男性が本気で好きな女性に見せる“好意”のサイン38選|勘違いしやすい態度も解説

好きな人に片思いをしている女性へ。男性が本気で好きな人に見せる脈ありサインを「会話」「言動」「LINE」「行動」「態度」で分けて徹底解説!さらに、デートで見せる脈ありサインもお教えします。片思い中の女性必見の内容がたくさんありますよ。参考にして恋に活かしてくださいね!

男性の脈ありサインを徹底解説!

男性が本気で好きな女性に見せる好意のサイン

男性から好意を持たれているような気がするけれど自信がないという状況だと、好意を持たれているのか見抜きたいもの。

特に相手が自分もいいなと思っている男性なら、なおさら彼の本音を知りたいですよね。

この記事では、男性が好きな女性に見せる好意のサインを様々な視点から解説した上で、男性が遊びなのか本命なのかを見分ける方法まで詳しくご紹介します。


男性が本気で好きな女性に見せる好意の38個のサイン

男性は、いいなと感じている女性に対して、その好意を伝えるために様々なサインを見せます。

いきなり「好きです」と告白したのでは相手に引かれてしまう可能性もありますから、さりげなく好意を示して感触を探るのです。

男性は本気で好きな女性に対してどのようなサインを見せるのか、詳しく見ていきましょう。


男性が好きな女性に見せる好意【会話や言動】の10個のサイン

好きな女性と会話をする時、男性は他の女性とは違う会話の仕方をします。好意を伝えたいのと同時に自分に関心を持ってもらいたいからです。

会話や言動において、男性は好きな女性に対してどういったサインを見せるのかを見ていきましょう。


会話や言動1. 会話をしている時に笑顔が多い

男性は、好きな女性と話していると、目の前に彼女がいるという事実を嬉しく感じます。

会話をする時は割と近い距離にいますから、楽しくて自然と笑顔がこぼれるのです。照れくささも多少ありますが、それよりも嬉しい気持ちが上回ります。

男性が話している間ずっと笑顔でいる場合は、好意を持たれていると思っていいでしょう。


会話や言動2. 本人も覚えていないような話を覚えている

好きな女性とこれまでに交わした会話は、しっかり覚えています。軽い気持ちで言った話を覚えていて、次に会った時にその話題を出してきます。

女性本人は覚えていなくても、彼女に対して関心が強い男性にとっては、彼女との会話の全てが宝物

好きな女性に関すること全てに関心があるため、小さな話題までしっかり覚えているのです。


会話や言動3. 彼氏がいるかどうかを確認しようとしてくる

男性は、好きな女性の情報を何でも知りたいと思っています。

特にアプローチをしようと思っていたら、女性に今彼氏がいるのかどうかはとても重要な情報ですから、何度も確認してくることも。

「いつも仕事が終わったらすぐ帰るけど、もしかして付き合っている人いるの?」などと聞いていたら、女性のことがとても気になっていると言えます。


会話や言動4. 好きな男性のタイプを聞こうとする

好きな女性ができると、本気で彼女と付き合えたらいいなと思うもの。

そのため、自分が好きになってもらえそうかを探るために、「スポーツができる人と勉強ができる人とだとどっちが好き?」などと好きな男性のタイプを聞いてくることがあります。

好意があるからこそ、彼女の好きなタイプが気になって仕方ありません。

アプローチする前にリサーチすることで自分との違いをつかんで、努力すれば対応できそうな違いなら頑張りたいと考えているのです。


会話や言動5. 共通点を探し、共通点があると喜ぶ

気になっている女性がどんなことに興味があるのか、逆にどんなことが嫌いなのか、彼女の考えや価値観を会話を通して探りたいのが男性の本音。

もし自分と似たような面があると親近感がわいて、もし付き合えたとしたらうまくいきそうだと想像します。

例えば、彼女の好きなことが旅行で自分もそうだった場合、「僕も!」などと純粋に喜びます。

男性が会話の中で共通点が見つかった時に喜ぶのは、好意を持っているサインと言えるでしょう。


会話や言動6. 自分から過去の話や、家族の話をしてくれる

好きな女性のことを何でも知りたいだけでなく、自分のことについても知ってほしいという考えが男性にはあります。

自分がどういう人間なのか、どんな考えや価値観を持っているのかを伝えて、そのままの自分に関心を持ってもらいたいのです。

「大学生の頃こんな失敗をしてさ」「うちの父親とはよく釣りに行ったよ」など、過去の話や自分の家族の話をするのは好意を持っているサインと言えるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


会話や言動7. 「ネイルかわいいね」など変化に気づき褒めてくれる

男性は、好意を持っている女性が気になるのでよく見ています。そのため、女性のちょっとした変化も見逃しません。

「前髪切った?似合ってるね」「昨日と違うネイルじゃん、可愛いな」といった言葉を掛けてくるのは、好意を持っている証拠です。

小さな変化も気づけるほど注目していることを暗に伝えたいと言えるでしょう。


会話や言動8. 休日は暇をしてるアピールをしてくる

好意を持っている女性に対して、何とか距離を縮めたいと思っている男性は多いもの。とはいえ、あからさまにデートに誘うことまでは踏み切れない場合、さりげなく予定が合うかを探ってきます。

「今度の日曜日、仕事のつもりがさっき片付いたから急に空いちゃって何しようか迷ってるよ」などと自分の空いている予定をアピールしてくることも。

休日の予定がないことをさりげなく伝えてきたら、好意を持っている証拠と考えていいでしょう。


会話や言動9. 落ち込んでいると声をかけてくれる

男性は、好意を持っている女性が今どんな気分でいるのかをよく観察しています。楽しそうにしていれば自分も嬉しいのですが、元気がないととても心配になるのです。

何とか元気づけたいと思っているので、「今日は元気ないけどどうしたの?」と声を掛けてくれるでしょう。

アドバイスをしたり励ましてくれたりするのは、あなたを支えたいという想いから生まれる行動ですよ。


会話や言動会話や言動10. 2人きりのデートに誘ってくる

チャンスさえあれば好意を持っている女性とデートをしたいと思うのは、男性なら自然なことです。

今まで2人でどこかに行ったことがなくても、女性と普段会話をしていて話が合うなら、嫌われてはいないだろうと考えます。

好意を持っていることを遠回しに言ってもなかなか進展しないと思えば、思い切って2人きりのデートに誘ってくるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


男性が好きな女性に見せる好意【態度や仕草】の5個のサイン

好きな女性に対する男性の態度や仕草は、他の女性とは違います。

気になっているからこそつい無意識に取ってしまうことが多く、好意を持っていることが分かりやすいでしょう。

男性は好きな女性に対して、どういった態度や仕草で好意を伝えるのかを見ていきましょう。


態度や仕草1. 職場などで遠くにいる時もなぜか視線が合うことが多い

学校や職場など、顔を合わせる機会が多い場所では、相手が視界に入ることがよくあります。

他の人なら特別気にはなりませんが、好きな女性は別。

彼女が何をしているのか確認したいため、自分と離れていてもつい視線で追ってしまうのです。遠くにいても視線が合いやすい男性がいたら、好意を持たれている証拠と言えます。


態度や仕草2. 頼み事をしても嫌なせず引き受けてくれる

男性は基本的に頼られるのが好きですが、相手が好きな女性だと俄然張り切ります。

女性としては少し無理なお願いだと遠慮気味にお願いしているものの、「いいよ」とすぐに引き受けるのです。男性は好きな女性の役に立つことに対して喜びを感じる傾向があります。

頼み事を二つ返事で引き受けるのは、好きな彼女から頼られたいという気持ちの表れなのです。


態度や仕草3. 話すときに体が女性の方を向く

男性は、好きな女性の話は一言も聞き逃したくないと思っています。

そのため、特に興味がない相手と話す時は普段と変わらない態度で接しますが、好きな女性と話す時は自然と体を女性の方に向けるのです。さらに少し前のめりな姿勢を取ることもあるでしょう。

女性の話に強い興味があり、会話を楽しみたいという気持ちの表れと言えます。


態度や仕草4. 目をじっと見られることがある

好きな女性と話している時やそばに座っている時、男性が目をじっと見てくることがあります。

目をそらしてまた目を見た時、男性がじっと見つめていたことに気づく場合もあるでしょう。男性が女性に対して強い関心があると、つい無意識に目を見つめてしまいます。

女性の目の動きから感情を探って、何とか距離を縮めたい、会話を広げたいと思っているのです。

【参考記事】はこちら▽


態度や仕草5. 手を繋ぐなどのスキンシップを取ろうとしてくる

普段から仲良く話せるような関係の場合、男性は無理のない方法で距離を縮めようとしてきます。

好きな女性に軽く触れることで親近感を持っていることを伝えようとすることもあるでしょう。

そっと肩を軽く抱いたり、静かに手を繋いだりしてきたら、男性が本気で好きになっている証拠。体の一部に触れて好意を伝えているのです。

【参考記事】はこちら▽


男性が好きな女性に見せる好意【LINEやSNS】の10個のサイン

多くの人が利用しているLINEやSNSは、コミュニケーションを取りやすい便利なツールです。

面と向かって言えないことを伝えることができるため、男性の好意が見えやすいと言えます。

LINEやSNSで、男性が好きな女性に対して見せる好意のサインについて見ていきましょう。


LINEやSNS① 男性から話を広げようとする

LINEでやり取りをしている時に、女性のコメントに対して男性が関心を持ってくる場合は好意がある証拠です。

日常的な内容にもかかわらず「面白そうだな、こういう時はどうするの?」などと話を広げようとします。

本当にその話題が気になっている場合もありますが、多くは好きな女性と少しでも長くやり取りしたいのが目的です。

女性に好意があるため、深くコミュニケーションを取りたいと思っているのでしょう。


LINEやSNS② 日常的な写真や動画が送られてくる

LINEのやり取りをしている途中で、メッセージではなく写真や動画を送ってくることがあります。

その内容が男性の日常的な様子なのであれば、「もっと自分のことを知ってほしい」と暗にアピールしていると言えるでしょう。

自分の日常生活を彼女に見せることで自分をさらけ出し、素の自分を知ってもらった上で仲良くなりたいと思っているのです。


LINEやSNS③ 質問には必ず答えてくれる

LINEやSNSでのやり取りが苦手は男性は多いものです。しかし、相手が好きな女性の場合はできるだけ長くやり取りをしたいので、苦手なりに返信してくれます。

途中で「それって何?」などと質問をした時、流さず丁寧に答えてくれるのは好意を持っているサインです。

好意があるからこそ、彼女とのやり取りには真摯に向き合いたいと思っているのでしょう。


LINEやSNS④ 連絡を相手から終わらせようとしない

LINEやSNSでのやり取りが挨拶程度の内容だったとしても、男性が本気なら必ず返信してきます。

話題が出尽くしてそろそろ終わりそうな雰囲気だと感じて女性がメッセージを送ると、すぐ返してきて自分から終わらせようとしません。

女性に好意があるために、ずっとやり取りを続けていろんな話をしたい気持ちがあるのでしょう。


LINEやSNS⑤ スタンプや絵文字を同じモノを使おうとする

男性は、LINEやSNSは連絡手段と考えて短いメッセージを送ることが多いものです。

ただし、好きな女性からのメッセージには丁寧に返信し、女性が使ったスタンプや絵文字と同じ絵文字や、同じシリーズのスタンプを使ってくることも。

2人の間に共通点をつくり、親近感を手にしたい、女性に気に入ってもらいたいという気持ちの表れからくる行動なのです。


LINEやSNS⑥ 特に要件がなくても連絡がくる

元々LINEやSNSを積極的にやろうとしない男性は多いものです。連絡程度のやり取りはするものの、雑談などでのやり取りは面倒だと感じます。

しかし好きな女性とLINEやSNSでつながった時は、嬉しくて特別な用事がなくてもメッセージを送ってくるのです。

彼女と少しでも接点を持っておきたいというサインでしょう。


LINEやSNS⑦ 名前を何度も呼んでくれるLINEやSNS

男性がLINEやSNSで下の名前を呼んできたら、相手の女性に対して好意を持っているサインです。

それまで「〇〇さん」と苗字で呼んでいたのに、何かの拍子に「〇〇ちゃん」と下の名前で呼ぶようになって、それが当たり前のように繰り返すのであれば、仲良くなりたいという気持ちだけでなくもっと特別な関係になりたいと無意識に感じている証拠と言えるでしょう。


LINEやSNS⑧ 酔っ払った時に真っ先に連絡をしてくる

何となく好きな女性に連絡したいという瞬間は、男性なら誰にでもあることです。

飲み会などで酔っ払って少し気が大きくなっている時、「ちょっと連絡してみようかな」とLINEやSNSでメッセージを送りたくなります。

好きな女性がいると、酔っ払っている時に自宅に一人でいるのは寂しいと感じるもの。彼女と一緒にいたいという気持ちが強いために、真っ先に連絡してくるのです。


LINEやSNS⑨ LINEのタイムラインや、SNSでいいねやコメントをしてくれる

男性にとって、好きな女性の行動はいつも気になるものです。

彼女のLINEのタイムラインやSNSはこまめにチェックしていて、「今日食べたランチ美味しかった!」「もうすぐクリスマスなのでツリーを出してみたよ」などの投稿を見ると、いいねを押したりコメントを入れます。

投稿に対してこまめにコメントを残すようであれば、繋がりを持ちたいという好意の表れと言えるでしょう。


LINEやSNS⑩ 「電話してもいいかな」と電話をしたがる

LINEやSNSでやり取りするのもいいけれど、本当は電話で話したいと男性は考えています。

LINEやSNSがあまり得意ではないという場合もありますが、やはり好きな女性の声を聞きたいのです。

普段職場でもよく顔を合わせているのに「特に用事はないんだけど後で電話してもいい?」と聞いてくるなら、好意を持っているサインと考えていいでしょう。

【参考記事】はこちら▽


男性が好きな女性に見せる好意【デート】の8個のサイン

念願かなって2人でのデートが決まったら、男性はまさに有頂天でしょう。好きな女性と一緒に過ごせるのですから、できるだけ距離を縮めたいと考えます。

デートの際に、男性が好きな女性に対して見せる好意を伝えるサインを見ていきましょう。


好意1. デートプランが計画されており、お店も予約されている

基本的に女性をリードしたいと思っている男性は、デートが決まるとあれこれと悩み始めます。

好きな女性を喜ばせたいという気持ちが強いので、失敗がないように会ってから別れるまでのデートプランをきっちり決めようとする傾向が強いと言えるでしょう。

食事をするお店やその後に飲みに行くお店などが予約されていれば、楽しませようと気合が入っている証拠ですよ。


好意2. オシャレなお店で食事代を出してくれる

2人きりのデートは、男性にとっては頼りがいがあるところをアピールできるチャンスです。

常に彼女をリードして「この人素敵だな」と思ってもらえるように、お店のグレードや食事の内容をこまかくチェックして予約を入れます。

居酒屋で割り勘ではなく、洒落た雰囲気のレストランで食事をして、全て支払ってくれるなら、好意を持ってくれていると言えるでしょう。


好意3. 過去に話した食べ物の好き嫌いを覚えている

デートではできるだけ彼女の希望を取り入れたいと男性は思っています。

もし、過去に食べ物の話をして「和食が好きなんだ」と軽く言ったのを覚えてくれていて、デートで美味しい和食のお店を予約してくれていたら、気に入ってくれていると考えていいでしょう。

好きなものだけでなく、嫌いなものも覚えてくれていたら、本気でいる可能性は高いと言えます。


好意4. 段差を気にしてくれるなど、女性として扱ってくれる

男性にとって、好きな女性は特別な存在です。

他の女性とは違って本気なだけに、常に気遣いをし女性として接したいと努めています。

デート中に車道側を自分が歩いたり、お店の入口の段差で転ばないよう手を繋いだり、ドアを開けて先にお店に入れてくれるなどの行動をするなら、とても大切に思ってくれている証拠ですよ。


好意5. 一緒に過ごしている時間はお金を惜しまず使う

デート中、スマートに女性をエスコートしたいというのが男性の本音。

行き先はもちろん、デート代についても女性に負担を感じさせたくないと思っているため、多少無理をしてでも自分が出そうと決めています。

「これやってみたい!」と言ったら「いいよ」とすぐOKしてお金を出してくれるのは、好意を持っているサインです。


好意6. 次のデートの約束を取り付けようとしてくる

渾身のデートプランを彼女がとても喜んでくれたら、男性は嬉しいものです。自分も好きな女性と一緒に過ごせたことにとても満足しています。

「次の休みはどこに行く?」などと約束を入れようとするのは、こんな風に楽しい時間をもう一度過ごしたいから。

「この子とならずっと一緒にいたい」とさらに本気で好きになっている可能性があります。

【参考記事】はこちら▽


好意7. 「来年も一緒に来たいね」などと2人の将来の話をする

男性にとって、好きな女性が喜んでくれて自分も楽しかった場合、ずっとこういう時間を2人で過ごしたいという思いが募るもの。

彼女とならいつも楽しくにぎやかに過ごせるのではないかと考えています。

クリスマスパーティーなど毎年開催されるイベントに行った時に、「楽しかったね、また来年も一緒に来ようよ」と言ってきたら、今日だけではなく将来のことまで意識しているのです。


好意8. 「〇〇の彼氏になれたら幸せだな」と明らかに好意を出してくる

楽しいデートが終わりに近づいてくると寂しくなるのは男性も同じです。

相手が好きな女性ならなおさら、このまま進展なく別れてただの友達に戻るのは嫌だと考えて、断られてもいいから好意を伝えようと考えます。

「楽しかったよ、〇〇ちゃんの彼氏になりたくなった」などとストレートに告白してくる可能性は高いでしょう。

【参考記事】はこちら▽


遊びかも…?勘違いしやすい男性の行動の特徴

好意を持たれているのではないかと感じるような行動をされると、本気なのか遊びなのか判断がつきにくいものです。

勘違いかもしれないですし、かといってストレートに聞くのも迷いますよね。

勘違いしやすい男性の行動の特徴についてご紹介します。


行動1. ボディタッチが不自然に多い場合は遊びの可能性が高い

スキンシップは、男性が好意を持っている女性に対して取る行動のひとつです。

ただし、手を繋いだり肩に軽く手を回すというのではなく、密着してきたり不自然なタッチが多い場合は、それが好意からくるものなのか疑わしいです。

あわよくば遊びの相手として付き合えたらいいと思ってアプローチしてきている可能性は少なくありませんから、勘違いしないようにしましょう。


お尻や太ももを触って来る場合は下心を持っている

男性が遊びのつもりでいる場合は、女性の性格や考えといった面には興味がないことがほとんど。

顔や体型をチェックして、自分の好みなら下心を持って近づいてきます。

親し気な雰囲気で接近し、お尻や太ももなどをあからさまに触ってくるなら、本気と勘違いしないほうがいいでしょう。

【参考記事】はこちら▽


行動2. 女性の扱いに慣れており、エスコートが完璧すぎる

遊びで女性と付き合うことに慣れている男性は、エスコートがとても上手です。

多くの女性と付き合ってきた経験があるだけに女性の扱いに慣れていて、どういう行動が女性の心を惹きつけるのかよく分かっています。

女性からすると「スマートで素敵!」と感じてしまいがちですが、スマートすぎるのも考えもの。勘違いせず、冷静に男性の行動を観察することが大切です。

【参考記事】はこちら▽


行動3. すぐに家やホテルに連れ込もうとする

女性を遊びの対象で見ている場合、男性の目的はただ一つです。デートの最後に関係が持てればいいわけですから、会ってから女性とじっくり話したりしません。

食事が終わった後「お酒飲んだら?」としつこくお酒を勧め、女性が少し酔うとすぐ店を出て家やホテルに向かおうとしたら、下心しかないということ。

「本気なのかも…」という勘違いをしないようにしましょう。

【参考記事】はこちら▽


行動4. 日常的なLINEの返信の頻度にばらつきがある

本気で付き合う気がない男性は、相手の女性に好かれようとする努力はしません。

女性をこまめに気遣ってあげようという気持ちを持っていませんから、LINEの返信に対しても消極的です。

気が向いた時に時々返信するだけで、一週間や10日は平気で音信不通状態になるという状態が繰り返されるなら、遊びだと思っていいでしょう。


行動5. 自分の話ばかりすることが多い

会っている間の態度によっても、本気か遊びかは判断できます。基本的に男性は遊びの相手には気を使わないため、一人よがりな行動をとりやすいです。

例えば自分の話ばかりして女性の話を聞かない、過去の自慢話ばかりするという場合は、いわゆるかまってちゃんと言えます。

自分が常に一番でいたいので女性に対しての態度もどちらかというと冷たいでしょう。


男性の好意を見抜いて、恋を成就させてみて。

好意を持たれているように感じるけれど、本気かどうか分からないのは、何となくモヤモヤするものです。

直接聞くのは気が引けるなら、男性の態度や連絡の頻度などを踏まえて判断するといいでしょう。

この記事を参考に、好意を持たれているかどうかを様々なサインの有無で把握し、まんざらでもなければ距離を縮めてみてはいかがでしょうか。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事