看護師彼女のあるある&出会い方|付き合うメリット&デメリットとは?

男性が彼女や妻にしたい職業に必ずランクインする「看護師彼女」。看護師として働いている女性は、とても優しくて自立している印象がありますよね。そこで今回は、看護師彼女のあるあるな特徴から付き合うメリットとデメリットを大公開!また、看護師の女性と出会う方法についても解説していきます。

看護師の彼女って男の憧れですよね。

看護師彼女のあるある&出会い方

男性にとって、看護師の彼女というのは憧れです。イメージだけでなく、ナース姿が好きという方も多いのではないでしょうか。

しかし、実際に看護師の女性と出会ったり、彼女にする方法はよくわからないですよね。

今回は看護師彼女の出会い方や、メリットなどを紹介していきます。看護師について詳しくなり、看護師彼女を作る可能性を上げていきましょう。


看護師の彼女あるあるから性格の特徴まで解説

職業というのはたくさんの時間を費やすものです。看護師であれば、看護師ならでは特徴がでます。

看護師という職業の女性の事を知らなければ、効果的なアプローチの方法もわかりませんよね。

ここでは看護師彼女のあるあるや、性格の特徴を紹介します。看護師の女性とは一体どんな特徴があるのでしょう。


あるある1. 精神的にも肉体的にもタフ

看護師は長時間の拘束や夜勤などもあり、相当な体力仕事です。また患者さんと一日に何度も接する為、コミュニケーション疲れもしてしまうでしょう。大変な仕事で、それに伴うように給料も良い傾向にあります。

看護師というイメージは少しか弱い女性らしいイメージもありますが、激務をこなしている看護師の女性は、精神的にも肉体的にもタフな人が多いという特徴があります。


あるある2. はっきりした物言いをする

看護師という仕事は、コミュニケーションが非常に需要な仕事になります。お医者さんや同僚とチームプレーで患者さんと接していく必要があるのはもちろん、患者さんに対しても、やってもらいたいことを伝えたりしなければなりません。

伝えるの非常に重要な仕事ですので、回りくどく言っていたら、仕事になりません。看護師の女性というのは、ストレートではっきりとした物言いをするという特徴があります。


あるある3. 恋愛には癒やしを求める

どんな仕事でもそうですが、大変な仕事ほど気を張って行っているものです。看護師は相手の命を預かっている仕事場なので、緊張感を常に持って働いています。そして仕事が厳しいので、プライベートと仕事を「完全に分けたい」という方も多いです。

プライベート、恋愛などには癒しを求めて、日々の仕事を忘れたいというのが看護師女性のあるあるなのです。


あるある4. 生活リズムが不規則

看護師という仕事は、日中の勤務をしたと思えば、直ぐに夜勤を行う場合もあります。また深夜に呼び出されてしまうという事もゼロではありません。もちろんどんな仕事でも不足の事態や、人で不足は存在しますので、看護師に限った話ではありません。

しかし人の命を預かっている以上、他の職業よりも仕事の優先度は高くなり、自分自身の生活リズムや都合は後回しにされがちという特徴があります。


あるある5. 責任感があり、真面目

看護師は人の命を預かっている仕事。少しの聞き間違いや、どんなに小さなミスでも命に取りになってしまう可能性があります。そしてミスはもちろん、時間にも厳しい一面があり、決められたことをキチンと守るという真面目さが必要です。

看護師の女性はプライベートから真面目で、何事にも責任感を持って取り組むという特徴があるのです。


あるある6. 優しさがあり、面倒見が良い

看護師の仕事は人との患者さんとのコミュニケーションが大切です。メンタル面も病状の進行に大きく左右する方もいます。看護師の女性は、相手をよく見て気を遣ってくれる優しい女性が多い傾向にあります。

仕事とプライベートは分けていますが、根が優しいので、大切にしたい彼氏が相手であれば、仕事の時以上に世話を焼いてくれるかもしれません。


あるある7. 嫌なことがあっても割り切って考える

看護師というのは、やるべきことを必ずやらなければ、人の命が脅かされてしまいます。仕事をしていれば、理不尽な説教を受けたり、苦手な相手を看護する必要がある時も出てきます。

しかしメンタルに左右されてやるべきことが疎かになってしまうことは許されませんので、割り切って考える方が多いです。「それはそれ、これはこれ」と直面している問題に対して、嫌なことに引きずられない強い女性という特徴があるのです。


看護師の彼女と付き合うメリット/デメリット

男性の憧れである看護師。憧れですので、良い面ばかり想像してしまいますね。もちろん良い面もあるのですが、同時にデメリットもあります。

ここでは看護師の彼女と付き合うメリットデメリットをまとめました。一つずつ確認して、本当に看護師の彼女が欲しいのかどうかを自問してみましょう。


看護師の彼女と付き合う6つのメリット

看護師というだけで、女性らしく見えるもの。イメージだけで充分メリットがあると言えますが、看護師には世間が抱くイメージ以外のメリットが存在します。まずは看護師の女性と付き合うメリットを6つ紹介していきましょう。


メリット1. 自立した大人な付き合い方ができる

看護師の女性は、仕事に責任をもって稼いでいます。他人への依存が少ない傾向が強いため、男女間でも適切な距離を保って、大人な付き合いができるでしょう。いくらカップルだからと言っても、お互いに依存しすぎたり、当人の問題に干渉しすぎるのはよくありません。

あなたがしっかりと割って考えられる男性、大人な付き合いを望む男性であるならば、看護師の女性はとても相性の良い彼女となります。


メリット2. 病気になったり、風邪をひいた時に頼りになる

普段の仕事で、病気になった場合への対策は心得ているのが看護師です。仕事として行っているので、知識は最新のものを取り入れているはずですし、何しろ病気になった人への看護経験値が他の女性と段違いです。

体調不良は、適切な処置を行ってもらうことで早く回復に向かいます。看護師の彼女がいれば、プロに無償で面倒を見てもらうことが出来るのです。


メリット3. ナースと付き合っていることを自慢できる

男性が付き合いたい女性職業の中で、いつでも上位に入ってくるのがナースです。友達から「彼女は何している人なの?」と聞かれてナースと答えられることは、優越感に浸れる瞬間でしょう。

男性は女性をステータスとしてみてしまう一面も、少なからずあります。ナースの彼女がいることで、他人より優位を取れ、自信にもなるでしょう。


メリット4. 彼女に会えない分、自分に時間が使える

看護師は夜勤や急な呼び出しがあったりと不規則な生活です。会社勤めて決まった時間に仕事を行う彼女よりも、会う回数が減ってしまうのは仕方ありません。

しかし、自分の時間を大切にしたいという男性にとっては、大きなメリットとなるでしょう。普段は仕事や、自分の時間を充実させ、彼女に会う少ない時間を充実させるように努力すれば、人生も豊かになっていくでしょう。


メリット5. 金銭的に安定している

看護師というのは女性の職業の中でも高収入の部類となってます。その分激務ですので、納得ができます。男性によっては、自分より収入が多いと劣等感を抱いてしまうこともあるでしょう。

しかし彼女の収入が安定していることは、金銭を気にして依存される可能性が少なく、結婚などを考えたときに大きなメリットとなります。長く勤めれば務めるほど給料の上がって安定するのが看護師です。


メリット6. 医療系のドラマを一緒に見て楽しめる

看護師の女性は当たり前ですが、医療分野に詳しいです。ドラマや映画というのは、詳しい人に解説してもらいながら見たり、おかしい点などを指摘してもらいながら見ると、より一層楽しめるのです。

もし仮に医療系のドラマや映画に興味がなくても、あるあるなどを聞けるだけでも面白いもの。二人で楽しむ時間が、テレビを見るという日常的なシーンにもあると、二人の仲も長続きしやすいです。


看護師の彼女と付き合う6つのデメリット

良い面ばかりが目立つ看護師。イメージばかりが先行して美化しがちなのは仕方ありません。

しかし、付き合ってから後悔しない為に、デメリットも理解しておく必要があります。ここでは看護師の彼女と付き合うデメリットを6つにまとめました。人によっては、意外なデメリットもあるかもしれませんよ。


デメリット1. 生活リズムが合わず、会えないことがある

彼女が好きであれば、なるべく一緒に居たいと思うのが普通です。しかし看護師は不規則な生活になりがちなため、彼氏との時間が作りづらいというデメリットがあります。

仮に時間を作れたとしても、不規則な生活や、日ごろの激務から、疲れてしまっていることもあるでしょう。彼女とできるだけ一緒に居たい男性にとっては、大きなデメリットとなってしまいます。


デメリット2. 男性よりも高収入で引け目を感じる

看護師は一般的な収入と比べて高収入の部類です。勤続年数や役職などにもよりますが、男性の収入を超えてしまうこともよく聞くあるあるです。男性は女性に収入を超えられると、引け目を感じてしまう傾向にあります。

男性として自信がなくなり魅力的ではなくなってしまうかもしれません。女性が気にしている方はどうかとして、「俺は彼女より稼いでいない」という事実は男性を苦しめることになるでしょう。


デメリット3. 気が強いため、結婚後に尻に敷かれやすい

看護師は責任重大な仕事を、激務の中こなしていくので、気が強くなければやっていられません。なので彼氏や友人に対しても言いたいことははっきり言ったり、負けん気が強かったりする特徴があります。

看護師の彼女と付き合い、長い間一緒にいる、または結婚という事になれば、尻に敷かれてしまう可能性が高いと言えます。尻に敷かれるのが好きではない男性には、大きなデメリットです。


デメリット4. 不規則な仕事のため、連絡が取りづらい

彼氏・彼女の関係になったのであれば、会えはしなくともLINEや電話で連絡は取りたいものです。しかし看護師の仕事は、夜勤や急な出勤などもあるため、連絡自体も取りづらいのがデメリット。

また好きな時に連絡を取って、相手の休みの時間を奪ってしまうこともあります。お互いの生活感が合わないとストレスになり、別れの原因になってしまうかもしれません。


デメリット5. 同棲した時は家事を分担する必要がある

男性の中には「家事は女性に全てやってもらいたい」という願望がある方もいるでしょう。しかし看護師の女性が彼女になった場合は、なかなか厳しい願望です。そもそもが不規則な生活ですので、同棲していたとしても、いつも同じ時間に家事ができるとは限りません。

また収入も高収入でプライドを持っている方が多いため、一方的に家事を押し付けられるのを嫌う傾向もあります。もちろん一概には言えませんが、同棲をすることになった場合は、家事は分担して行う必要があるでしょう。


デメリット6. 仕事がハードで心配になる

好きな人が苦しんでいたり、疲れていると、心配でこちらまで疲れてしまいます。看護師というのは激務でハードな仕事です。疲れて帰ってくる姿や、疲れているのに長い連勤に向かう姿は、見ていて心配を通り越して、痛々しいでしょう。

だからと言って彼氏にできることは多くありません。家事を手伝ってあげたり、労いの言葉を掛けてあげる事くらいしかできないのは、メンタル的に大きなデメリットと言えるでしょう。心配ばかりしているのも体力を使います。


看護師の女性が好きな男性のタイプ

たまたま看護師の女性と知り合えたりしたら、確実に好意を勝ち取りたいですよね。看護師の女性はどのような男性がタイプなのか知って、対策をしておく必要があります。

ここでは看護師の女性が好きなタイプをまとめました。いつチャンスが来ても良いように準備しておきましょう。


好きなタイプ1. 休日の融通が効きやすい男性

忙しい看護師の女性だって、休日にはデートに行ったり、二人で過ごしたいものです。しかし仕事が不規則な分、人との予定を合わせづらいのが看護師です。いくらカッコよくて良い男性でも会えないのであれば付き合う意味はないのです。

看護師の女性に好かれるためには、休日に融通が利き、フットワークを軽くして直ぐに対応できる男性になる必要があるでしょう。


好きなタイプ2. ワガママを聞いてくれる男性

普段が激務で、気を張っている看護師。要求されることも多く、期待や要望に応え続ける時間が長いです。せめてプライベートはわがままを聞いてもらって、甘えさせてくれる人といたいものです。

肩をもんであげたり、好きな場所に連れて行ってあげたりして、彼女が喜ぶようなことを率先してやってあげれば、かなり好感を持たれるでしょう。


好きなタイプ3. 包容力があり余裕がある男性

看護師の女性が日ごろ相手をするのは、病気になった人です。余裕があるわけでなく、気を張っているのです。プライベートな関係となる彼氏にまで、要求に応え続ける関係でしたら、仕事との区別がつかず、十分な休みになりません。

彼氏は余裕があって、甘えさせてくれるような人物が良いと考えているのが、看護師。もちろん根っからの世話焼きタイプの女性もいるので一概には言えませんが、余裕がある男性がモテるのは間違いないでしょう。

【参考記事】はこちら▽


好きなタイプ4. マッサージが上手い男性

看護師がプライベートに求めるのは癒しや休息です。一緒にいて気を遣わせたり、神経を使う人は友人関係でも避けたいと思っているでしょう。逆に一緒にいて疲れが取れて癒される人は看護師の女性に好かれます。

一番簡単で分かりやすいのは、マッサージをしてあげること。身体的にも精神的にも疲れが取れるマッサージは、看護師の女性に喜ばれること間違いなしです。


好きなタイプ5. 仕事の悩みも聞いてくれる聞き上手な男性

人は自分の話を真剣に聞いてくれる人や、相談や愚痴を聞いてくれる人に好意を持ちやすいです。看護師というのは大変な仕事で、上手くいかないことや不満なこともたくさんあります。

積極的に相槌を打って話を引きだし、聞き上手になる事で、好感を持たれます。「仕事大変だね」などの共感するような言葉も入れてあげると、より一層喜ばれるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


好きなタイプ6. 仕事への理解があり、応援してくれる男性

自分の都合しか考えず、相手に配慮しない人は好かれません。看護師という大変の職業ですので、男性からすると「もっと時間を作ってほしい」「連絡が取れなくて心配」という気持ちになってしまうかもしれません。心配だからと言って、相手に干渉してコントールしようとするのはよくありません。

連絡できてないことや、心配させていることは本人も良く分かっているはずです。看護師という仕事理解して接してあげましょう。特に結婚ともなればお互いを理解し合っていなければ上手くいきません。


看護師の女性と出会う5つの方法

看護師を彼女にするのであれば、看護師と出会う必要があります。しかし普通に生活していたら、なかなか出会いませんよね。何とか看護師のとの出会いを作る必要があります。

ここでは看護師の女性と出会う5つの方法を紹介します。チャンスの回数を増やして、ゲットしましょう。


出会い方1. 単純に病院で出会う

単純な話で看護師が普段いる場所に行けば、看護師との接点が作れます。病院に行けば確実に看護師と出会うことが出来るでしょう。

しかし連絡先を聞いたり、口説いたりするのには不適切な場所なので、プライベートな関係にもっていくのが難しい場所になります。何度も通ったり、コミュニケーションを取ったりしてチャンスをうかがいましょう。


出会い方2. 医療関係者と合コンで出会う

男性人気の高い看護師、ナースは合コンでも人気です。女性もナースが人気があることをわかっています。合コンのセッティングで看護師仲間を集めてもらったり、医療関係者を伝って言って、看護師との合コンを開催してもらうことで出会いを作ることが出来ます。

出会いの場なので、好感を持たれれば、一気に看護師を彼女にすることが出来るでしょう。


出会い方3. 看護師の友人から紹介してもらう

看護師の友人には、もちろん看護師がいるでしょう。看護師の友人と良い関係が築けていれば、看護師を紹介してもらえるかもしれません。

紹介の場合は、恋人になれるかどうかを決める為に紹介されるので、上手くいけば付き合える可能性が高いため、とても良い出会い方と言えるでしょう。しかし看護師の親しい友人がいなければできないので、難易度は高めと言えます。


出会い方4. 病院の近くの飲み屋で出会う

病院の近くには勤務終わりの看護師女性がいる可能性が高いです。一度で看護師に出会えるとは限りませんので、女性が入り易そうな飲み屋に通ってみましょう。

飲み屋での出会いの場合は、出会う事に成功してからが大切です。どうしてもナンパという形になってしまいますので、誘い方や引き際を心得てから臨むようにしましょう。せっかくの出会いの場に、通いにくくなってしまう事態は避けましょう。


出会い方5. 街コンや婚活パーティーで出会う

看護師女性も忙しいため、出会いの場がないという方も大勢います。看護師の女性も恋愛や結婚を考えている男女が集う場所に現れたりします。

街コンや婚活パーティーでは、費用も掛かるため看護師の女性に好かれるように十分なリサーチや準備をしてから臨みましょう。また、出会いの場では看護師との結婚を狙うライバルも複数いますので、競争を勝ち抜く必要があります。心して臨みましょう。

【参考記事】はこちら▽


魅力的な看護師女性との出会いを増やしていきましょう。

看護師女性には看護師ならでは特徴や性格があります。理解した上で、出会いの回数を増やし、コミュニケーションを行えば付き合える確率も上がります。

看護師と付き合えると考えるだけで、どんな努力でも頑張ろうと思えますね。今回の記事の内容を理解して、看護師との交際、結婚を成功させましょう!


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事