好きな人とのLINEが終わったら脈なし?途切れた後にもう一度再開する方法とは

好きな人とのLINEが終わった不安な方へ。本記事では、連絡が途切れた後の行動から、LINEを再開するタイミングまで大公開!

好きな人とのLINEで脈なしサインが出てたら、無理に連絡しない方が良い!

好きな人とのLINEで脈なしサインが出てたら、無理に連絡しない方が良い!

好きな人とはいつまでもLINEしていたいものですよね。

しかし、LINEのやりとりをする中で、「脈なしかも...」と感じるシーンもあるはずです。

例えば、

  • 「そっか(笑)」「へえ(笑)」など、相手の表情や感情が想像できる素っ気ない返信
  • こちらが何か誘った時、「機会があったら!」と流す返事
  • やりとりのなかで、相手からこちらに対して何も質問がない
  • LINEは未読無視のままSNSを更新している
  • ようやく来たLINEの内容がスタンプ単体のみ
  • 「おやすみ」LINEを既読無視

などは、異性が見せる脈なしLINEといえるでしょう。

もし、LINEで脈なしサインが見えたら、無理に連絡しない方がベター

一度落ち着いてから、作戦を練りましょう。


好きな人とのLINEが終わった時にどうすべき?

「長く続いたのに、好きな人から脈なしLINEが…。もう諦めた方がいい?」

「好きな人とのLINEが終わった時の対処法を知りたい!」

好きな人とのLINEのやりとりが途切れたり脈なしサインが出たりしたら、どうしたらいいのか悩みますよね。

結論を言えば、LINEが終わったとしても完全に脈なしが決まったわけではありません

そこでここから、好きな人とのLINEが終わった時にとるべき行動を解説。

うまく対応すればLINEを再開するチャンスが芽生えてきますよ。


行動1. 一旦はLINEをせずに過ごす

好きな人とLINEをしていて、返信が来ずに自分で終わった理由はケースバイケース。

とはいえ、返信が来ないのはあまり良い兆候とはいえないので、追いLINEをしてしまうと悪印象を与えてしまう恐れがあります。

また、常に話しているとマンネリ化してしまい、関係が発展しにくいものです。

なので、お互いの休憩として3日から1週間ほど期間を空けてみましょう。

期間が空くことで、新鮮な気持ちでLINEを再開できますよ。


行動2. 用事がある時は気にせずLINEしてOK

追撃LINEは基本NGですが、必要なことまで連絡しないのはもっとNGです。

好きな人が一緒の職場や学校、サークルなど身近な存在だったら、

  • 仕事や学校の業務連絡
  • 友達みんなが集まる会の報告やお誘い

など、必要な連絡は普通してもOKですよ。

ポイントは、伝えたい用件だけを端的に送ること。

返事が来たからといって、LINEを既読無視した理由を聞くなど野暮なことはしないように注意しましょう。


行動3. どうしても話したい時は寝る前の短い時間から始める

寝る前は、もうやることが終わって後は寝るだけの状態になっており、心理的に余裕があるケースが多いです。

また、眠たくなったタイミングで切り上げやすく、面倒くさいと思われにくい時間帯と言えます。

どうしてももう一度連絡したい時は「全然眠れない!助けて!」など、冗談っぽいLINEを送ってみましょう。

完全に脈なしでなければ、何かしらの反応がきっとあるはずです。

もし、連絡が返ってきたら、2~3ラリーで「寝れそう!またね〜」と早めに切り上げるようにしましょう。


行動4. 相手に対して質問があるとベスト

相手が答えやすい内容だと、LINEの返事がしやすいもの。

なので、あらかじめ聞きたいことを質問形式でまとめておくと、スムーズに会話しやすくなります。

特に、

span class="kuro">「仕事いつ休み?」

「明日の休みは何するの?」

「この前〇〇が言ってたおすすめの映画って何だっけ?」

など、休みや趣味に関する話題で盛り上がれると、デートの誘いに発展する可能性が出てくるのでおすすめ。

普通に返信があったら、脈なしの可能性は低くなるでしょう。


行動5. 「忙しい時にごめんね!」と早めに切り上げる

好きな人とのLINEが終わったのは、あなたとのやりとりが面倒くさいと感じている可能性もあります。

LINEでやりとりする上で、気楽にできるというのは重要な要素です。

  • 2~3ラリーを目安に切り上げる
  • 最初に「忙しい時にごめんね」と添えて、申し訳なさを伝える
  • 「ありがとう、じゃあね」「おやすみ」など、終わりが明確な内容を最後に送る

など、サラッと終わるLINEを心掛けましょう。

短めのLINEなら、他の日に連絡しても相手にうざいと思われにくいですよ。


いつ送る?好きな人へメッセージを送るタイミングとは

「好きな人にもう一度連絡するなら、どんな時がおすすめ?」

「好きな人から返事がもらいやすい時間やタイミングが知りたい!」

一度は途切れた好きな人とのLINEのやりとりを復活させたいけれど、いつメッセージを送ればいいのかわからない人も多いのではないでしょうか。

そこでここから、好きな人へメッセージを送るタイミングを解説します。

再開するタイミングを見計らっている男性も女性も、ぜひ参考にしてみてください。


タイミング1. 平日なら夕方の仕事終わりくらい

好きな人の生活リズムを考慮してメッセージを送れば、相手も連絡を返しやすくなります。

平日の昼間だと「仕事してないのかな?」と思われたり、夜中だと寝ていたのに起こしてしまうことも。

なので、仕事終わりを見計らって18時頃にメッセージを送るのがベストです。

「お仕事お疲れ様!」のように、相手を思いやる内容を送ってみましょう。

相手のタイミングで返信しやすく、うまくいけばディナーや飲みの誘いにつながるかもしれませんよ。


タイミング2. 土日などの時間に余裕がある時

休みの日なら、平日に比べると時間に余裕があるはず

そのため、土日などの休日に送ると、返信がくる可能性が高まります。

特に、相手が既に起きていて何かしら行動している、昼から夕方にかけてLINEするのがおすすめ。

すぐに返信が来なくても、相手が暇なタイミングで返してくれやすくなります。

ただし早朝や深夜だと、貴重な休日の睡眠を邪魔して不快に思われてしまう恐れがあるので注意しましょう。


タイミング3. 誕生日や年明けなど理由が明確にわかる時

誕生日や年明けなどは、友達として連絡しても不自然ではありません

なので、LINEが終わっていても、再開するきっかけに最適といえます。

また、好きバレもしにくいため、もう一度連絡するにはおすすめのタイミングです。

「誕生日おめでとう!今度ご飯ご馳走する!」

「あけおめ!今年もよろしく。初詣行った?」

など、お祝いや挨拶だけでなく、会話を続けられそうな言葉を添えるとGOOD。

ただし、日付をまたいた瞬間などは、送りたがっていた気持ちがバレてしまうので、昼過ぎくらいに送りましょう。


【LINE再開】好きな人へのLINEが終わった後に送るべき内容や話題とは

「好きな人とLINEを再開するには、どんな話題がいいの?」

「どんな内容だったら好きな人に自然とLINEを送れる?」

いざLINEを再開しようとしても、どのような話題をきっかけにすればいいのか悩みますよね。

そこでここから、好きな人へのLINEが終わった後に送るべき内容や話題を紹介します。

どうしようか悩んでいる男性も女性も、参考にして一歩踏み出してみてください。


話題1. 「この前話してた〇〇覚えてる?」と振り返るLINE

以前、好きな人と話していた話題なら、自然な感じでLINEを再開しやすいはず。

特に、

  • 「そういえば、〇〇君スノボやるって言ってたよね?今度友達と行くんだけど、何持っていけばいい?」
  • 「この前〇〇さんが好きって話してたバンドの新曲聴いた?」

など、相手の好きなことや趣味に関する話題だと、食い付いてくれる可能性が高まります。

また、過去の話を掘り起こせば、相手の話を覚えているのを伝えられ、脈あり感を匂わせることも可能です。

相手が引かない程度で気持ちを伝えられるといいでしょう。


話題2. シンプルに「何してる〜?」

気取らない内容のLINEだったら相手が変に構える必要がないため、気軽に返信しやすくなります。

「やほ〜何してる?今日の夜空いてない?」

「久しぶり!元気?最近何してる?」

など、何も気にせず、挨拶のようなシンプルなLINEを送りましょう。

特にこれといった話題がなくてもきっかけとして使える、おすすめの一手ですよ。


話題3. 「今週の土日どっちか空いてない?」などデートに誘うLINE

デートという目的がはっきりしているため、相手もYES・NOで答えやすくなります。

「今週の土日どっちか空いてる?映画でも観に行かない?」

など、ストレートに誘ってみましょう。

返信がしやすいLINEなのでもし断られても、LINEを再開するきっかけにちょうどいいですよ。


話題4. 「〇〇の話聞いた?」と共通の友人を話題にする

共通の友達の話題ならナチュラルに切り出せ、相手が返信しやすく話が盛り上がるケースも少なくありません。

「〇〇、結婚したらしいよ。知ってた?」

「〇〇の話聞いた?会社辞めて独立したらしいよ!すごいよね」

など、ポジティブな話題や楽しいネタを取り上げましょう。

ネガティブな話だと陰口のようになる恐れがあるため、避けた方がいいですよ。


話題5. 「〇〇が好きって言ってたお店行ってきたよ」と報告する

自分が前にLINEで話していた内容を覚えてくれていたら、男性女性問わず嫌な気持ちになることはありません

また、「自分がおすすめしたから」と相手が思うため、返信しやすくなります。

「〇〇君が面白いって言ってた漫画読んだよ!」

「〇〇さんが美味しいって話してたパスタ屋さんに行ってきた!」

などと報告すると、相手も喜んでくれるでしょう。

シンプルに相手がすすめてくれたものを褒めれば「気が合う」と思われ、会話が盛り上がるはずです。


好きな人とのLINEが終わらないようにするテクニック集|続けるコツとは

LINEのやりとりが途絶えたからといって一概に脈なしとはなりませんが、そもそも終わらせたくありませんよね

そこで必要となってくるのが、LINEを長く続けるためのテクニック。

  • 文字だけの無機質な内容ではなく、絵文字やスタンプを織り交ぜる
  • 相手の生活リズムや返信頻度に合わせてメッセージを送る
  • たまに写真や動画を送って、五感を刺激するような楽しい画面を作る
  • 相手が答えいやすい質問を送る

などが、好きな人とのLINEを長引かせるためのコツです。

好きな人とのLINEが長く続いたら、それだけ関係が発展する可能性がアップします。

もっと詳しくテクニックを知りたい人は下記事をチェックして、ぜひ参考にしてみてください。


好きな人とのLINEが終わったからといってすぐに諦めないで。

好きな人とのLINEが終わったり途切れたりしたら落ち込みますよね。

「もう脈なしかな…」と思う人もいるかもしれませんが、諦めるのはまだ早いですよ。

とはいえ、好きな人からの脈なしLINEには何かしらの理由があるため、まずは無理に連絡せずに少し時間を空けましょう。

そこから、少しずつLINEを再開するためのテクニックを駆使してみてください。

再びLINEのやりとりを行う方法を知って、好きな人との距離を少しずつ縮めてみましょう。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事