よく目が合うのは勘違い?脈ありが隠された男性心理をパターン別に紹介

ふとした時によく目が合う男性っていますよね。実は目が合う行為にも脈ありサインと脈なしのサインがあります。では、どのようなときに目が合ったらあなたに好意がある証なのでしょうか。今回は目が合うときの男性心理から見つめ合うこととの違い、さらには男性をドキッとさせる方法まで伝授します。

男性とよく目が合うことってありますよね。

男性と目が合う瞬間

職場や学校・街中で、歩いているときや食事中に男性と目が合う瞬間はありませんか。そんな時は「もしかしてこの人、私のことが気になってるのかな」と思うことも多いのではないでしょうか。

そこで、今回は目が合う男性心理をパターン別にご紹介します。目が合う時に男性をドキッとさせる方法も紹介するので、ぜひ参考にして今日から使ってみてくださいね。


「男性と目が合う=相手が好き」と考えるの早い?

「男性と目が合う=相手が自分に好意を持っている」と考えてしまうのが女性心理。実際は、男性のタイプや目の合い方によって、目が合うときの男性心理は異なります。

男性の心理パターンを知って、目が合う時の反応を変えることができれば、駆け引き上手になれるかもしれません。それでは早速、気になる男性心理を紹介していきます。


【パターン別】目が合う時の男性の心理を紹介!

面倒くさい男のLINE

目が合う瞬間に男性はどんなことを考えているのでしょうか。目が合うときの距離や回数でもその男性心理は違います。そんなシチュエーションやパターン別に、男性心理を紐解いていきましょう。


目が合うパターン① 遠くにいる男性と目が合う

近くではなく「遠くにいる男性と目が合った」という経験をお持ちの方も多いはず。そんな時の男性心理は2パターン考えられます。

まず1つ目が、ぼーっとしているとき。夏バテや仕事で疲れていて何も考えずにぼーっとしていた場合、一点を見つめているので「目が合った!」と勘違いしてしまう女性も多いようです。このパターンの場合、男性はあなたに気があるという心理状態ではなく、たまたま目が合っているだけのため、勘違いは禁物です。

2つ目のパターンは、女性のことを遠くから見ていた場合。これはシャイな男性によくあることで、奥手な男性は気になる人がいても自分から積極的に話しかけられません。なので、遠くから気になる女性のことを見て生きるエネルギーをもらっているかもしれませんよ。

【参考記事】はこちら▽


目が合うパターン② よく目が合う

職場の同僚や先輩・後輩とよく目が合うという場合。この場合は4つのパターンが考えられます。1つ目が、本当にたまたま目が合うパターン。この場合は、相手は特に何も考えていないことが多いです。

2つ目は、何かあなたに対して気になる点がある場合。例えば、食事中にあなたの服が汚れているのが気になったり、化粧がよれていて気になっていたりする時が多いようです。食事中にこのケースが多いかもしれません。

3つ目は、好意があって無意識にあなたを見てしまっているパターン。相手のことが好きだとついつい気付かぬうちに目が合うことってありますよね。このパターンの場合は、あなたのことを気になっている心理を表しています。

4つ目は、あなたと仲が良いため見てしまっている場合です。この場合は異性として好きなのではなく、女友達としてついつい見てしまっているため、恋愛感情はないことが多いです。


目が合うパターン③ 目が合うとそらされる

めんどくさい男と関係を継続させる場合

目が合ってあなたが目を見返すとそらされる、という経験もあるのではないでしょうか。この場合、無意識に目をそらす場合と、照れ隠しで意識的に目をそらす場合があります。

無意識に目をそらす場合は、相手は特に何も考えていないことが多いです。特に恋愛感情はなく、そもそも目が合うのが得意ではなく、すぐにそらすようなパターンです。

反対に、照れ隠しで意識的に目をそらす場合は、あなたに好意を持っているケースが多いです。あなたに対して好意があって目を見てしまうのですが、目が合うと恥ずかしくてその気持ちを隠してしまうのです。

もし、あなたが好意を持っている男性に目をそらされた場合、積極的にアプローチしたら上手くいく可能性が高いと言えるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


目が合うパターン④ 目が合うと変顔される

目が合った時、変顔をされた経験はありませんか。この場合、あなたのことが「異性として好き」「興味がある」「デートをしたい」というよりは、ただ単純に「あなたを笑わせようとしている」ことが大半のケースです。あまり脈ありではないことが多いため、「毎回笑わせてくれるし、私のことが好きなんじゃないか」と勘違いをするのはやめましょう。

街を歩いていて見知らぬ人に変顔をされることはないため、たいていの場合、相手があなたのことを仲の良い女友達だと思っていたり、異性としての関係ではなく仲良くしたいという心理が隠されています。変顔をされたら、あなたも変顔を仕返してさらに仲の良い友達関係をキープするのが一番良いでしょう。


目が合うパターン⑤ 目が合うと男性が笑顔になる

目が合った途端に、男性からニコッと笑顔で微笑まれた経験がある人もいるのではないでしょうか。目が合っただけでなく、笑顔になられると「自分に興味がある」「自分のことが好きなんだ」と勘違いしてしまうことが多いのがこのパターン。しかし、勘違いは禁物。

笑顔で返してくれるため、あなたのことが嫌いなわけではないですが、「このまま目をそらすのも印象が悪いし、とりあえず笑顔を返しておこう」というくらいの心理であることが多いです。

女性心理では「笑う=好意を持っている」となりやすいのですが、男性はそうではないのです。ただ、笑顔で微笑まれた後にあなたも笑うと、その可愛らしい笑顔にキュンとくる男性も多いかもしれません。

【参考記事】はこちら▽


目が合うパターン⑥ 職場で良く目が合う場合

職場で、同僚や先輩・後輩の男性社員と良く目が合う場合。この場合は、2つのパターンが考えられます。1つ目が、何か仕事上で用事があり声をかける機会を狙っているパターン。この場合、気があるわけではなく業務としてやり取りがしたいだけです。

2つ目が、ぼーっとしたときに視界に入ったあなたを見つめていたり、上司や先輩としてあなたを監視してるパターンです。こちらも、あなたに好意を持っているわけではないため勘違いしないように気を付けましょう。

仕事が何よりも第一優先になりやすいのが、男性心理の特徴。職場恋愛に憧れる女性心理も分かりますが、職場で良く目が合う場合はたいていの場合、恋愛感情はないと言えるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


「目が合う」と「見つめ合う」の違いとは

目が合うと見つめ合うの違い

「目が合う」と「見つめ合う」は、似ているようで少し違ったニュアンスを持っています。「見つめ合う」は3秒以上目が合う、といった長い間目が合うことを指します。

そのため、「目が合う」よりも「見つめ合う」ほうが、あなたに好意を持っていることを表すことが多いです。あなたのことが異性として好きなら、どうしても「見つめ合って」しまうのが男性心理。「長い間男性と見つめ合ってしまった」という場合、脈ありの心理が隠されているケースが多いのです。


自分が好意がある男性なら「見つめ合う」ことを意識してみて

男性と目が合って自分に好意があるかもと感じた時、「目が合う」のではなく「見つめ合う」ことを意識してみると良いでしょう。

長い間「見つめられる」ことで、より好意が増してしまうのが男性心理。女性としても、長い間目が合うことは多少なりともドキドキしてしまうもの。互いに「見つめ合う」ことで、2人の新密度を増すことができるのです。


【参考記事】見つめ合う男女は脈ありな可能性が高い!▽


目が合った時に男性をドキッとさせる方法とは

男性をドキッとさせる方法

男性と目が合った時、相手には好意がなく思わせぶりな行動だったとしても、逆に男性のことをドキッとさせられる方法があります。いつも思わせぶりな行動をされている女性はその行為を逆手に取って、男性をドキッとさせてしまいましょう。


男性をドキッとさせる方法1. 相手がそらすまで「じーっと」見つめる

男性と目が合ったら相手が目をそらすまで、じーっと目を見つめてみましょう。この時、男性は照れるか、びっくりした顔をするかもしれません。びっくりした顔をされたら、相手が困惑している証拠。じーっと見つめられると困惑してしまうのが、男性心理なのです。

「なんでこの子はこんなに自分のことを見つめてくるのだろう」と相手にあなたのことを意識させましょう。


男性をドキッとさせる方法2. 満面な笑みで返す

男性と目が合った時、満面の笑みで笑うのも男性をドキッとさせるのには効果的と言えるでしょう。ふと目が合うだけなのに、予想していなかったような満面の笑みで返されると、「かわいい!」と思ってしまう男性が多く、男性はそのギャップにキュンとします。

嫌いな女性でなければ、笑顔で微笑まれて、不快な気持ちを抱く男性は少ないので、ぜひ勇気を出して行動してみて。満面の笑みで見つめられたら、今まで気になっていなかったとしても、気になってしまうのが男性心理なのです。


男性をドキッとさせる方法3. 照れた顔をする

最後に、実は目が合った後に照れた顔をするのも効果的。女性が照れると、男性は「自分のことが好きなのかもしれない」と勘違いをしてしまうようです。照れている女性を可愛いと思ったり、好意を抱きがちなのが、男性心理の特徴の1つ。

女性が照れると、異性としての魅力を感じてしまうようです。自分のことが好きかもしれないと思うと、急にその女性が気になってしまうもの。照れる仕草で、男性をあなたの虜にしちゃいましょう!

【参考記事】はこちら▽


目が合う以外にもある男の脈あり行動

男性の脈ありサイン

目が合うという行動以外にも、男性からの脈ありサインはあります。男性と見つめ合う機会が多い女性は、以下の特徴にも当てはまっているかチェックしていきましょう。


【参考記事】男性が見せる脈ありサイン特集はこちら▽


男性の脈あり行動1. 女性をデートや食事に誘う

女性をデートや食事に誘うのは脈ありサインの1つ。学校や職場の男性にデートや食事に誘われた場合、「休日もあなたに会いたい」という気持ちの表れだったりします。

元々男性には狩猟本能が備わっているため、好意のある女性に対してはすぐに誘ってしまうのが男性心理。目が合った後に食事に誘われた場合、元々あなたに興味があったと言っても過言ではないでしょう。

【参考記事】はこちら▽


男性の脈あり行動2. 頻繁にLINEや電話をしてくる

「目が合う」以外に、頻繁にLINEや電話をしてくるのも、男性があなたに興味を持っている証拠です。基本的に、男性はマメに連絡を取るのが苦手な生き物。必要な連絡以外はできる限り取りたくないと思うのが、一般的な男性心理のようです。

それなのに連絡をしてくるということは、その男性にとってあなたが学校や職場ではなく家にいても連絡をとりたい女性であることの表れです。このような男性は、あなたからアプローチをすれば付き合える可能性も高いと言えるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


男性の脈あり行動3. 無意識の間に目で追ってしまう

「目が合う」だけではなく、無意識の間に「目で追ってしまう」のは、男性があなたに興味があることを指しています。これは男性の狩猟本能とも近しい反応。気付かないうちに好きな女性を目で追ってしまって好意を寄せているパターンが多いです。

人は、気になっている相手に自然と行動を起こしてしまうもの。目が合って理由を聞いたとき、「知らず知らずの間に目で追ってしまっていた」というストレートな返答があったら、確実にあなたのことが好きといえるでしょう。


男性と目が合ったら、女性から行動してあげて。

目があったら女性から行動する

ここまで、女性と目が合う瞬間の男性心理を紹介してきました。男性が目を合わせるのには、いくつかのパターンがありましたね。

もしあなたが気になっている男性が、あなたのことが好きで目を合わせているなと感じた場合、あなたからアプローチを仕掛ければ上手くいくかもしれません。

男性心理を知って、素敵な恋愛を成就させていきましょう。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事