【男女別】告白の言葉特集|胸キュンセリフ&成功しやすい切り出し方とは

好きな人に告白する時ってなんて伝えればいいか悩みますよね。今記事では、男女別に言われて嬉しかった告白のセリフを大公開!また、告白におすすめのシチュエーションや告白の成功率を上げる方法についても解説していきます。片思い中の男女は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

告白する時の言葉って悩みますよね。

男女別告白の言葉特集

好きな人に告白する時、どう告白すればいいか、告白の言葉に思わず迷ってしまう人もいるでしょう。

この記事では、男性や女性に言われて嬉しかった告白の言葉や告白に適した場所、さらには告白の切り出し方から告白を成功させる時に知っておきたい注意事項について解説します。

ぜひ参考にして、好きな人に告白して恋を成就させてみませんか


男性に言われて嬉しかった告白の言葉は?告白のセリフ8選

好きな女性に告白する時、女性はどういう言葉だと嬉しく感じるのでしょうか。

ここでは、男性に言われて嬉しかった告白の言葉について解説します。好きな女性がいる男性はぜひ参考にして、告白の参考にしてみてはいかがでしょうか。


告白の言葉1. 「ずっと好きでした」

恋の時間の長さを感じさせる告白の言葉です。「ずっと」という言葉が入っていることで、長い間好きだった一途な想いを相手も感じてくれるでしょう。

もし何年も片思いをしている女性がいる場合、「ずっと好きでした」と言うことで誠実さが伝わり、嬉しく思ってくれるはず。

たとえその男性に興味がない女性でも、「ずっと好きでした」と言われれば「長く思ってくれていたんだ」と思い、ドキッとしやすいでしょう。


告白の言葉2. 「僕と付き合ってくれませんか?」

女性はシンプルかつストレートな告白を好む傾向にあります。あまりにも周りくどい告白の言葉だと、つい女性がイラっとしてしまうことも。

「付き合ってください」というそのストレートな言葉に、女性も嬉しく感じやすいでしょう。または今後の関係がはっきりとわかる言葉でもあり、潔さがある点でも女性からの評価は高いですよ。


告白の言葉3. 「ずっと僕のそばにいて欲しい」

何回かデートして、お互いの仲がある程度よくなっている時におすすめしたい告白の言葉。相手も同じような気持ちだった場合、女性も「同じ気持ちなんだ」と嬉しく思ってくれるかも。

ちなみにただ付き合う時だけでなく、結婚も視野に付き合おうとしている時に言うのもあり。相手との距離が縮まっている時は、ぜひ使ってみてくださいね。


告白の言葉4. 「君のことを大切にする」

男性にとって、その女性が特別な存在だとわかる告白の言葉なので、女性は嬉しいと感じやすいでしょう。

男性だけでなく女性も、「いいな」と思う人の前では一番でありたいと思うはず。「君のことを大切にする」という言葉を聞いて、女性は男性から特別に見られていることに安心感を覚えるはず。

両思いだった場合、あまりもの嬉しさに思わず舞い上がってしまうかもしれません。


告白の言葉5. 「絶対俺が〇〇を幸せにするから」

女性は基本的に、男性から「守られていたい」という気持ちを持っています。女性に「幸せにする」と告白することで、「女性を守りたい」という思いを伝えられるので、嬉しく感じる女性は多いはず。

また「絶対」と付け加えているのも大きなポイント。女性により安心感を与えることが可能で、女性はキュンとしやすいでしょう。


告白の言葉6. 「君が好きです。僕に守らせてもらえないかな?」

誠実かつ男らしい告白をしたい時に、ぜひおすすめしたい言葉です。「僕に守らせてほしい」と言うことで、女性は守られているようなと安心感を抱きやすく、嬉しく感じるでしょう。

さらに「君が好きです。」と最初に言えばストレートさも出せるので、女性は誠実さも感じやすいはず。「この人に守ってもらいたい」とOKしてくれる確率もアップするでしょう。


告白の言葉7. 「今日からお前は俺の女になれ」

好きな女性がSっ気のある男性が好きな場合、ぜひおすすめしたい告白の言葉です。最後に「なれ」という言葉を加えていることで、思わずキュンとして「なりたい」と思ってくれるはず。

さらに「俺の女」と言うのもポイント。相手の男性から支配されているような感覚に陥り、喜んでもらいやすいです。ただ女性によっては嬉しさを感じないこともあるので、告白する時は注意が必要。


告白の言葉8. 「お前の彼氏になってやるよ」

こちらもSっ気のある男性が好きな女性に伝える時に効果的な告白の言葉。「なってやるよ」と少々ベタでもあえて上から目線で言うことで、女性はその男らしさに惚れてしまう可能性も。

さらに「お前」ということで、相手から支配されているような感覚を覚え、喜んでくれるはず。ただし、上から目線が嫌いな女性の場合、マイナスの評価につながることもあるので注意してくださいね。

【参考記事】はこちら▽


女性に言われて嬉しい告白の言葉8選は?告白のセリフ8選

最近では、男性からでなく女性から告白するケースも増えてきましたよね。ここでは、女性に言われて嬉しい告白の言葉について解説します。

好きな男性がいる場合は、ぜひ参考にして思い切って告白し、片思いを実らせてみませんか。


告白の言葉1. 「私と付き合ってくれませんか?」

ストレートに相手に想いを伝えたい時におすすめしたい告白のセリフ。「付き合う」という言葉をあえて表に出すことで、相手の男性は誠実さを感じて嬉しいと思ってくれるはず。

今後の関係性がはっきりわかるセリフで、「はい」「いいえ」の2択なので、相手も答えやすいです。男性からすると潔さを感じて、彼氏ができる可能性もあるでしょう。


告白の言葉2. 「ずっと前から好きでした」

一途な想いを相手に伝えたい時に、ぜひおすすめしたい告白の言葉。「ずっと前から」という言葉を使うことで、男性も「そんなに長く自分のことを想っていてくれたんだ」と感動してくれるはず。

「ずっと前から好きでした」と言うことで、「好き」という言葉により誠実さが感じられ、「そんなに好きでいてくれたんだ」と男性はドキッとするでしょう。


告白の言葉3. 「あなたの彼女にしてくれませんか?」

あえてお願いするように告白することで、相手の男性をキュンとさせるのもいいでしょう。男性は基本的に、女性を引っ張りたいと思う生き物

「あなたの彼女にしてくれませんか?」と下から目線で言うことで、男性は「この子を守りたい」と思うようになるはず。

少しSっ気のある男性を好きになった時は、ぜひ使ってみることをおすすめします。


告白の言葉4. 「私が好きって言ったらどうする?」

あえて疑問形で告白して、相手の反応を伺ってみるのもおすすめの告白のセリフ。唐突に「私が好きって言ったらどうする?」と聞くことで、男性も予期しない質問に恥ずかしくなって、ついキュンとするはずです。

舞い上がってしまう男性も少なくなく、その場で「彼氏になりたい」などと返してくれる可能性もあるでしょう。


告白の言葉5. 「あなたのことが大好きです。」

「好き」ではなく「大好き」と言うことで、相手の男性が「自分のことをそんなに好きでいてくれるのか」と思ってくれるのでおすすめです。

女性と同じように、男性も「女性にとって特別でありたい」と思うもの。ただ「好き」ではなく、あえて「大好き」と言うことで特別感を覚えて、男性はいっそう嬉しく感じてくれるでしょう。


告白の言葉6. 「ずっと側にいてもいいかな?」

ある程度お互いの仲が深まっており、お互い意識しあっている時におすすめしたい告白のセリフ。「ずっと」という言葉を使うことで、特別感を感じる男性も少なくないはず。

相手も自分のことが好きな場合は、「同じ気持ちなんだ」と感動してくれることも。場合によってはあまりの嬉しさに、思わず「結婚」を意識する可能性もあるかもしれません。


告白の言葉7. 「私じゃだめかな?」

好きな男性に彼女がいたり好きな人がいたりするかもしれません。片思いの男性に玉砕覚悟で告白したい時におすすめのセリフ。

涙目で「私じゃだめかな?」と言われれば、彼もそのかわいさにキュンとして心が揺らぎやすいでしょう。その男性の恋がうまくいっていなければ、あなたのことが好きになって逆告白されるかもしれませんよ。


告白の言葉8. 「好きになっちゃった。責任取ってよね」

いたずらっぽく告白したい時におすすめのセリフです。特に草食男子やMっ気のある男性は恥ずかしがりな傾向があり、ドキドキしやすいので効果的。

「責任取ってよね」と多少強引に言っても、内心は嬉しく感じているので嫌だとは思いません。もし気になっている男性が受け身の傾向がある時は、ぜひ使ってみてくださいね。

【参考記事】はこちら▽


告白に適した4つのシチュエーションとは

いざ告白する時、どういう場所で告白すればいいのか迷ってしまう人も少なくないはず。ここでは、告白に適した場所について解説します。

告白に適した場所も様々存在しています。ぜひ参考にして、告白を成功させてみませんか。


場所1. 夜景が見える場所

ロマンチックな雰囲気で告白したい時におすすめしたいのが夜景。告白に理想の場所だと考えている人も多く、綺麗な景色を目の前にすることで、雰囲気もよくなるはず

あまりもの綺麗さに思わずうっとりする人も多く、気分も思わず盛り上がるでしょう。そこで告白すれば相手はそのロマンチックさに感動して、成功率もアップしやすいでしょう。


場所2. 雰囲気の良いレストラン

告白したい女性がいる男性におすすめしたい場所。女性はロマンチストな人も多く、非日常な空間を好む傾向にあります。あえて雰囲気の良いレストランを選んで非日常を出すことで、相手もテンションが高まりやすいでしょう。

雰囲気もあるのでロマンチックな感じになりやすく、告白すれば成功率もアップしやすいですよ。


場所3. デートの帰り道

気持ちが盛り上がった時に告白したい時は、デートの帰り道にするのもいいでしょう。デートができる間柄ということは、そこまで関係性が悪くないはず。

デートの帰り道は、寂しさがどうしても募りやすいです。名残惜しさを感じる時に告白することで、相手は「一緒にいたい」と思いやすく、成功する確率も上がるでしょう。


場所4. 車の中

車の中であれば、密室に常に二人きりなのでいつでも告白できるのでおすすめです。さらに密室にいることで、親密感を覚えやすいのもポイント。

車の中で告白する時は、ぜひ外の景色にも配慮してみてください。夜景が見える場所など、景色の良い場所など行けば雰囲気も出やすく、告白するムードになりやすいはずですよ。

【参考記事】はこちら▽


告白の成功率を上げる告白の切り出し方

告白する時、いきなり告白してもうまくいきにくいでしょう。告白の成功率を上げたい時は、告白の切り出し方にも注意しなければなりません。

ここでは、告白の成功率を上げる告白の切り出し方について解説します。


切り出し方1. 「大事な話があって」

告白する時は、相手に「告白されるんだな」という気持ちを作らせてあげることが大切です。「大事な話があって」ということで、相手も「告白かな」としっかりと準備できるでしょう。

さらに告白する方も、「大事な話があって」と言った以上、告白しなければなりませんよね。覚悟が決まる言葉でもあります。

特に夜景が見える場所やおしゃれなレストランで切り出せば、相手は「告白しかないな」と思いやすいでしょう。


切り出し方2. 「どうしても伝えたいことがあるんだけど」

「どうしても伝えたいことがあるんだけど」と言うことで、相手は「なんだろう」とあれこれ期待する一方、「もしかした告白かも」と思ってくれやすいです。

そこで思い切って、「好きです。僕と付き合ってくれませんか?」とストレートに伝えてみましょう。夜景の見える場所など、ここ一番だと思う時に切り出してみてくださいね。


切り出し方3. 「もう気づいてると思うけど」

もし自分に脈ありだとわかっている時に、おすすめしたい告白のセリフです。告白するまでに「好き」だというアピールをしていれば、相手も察してくれるので告白しやすくなるはず。

ちなみに相手が脈ありかどうかわからず告白してしまうと、相手がきょとんとしてしまう可能性もあるので注意してくださいね。デートの帰り道などにぜひ使ってみることをおすすめします。


切り出し方4. 何も言わず目を見つめて沈黙を作り、告白をする

告白する時はタイミングも考えなければなりません。セリフばかりに気を取られてしまうと、雰囲気のある告白にはなりにくく、なかなか成功しないでしょう。

そこでおすすめしたいのが、あえて沈黙を作ること。沈黙になることで一気にロマンチックな雰囲気になりやすく、相手も「告白されるかも」と準備しやすいでしょう。

周りに人がいるとしらけやすいので、できれば誰もいない時に使うことをおすすめします。


告白を成功させる上で知っておくべき注意点

告白を成功させたい時、注意点も様々存在していますよ。ここでは、告白を成功させる上で知っておきたい注意点について解説します。

告白する時はぜひ参考にして、後悔のない告白をしてみてはいかがでしょう。


注意点1. 相手の脈ありサインを確認した上で告白をする

告白する前に、相手が自分に対してどう思っているのか確認しておきましょう。告白する前に相手の心は決まっていることが多いです。

もし相手が自分に対して脈なしな状態だとわかる場合、いざ告白してもうまくいかない可能性が高いでしょう。もし脈ありではなさそうな場合は、魅力を伝えてアピールすることから始めるのもおすすめです。


注意点2. 「周りに奪われそうだから」などの焦った気持ちで告白しない

告白する相手がモテる人の場合、「モタモタしていると誰かに奪われるのではないか」と心配するかもしれません。

ですが焦った気持ちで告白しても、心がこもっていないことが多く、相手にしっかり気持ちが伝わりにくいです。場合によっては軽い告白だと思われてしまい、好印象に見られないケースもあるので注意しておきましょう。


注意点3. 告白は対面が基本!LINEや電話はさけた方が良い

恥ずかしがり屋な人の場合、直接だと照れてしまうので、LINEや電話で告白しようと考えるかもしれません。ですが、直接ではないことで誠実さを感じにくく、場合によっては悪印象になることも。

想いを伝える時は、LINEなどではなく、お互い顔を合わせて伝える方がもっとも伝わりやすいです。恥ずかしながらも一生懸命告白している姿に感動して、成功する可能性も上がるはず。


注意点4. 告白前にイメージトレーニングをしておく

告白する上でもっとも大切なのは言葉です。どれだけ良い雰囲気になっても、告白のセリフがしどろもどろな言い方になると、相手が愛想を尽かして振られてしまう可能性も

告白する時は、緊張して普段の自分になれないこともしばしば。前もってイメージトレーニングをしておくことで、スムーズに告白して相手に気持ちを伝えやすくなりますよ。


注意点5. 分かりづらい言い方をしないようにする

告白する時、遠回しにわかりづらい言葉で伝えてしまうと、相手は「告白かどうかわからない」と困ってしまいます。「いったい何が言いたいのかわからない」と不快感を感じて、告白しても成功しにくいでしょう。

告白する時は、ストレートな言い方を意識することで、相手も潔さを感じて好印象なイメージを持たれやすいですよ。


相手との関係性に合った告白の言葉を選んでみて。

ここまで、男性や女性に言われて嬉しかった告白のセリフから告白に適した場所、さらには告白を成功させる上で知っておくべき注意点について解説しました。

告白する時は、言葉がやはりもっとも大切です。「どういう告白をしようかな」と悩んでいる時は、ぜひ言われて嬉しいセリフを参考にしつつ、相手に素直な想いをぶつけてみてくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事