中学生の告白の仕方7選|成功するタイミングと気持ちの伝え方を解説!

好きな人に告白したい中学生へ。本記事では、告白をする準備から、中学生におすすめの告白の手段まで大公開!告白を成功させるコツと注意点も解説していますので、気になった方はぜひチェックしてみてください!

中学生が告白する時に準備すること|好きな気持ちを伝える前にすることは?

中学生が告白する時に準備すること

告白は、ただ思いを伝えるだけではなく、好きな人と付き合いたいからこそする行為。

そのため、少しでも良い返事をもらえる確率をアップさせるために、きちんと準備しておくことが大切です。

ここでは、中学生が告白前に準備しておきたいことを紹介するので、参考にして告白への準備を進めましょう。


準備1. 彼氏・彼女がいないか確認しておく

好きな人に彼氏や彼女がいる場合、勇気を出して告白をしてもその思いが通じることはありません

そこで、好きな人に恋人がいないかをきちんとチェックしておきましょう。

特に、好きな人の恋人が自分の友達の場合、その友達とも気まずいをしてしまうことも。

また、中学生の場合、恋人がいることを隠していることも多いので、学校で異性と一緒にいるところを見かけなくても安心してはいけませんよ。


準備2. コミュニケーションを取っておく

告白を成功させるためには、好きな人に自分のことを好きになってもらったり、良い人だと思ってもらうことが大切。

そのため、いきなり告白するのではなく、積極的に好きな人と話すなど、たくさんコミュニケーションを取って関係を深めておきましょう。

また、中学生はクラスや部活などコミュニティが狭く、会話をする機会の多い人ほど好意を持ちやすい傾向があるので、話しかけるほどチャンスは高くなります。


準備3. 好きな子の情報収集をしておく

好きな人の友達などから、性格や好みのタイプといった情報を収集しておくと、なるべく好きな人の好みに寄せた行動ができます。

すると、嫌われるリスクが低くなるだけでなく、自分に興味を持ってもらうきっかけになりますよ。

また、自然に話せるようになれば、好きな人と仲良くなれるチャンスも増えるので、告白の成功率も高まります。


準備4. 友達に自分の好感度を聞いておく

どれだけ魅力的な人であっても、よく知らない相手からの告白にOKする人はほとんどいません。

そのため、

  • 好きな人が自分のことを知っているのか
  • どんなふうに思っているのか

を、友達などに聞いておくことも大切です。

もし、良い内容ではなかった時は、一旦告白するのをやめて、口調が怖いと思わているなら優しい話し方を意識するなど、好きな人との距離を縮める行動をしていきましょう。


準備5. 告白の言葉や方法を決める

告白は自分の気持ちを伝える好意数少ないチャンスだからこそ、正確に伝えられるように準備をしておくことがとても大切。

どのように表現するか、どうしたらきちんと伝わるのかなど、告白の言葉や方法を考えておき、好意が伝わる告白ができるようにしましょう

特に、切り出し方を決めておくと、スムーズに告白のセリフが言えるようになるので、入念に準備をしておくほど焦らず気持ちを伝えられますよ。


中学生が告白をするタイミングや場所|好きな気持ちを伝えるのはいつがいい?

中学生は、授業や部活、塾などで、使える時間が限られているため、好きな人と二人っきりになる時間を作るのは意外に大変。

そこで、ここでは中学生だからこそぴったりな、告白のタイミングや場所を紹介します。


タイミング1. 放課後に呼び出す

好きな人の住んでいる場所や地域が分からない場合、呼び出す場所によっては相手に負担をかけることも。

そこで、クラスメイトが帰った放課後に、教室などで二人っきりになれるように呼び出すことがおすすめです。

特に、『放課後に呼び出す』という行為自体が告白を匂わせているので、告白前に相手の気持ちを自分に向けさせられて効果的ですよ。


タイミング2. 休日に呼び出す

告白したこともされたことも、他のクラスメイトや友達に知られたくないですよね。

誰にもバレないように告白したい場合には、休日に好きな人を呼び出して気持ちを伝えるようにしましょう。

また、あえて呼び出すことで好きな人に「告白されるかも」と思わせられるので、ドキドキさせることもできますよ。


タイミング3. イベントに合わせる

告白をしたい気持ちがあっても、なかなか勇気が出ず告白できない人も多いはず。

このような人は、

  • バレンタイン
  • クリスマス
  • 卒業式

などのイベントに合わせて告白すると決めておくことで、特別な雰囲気が気持ちを高ぶらせ、行動に移しやすくなっておすすめです。

もし、プレゼントを用意できれば、好意の本気度が伝わりやすくなるので、告白の成功率も高まります。


タイミング4. その日の別れ際

告白するために呼び出したくても、お互いに忙しいとスケジュールを合わせるだけでも大変で、なかなか決まらないことも。

そこで、学校の別れ際に声を掛けて、少しだけ時間を作ってもらえるか聞いてみましょう。

相手も帰るだけなら時間を作ってもらいやすく、友達とも別れていることが多いため、スムーズに二人っきりなれますよ


タイミング5. 学校や塾の帰り道

他のクラスに好きな人がいるなど、なかなか二人っきりになれるチャンスがないと、呼び出すきっかけを作るのも難しいですよね。

このような場合は、

  • 塾などが終わった後に声を掛けて一緒に帰るチャンスを作り、帰り道の中で告白
  • 放課後の帰り道で話しながら思いを伝える

など、帰り道だからこそ自然に二人っきりになりやすく、夕暮れのロマンチックなムードが告白を盛り上げてくれます。


タイミング6. 平日の夜

大切な告白だからこそ、中学生でも静かな場所やムードにこだわりたいもの。

そこで、学校が終わった日の夜に、一度帰宅してから、公園などに来てもらえるように呼び出して告白するのもおすすめです。

夜間に二人っきりになることで周りの人にバレにくく、私服や夜といういつもと違った雰囲気に、好きな人にもドキドキしてもらえますよ。


タイミング7. 2人の思い出の場所

仲の良い相手への告白だからこそ、告白場所を決めきれないことがありますよね。

そのような時には、出会った場所や仲良くなったきっかけの場所など、二人の思い出の場所で告白しましょう。

  • 思い入れのある場所だと気持ちが和らぐ
  • 思い出話をすることでお互いに感情が高まる

など、自分の気持ちを受け入れてもらいやすくなります。


タイミング8. 誕生日などの特別な日

告白を成功させるためには、好きな人に自分のことを特別な存在だと思ってもらうことが必要です。

そこで、特別な日にお祝いとともに告白することで、特別な相手だと思っていることを、好きな人に知ってもらうことが有効ですよ。

また、特別な日に一緒にいられること自体が、既に特別視されている可能性があるので、告白のチャンスがあるならぜひ挑戦してみましょう。


中学生が告白をする手段|好きな気持ちを伝える方法とは?

「どうやって気持ちを伝えたら分からない」

「直接伝えるのは恥ずかしいから他の方法を知りたい」

どうやって気持ちを伝えるか、告白の仕方に迷ったり悩んだりして行動に移せないことがあります。

ここでは、告白の手段や方法を解説するので、自分や好きな人に合わせた手段を見つけてみましょう。


手段1. 勇気を持って2人きりになった時に直接伝える

会話をする時には、言葉選びだけでなく目線や話し方、声の大きさなど、様々な要素から相手の気持ちを読み取りますよね。

だからこそ、好きな人に面と向かって気持ちを伝える告白は、真剣さや本気さが伝わり、自分の本当の気持ちが相手に届きやすくなります

  • しっかりと相手の目を見る
  • カンペを見ない
  • ハキハキした聞き取りやすい声を意識する

恥ずかしいかもしれませんが、直接告白されたい人も多いので、

少しだけ勇気を出して真剣な気持ちや思いを伝えてくださいね。


手段2. 手紙を書いて思いを伝える

直接伝えることが理想ではあるものの、どうしても恥ずかしくて言葉にして告白できない人もいますよね。

このような人には、自分の気持ちを記した手紙を書いて、好きな人に告白する方法がおすすめです。

例えば、

  • 字を丁寧に書き、誤字脱字をしないようにする
  • おしゃれなレターセットを使う
  • 返事を受け取る方法を書いておく

など、手紙による告白は切り出し方に迷うことがありません。

言葉を文字にして真剣さを伝えてみましょう。


手段3. LINEで伝える

普段から仲の良い友達に告白したいと思っても、改めて気持ちを伝えることには抵抗があることも。

そんな時には、LINEでの告白がぴったり。

直接合わないことで緊張しづらく、素直に気持ちを伝えやすいですよ。

  • 真剣な話があることを伝えておく
  • スタンプなどは使わない
  • 電話には出られるようにする

LINEでの告白は、どうしても気持ちの真剣さが伝わりにくいので、本気で好きなことを伝えるために、スタンプなどは使いすぎないように注意しましょう。


手段4. 電話で伝える

直接言葉を伝えたいけど、会うと緊張して上手く話せない人には、電話で告白するのがおすすめです。

顔を見ずに自分の気持ちを伝えることができることに加えて、耳に直に声が届くことでドキドキ感が増した告白になりますよ。

  • 電話をするタイミングを相談しておく
  • 音量に注意する
  • OKをもらえたら直接気持ちを伝える

など、上記のポイントを踏まえて、相手の姿が見えないからこそ迷惑をかけないようにしましょう。


手段5. 友達に伝えてもらう

告白を成功させるためには、告白する前に自分のことを意識させることが必要。

そこで、告白前に友達に気持ちを好きな人に伝えてもらい、改めて自分から告白することで、気持ちを受け入れてもらいやすくなるでしょう。

例えば、

  • 告白の手紙を友達から渡してもらう
  • 告白の場所には自分も付いていく
  • 告白の言葉などは自分で考える

など、友達から気持ちを伝える方法は、友達への負担が大きい方法なので、何があっても自分で責任を持って行動するようにしましょう。


手段6. 休日に遊んでいる時に直接伝える

良い雰囲気の中で告白したいなら、好きな人をデートに誘い、そのデートの中で告白するするのがおすすめ。

特に、デートをOKしてくれた時点で自分のことを意識してくれている場合も多いため、デートでの告白は成功率が高いといえるでしょう。

  • 告白に意識を集中しすぎて、デートを適当にしない
  • デートにOKしたから、上手くいくと考えない
  • デートを気兼ねなく楽しむために、最後に告白する

好意を持っていた相手でも、デート中の行動で付き合えないと思うことがあるので、デート中はしっかりと相手を楽しませることに集中してくださいね。


手段7. 友達に協力して雰囲気を作ってもらう

どんな手段でも勇気が出ず、告白ができない人も少なくありません。

そこで、友達に協力してもらい、告白しないといけないシチュエーションや状況を作ることで、無理にでも告白する方向に持っていく方法も効果的です。

例えば、

  • 告白のために教室へ呼び出してもらう
  • 友達に告白の前フリをしてもらう
  • Wデートをして、最後に二人っきりにしてもらう

この方法は勇気を振り絞るためには最適ですが、状況によっては好きな人に大きな迷惑をかけてしまいます。

振られても今まで通りに振る舞うなど、アフターフォローなども考えて入念に計画しましょう。


中学生が告白を成功させるコツ|OKをもらえる告白の仕方を紹介!

「好きな人と絶対に付き合いたい」

「告白の成功率を少しでも上げたい」

自分にとって大切な人への告白だからこそ、思いを伝えるだけでなく、OKをもらって恋人になりたいと思うもの。

そこで、ここでは中学生の告白を成功させるためのコツや仕方を紹介していくので、告白前から実践して少しでもOKを貰える確率をアップさせましょう。


コツ1. 普段からみんなと仲良くしておく

周りの友人と付き合った時に祝福してくれるような関係を築けると、協力してもらえたり、いい印象を持ってもらえます。

例えば、

  • 男女関係なく仲良くする
  • 好きな人を優先しすぎない

など。

交友関係を広げるためには、好きな人の周りだけでなく多くの人と仲良くなることが重要

別け隔てなくたくさんの人と仲良くして、信頼できる友人をたくさん作りましょう。


コツ2. あまのじゃくな態度は取らない

好きな人への気持ちが大きいと、恥ずかしさのあまりつい冷たくしたり、意地悪したりしてしまいますよね。

しかし、自分に冷たい人と付き合いたい人はおらず、優しくしてくれる人と付き合いたいと思うもの。

例えば、

  • 恥ずかしくても褒めたり優しくしたりする
  • 自分から話題を出す
  • 素直な気持ちを表現する

などをしてみるのがおすすめ。

あまのじゃくな行動は、自分の気持ちがバレないための行動ですが、告白をしたら伝わってしまうので、見栄をはらず素直になりましょう。


コツ3. シンプルに思いを告白する

自分の気持ちを伝えようとして、言葉を増やして回りくどい告白をしてしまうと、きちんと伝わらなくなることも。

そこで、「好きです」「付き合ってください」とシンプルな言葉で告白すると、

自分の気持ちがストレートに伝わりますよ

  • わかり易さを重視する
  • 一番伝えたいことを最初に言う

のように、ピュアな気持ちや言葉で告白されると、より真剣さや本気度が伝わるため、シンプルな告白の言葉を考えてみましょう。


コツ4. 普段から好きだとアピールしておく

告白する前は自分の気持ちを隠しがちですが、告白するなら結局気持ちは相手に伝わってしまいますよね。

そのため、

  • 積極的に褒めたり話しかけたりする
  • 相手の意見に賛成する
  • 近くにいる時間を増やす

のように、好意があることを積極的にアピールして、異性として意識させる方法が効果的ですよ。

アピールしすぎて告白する時に軽く思われないためにも、「好き」と言わないアピールをしてみてくださいね。


コツ5. 好きな人を特別扱いする

中学生の時期は感受性が豊かなので、他の人とは違った対応をされると、その人や行動が記憶に残り意識しやすくなります

そこで、重い荷物を持ったり、苦手なことや困っていることを手伝ったりするなど、好きな人を特別扱いする行動をしてみましょう。

特別扱いをしすぎると、好きな人が周りから浮いてしまい困らせることもあるので、

  • 何でもかんでも手伝わない
  • えこひいきにならないようにする
  • 他の人への対応を悪くしない

といったことを意識して、嫌味にならない特別扱いを心がけましょう。


中学生が告白をする時の注意点|気持ちを伝えた時に気をつけることは?

告白までに距離を仲良くなっていても、告白の仕方や内容、態度などで、印象が悪くなり、距離を取られてしまうこともあります。

そこで、ここでは告白する時の注意点を紹介するので、好きな人に嫌われないためにも、ぜひ参考にしてくださいね。


注意点1. 長文のLINEを送ったり、しつこい連絡はしない

LINEは気軽に連絡がとれるツールだからこそ、告白の内容を長文で送ったり、返事を催促したりしてしまうことも。

しかし、こうしたLINEでのやり取りは好きな人のプレッシャーになってしまい、印象が悪くなってしまいます。

そのため、メッセージを受け取った相手がどう思うのかを第一にして、LINEの内容を考えましょう。


注意点2. ”脈ありサイン”がない状態で告白しない

告白にOKを出すのは、きちんと相手のことを知り信頼関係が築けているからです。

特に、女性は信頼関係を重視する傾向が強く、心から信頼できる人でなければOKを出しません

そこで、脈ありサインなど、自分への気持ちや好意が確認できない状態では告白しないようにしましょう。

信頼関係を築けていないと、ルックスだけで告白の返事をしないといけないので、OKをもらえないリスクが大きく期待できませんよ。


注意点3. 普段から悪口や言葉使いに気を付ける

告白の返事は普段の行動の積み重ねの結果であり、自分に合わないと思ったり苦手だと感じたりする人の告白にOKすることはありません。

そのため、普段から悪口を言わないようにしたり、言葉使いに気をつけたりして良い印象を与えるようにしましょう

特に、中学生の時期は周りからの目を木にする傾向が強いので、周りから好かれている人ほど好意的に思われますよ。


注意点4. 相手とコミュニケーションを取って、親しくなっておく

全く知らない人よりも、普段から親しい人から告白された方が、好意的に感じたり意識したりしやすく、付き合うハードルも低くなります。

特に、異性が相手だと親しくない人からの告白は怖くなってしまうことも。

そのため、普段から好きな人とコミュニケーションを取って、親しくなっておくことが大切。

「一緒にいて楽しい」「安心する」と思ってもらえるように頑張りましょう。


注意点5. 告白するまでは、とにかく相手に尽くす

困ったり悩んだりした時に助けてくれる人はとても頼りになり、その人への好感度が上がることで告白のOKしやすくなります。

そこで、告白する前にとにかく好きな人に尽くすことが大切です。

ただ、告白前だけ尽くしていると、付き合ってからの行動とギャップがあり別れの原因となることも。

付き合ってからも続けられる尽くし方を、実践してくださいね。


中学生が告白したけど振られてしまった場合の対処法|失敗した時に注意することは?

「大好きだったのに気持ちが伝わらずに振られてしまった」

「告白して振られたら。どうしたらいいか分からない」

たくさん頑張って準備して告白しても、必ず上手くいくとは限らず、仲の良い相手でも振られてしまうことがあります

そこで、最後に振られたときの対処法を紹介するので、悲しくても次のチャンスに繋がるように振る舞いましょう。


対処法1. その場で取り乱さない

告白をする時は、不安があってもOKを貰えることを期待してしまうので、振られてしまった時には気が動転してしまうことも。

その結果、パニックになったり取り乱したりしてしまうと、相手を困らせて嫌われてしまいます

  • 一度深呼吸して気持ちを落ち着かせる
  • その場だけ我慢するようにする
  • 普段どおりの行動を心がける

これらのポイントを踏まえて、振られても冷静に振る舞えるように心がけましょう。


対処法2. 明るく振る舞って、お礼を伝える

告白は気持ちを伝える方も、返事を伝える方にも大きな負担となる行為。

特に、振る行為は相手を傷つけることが分かっていて行うため、少なからず精神的に負担がかかってしまうでしょう

そのため、悲しくても明るく振る舞うようにして、真剣に返事を伝えてくれたことに対してお礼や感謝の気持ちを伝えましょう。

こうした対応をすることで、告白後に関係がギクシャクすることがなくなり、恋人にはなれなくても友人として長く付き合えますよ。


対処法3. 相手を恨んだりしない

自分の気持ちに応えてもらえないことは納得できないことであり、今まで頑張っていた人ほど「どうしてだめなのか」と、つい感情的になってしまいます。

しかし、振った相手のことを悪く言ったり恨んだりする自分勝手な行為は、周りからの評価を下げてしまうことも。

そこで、辛い気持ちがあっても「自分とは釣り合わないほど素敵な人だった」と思うことの方が大切です。

また、振られたことが広がってしまうと相手に迷惑をかけることもあるので、信頼できる人にだけ報告するようにしてくださいね。


対処法4. 自ら距離を置くようにする

振られてもすぐに気持ちを切り替えることは難しく、親しい相手だからこそ諦めきれないこともありますよね。

どうしても諦められない時は、自分から相手と距離を置くようにして、気持ちを整理する時間を設けましょう

  • なるべく二人っきりにならない
  • LINEなどの頻度を減らす
  • 必要以上に話さない

また、上記のように距離を置くことで、振った本人が寂しさを感じて気になってしまうこともあるので、また新しい展開へ進んでいくこともありますよ。


対処法5. 自分を磨く力に変える

振られた悲しみや辛さは、いろんなことを諦めてしまうきっかけになるのと同時に、何かを始める原動力にもなります

そこで、振られた悲しみや辛さを自分磨きの原動力にして、自分を変えることに努力することも良いでしょう。

  • 体型が魅力に思わないなら鍛える
  • 勉強を頑張って成績を上げる
  • 趣味や部活で良い成績を取る

こうしたことを実践していくと、悲しさを乗り越えるだけでなく、考え方や態度の変化で、告白した相手から見直されることもあるかもしれません。


対処法6. 潔く諦める

振られた気持ちをズルズル引きずってしまうと、お互いに気まずさが残ってしまい、中学校生活を楽しみづらくなることも。

そこで、一度振られたら潔く、その恋を諦めるように気持ちを切り替えることも大切です。

また、一人の人に固執しないことで、新しい人を好きになったり告白されたときに前向きに考えられたりと、次の恋愛に進むこともできますよ

一途な気持ちも大切ですが、諦めたことで進める道があることも知っておき、次の恋愛で幸せを掴み取りましょう。


中学生も全力で告白をして、素敵な恋人を見つけてみて。

告白は、本人に真剣な気持ちを伝えるだけでなく、周りへの配慮も気にしないと行けないため、難しく感じることも。

無配慮な告白をすると、告白後に好きな人に迷惑をかける場合があります。    

そのため、今回紹介した告白の仕方や方法などを参考にして、お互いに良い思い出になる告白を実践してくださいね。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事