好きな人に好きになってもらう23の方法│相手を振り向かせるコツとは

片思いをした時、何よりも願うことは「好きな人を振り向かせたい」という気持ちですよね。今回は、好きな人に好きになってもらう方法を心理学を含めて詳しく解説していきます。さらに、好きな人からのLINE・行動・仕草など脈ありポイントを見極める方法も徹底レクチャー!

好きな人には、好きになってもらいたいですよね。

好きな人に好きになってもらう方法

好きな人に好きになってもらうにはどうすれば良いか考えると、頑張って話しかけたりデートに誘ったりすることを想像しますよね。実際には熱烈に誘うことばかりが効果的とも言い切れません。

そこで今回は好きな人に好きになってもらうための行動や仕草・LINEなどのコツや、好きな人の気持ちを見極めるポイントや脈ありサインについて紹介します。


好きな人に好きになってもらう方法やコツとは

好きな人に好きになってもらうには、ただグイグイ押すだけではいけません。ここでは、好きな人に好きになってもらうために行動・LINE・デートなどで役立つ方法やコツを解説し、知っておくと有利な心理学も紹介していきます。


好きな人に振り向いてもらう行動のコツ

「好きな人に振り向いてもらう」とは、好きな人に好きになってもらうこと。ここでは、好きな人に振り向いてもらうにはどうすれば良いのかわからない人のために、どのような行動をすれば効果的なのかを紹介していきます。

どう行動すれば良いのかコツを知り、実践していきましょう。


行動1. 会う頻度を出来るだけ多くする

人はよく会う人には親近感を持ちやすいため、会う頻度を多くすることは好きな人に振り向いてもらうための方法として有効です。一緒に遊ぶような関係性であればそれが一番ですが、そこまでの関係性でない場合には、相手がよくいる場所に顔を出すのが良いでしょう。

ただし、やりすぎてしまうとストーカーと思われてしまい逆効果なので注意が必要です。あくまでも自然な行動がカギとなることを覚えておきましょう。


行動2. お互いの共通点を見つける

好きな人に好きになってもらうためには、親近感がカギとなります。親近感を持ってもらうには、お互いの共通点を探るのがおすすめです。

共通点は、仕事・趣味・年齢・出身地・食べ物の好き嫌いなど何でも構いませんが、できれば相手が好きなことの方が話題が弾みやすいです。

もし相手との共通点が見つかったら、相手との共通点があることを強調しつつさり気なく伝えることが、親近感を持ってもらうカギとなります。


行動3. 常に笑顔でポジティブな印象を残す

好きな人に好きになってもらうには、良い印象を与えることはとても重要なポイントです。笑顔の人はとても魅力的なので、好きな人の前では努めて笑顔でいるのが良いでしょう。好きな人の前では緊張しまってずっと笑顔でいるのは難しい、という人もいるかもしれません。

そのような場合でも、相手と目が合いそうな時や、相手と会話するときは一瞬でも良いのでニコニコしてみましょう。好きな人に笑顔を向けることでポジティブな印象を与えられるので、振り向いてもらいやすくなります。

【参考記事】はこちら▽


行動4. 相手の良い所をどんどん褒める

好きな人に好きになってもらうには、褒めて良い気分にする方法があります。褒められて嫌な気分になる人は少なく、褒めてくれた相手に悪い印象は持ちにくいからです。ただし、褒める場合にはわざとらしくなってしまわないように注意しましょう。

もし相手が疑い深い性格の場合には、「何か魂胆があるのではないか」と思われてしまう場合もあるからです。また、恥ずかしがってしまう人もいるので、できればさり気なく褒めるのが良いでしょう。


行動5. 下の名前で相手を呼んでみる

好きな人に振り向いてもらうためには相手との距離を近づけることが大切です。相手に親近感を持ってもらうために、下の名前で呼んでみるのもおすすめの方法のひとつ。名字で呼ぶのと比べてよそよそしさがなくなり、一気に距離が近付きます。

ただし、出会ったばかりの人をいきなり名前で呼ぶのは馴れ馴れしすぎて「チャラい」印象を与えてしまうことも。何回か会っている関係性であれば様子を見ながら下の名前で呼び、相手との距離をぐっと近づけていきましょう。

【参考記事】はこちら▽


行動6. ちょっとしたお願いや頼み事をしてみる

好きな人に好きになってもらう方法には、ちょっとしたことをしてもらうのもおすすめです。特に、女性から頼りにしてほしいと思っている男性は多く、好きな男性に振り向いてもらうための方法として有効といえるでしょう。

また、面倒見の良い女性も相手の役に立つことを嬉しいと感じる場合が多く、お願いや頼み事をすることは相手との距離を縮めるのに有効です。相手がどのようなタイプなのか見極めは大切ですが、何かをお願いするのも好きな人に振り向いてもらうためにおすすめの方法のひとつです。

【参考記事】はこちら▽


行動7. 意識的に目を合わせるようにする

好きな人のことをついつい目で追ってしまう人は多く、目を合わせることで「あの人は自分のことを好きなのでは?」と意識してくれる場合もあります。

中には、「自分はもしかしてあの人のことを好きなのだろうか」と錯覚を覚える人もいるので、意識的に目を合わせることは好きな人に好きになってもらう方法として有効です。

ただし、相手がとてもモテる人の場合は日常茶飯事であまり効果がない場合も。また、目を合わせすぎると異常に見てくる変な人と認識されてしまう場合もあるので、さり気なさも意識しながら目を合わせるようにしましょう。

【参考記事】はこちら▽


行動8. 「〇〇だけだよ」と特別扱いをする

好きな人に好きになってもらうには、特別扱いはとても効果的です。カギとなるのは、「〇〇さんだけに~してあげる」や「〇〇さんだから~します」などの相手を限定するフレーズ。自分だけが特別に扱われているという気持ちになり、相手に意識してもらいやすくなります。

自分だけが特別に扱ってもらっていると感じて嫌な気持ちになる人は少なく、振り向いてもらうのに有効です。ただし、鈍感な相手には通じない場合もあるので、しっかり目を見ながら特別扱いしていることを伝えるようにしましょう。


好きな人を夢中にさせるLINEのコツ

LINEは、好きな人とやり取りするのに欠かせないツール。使い方によって相手を夢中にさせられることもあれば幻滅させてしまうことも。そこで、LINEの会話で好きな人を夢中にさせるにはどうすれば効果的なのかを解説していきます。


LINEのコツ1. 頻度を相手の生活リズムに合わせる

LINEをするときは相手に合わせることがとても重要です。特に、タイムリーにやり取りするには、相手の生活リズムに合わせたタイミングで送ることが重要なポイント。好きな人が返信しやすい時間帯に送ることで、タイミングの良いやり取りが可能になります。

また、生活リズムに合うタイミングで送ってくれると送られた方もタイムリーに返信できます。「返事しなきゃ」などのストレスを感じることなくやり取りができるので、いつしか気構えることなくやり取りできるようになります。

【参考記事】はこちら▽


LINEのコツ2. 長文や連投は避け、3行以内で返信する

LINEでやり取りするときの鉄則は見やすさです。1つのメッセージは3行以内に抑え、連投は避けるのが重要です。

また、メールと違って1行の幅が少なく見づらいので、長文も避けるのが良いでしょう。もしLINEのメッセージを見づらいと感じられてしまうと、返信するのがおっくうになり、そっけない返答しかかえってこないことも。

そうなってしまうとLINEのやり取りで夢中になってもらうどころか、心が離れてしまうこともあります。できるだけ連投は避けながら簡潔なメッセージを送るのが良いでしょう。


LINEのコツ3. 相手が話しやすい話題をピックアップする

LINEでの会話が弾むかどうかには、何気ない話題が盛り上がるのかどうかも重要なカギになります。話を弾ませるためには、相手が返事しやすい話題を選んで送るのが良いでしょう。できれば仕事以外の、あまり構えることなく返信できる内容が望ましいです。

例えば趣味など、相手に興味がある内容の話題をうまくピックアップし、振っていくのが良いでしょう。気軽に答えられる内容のLINEが増えていくことで、やり取りに夢中になっていきます。

【参考記事】はこちら▽


LINEのコツ4. 共通の話題を作ることを意識する

LINEで会話を弾ませるには、共通の話題があることが必須といえるでしょう。共通の趣味があるなど元々話題がある場合は良いのですが、そうでない場合は相手が興味があることや好きなことを教えてもらうのもおすすめです。

ほとんどの人は興味があることを聞かれると、ついつい人に話したくなります。また、自分が好きなことに興味を持ってくれている人がいると嬉しくなり、LINEでの会話が弾むきっかけになることも多いです。


LINEのコツ5. 好きな食べ物の話から、食事に誘い出す口実を作る

特に趣味がない人であっても、食べ物の好き嫌いは必ずあるもの。好きな食べ物の話ならLINEでの会話がおおいに盛り上がることも多いです。また、好きな食べ物が何なのかを把握しておけば、食事にも誘いやすくなります。

例えば少し遠方で好きな人の好きな食べ物が美味しい場所を見つけて、休日に一緒に遠出するきっかけにするのもおすすめ。LINEだけで盛り上がるのではなく、実際に同じ時間を共有するきっかけにもなります。


LINEのコツ6. 相手のLINEの温度感に口調やスタンプを合わせる

LINEでやり取りするときは、相手の温度感に合わせるのがおすすめです。連絡相手とテンションに差がありすぎると何となく居心地が悪く感じてしまう人も多いもの。返信が億劫になってしまう場合もあります。

相手のLINEの温度感に合わせておくだけで、相手も違和感なく返信しやすくなります。

時には口調も合わせると親近感を抱きやすくなり、LINEのやり取りが弾むきっかけになることも多いですよ。

【参考記事】はこちら▽


男女の関係を深めるデートのコツ

LINEでのやり取りから一歩進むと次はデートです。男女問わずデートでは少なからず緊張し、どう行動して良いのかわからなくなることもあります。デートをきっかけに男女の関係を深めていくにはどのように行動すれば良いのかを解説していきます。


デートのコツ1. まずは思いっきりデートを楽しむようにする

デートの前にはどうすれば好きな人を振り向かせることができるのか気になって何も手に付かない人もいるかもしれません。色々な考えが堂々巡りになってしまうことは誰しもありますが、一番大切なのは、デートの時間を思いっきり楽しむことです。

何をすれば良いのか気にしすぎてしまうとせっかくの時間をしかめっ面で過ごしてしまうことにもなりかねません。まずは思いっきり楽しんで、笑顔で好きな人との素敵な時間を過ごしましょう。

【参考記事】はこちら▽


男性は計画的に、女性は受け身になりすぎない

好きな人に好きになってもらうには、お互いの努力も大切なポイントです。例えば男性が女性の意見を聞かずにリードしたり、女性が男性に任せっぱなしにしたりしてしまうと、相手は何となく居心地が悪くなって疲れさせてしまうこともあります。

お互いに相手の意見も取り入れながら楽しめるように少しずつでも努めることで、お互い居心地よく過ごせる時間に。男性は計画的に、女性は相手に任せすぎずに、適度に相手に頼りながら楽しい時間を過ごしましょう。


デートのコツ2. シンプルで清潔感のある服装を心掛ける

好きな人を振り向かせるには、奇抜なファッションは避けるのが良いでしょう。共通の趣味が特定のファッションブランドであるような場合を除いて、奇抜すぎるファッションは相手に良い印象を与えられることが少ないからです。

時には好きな人に恥ずかしい思いをさせてしまうこともあります。場合によっては、2度目のデートにこぎつけることができないことも。そのような事態を避けるためにも、デートではシンプルかつ清潔感のある服装がおすすめです。


デートのコツ3. スマホは出来るだけ触らない

デートで好きな人を振り向かせるには、デートに夢中で他のことは目に入らない、という姿を見せるのが良いでしょう。例えばデート中にスマホを触ってしまうと、楽しくないのかなと思わせてしまうことにもなりかねません。

2度目のデートにつながらない原因にもなってしまいます。そのような事態を避けるためにも、デート中はスマホを極力触らないのが吉。もし仕事の連絡などでどうしてもチェックする必要がある場合は、あらかじめ相手に断っておくようにしましょう。


デートのコツ4. 話に共感し、話しやすい雰囲気を作る

デートで相手を振り向かせるには、相手に居心地が良いと感じてもらうことが大切です。特に、会話での居心地の良さは重要なポイント。好きな人の話すことに共感したり相槌を打ったりするなどの仕草で、相手が話しやすい雰囲気を心掛けていきましょう。

相手が「この人といると話しやすい、居心地が良い」と感じることで、もっと一緒に時間を過ごしたいと感じてもらえることも。そうすることで2度目、3度目のデートにもつながりやすくなります。

【参考記事】はこちら▽


デートのコツ5. さり気なくボディタッチをする

モテる人は自然なボディタッチが上手です。さり気ないボディタッチをすると良いでしょう。カギとなるのは、わざとらしくない接触です。

例えば、手が当たる位のさり気ない接触を何度も繰り返すのが良いでしょう。遊園地の行列に並んだときにさり気なく当たったり、カウンター席で食事するときにさっと触れたりする程度がちょうど良いです。

体が接触すると、相手のことを異性として意識するきっかけにもなります。男女の関係を少しずつ深めていくのに、さり気ないボディタッチは有効といえるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


デートのコツ6. 「一緒にいれて嬉しいな」などと好きな気持ちを匂わせる

好きな人とのデートで振り向いてもらうには、直接的な感情表現も大切です。特に「嬉しい」「楽しい」などのポジティブな感情表現をすると、相手も嬉しい気持ちになります。

ただし、まだ関係性ができ上がっていない状態で、いきなり「好き」と言ってしまうと相手に引かれてしまう場合も。

そのため、「一緒にいれて嬉しいな」程度に好きな気持ちをさり気なく表現しつつ、楽しい時間を過ごすのがおすすめ。2度目のデートにもつながりやすくなり、男女の関係を深めていけるでしょう。


知っておくと有利な心理学

好きな人に好きになってもらうために、知っておくと有利な心理学の知識がいくつかあります。心理学とは、人の心がどのように動くのかを研究した統計学。多くの人がとる行動パターンを知ることで、恋愛が有利に進む場合もあります。具体的に見ていきましょう。


心理学1. 好意のキャッチボールで仲良くなる「好意の返報性」

人が好意を示すと好意がかえってきやすくなるという法則を、心理学で「返報性の原理」といわれています。そのため、人に対して「好き」「嬉しい」「楽しい」などのポジティブな感情を示すと同じような感情がかえってきやすいのです。

好きな人と会話をするときに、「あまり意識させるといけない」と考えて身構えてしまう人は多いかもしれませんが、かえって逆効果になることも。ポジティブな感情であれば出していった方が恋愛がうまく運びやすいでしょう。

【参考記事】はこちら▽


心理学2. 親近感を与える「ミラーリング」

「ミラーリング」とは、心理学におけるコミュニケーションスキルの1つです。「ミラーリング」で行うのは、身振り手振りなどの仕草や体の向きなどを相手に合わせるだけ。

相手に「なんだか自分と似ている」と思わせて警戒心をとり、親近感や安心感を与えたり信頼関係を築いたりするための技法です。

例えば座ったときに相手と同じ姿勢をとったり、話すペースや間を合わせたりするだけでも、ミラーリングの効果はあります。本能的に安心感を与えられる好きルのひとつなので、相手との距離を縮めたい関係性のときに活用すると良いでしょう。


心理学3. 仲間意識を作る「カリギュラ効果」

「カリギュラ効果」とは、ダメと言われれば言われるほどしたくなることを表した心理学用語です。激しいポルノシーンが原因で上映が禁止されたことで逆に人々の興味を引き付けた映画「カリギュラ」が語源です。

例えば悩みを相談するなどして「他の人には内緒の2人だけの秘密」を共有すると仲間意識が生まれます。

さらに、秘密を漏らしてはいけないという気持ちからカリギュラ効果で相手の興味を引きやすくなります。好きな人に何かを相談するなどして、2人だけの秘密を作ることでうまくカリギュラ効果を活用していくと良いでしょう。

【参考記事】はこちら▽


好きな人の気持ちを見極めるポイントや脈ありサイン

好きな人に好きになってもらうために会話やLINE、デートなどで距離を縮めたら、あとは相手の気持ちを見極めることが大切です。

たとえ脈ありであってもタイミングを見誤ってしまうとうまくいかないこともあるからです。そこで、好きな人の気持ちの見極めポイントとなる脈ありサインにはどのようなものがあるのかを紹介していきます。


脈ありサイン1.相手から頻繁に連絡が来る

大した用もないのに、好きな人から毎日のように頻繁に連絡が来る場合には、脈ありである可能性が高いです。わざわざ嫌いな人に連絡したいと考える人は少ないからです。頻繁な連絡は相手から好かれているかどうかのポイントのひとつといって良いでしょう。

ただし、マメな性格の人や単に寂しがり屋な性格で誰かに連絡せずにいられない人も中にはいます。相手の性格の見極めは大切ですが、少なくとも嫌われていることはないと考えて良いでしょう。


脈ありサイン2. 恋愛やプライベートに関する質問をしてくる

相手がビジネス上で関わりがある人の場合、仕事とは関係ない質問をしてくると脈ありの可能性が高いでしょう。特に、「好きな人いるの?」「休日は何してるの?」などの個人的な話題を一人にだけ振ってくる場合、脈ありの可能性は高まります。

そのような質問は質問をした相手のことだけを知りたいと思って聞いている場合が多いので、脈ありかどうか見極めるポイントといって良いでしょう。

【参考記事】はこちら▽


脈ありサイン3. 目を見たときに見つめ返してくる

好きな人が脈ありかどうか見極めたいとき、思い切って目を見つめてみましょう。もし見つめ返してきたら、相手も自分に好意を持っている可能性が高いです。その性質を逆手に取って、もし好きな人からの視線を感じたら、しっかり見つめ返すのが良いでしょう。

なかなか関係が先に進まない男女であっても、視線でやり取りすることでお互いの気持ちを確認できる場合もあります。このように、見つめ返すのは相手にも好意があるのかどうか見極めるための重要なポイントです。


脈ありサイン4. 会話をするときに、体が自分の方を向いている

会話をするとき、好きな人の体が自然と自分の方を向いている場合、相手も少なからず自分に好意を持っていると考えて良いでしょう。親近感を持っている相手とは会話が盛り上がりやすく、自然と体が相手の方を向いたり動作が似たりしてきます。

会話をするとき、どんな話題であっても体が自分の方を向いているなら、会話の内容より話し相手である自分に興味を持ってくれている可能性が高く、脈ありと捉えて良いでしょう。


脈ありサイン5. 以前に話した内容をよく覚えている

以前話した何気ない内容を覚えてくれている場合、脈ありの可能性が高いです。特に食べ物の好みや好きなテレビ番組など、誰にでもするような雑談をよく覚えてくれている場合、少なからず自分に興味を持ってくれていると考えて良いでしょう。

単に記憶力が良いだけの人もいますが、嫌いな人の過去の言動はわざわざ話題に出す人は少ないです。少なくとも嫌われてはいないと思っても良いでしょう。

【参考記事】はこちら▽


好きな人に好きになってもらう方法を試してみて。

好きな人に好きになってもらうには、親近感を持ってもらうことが重要なポイントになります。

それには、会話の内容や仕草などで相手との共通点を探していくことが大切です。また、LINEでの会話やデートでの言動に気を配ることも大切。

日々小さな努力を重ねて、好きな人に好きになってもらえるよう頑張っていきましょう。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事