告白できない男女の心理&理由とは?成功しやすい告白の仕方も紹介!

好きな人がいて片思いをしていても告白できない男女って多いですよね。そこで今回は、告白できない人の心理や原因、好きな人に自分から告白すべき理由を大公開!また、成功しやすい告白の方法もお教えするので、片思い中の人は必見ですよ!

自分から告白できなくて悩んでいる方へ。

告白できない男女の心理&理由

好きな人と恋人同士になりたいなら、告白は避けては通れません。しかしなかなか気持ちのふんぎりがつかずに迷っている人も。

告白できない理由は様々ですが、男性にも女性にはそれぞれ少し違う心理状態があるのです。

どうして告白できないのか、どんな理由があるのか、そして成功しやすい告白の仕方などをご紹介します。


【男女別】告白できない人の心理とは

片思いの人に告白して恋人になりたいという欲求は男女共通のものです。しかし、告白できない心理は、男性と女性で少し異なります。

それぞれの心理が分かれば告白できない現状を打破できるきっかけになるかも。そこで男女別に告白できない人の心理の違いをご紹介します。


1. 自分から告白できない男性の心理

なかなか告白できない理由は男性と女性で違います。告白といえば男らしい態度を期待しますが、男性でも様々な性格の人がいるため、その理由も色々。

まず、好きな人になかなか告白できない男性の心理からご紹介します。


男性心理① 好きだけど照れてしまい、口に出せない

片思いの人を目の前にすると、つい照れてしまうのは男女共通です。どちらかというと女性に多いイメージもありますが、奥手の男性にとっても同じこと。

つい照れてしまい、大事なことを口に出せなくなってしまうのです。好きな人が目の前にいるだけで幸せな気持ちになってしまい、それだけで満足していて、今の関係を壊したくないからと、先に進むのを無意識に拒んでいる場合もあります。

【参考記事】はこちら▽


男性心理② 振られたらどうしようと告白する前から不安で一杯になっている

告白して振られてしまったら、今までと同じ関係でいるわけにはいきません。告白の後に再び友人関係に戻ったとしても、前とは少し違う関係になってしまうでしょう。もしかしたら、気まずくなって友人関係にも戻れないかもしれません。

告白する勇気が出ない人は、「今の関係が壊れるなら」「振られるくらいなら」と不安で一杯になって、告白まで踏み切れないのです。


男性心理③ 付き合っても忙しくてあまり会えないと思っている

恋人同士になれば色々なところにデートに行ったり、時間を合わせて会ったりするようになります。しかし今仕事などで忙しい時は、もし付き合うことなってもなかなか時間を取れません。

「せっかく付き合ったのに会えないんじゃ意味が無い」と女性に思われてしまうのではないかと考え、男性は告白できないこともあるのです。


男性心理④ OKしてもらえる自信がない

自分に自信がない男性は、告白したとしてもうまくいかないと思っている方が多いです。

「どうせ自分なんて相手にしてもらえないだろう」「振られるに決まっている」と思い込んでしまい、なかなか告白まで踏み切れないことも。

また相手と良い関係を築いていても「自分にはもったいない人だ」と思ってしまい。OKしてもらう自信を無くしてしまうのです。

【参考記事】はこちら▽


男性心理⑤ 好きとはいえ、無理に付き合わなくてもいいと思っている

好きな人とはいつか恋人同士になりたいと思っている人がほとんどです。しかし中には無理に付き合わなくてもいいと思っている人も。

今の関係が良好であれば無理にそれを壊す必要がないと思っているのです。今の関係が心地良いため、それを壊すくらいなら無理に関係を変えなくても良いと思い、告白まで踏み切れないこともあります。


2. 自分から告白できない女性の心理

女性心理は男性と似てはいますが、微妙に違うところも。女性は自分の気持ちを、男性は女性の気持ちを知ることによって、関係に変化が生まれることもあります。

では自分から告白できない女性の心理についてご紹介します。


女性心理① 別に両想いにならなくても良いと、はじめから諦めている

恋人同士になれば、今とはもっと進展して関係になれます。しかし今の友人関係に満足していれば、それ以上の関係を求めないことも。

「自分には高望みの恋だから」「両想いになるのは無理だから今のままで良い」と初めから諦めている人は、そもそも行動を起こそうと思いません。

行動を起こして関係を変えるくらいなら今のままで良いと思っているのです。


女性心理② 女性から告白して良いのか迷っている

女性にはどこか心の中で「男性から告白して欲しい」という思いを持っている人も多く、「自分から言っても良いのだろうか」「はしたないと思われないだろうか」などと思ってしまい、様々な障壁があって告白できません。

頭の中では、「好きなのは自分なのだから自分から言った方が良い」とは思っていても、女性から告白し良いのか迷っているうちに、告白できなくなっているのです。

【参考記事】はこちら▽


女性心理③ 自分から言えないので早く告白して欲しいと思っている

男性も女性も、好きな人に気持ちを伝えるのは緊張するもの。特に女性の場合は、どこか「男性の方から告白されたい」という気持ちをもっています。自分からはなかなか言えないので、早く相手から告白して欲しいと思っているのです。

またうすうす両想いだと感じている場合、男性の方から告白して欲しくて待っている場合もあるので、なかなか告白まで踏み出せないことも。


女性心理④ 告白などは男性からするものだと思いこんでいる

男女平等の時代とはいっても、まだまだ告白といえば男性側からのイメージが残っている人もいます。告白などは男性からするものだと思い込んでいるため、ずっと待ってしまうのです。

男性側からのアプローチを待っているので、自分が好きだと思ってもなかなか告白はできません。そのためいつまで経っても関係が進展しないのです。


女性心理⑤ 振られた時の恐怖を想像して現状維持を選んでいる

振られるのは男性も女性も嫌なもの。その時の恐怖を想像してしまうと、なかなか足を踏み出すことができません。

「もし断られたらどうしよう」「離れたくない」「友達にも戻れなかったらどうしよう」など、振られた時のことをずっと考えてしまいます。

その恐怖を実際に体験するくらいなら、現状維持を選んでしまおうと考え、告白できなくなってしまうのです。


好きなのに自分から告白できない理由とは

相手のことが好きなら、告白して彼氏・彼女の関係にになりたいと思うもの。しかし好きなのになかなか自分からは告白できないこともあります。

好きなのに自分から告白できない理由にはどんなものがあるのか、ご紹介していきます。


理由1. 振られた時のショックに耐えられる自信がないから

「もし相手に断れてしまったら…」と考えると眠れない日々が続くという方も少なくありません。それくらい振られた時のショックというのは大きいものです。

特に長年片思いをしてきたなら、その大きさはさらに大きいものになるでしょう。

そのショックに耐えられる自信がないから告白しない、今のままでいいと思ってしまうのです。


理由2. 相手が高嶺の花すぎて、自分とは不釣り合いだと自覚している

自分に自信が無いと、自分が相手には不釣り合いだと感じてしまいがち。相手が高嶺の花の場合は特にそうです。

「どうせ自分には釣り合わないのだから」「自分にはもったいないい相手だ」と初めから、恋人になるのを諦めてしまい、片思いで終わらせようとしてしまうこともあります。


理由3. 今の程良い距離感に満足しており、現状を維持したいから

彼氏・彼女になれば楽しいこともたくさんありますが、同時に辛いことや悲しいことも起こりえます。それを体験するくらいなら、今の程良い関係のままでいたいという方も多いです。

友人関係なら恋人同士のような楽しみもない代わりに、喧嘩などをして落ちこむこともありません。

今の距離感に満足しているなら、わざわざ行動を起こそうと思わないのです。


理由4. 相手に恋人やパートナーがいる状態だから

相手がシングルなら、これからカップルになれる可能性もあります。しかし相手に恋人やパートナーがいる状態であれば、その可能性は限りなく低くなります。

「恋人よりも自分を見て欲しい!」などの激しい情熱が無ければ、行動を起こす人は少ないでしょう。片思いなら迷惑がかからないと思い、そのままの状態を続けている方もいます。

【参考記事】はこちら▽


理由5. 相手のことが本当に好きなのか自分でも把握できていないから

自分の恋心を自分でしっかり把握できていなければ、告白まで至らないことも多いです。片思いをしているとはいえ「自分は本当に好きなのか」「相手とカップルになりたいのか」をしっかり考えてみましょう。

それでどちらか分からないならば、告白できないのも無理はありません。無理に告白して関係を壊すぐらいなら、今のままで良いと思う男女もとても多いですよ。

【参考記事】はこちら▽


告白できない人へ伝えたい!自分から告白した方が良い主な理由とは

「今の関係を壊したくない」「振られて後悔するくらいなら告白したくない」と思う人は多いです。しかし自分から告白した方が良い理由もたくさんあります。

告白した方が良い理由にはどんなものがあるのかご紹介します。


理由1. 自分の素直な気持ちを伝えられるため、後悔はしなくて済むから

片思いのままでいれば傷つくことはありませんが、彼氏や彼女になることはできません。

気持ちを伝えられなくて後悔するくらいなら、告白して相手の気持ちを知った方が後悔は少ないですよね。それで傷ついたとしても、勇気を出したのだからと前向きな気持ちでいられます。

一度きりの人生。後悔のないように、好きな人には自分の素直な気持ちを伝えるようにしましょう。


理由2. 自分から告白しないと、いつまでも交際に発展しないから

「できるなら相手から告白して欲しい」とは誰もが思い描く願望です。しかし自分から告白しないと、なかなか関係が進展しないことも事実。告白しなければ、相手は自分が好かれていることにも気付かないままかもしれません。

カップルになりたいなら、勇気を出して自分から行動を起こしてみましょう。告白することで相手から意識してもらえるようになる可能性もありますよ。


理由3. 仮に振られたとしても次の恋愛へ切り替えられるから

振られるのはとても辛いもの。しかし自分から勇気を出して告白したなら、仮に振られたとしてもきちんと自分の中で整理できます。たとえ時間がかかったとしても、後悔なく次の恋愛に切り替えられるはず

告白しないままだったら、いつまでもダラダラと希望を持ったままに。それなら、一度きっぱり振られたとしても次の恋愛にいくことをおすすめします。


理由4. 誠意が通じて相手がOKしてくれる事も有り得なくはないから

自信がないと振られた時のことばかり考えがち。しかし、告白が成功する可能性もあるのです。誠心誠意告白すれば、相手が自分をまだ好きじゃなくてもOKしてくれる場合も。

その可能性さえ潰してしまうくらいなら、思い切って告白してみましょう。

相手の気持ちが分からないままだと、片思いすら辛いですよね。「もしかしてOKしてくれるかも」くらいの気持ちでいれば、ダメージは少なくすみますよ。


理由5. 告白しないでウダウダしてる間に、相手に恋人が出来てしまうかもしれないから

振られてしまうかもという不安は、片思いの時にはつきもの。それでいつまでも告白しないままだと、相手に他の恋人ができてしまうかもしれません。そうなってしまっては、付き合う可能性は限りなく低くなってしまいます。

相手がシングルだと分かっているなら早めに行動を起こしましょう。ウダウダしている間に、せっかくのチャンスを潰してしまいかねません。


勇気を出して告白!成功しやすい告白の仕方は?

告白も、ただ言葉を伝えるだけではいけません。そこへ至るまでの過程やシチュエーションが大事なのです。これを怠ると、成功の可能性が低くなることも。

そこで成功しやすい告白の方法にはどんなものがあるのかご紹介します。


告白の仕方1. とにかく相手とコミュニケーションをとり、親しくなる

良く知らない相手からの告白は、男性も女性も戸惑ってしまいますよね。そこでまずはとにかく相手はコミュニケーションをとって親しくなることが大切です。

最初は知人や友人関係から始めて、徐々に親しくなり、告白への準備を始めていきます。

お互いのことをどんな人か分かっていれば付き合うハードルも下がるでしょう。


告白の仕方2. 相手から脈ありサインが出るまで、とにかく相手へ尽くす

関係を続けていると、なんとなく「脈があるかな」と感じることがあります。そうなったら告白の成功率もあがるでしょう。

相手が「良い人だな」と思い好感度が上がっていけば、告白もうまくいきやすいもの。逆に脈ありサインを感じなければ、まだ恋人同士になるのは難しいサイン。

それまでは相手に尽くし、関係を続けていきましょう。


告白の仕方3. 脈ありサインが出たら、雰囲気のいいお店や景色のいいスポットへ足を運ぶ

相手の好感度を上げるにはシチュエーションも大事です。脈ありサインを感じたら、雰囲気のいいお店や景色のいいスポットへ一緒に出掛けてみましょう。ロマンチックなスポットは、それだけで雰囲気を盛り上げてくれます。

また「自分のためにわざわざ調べてくれた」という思いは、相手への好感度も上がっていくもの。告白するなら雰囲気の良いスポットはいくつか調べておくのがおすすめです。


告白の仕方4. いいムードになったら「好きです、付き合ってください」とシンプルに告白する

2人でロマンチックな雰囲気になったらい良いよ告白です。告白の言葉も色々考えていることでしょう。

男性も女性も、結局はシンプルが一番相手に気持ちが伝わります。「好きです、付き合ってください」とシンプルに力強く伝えましょう

周りの雰囲気の良さも手伝って、相手も真剣に考えてくれるはず。どちらの結果に転ぶにせよ、相手からの返事をしっかり受け止めましょう。

【参考記事】はこちら▽


告白の仕方5. 帰宅後にLINEなどでアフターフォローまできっちり行う

うまくいって付き合うことになったら、帰宅後に連絡をするのを忘れずに。LINEやメールなどで「今日はありがとう」「嬉しかった」「これらもよろしく」などもアフターフォローを行うことで、「この人はきちんとしている人だな」という印象を与えるのです。

仮に振られたとしても、連絡をしっかり入れることで友人関係を続けやすくなります。関係を続けていれば再びアタックするチャンスもあるかもしれませんので、アフターフォローはしっかり行いましょう。


自分から告白できないと思っても、勇気を出して一歩踏み出してみましょう。

告白は男性も女性も緊張するもの。告白ができなくても気にする必要はありません。

しかし、関係を進展させたいと思うなら、まずは自分から行動することが肝心です。行動しなければいつまで経っても片思いのまま。一度きりの人生ですので、後悔のないようにできる限りの行動を起こしてみましょう。

自分が頑張った結果なら、何が起こっても受け止められるはずですよ。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事