎晩電話してきて!」と言ってきて、忘れるとヒステリックに怒る

など、あからさまに機嫌が悪くなります。


特徴9. 自分が一番であることを確認してくる

彼女や彼氏を束縛する人は、相手にとって「自分が特別な存在でありたい」という気持ちを強く持っています。

そのため、何かあるたびに気持ちを確認しようとするでしょう。

  • 職場などで仲の良い異性がいると「あの人と私、どっちが好きなの?」と詰め寄る
  • 「こんなに○○が好きになったのって、俺だけじゃない?」と過去の恋愛と比較したがる

など、常に自分が相手にとって一番である事を言葉で確認してきます。


特徴10. 恋愛経験が少ない

今までに誰かと交際した経験が少ない人は、恋人とのちょうど良い距離感がわかっていないことがあります。

そのため、恋愛にのめり込むと周りが見えなくなり、相手を縛り付けてしまうことも。

  • 交際が始まったら、毎日会おうとする
  • 寝る前に電話で話すことを2人の日課にしようとする

など、相手の気持ちなどは関係なく、自分が理想だと思う頻度で会ったり話したりしようとするのです。


特徴11. 異性との関係を絶とうとしてくる

束縛する人の行動や特徴は異性との交友を絶とうとする

束縛する人は、自分に自信がないことが多く、恋人が他の異性と出会うと「その人に心変わりするのではないか」と不安になります。

そのため、恋人をなるべく他の異性から離そうとするのです。

  • 職場や異性の友達との飲み会への参加は許可しない
  • LINEなど異性の友達の連絡先を削除させる

など、異性との接触をできるだけなくそうと要求してきますよ。


特徴12. 同性との予定も不機嫌になる

束縛する人は、自分と相手との恋愛を妨害する行為は全て気に入りません。

そのため、たとえ同性の友達や同僚であっても軽い存在と考えて、自分をおろそかにして会うことは許せないのです。

  • 『飲み会には行かない』など、他の人との交流を禁止するルールを作る
  • 同性の友達と遊びに行こうとすると、「私のことはどうでもいいの?」などと泣いて引き留める

など、交際相手の行動を制限して、周囲から孤立させようとするのです。


特徴13. 幼少期にトラウマがある

恋人を束縛する人は、愛情不足で好きな人に執着心が強くなってしまう傾向があります。

幼少期に親からの愛情を十分に受けられず、その分の愛情を恋人に求めてしまう人の心理です。

  • 恋人がいつも自分を見ていないと、幼少時に親にほったらかされていた事と重なってしまい不安になる
  • 親に甘えた記憶がほとんどなく、「寂しい」という気持ちを愛情で満たしたくて執拗にスキンシップを求めてくる

など、常に愛情を確認するために束縛してしまうようです。


束縛する恋人への6つの対処法|相手を不安にさせない付き合い方とは?

束縛する恋人への対処法

「自分の恋人は束縛する人みたい…どうすれば良い?」

「束縛してくる恋人を不安にさせないように付き合うには?」

束縛する人の特徴や行動あるあるを一覧からチェックして、自分の彼氏・彼女が当てはまると分かっても、どう対処すれば良いのかわからないですよね。

そこでここからは、束縛する恋人への対処法を解説します。

許せる行動や許せない行動など、相手の行為に合わせて上手に対処してくださいね。


対処法1. 相手の好きなところを日々伝える

束縛したがる人は、自分に自信がないので「自分が本当に愛されているのかどうか」が分からず、不安になります。

そのため、毎日こまめに相手の好きなところを言葉で伝えてみましょう。

  • 夜寝る前にLINE電話で相手の好きなところを話す

など、必ず毎日相手の好きなところを言うことで、相手の不安感を軽くさせることができますよ。


対処法2. 愛情表現をたくさんする

束縛する人は、相手からの愛情が確認できないと「本当に好きなのかな?」と不安に思ってしまいます。

なので、安心してもらうために、様々な愛情表現で愛を伝えましょう。

  • ストレートに「好きだよ」「愛しているよ」と言う
  • キスやハグなどのスキンシップをする
  • 自分が相手をどれだけ好きか、詳しく書いたラブレターを渡す

など、あらゆる方法で愛を伝えることで、相手もあなたからの愛を心から感じることができて安心するでしょう。


対処法3. それぞれ1人の時間を持つようにする

彼女や彼氏を独占しようとする人は、常に相手のことを考えているので自立できなくなり、相手に依存して共倒れになることがあります。

依存心を抑えるためにも、それぞれが1人の時間を持つように意識しあいましょう。

  • デートするのは土日祝日だけなど、物理的に会う時間を制限する
  • LINEのメッセージは1日○回など、やりとりする回数を決める

など、相手と会ったりメッセージをやりとりする回数を減らすことで、相手に依存しすぎないようになりますよ。


対処法4. 行動をオープンにして些細なことも教える

束縛する恋人への対処法は行動をオープンにする

束縛する人は、恋人が隠し事をしていると「自分以外の異性と会っているのではないか」などと嫉妬心がわきあがり不安になります。

そのため、自分のスケジュールなどは隠さず相手にオープンに伝えるようにしましょう。

  • LINEで毎朝、その日の予定を簡単に伝える
  • 飲み会など人と会う時は、メンバーを先に言っておく

など、自分の行動を率直に伝えることで、相手も浮気ではないとわかって安できます。

また、相手に包み隠さず話すことで2人の信頼関係が生まれるきっかけにもなりますよ。


対処法5. 疑われるようなことをしない

相手を独占しようとする人は、恋人が不審な行動をすると「浮気の前兆では?」と不安にかられてしまいます。

なので、疑われるような行為はしないようにしましょう。

  • LINEなどで誰かに連絡する時は、相手から画面を隠さずに見えるようにする
  • 誰かから電話がかかってきた時は、コソコソせずにいつも通り話す

何もかも曝け出す必要はありませんが、浮気の前兆のような疑われる行為はしない、という毅然とした態度をとることが大切です。


対処法6. 辞めてほしいことは正直に言う

束縛する人は自分を中心に考えているので、どれほど恋人に窮屈な思いをさせているのか気付いていません。

そのため、精神的に辛いなど許せないほどの束縛行動はきちんと思いを伝えるようにしましょう。

  • どういう心理になるから嫌なのか、辛い気持ちを分かりやすく伝える
  • ただ辞めてほしいことを言うだけではなく、一定のルールを決めるなど余裕を持った代替案を出してみる

このように、正直に気持ちを伝えることで、改善してくれる可能性が高くなりますよ。


恋人から束縛されてると思ったら、二人の付き合い方をもう一度考えてみて。

恋人を束縛する人の特徴や行動あるある一覧と対処法を紹介しました。

一覧から自分の彼氏・彼女を診断してみて、当てはまる項目が多かった方もいることでしょう。

軽い嫉妬などの許容範囲なら許せるとしても、中には交友関係を制限するようなきつい束縛で、許せないこともあると思います。

対処法も詳しく解説しているので、精神的にきつい時は早く行動を起こすなど、うまく付き合うようにしてくださいね。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事