遠距離の復縁はできる?冷却期間中の事前準備&会いに行くタイミングを紹介!

遠距離恋愛で別れてしまったカップルへ。そもそも会うことが難しい遠距離恋愛ですが、復縁したい時はどのように段階を踏めば良いのか気になりますよね。そこで今記事では、遠距離で復縁するための冷却期間の事前準備や復縁のきっかけ、会いに行くベストタイミングをお教えします。

遠距離だけど、復縁したいというカップル必見!

遠距離の復縁はきっかけと冷却期間中の行動で可能性が高まる

遠距離恋愛を一旦終わらせてしまったものの、どうしても忘れられないということがありますよね。あの頃は、遠距離であることがとても辛く感じていたものの、別れた今は、一緒にいないということがもっと辛いことのように感じるのです。

遠距離恋愛の復縁は可能なのでしょうか。遠距離復縁のために、どんな準備が必要なのか、どんなアプローチをするべきかをこの記事で解説します。


正直なところ、遠距離での復縁ってできるの?

遠距離の復縁はできる?

寂しさゆえに一旦は終わりにしてしまった遠距離恋愛。いざ別れてしまうと、とても寂しく感じるものです。遠距離恋愛の元恋人と復縁することは可能でしょうか。

遠距離であることには変わりないですが、復縁すること自体はそんなにハードルが高くないというケースが多いです。元カノや元彼も、同じように寂しく感じていて、また一緒になりたいと想っているということなのでしょう。


遠距離で復縁の可能性を高める冷却期間とは?

遠距離での復縁の可能性を高める冷却期間

遠距離恋愛を復縁させるためには、恋愛関係が終わってからどれくらいの期間が経っているのかということが一つのポイントとなります。

お互いがお互いを必要と感じるようになる時期は、いつ頃なのでしょうか?


理想は3ヶ月〜

遠距離恋愛で別れることになる理由は、会えなくて寂しいということが多々あったからであることが多いでしょう。寂しい想いをするなら別れてしまった方が良いと、お互いが納得した上で別れるカップルは多いはず。

たったの数カ月後に復縁をしたいとなると、まだ、以前の辛かったことが記憶の中に強く残っている時期なのです。

3カ月程度経過すると、辛いことより寂しさの気持ちが大きくなり、復縁をする良いタイミングとなりえます。


半年〜1年間も効果的

もっと慎重に冷却期間を持つという手もあります。長い間考えて結論を出したという雰囲気をより強く醸し出すために、半年から1年の期間もの間を冷却期間にしましょう。

お互いがとても必要であるということが変わっておらず、仕切り直して再スタートすることによる強い決意表明が相手にも伝わるはず。


超重要!冷却期間に復縁するための前準備5つ

遠距離で復縁するための冷却期間の準備

では、冷却期間の間に、復縁の可能性をより確実にするために、どんなことを準備しておく必要があるのでしょうか。元カノや元彼との復縁を夢見るだけでなく、実際にできることがあるのです。5つの前準備のポイントを解説します。


前準備1. 距離以外の原因を改善すること

遠距離恋愛が終結してしまうことの一番大きな理由はやはり距離ですが、それ以外のことが完璧であったということはありえませんよね。何かしらの改善点が元彼にも元カノにもあるはずなのです。

距離以外で相手が改善しておいてほしいと思っているようなことを、克服するように努力しておくことは、良い復縁への前準備となるでしょう。


前準備2. 決して冷却期間の間は自分からLINEや電話で連絡しないこと

別れた後の冷却期間というものは、冷却するための大切な期間であるということをしっかり覚えておきましょう。冷却期間中に軽々しく相手に電話で連絡を取ったり、SNSやメールでメッセージを送ってみたりするべきではないのです。

中途半端に連絡を取ってしまうなら、二人の関係性がきちんと冷却されないまま、冷却期間を過ごしていることになってしまいます。


前準備3. 内面と外見を磨く

遠距離の冷却期間にやることは内面と外面磨き

遠距離恋愛の冷却期間が明けたら、久しぶりに会うことになるはず。その時に、より相手にとって魅力的な印象を残せるかどうかというのも、復縁の確実性の大きなポイントとなります。

復縁のために、自分の対面の美しさを磨いておくようにしましょう。さらに、外見も美しくなるように努力することも大切な前準備です。


前準備4. SNS等で生活が充実していることをアピールする

冷却期間は、直接連絡を取らないようにしますが、相手に自分をアピールできる場もあります。SNSでは、別れた後でもまだつながっていることが大半でしょう。SNSで生活ぶりを上手にアピールするようにしましょう。

直接レスポンスが元彼や元カノから帰ってくることを期待するべきではありませんが、楽しくしている元恋人とまた会いたくなるという気持ちを芽生えさせるのに効果的です。


前準備5. 復縁した先のことを考える

復縁しても、別れる前と同じ問題にぶち当たることは、間違いありません。それが耐えきれなくなって別れることを一度決意したわけですから、復縁後には、同じ過ちに陥らずに成功できるように、並々ならぬ決意をする必要があります。

決意をするには、復縁後のことをきっちりとイメージできることが必須の準備方法となるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


遠距離で復縁のきっかけの作り方とは

遠距離の復縁のきっかけはLINEで誕生日を祝う

遠距離恋愛を一旦終わらせたカップルが、復縁するために、どのようなきっかけづくりをすると良いのでしょうか。

適切な長さの冷却期間を置いた後に、どんなことをきっかけにして、復縁を目指していくべきなのかを解説していきます。


きっかけ作り1. LINEで相手の誕生日を祝う

復縁するために会う前に、まず、ちょっとした会話を始めるきっかけづくりが必要です。スムーズに会話を再開させるためには、何かの二人が知っているイベントについて話題にすることが最善でしょう。

ちょうど良いタイミングの日程で二人に関係する記念日があれば、それをきっかけにしてメールでの連絡を再開できますね。

【参考記事】はこちら▽


きっかけ作り2. 友人に協力してもらって復縁したがってることを伝えてもらう

遠距離恋愛の復縁には、自分の気持ちに気づいておいてもらう必要があります。脈なしと思われてしまっていたら、別の人を探そうとしてしまうかもしれませんよね。

直接連絡を取らずに気持ちをやんわりと伝える方法として、友達に協力してもらうことがおすすめです。自分の気持ちとしては復縁を目指しているということを伝えてくれるような共通の友達に頼んでみましょう。


きっかけ作り3. 借りていたものが家にあったとLINEする

遠距離で復縁のきっかけは借り物が家にあるとLINEする

連絡を取るきっかけ作りとして、「付き合っていた頃に相手に借りていたものが家で見つかったので返さないといけない」というような理由も、良いきっかけとして利用できます。

メールやLINEで数カ月ぶりに連絡を再開するには、ちょうど良いテーマになりますよ。


きっかけ作り4. 「久しぶり、最近どう?」と近況を聞く

ストレートに接触を試みるのも一つのテクニックといえるでしょう。挨拶の言葉でトークの再開をするのです。「久しぶり!」とか、「最近どう?」という簡単な話しかけで、凍結されていたトークルームに灯がともるようになるでしょう。

近況を聞くことで、込み入った話ではなくちょっとしたことから会話を再開させることもおすすめです。


きっかけ作り5. 共通の友人の近況を教えてあげる

二人が知っている共通のイベントや人物の最新情報について伝えてみるという方法があります。「〇〇さんが☓☓をはじめたんだって!」といった、ミニ情報を送ることから会話を再開させられますよ。

共通の友人などの近況を伝えるなら、相手も、昔みんなで楽しく遊んでいたことを思い出したりでき、会話も楽しく進むことでしょう。


復縁で会いに行く時にベストなタイミング

遠距離で復縁の会いに行くタイミング

復縁の可能性を最大限に高めるためには、実際に会いに行くタイミングも調整することが肝心です。

久しぶりに会いに行くのにベストなタイミングは、どんなシチュエーションなのでしょうか。


会うタイミング1. 遠距離恋愛の別れの原因が解消できる時

遠距離恋愛の別れには、遠距離以外の理由も複雑に絡んでいることが多いでしょう。遠距離だけなら我慢できたけど、他の理由が重なってしまって、別れを選ぶことにしたというケースです。

別れの原因となってしまった理由が、解決されたタイミングなら、もう一度遠距離であっても関係を再開できるかもしれないと思ってもらえる可能性があります。


会うタイミング2. 相手が忙しくない時

遠距離の問題点として、すれ違いの生活がありますね。ただでさえ遠くに住んでいて、会いに行くタイミングを調整するのが難しいのに、お互いの予定が調整できなくなるなら、もっと難しいことになってしまいます。

復縁を目指すなら、すれ違いが生じないように、相手が忙しくない時を見計らって会いに行くようにしましょう。


会うタイミング3. 別の予定で相手の家の近くに行く時

復縁で会いに行くタイミングは別の用事で近くに行く時

会うことをメインにしてしまうと、お互いがお互いを意識してしまい、話どころではありません。

遠距離で住んでいる相手の住まいの近くに行く用事に合わせて、会いに行くようにすれば、さりげない接触のタイミングを計って、復縁を成功に導くこともできます。

元カノや元彼に会いに行くことがメインでないというところがポイントで、久しぶりに二人きりで再会するには、重々しくないちょうど良い雰囲気を作り出せることでしょう。


遠距離恋愛の復縁の注意点3つ

遠距離で復縁は急に会いに行かない

最後に、遠距離恋愛を復縁させるために絶対に知っておきたい注意点を紹介します。元彼や元カノに振り向いてもらって復縁を大成功させるためには、必要不可欠な情報となることでしょう。3つの注意点に注目してください。


注意点1. いきなり会いに行かない

復縁したいという気持ちが一人で高まってしまって、一人で勝手に会う計画を立ててしまうということは避けましょう。

相手には、別れてからの新しい生活があり、自分のことを大切に想ってくれていることがあるとしても、電話の連絡もなく急に目の前に現れるなら、気持ちの整理が難しい状態になってしまうことでしょう。

いきなり会いに行かないということは、遠距離恋愛の復縁において鉄則といえます。


注意点2. 自分の気持ちを一方的に伝えない

別れてから、どれだけ寂しい気持ちになってしまったのかということを、相手に伝えたくなるという気持ちはよくわかります。しかし、自分の気持ちを一方的に伝えるという方法では、伝わるものも伝わらなくなってしまいますよ。

相手が数カ月の冷却期間をどのような気持ちで過ごしていたかについて、関心を示して、理解をすることはとても大切です。


注意点3. 今すぐ引っ越すなど現実味のない話をしない

遠距離で復縁であうときは現実味のない話はしない

復縁へのステップは、夢物語のようなシナリオではなく、リアリティーが必要です。今すぐ相手のもとに引っ越すから、もう一度付き合ってほしいというような伝え方をするのは、リアリティーに欠けます。

それで解決するなら、別れる前に引っ越すこと計画していたはずでしょう。現実味のない計画を語るなら、復縁も難しくなってしまいます。


遠距離恋愛で復縁をしたいなら、冷却期間の事前準備を忘れずに!

遠距離で復縁したいなは冷却期間の準備を忘れない

遠距離恋愛で一旦別れたあとの復縁というのは、とても切実なテーマです。辛くて別れたはずですが、別れてもっと辛い気持ちになってしまい、復縁したいと願うようになりますよね。

元カノや元彼との生活を確実に元に戻せるように、冷却期間にやっておくべきことや、アプローチするタイミングをしっかり心得て、準備を入念に行いましょう。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事