両想いの雰囲気を知りたい男女必見!お互いが好きな時にわかる特徴と脈ありサインとは

職場にいる異性や友達に対して「もしかして両思い…?」と思う瞬間やムードってありますよね。今回は、両思いの雰囲気を知りたい男女に向けて、お互いが好きなサインの特徴を解説していきます。また、脈ありに気づいてから関係を発展させる方法もお教えしますので、参考にしてくださいね。

「両思い」ってどんな状態なのか気になりますよね。

両想いの雰囲気

職場にいる異性と話していると、「これってもしやすると両想いなのかも」という瞬間が訪れるときはありませんか。ですが本当に両思いかどうかは、なかなか確認しずらいもの。

この記事では、お互いに好きな男女に漂う雰囲気の特徴や周りから両思いだとわかる男女の特徴、さらには「両想いかも」と思わずわかる瞬間について解説します。


もしかして両想い?お互いに好きな男女に漂う雰囲気の特徴やサインとは

職場などで好きな人がいるとき、ふと楽しい話をしていると「もしかして相手も自分のこと好きだと思ってくれてるのかな」など、両想いの雰囲気を感じることもあるかもしれません。

ここでは、お互いに好きな男女に漂う雰囲気の特徴もしくはサインについてご紹介します。


サイン1. 気がつくと毎日LINEや電話で連絡をしている

好きな人であれば、毎日連絡を取り合って繋がりたいと思う人も多いでしょう。両想いのケースだと、自然と毎日連絡を取り合ってしまうもの。

LINEや電話等でやりとりしながら、「今日こういうことあってさ〜」などと、他愛のないことを無意識的に話しています。

さらに連絡のやりとりをしているとき、LINEなどスムーズに続くようであれば、相手も好意を持っているかもしれません。


サイン2. 会話が自然と弾み、話していて楽しい

両想いだとお互いがお互いについて関心を持っているので、「もっと相手のことが知りたい」と思い、自然と会話も弾みやすいでしょう。

最初はグループで話しているような状況であっても、時間が経てば2人で話しこんでいることも少なくないです。

そんな時、周りにいる人はそのムードに割って入りにくいものです。邪魔してはいけないような雰囲気がして、どうしようもなく感じられているかも。それくらい2人の仲がいい状態です。


サイン3. 視線が合う回数が増える

好きな人がいる場合、ついその人のことを無意識的に見てしまいますよね。特に男性は狩りの本能があるために、好きだと思った女性はつい凝視しがち。

両想いであれば、お互いがお互いを見つめていることも多いので、自然と視線が合う回数が増えてきます。つい目が合ってしまったとき、思わずキュンとしてしまうはず。

もし「何度も目が合っちゃうな」と感じるときは、もしかしたら本当に両想いである可能性も。

【参考記事】はこちら▽


サイン4. 無意識のうちに二人っきりでいることが多い

お互いが両想いで仲が良いと、周りの人から「いつもふたり一緒にいるよね?」などと言われることも。無意識的に一緒にいたいという感情が働くので、気がついたらいつも一緒に行動しています。

さらにお互い好きな気持ちがあるため、周りの人も羨ましがることでしょう。「いつも一緒にいるけど付き合っているの?」なんて周りから言われたときは、もう両想いになっているかもしれませんよ。


サイン5. 相手の言いたいことや思っている事が、手に取るように理解できる

いつもふたりで一緒にいると自然と仲が深くなるので、「こういうことを言いたいんだな」「こう思っているな」ということが手に取るようにわかります。

お互いのことにも詳しいため、周りも「どっちかの情報について知りたいときは、片方に聞けばわかる」といった雰囲気になりがち。

普段友達と話していても、「〇〇はさ〜」など両想いの相手について勝手に話し始めることもあるかもしれません。


サイン6. お互いの距離感が絶妙に近い

ナチュラルに距離感が近い部分も、両想いの雰囲気があるふたりにありがちな特徴。隣にいるときに、肩がくっつくほど近いこともよくあります。周りの人から見ると、もう付き合っているんじゃないかといった雰囲気を感じますよね。

それだけでなく、ボディタッチがお互いに多いのも大きなポイント。嬉しさを感じているような場合であれば、両想いになっている可能性が高いといえるでしょう。


サイン7. 周りから「良いムードじゃん」と茶化されるようになる

お互いが両想いで仲がよければ、自然と周りにもその雰囲気が伝わります。「なんだか、最近めっちゃいいムードだよね」「もしかして付き合っているの?」なんていう言葉を、周りから頻繁に聞かれるでしょう。

そうして周りの人に茶化されるようになると、両想いになっているサイン。もはや付き合っているような雰囲気に見えるということは、もう片方の相手もきっと気づいているはずです。


職場で周りから両想いと言われる男女の特徴とは

職場だと毎日顔をあわせることになるので、自然と周りも両想いかどうか気付きやすいもの。ここでは、職場などで周りから両想いだとわかる男女の特徴について解説します。気になっている相手がいる場合は、当てはまっているか確認してみてくださいね。


両思いの特徴1. 頻繁に二人で行動を共にしている

職場だと、ふたりきりになるようなシチュエーションは意識しない限りあまりありませんよね。よくふたりきりでいるということは、偶然ではなく意識的にそうした状況を作っているということ。

職場内だけでなく、よく二人で帰っている場合も両想いだとわかることが多いでしょう。「これは完全に付き合っているな」と周りが思うようになり、会社の中で噂になる可能性も高くなるでしょう。


両思いの特徴2. 話す時の距離が近く、いつも笑顔で二人共幸せそう

いつもお互いが笑顔で話していたり、ときには冗談を言い合いながら楽しそうな時間を過ごしているときも両想いだと見なされやすいです。

そうした雰囲気は、周りの人もすぐにわかるもの。面白いこともないのにも関わらず楽しそうなふたりを見ていると、「これはお互い好きなんだろうな」と思ってしまいがち。

話している本人同士に好きだという気持ちがないと、なかなかこうした雰囲気にはなりにくいはずです。


両思いの特徴3. プライベートのことなど、お互いについてよく知っている

「この前、〇〇に行ってきたんでしょ?」「友達との旅行楽しかった?」など、お互いのプライベートをなぜか知っている場合、周りからはカップルではないかだと見なされるでしょう。

職場の人と話すときは仕事の話が中心になることがほとんどですよね。ですがプライベートなど、仕事以外の話はお互いに好意がないとなかなかできないこと。

職場での人間関係以上の仲を築いている」と見られて、付き合っているのではないかと詮索されることも。


両思いの特徴4. 明らかに周りの人とは違う態度で接している

両想いだと思われる人と話すとき、テンションが上がったり声のトーンが変わっていると、周りからカップルだと疑われやすいです。

それだけでなく、時折ボディタッチなどを交えて話しているときは、周りは両想いだと確信するかもしれません。

会社の飲み会になったときでも、お互い目を合わせながら微笑んでいるケースも。たとえ遠くにいても、アイコンタクトなどでコミュニケーションを図っていたときは噂になりやすいです。


両思いの特徴5. 「良い感じじゃん」とからかっても、笑うだけで否定しない

両想いの雰囲気を醸し出していると、周りもすぐに気づきやすいもの。同僚から「良い感じじゃん、付き合ってるの?」なんて聞かれることもしばしば。

もし相手のことに興味が全くなければ、「いや、そんな関係ではないです」とすぐに否定するはずです。ですが両想いの場合、笑顔で「そうですかね」などとたぶらかしてしまうことも。否定しないことで、周りからますます噂になることでしょう。


多くの男女が「両想いかも」とわかる瞬間やタイミング

もし自分が「この人と両想いなのかもしれない」と思う人がいる場合、本当に両想いかどうか気になりますよね。もし両想いだとわかれば、アプローチして付き合いたい人もいるでしょう。

ここでは、多くの男女が思わず「両想いかもしれない」と思う瞬間やタイミングを解説します。


タイミング1. お互いに「会いたい」と言い合うようになったタイミング

もし相手に好意がない場合、わざわざ「会いたい」などと言いません。相手が自分のことを好きだと勘違いして、後々めんどくさいことに発展しかねませんよね。

相手からも「会いたいんだけど」なんて言われたとき、「あ、両想いかもしれない」と思うはずです。

わざわざ「会いたい」と言ってくるのは、相手のことが好きだからこそ。もし言われたときは、思わずガッツポーズしてしまうでしょう。


タイミング2. 男女どちらも仕事が忙しくても時間を作って会おうと努力する時

普段仕事をしていると、平日は忙しい日も多いはず。さらに休みが合わない場合であれば、なかなか会おうとしても日程が合わないことでしょう。

ですがお互い両想いであれば、そうした忙しさを言い訳にすることもなく、多少無理をしてでも時間を作って会おうとします。ましてや平日に会うなんて、お互い好きでなければできないはず。

そういう関係性にあるならば、ゴールインするのも時間の問題かもしれませんね。

【参考記事】はこちら▽


タイミング3. 相手が手の込んだデートプランを提案してきた時

「こんなことまで考えてくれてたの?」と思わず思ってしまうようなデートプランを提案されたことはありませんか。どうでもいい相手であれば、わざわざ手の込んだことをしようとは思いませんよね。

ですが「相手を喜ばせたい」「ふたりでいる時間をもっと楽しいものにしたい」と思ったとき、びっくりするようなサプライズをしてくれることも。手の込んだデートのときは、相手の好意にすぐ気づくはずです。


タイミング4. 「一緒にいて楽しい」とアピールされた瞬間

お互いが両想いでいると、一緒にいる時間も楽しく感じてしまうものです。その楽しさが感極まってしまうと、思わず「一緒にいて楽しいです」と相手に言いたくなることはありませんか。

もしそんな風に言われたら、嬉しさを感じずにはいられずまた誘いたくなるはず。相手から楽しいアピールされたときは、「もう両想いなんだな」と感じて、自然とお付き合いが始まる可能性も高いでしょう。


タイミング5. 身内のことや悩みなど、人には話さない秘密を打ち明けてくれた時

家族のことや今抱えている悩みなど、あまり仲の良くない人に相談しようとは思わないはず。「実は、今〇〇で悩んでて…」「実はお父さんが〇〇で〜」など、人にはまず話さないような悩みを相手から聞いたことはありませんか。

なかなか人に言えないような悩みを打ち明けてくれるということは、それだけ人として信頼されているということ。もし深刻な相談を受けたときは両想いの可能性も高いです。

【参考記事】はこちら▽


【男女別】好きな人にだけ見せる脈ありサインとは?

男性女性それぞれで、好きな人にだけ見せる脈ありサインも異なります。いくら「両想いかもしれない」と思っても、告白しない限りその本心はわかりませんよね。ぜひ参考にして、脈ありかどうか確かめてみてください。


男性が好きな人に見せる「脈ありサイン」

ここでは、男性が好きな女性に見せる脈ありサインをご紹介します。男性は基本的に単純な生き物。脈ありの場合と脈なしの場合、その差は非常にわかりやすいです。

気になる男性が自分に脈があるかどうか、ぜひ比較しながら読んでみてくださいね。


1. 女性が疲れた表情をすると「大丈夫?体調悪い?」と優しく気遣ってくれる

仕事が非常に忙しくて疲れてしまったとき、脈のある男性はすぐに気づいてくれるはず。「大丈夫?」「寒くない?」など、常に相手の女性の体を気にかけてくれます。

反対に脈のない男性であれば、そこまで相手の体調を気にすることなく、場合によっては疲れていることにさえ気づかないことも多いでしょう。もし相手の男性にすぐに疲れを察知されたときは、両想いである確率も高いですよ。

【参考記事】はこちら▽


2. 女性に対して休日の予定を尋ねたり、デートに誘ったりする

脈のない男性であれば、休日の予定をわざわざ尋ねてくることもないでしょう。「今週末何してるの?」なんて聞いてくる、つまりは相手の男性はデートに誘いたいと思っている証でもあります。

「んー、特にないかな」などとデートに誘われてもいいような返し方をした場合、高確率で「なら一緒に遊びに行かない?」などとデートに誘われるはず。ひょっとすると、デート当日に告白されるなんてことも。


3. 自分の悩みや弱みを女性に対してさらけ出す

男性が、自分の秘密を他の誰かに話すことはあまりありません。仲の良い男友達に言わないことも多いでしょう。「実は、今〇〇で悩んでてさぁ〜」なんて相手に言われたときは、それだけ相手から信頼されている証拠

自分の弱い部分をさらけ出すことは、相当好きでないとなかなかできないこと。ふたりの関係性をもっと先に進ませたいからこそ、自らの秘密を話してくれるのかもしれません。


4. 彼氏の有無や好きな男性のタイプを聞いてくる

「今彼氏はいるの?」「どんな男性がタイプなの?」など、相手がどういう人が好きなのか気になるので、相手の恋愛事情についてさまざま聞いてきます。

好きなタイプを聞いた後は、なるべくその人の理想な人に近づけるよう相手の好みに合わせることもあるでしょう。

好きなタイプを聞いた後にちょっとした変化を感じたときは、「あ、もしかして脈ありなのかも」と思っていいでしょう。

【参考記事】はこちら▽


5. 髪型やネイルなど、ちょっとした違いにも気付き褒めてくれる

好きな相手に対して、男性はいつもよく観察しているので、ちょっとした変化にもすぐ気づいてくれます。「髪型変えた?似合っているね」「ネイル変えたんだね」など、ちょっとした変化を褒めてくれるのも脈ありのサイン。

褒められた女性もつい嬉しくなりますよね。特に普段シャイな男性が何か褒めてくれたときは、ほぼ確実に脈アリだと言っていいでしょう。

好きな相手は細部まで見ているので、肌や爪といったパーツを褒めてくれるかどうかがポイントです。

【参考記事】はこちら▽


女性が好きな人に見せる「脈ありサイン」

ここからは、女性が好きな男性に見せる脈ありサインについてご紹介します。男性と同じようなサインもありますが、女性ならではのサインもさまざま存在しています。

ぜひ参考にして、自分に脈があるかどうかチェックしてみてくださいね。


1. LINEの返信が早く、質問文でなくてもやり取りを続けてくる

男性と比較して女性の方がLINEなどメッセージの返信は早いですが、脈ありのときはできるだけ多くコミュニケーションをとりたいので、返信が非常に早くなります。

女性はマルチタスクが得意なので、料理や掃除をしながらでもすぐに返信できます。

それだけでなく、男性が質問文でないときにやり取りが続くのも大きなポイント。もし脈がない場合であれば、質問文がないとやり取りが途切れる可能性も高いでしょう。

【参考記事】はこちら▽


2. 男性に対して次の休みを尋ねる

脈ありの場合、「次いつ休みなの?」「次空いてる日ある?」など男性に対して休みを尋ねてきます。なぜなら休みの予定を聞くことで、その空いている日を使ってデートしたいと考えているから。

もし脈なしであれば、いちいち次の休みがいつなのか尋ねることもないでしょう。スケジュールを聞かれたときは、もしかしたら「今度の休み、〇〇に一緒に行こう」とデートに誘われるかもしれませんよ。


3. 会った時に自然とボディタッチをしてくる

本当に好きな相手だった場合、自然と相手に触れたくなるので、自然とボディタッチすることも多いです。女性は、あまり好きでもない人に簡単にボディタッチすることもありません。

誰にでもボディタッチしてし前ば「自分に気があるのかも」と勘違いしてしまい、後々めんどくさいことに発展することも多いでしょう。

他の男性と比較してボディタッチが多いと感じたときは、もしかしたらあなたのことが好きなのかもしれません。

【参考記事】はこちら▽


4. 急な誘いにも快く応じてくれる

「いきなりだけど今日空いてる?」などと女性を誘ったとき、脈ありの相手であれば「空いてるよ」などと素直に応じてくれることも。

女性からすると、好きな男性から誘われたら嬉しいものです。ちょっと無理をしてでも会おうとしてくるはず。

一方脈がない場合、いきなり誘われても「めんどくさい」という思いが勝ってしまい、なかなか行こうとは思わないでしょう。いきなり誘ってもOKしてくれたときは、もしかしたら脈ありのサインかもしれません。


5. 「どんな女性がタイプ?」と恋愛に関する質問をしてくる

男性に限らず女性でも、好きな相手ができればさまざまなことが知りたくなるもの。「どんな女性がタイプなの?」「彼女はいるの?」など、恋愛に関することもつい気になってしまいます。

もし恋愛系の質問を積極的にされたときは、「自分に興味があるのかな」と思ってしまうかもしれません。興味のない相手であれば、彼女がいるかどうかや好きなタイプなどに興味が湧くこともありません。

【参考記事】はこちら▽


好きな人へアプローチして両想いになる方法

好きな人がいる場合、ぜひ両想いになりたいと誰しもが思うはず。ですが、どのようにアプローチすればいいのか迷ってしまう人も多いでしょう。

ここでは、好きになった相手と両想いになりたい人向けに、好きな人へのアプローチ方法を解説します。


方法1. 食事やデートなど単純に会う回数を増やして親密度を向上させる

まずは食事やデートに誘って、実際に会う回数を多くしましょう。いくらLINEなどでメッセージのやり取りをしていても、会って顔を合わせない限りなかなか発展しづらいもの。

実際に会ってさまざまな話をすることで、お互いの親密度も向上するはずです。

少し勇気がいるかもしれませんが、両想いになりたいときは思い切って、「今度の休み、〇〇行かない?」などと誘ってみることをおすすめします。

【参考記事】はこちら▽


方法2. 好きな人に頼ったり、甘えてみたりして特別感を演出してみる

好きな相手に対しては特別感を出したいですよね。他の人にしないようなことをあえてすることで、「あなたのことが好きなんです」とアピールしたくなるもの。

わざと「実は今〇〇で悩んでて…」「これ手伝ってくれたら嬉しいな」などと、頼ったりもしくは甘えることで仲を深めるのも方法のひとつ。

男性の場合、頼られると「信頼されているんだな」とつい嬉しくなってしまうものですよ。


方法3. 「◯◯と付き合うとこんな感じなんだね」と交際を意識させる発言をする

ふたりでデートした時や、何かふたりで作業しているときなど、そこで交際を意識する発言をしてみるのもいいでしょう。

「〇〇と付き合うと、こういう感じなんだろうね」「なんだかカップルみたいだね」なんて言われたら、相手も異性として意識してしまうはず。

「じゃあ付き合ってみる?」なんて言われたら、嬉しくてしょうがないでしょう。勇気がいるかもしれませんが、一気に付き合うことに進展する可能性も少なくありません。


方法4. 相手のことを褒めて承認欲求を満たして距離を縮める

「〇〇の今日の服かわいいね」「今日の〇〇の髪型似合ってるね」などと褒めてあげるのもおすすめ。相手のことを褒めることで、「しっかり見てくれてるんだ」「なんだか認められてる感じがする」と承認要求が満たされます。

特に女性の場合、服やアクセサリーなど、全体ではなく細かいところを褒められると嬉しく感じるもの。相手を褒めることで、徐々に異性として見られるようになり、お互いの仲が縮まっていくでしょう。


「好きな人と両思いかも?」と思ったら、相手の態度を観察してみて。

ここまで、お互いに好きな男女に漂う雰囲気の特徴や職場などで両想いだとわかる男女の特徴、さらには「両想いかも」とわかる瞬間や男女別の脈ありサインについて解説しました。

両想いな雰囲気だと感じる瞬間は非常にたくさん存在しています。ぜひこの記事を参考にして、「両想いかも?」と思ったときは、ぜひ積極的にアプローチしてその恋を実らせましょう。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事