年下男性からの好意のサイン8つ|告白させる方法&上手な付き合い方を解説

職場などにいる年下男性から好意のサインを出されている女性へ。遊びなのか本気で脈ありなのか気になりますよね。そこで今回は、年上女性にアピールする男性の心理や好意のサインから、年下男性に告白させる方法やうまく付き合う秘訣まで徹底的に解説します!

年下男性の好意に気づけていますか?

年下男性からの好意のサイン8つ

職場の後輩などにいる年下男性。人懐っこい可愛らしさを感じるのが魅力的ですよね。その一方で、年齢差があるからこそ遊びなのか本気なのか分からないことも多いのではないでしょうか?

そこで今回は、年下男性からの好意やサイン、アピールする男性心理を徹底的に解説します。年下男性に告白させる方法やうまく付き合っていく秘訣も、一緒にチェックしましょう。


からかわれてる?年上女性に好意をアピールしてくる男性の心理とは

何かと好意がある態度をしてくる年下男性。「もしかして自分に気があるの?」と気になってしまいますよね。

とは言っても、相手は年下。からかわれているだけだったり、勘違いだったら嫌だと思う方も、たくさんいるでしょう。

ここでは、年上女性に好意をアピールしてくる男性の心理をご紹介。心理が分かれば、年下男性との恋愛が発展する可能性もぐっと上がりますよ


男性心理1. 好きになってしまえば、年齢は特に気にしていない

本気で人を好きになると、相手のスペックを気にしなくなります。顔がタイプでなくても、スタイルが良くなくても、どうだっていいんです。

一人の人として好きなので、その好意に条件は付きません。そのため相手の女性が年上でも、特に気にしていないわけです。

それなのに「自分は年上だから...」と気後れしてしまうと、恋愛から遠ざかってしまいますよ。


男性心理2. 包容力のある年上女性に甘えたいと思っている

寛容な心を持っている女性は、一緒にいるとほっと安心します。そんな包容力は、年下男性からすると魅力を感じるポイントです。

例えば職場の後輩なら、たとえ年下でもバリバリ働く一人の男性。常に気を張っていると、時には甘えたい気持ちが湧いてくるものです。

年上女性に自分の全てを受け入れてほしいがゆえ、好意をアピールしている可能性がありますね。

【参考記事】はこちら▽


男性心理3. 年上女性と大人の恋をしたいと考えている

年上女性は、長く生きている分人生経験も豊富です。様々な経験があるからこそ、どんな時でも落ち着いた態度でいます

同世代や年下女性との恋愛は、刺激的で楽しい部分もあるでしょう。ですが中には、「落ち着いた大人な恋愛をしたい」と考える若い男性もいるんです。

お互いの自由を尊重したり、ケンカではなく話し合いができたり。大人な恋愛を求めている男性は、年上女性に好意的なサインを出しますよ。


男性心理4. 昔から自分には年上の女性が合っていると思っている

年上女性との恋愛がうまくいった経験があると、「自分には年上女性が合っている」という考えになります。

「甘えたい」という年下男性に「包み込みたい」という年上女性が、ぴったりマッチ。需要と供給が合っている状態は、お互いが居心地良いと感じます。

特に人懐っこい末っ子タイプの男性は、年上との相性が良い傾向がありますね。だから自然と年上女性へアピールしてしまうわけです。


男性心理5. 同世代の女性は子供っぽい女性と内心では思っている

子供っぽい言動をする女性と付き合うと、心の中では「疲れる」と思っています。友達ならまだしも、彼女と言われたら話は別。

社会人にもなると、男性は女性の精神年齢を上回ると言われています。学生の頃は同世代の女性が大人っぽく見えても、年齢を重ねるにつれて幼く感じてしまうんです。

そんな同世代に比べると、精神年齢が高い年上女性が魅力的に映るようです。


これって脈あり?年下男性からの好意のサイン

年下男性からの勘違いしてしまいそうなアピール。その態度や言動は脈ありなのか、気になりますよね。

ここでは、年下男性からの好意のサインについて解説します。

職場やプライベートで「脈ありかも?」と思う態度や言動があったら、チェックしてみてくださいね。


サイン1. 頻繁に食事や飲みに誘ってくる

人を好きになると、相手のことをもっと知りたくなりますよね。その気持ちは、年下男性も同じです。

忙しい毎日を送る社会人でも、ご飯だけなら仕事のある日でも時間を取れますよね。食事や飲みを共にすると会話が弾むので、相手を知る手段として非常に効果的なんですよ。

誘われる頻度が高いということは、「もっと話したい」「深く知りたい」と暗に伝えている脈ありサインです。


サイン2. 「彼氏いるんですか?」「結婚してますか?」とフリーか確認してくる

「彼女にしたい」と思っても、相手に彼氏や旦那がいたら手を出すことはできません。

フリーかどうか確認してくるということは、それだけ年上女性に本気な脈ありサイン。フリーだと分かれば、さらにアピールしていこうと考えています。

中には彼氏や旦那から奪おうとする、非常識な男性もいるのが事実。告白の前にしっかりと確認してくるなら、誠実な男性と思って良いでしょう。


サイン3. 「僕、年上の女性がタイプなんですよ」とアピールしてくる

タイプを伝えてくる上、それがあなたに当てはまるなら完全に脈ありサイン。「あなたは僕のタイプです」と言っているのと変わりません。

年下男性は、「年下だから…」と年齢だけで恋愛対象外になることを知っています。だから年上の女性が好きなことを伝えて恋愛対象になろうとするわけです。

恋愛をすると相手を知りたいのと同じくらい、自分のことも知ってもらいたくなるものですよ。


サイン4. 同じ職場の場合、何かと仕事を手伝おうとしてくる

年下男性は、できるだけコミュニケーションをとって、自分の存在を認識してもらおうとします。

「コピーしてきましょうか?」「荷物持ちますよ」職場などで隙あらば関わろうとしてくる言動は、脈ありだと思って良いでしょう。

同じコミュニティに属していれば、いつでもアピールできる環境が整っていますよね。だからこそ、"仕事"を言い訳にアピールするわけです。


サイン5. 見た目や性格に限らず、いつも褒めてくれる

"褒める"という行為は、相手をよく観察していないとできないもの。よく褒めてくれるのは、あなたを普段から見ているということです。

誰だって褒められると、嬉しい気持ちになりますよね。だからこそ年下男性は、年上女性を喜ばせるために日ごろから観察して褒めるんです。

見た目や性格に限らず褒めてくれるなら、立派な脈ありサインですよ。


サイン6. 会話をしていても頑張って背伸びをして目線を合わせてくれようとする

年上女性は、年下男性より経験豊富です。時には若い年下男性がついていけない会話もあります。

そこで一生懸命ついていこうとしてくれるなら、好意があるサイン。あなたと会話がしたいから、頑張って背伸びをします。

好意がなかったら、適当に流すことだってできますよね。それなのに目線を合わせるということは、好きだからこその言動ですよ。


サイン7. 普段から甘えたり、頼ったりしてくる

弱みを話したりお願い事をするのは、相手に気を許していないとできない言動です。特に男性はプライドが高いことが多く、「甘える=ダサい」と思っているんですよね。

普段から甘えたり頼ったりしてくるのは、それだけあなたに心を開いている好意的なサインと言えるでしょう。本来の自分を見せるなんて、本気で好きな相手ではないとできないことです。


サイン8. 普段は礼儀正しいのに、LINEや2人の時はタメ口を使ってくる

あえてLINEや2人の時にタメ口を使ってくるのは、「距離感を縮めたい」と思っている態度です。

職場などでは周りの目があるので、後輩として礼儀正しくするでしょう。それなのにLINEや2人の時に崩れるなら、上下関係なしに対等な立場になりたい気持ちの表れですよ。周りの目がないうちに、距離を縮めようとしている証です。

【参考記事】はこちら▽


自分から告白するのに抵抗がある際、年下男性に告白してもらう方法

恋愛対象は人それぞれ。誰にだって、年下男性を好きになる可能性があります。ですが年齢差があると、告白するのに抵抗が生まれてしまう方も多いですよね。

ここでは、年下男性に告白してもらう方法をご紹介します。好きになった人が年下だったら、ぜひ試してみてくださいね。


方法1. 「彼氏欲しいな〜」と、さり気なく恋人欲しいアピールをしてみる

「彼氏欲しい」という言葉は、今自分に彼氏はいないことや、恋愛をしたい気分であることも伝えられる効果的なアピールです。こんなことを言われたら、年下男性も勘違いしてしまうでしょう。

彼氏欲しいアピールをされた年下男性は、「彼氏になってほしいのかな?」と様々な想像をしてしまいます。

ただし、あくまでも**さり気なく"がポイント。あまりにしつこいアピールは、年下男性をドン引きさせてしまいます。


方法2. 「〇〇くんが彼氏だと楽しそうだね」と相手が勘違いするような発言をする

告白をしてもらうのに、付き合った後のことを想像してもらうのは効果的。年下男性も付き合った時のことを想像すると、自ずとあなたを女性として意識してしまうんです。

そして勘違いするような発言は、ストレートに告白してはいなくても好意が伝わる言動。告白するのに抵抗があるなら「好き」という言葉を使わずにアピールしてみましょう。


方法3. 相手からアプローチしてくれた場合、焦らずに告白してくるまで待ってあげる

告白したいけど、まだタイミングを図っている場合もあります。そこで告白を促されると、気持ちが冷めてしまう可能性も...。

年下男性からアピールされているなら、好意はあると思って問題ありません。そこでそっと見守れるのも、年上女性の魅力です。

相手のタイミングに合わせられれば、彼氏彼女になってもうまく付き合っていくことができますよ。

【参考記事】はこちら▽


相手の好意に応じる場合、年下男性と上手に付き合う秘訣は?

同世代とは違って、年齢差があると付き合い方に悩んでしまいますよね。告白されても、うまく付き合っていけるか不安になる方も多いはず。

ここでは、年下男性と上手に付き合う秘訣をご紹介します。年下男性の好意に応える前に、チェックしておきましょう。


秘訣1. 年上だからとすぐ説教したり、上から目線で物を言ったりしない

年下男性は、年上女性と同等でありたいと思っています。付き合えても彼女より若いというだけで、引け目を感じている部分もあるんです。

そこでお説教されたり上から目線な態度を取られると、年下男性は自尊心が低くなってしまいます。「自分には釣り合わない」とも思いかねません。

年上らしさを発揮するのは「ここぞ!」という時に抑えましょう。


秘訣2. 年齢に引け目を感じず、純粋に恋愛を楽しむようにする

年下男性が年齢を気にするのと同じく、年上女性が年齢を気にしているパターンもあります。「どうせ年上だから」という態度をとると、相手をうんざりさせてしまうことも。

年下男性は、年齢差も含めて年上女性を好きになったのです。年齢に引け目を感じて卑屈になるよりも、恋愛を楽しんでいる姿の方が魅力的に映りますよ。


秘訣3. 自分の都合だけで彼氏に結婚を急かしたりしない

恋愛と結婚は、切っても切り離せない存在です。彼氏ができれば、結婚を意識するのも当たり前。子どもが欲しいと思っているなら、焦るのも仕方ありません。

ですが、そこで結婚を急かしてしまうと、彼氏はプレッシャーに感じてしまいます。

結婚したいからと急かすのは、相手への思いやりが欠けている証拠。上手に付き合っていくためには、相手の気持ちを考えることが何よりも大切ですよ。


秘訣4. 年齢は度外視して、お互いに自分の本音はきちんと言うようにする

「年上だから」と、恋愛でもしっかり者でいる女性は多いものです。負担に感じていないならまだしも、頑張って年上らしさを演じているなら要注意。いずれ疲れてしまい、恋愛を楽しむ余裕がなくなってしまいます。

上手く付き合う秘訣は、相手のスペックは度外視で付き合うこと。無理をして年上らしくあろうとする必要はありません

相手が年下であろうと遠慮せず、本音はきちんと伝えるようにしましょう。


年下男性の好意のサインを見抜いて、恋愛を楽しみましょう。

年下男性は、年上女性の心をくすぐる可愛い存在。持ち前の人懐っこさで、癒しを与えてくれます。

とは言っても年齢差がある恋愛は、ハードルが高いと思ってしまいますよね。特に女性が年上だと、引け目を感じることもあるでしょう。

年下男性からアピールをされたなら、年齢も含めて好意を抱いている証です。決して勘違いではありません。それなのに「年上だから」謙遜してしまうのは、非常にもったいないことですよ。

恋愛で大切なのは、相手を一人の人として接すること。たとえ好きになった人が年下でも、胸を張って恋愛を楽しんでくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事