2017年3月25日

女性が思わず距離を取りたくなる。“面倒くさい男性”の特徴&共通点

女性が思う“面倒くさい男性”に共通する性格や言動をご紹介します。自慢話が多かったり、連絡がしつこかったり。自分の気持を一方的に投げ掛けていてはモテません!相手の意思もしっかり尊重して、素敵な信頼関係を築き上げてみて!

めんどくさい男のレッテルを貼られたら、恋愛の土俵には立てない

女性が思う面倒くさい男

恋愛対象外に認定されてしまう“めんどくさい男”。

「この人、めんどくさい」

と思った瞬間、女性はその男性のことを異性として見れなくなります。では、女性にめんどくさい男と思われてしまう男性は一体どんな人なのでしょうか?今回はめんどくさい男の特徴から、めんどくさい男を脱する対処法まで。女性目線から詳しく解説していきます。この機会に、今一度女性に面倒くさいと思われていないかチェックしてみましょう。

 

好感度ゼロ。めんどくさい男の6つの特徴。

面倒くさい男の性格

早速、めんどくさい男性の特徴について解説していきます。もし当てはまっている項目があれば、めんどくさい男の可能性大と言えるでしょう。耳が痛い話もあると思いますが、心してチェックしてみて。

 

めんどくさい男の特徴1. LINE・連絡がしつこい男

連絡がしつこい男性

用もないのに「今何してるの?」「暇だわ〜」といった趣旨のLINEをしてくる男性は、女性から見て極めてめんどくさいです。女性と接点を持ちたい気持ちが伝わってきますが、あまりにもしつこいとブロックされてしまう恐れが。連絡をする時は要件を伝えるだけの方がスマートですよ。

【参考記事】女性と距離を詰める際の、程よい連絡の頻度とは?

 

めんどくさい男の特徴2. とことん質問攻めしてくる男

質問攻めしてくる男性

相手の女性を知ろうと質問をしていくのは良いですが、質問回数が多いとウザいと思われてしまいます。質問攻めにあうと、女性は取り調べをされているような気分になって「逆に喋りたくない」と心を閉ざしてしまうもの。従って、本当に聞きたいことなどをこまめに聞くようにしてみましょう。

【参考記事】容姿が普通でも、聞き上手な男性は女性にモテるもの▽

 

めんどくさい男の特徴3. 一方的に自慢話をする男

自慢話が多い男性

自分がいかに仕事ができるか、どれだけ凄いか自慢をしてくる男性。「俺できるぜ」アピールは時々なら女性も聞く耳を持ちますが、毎回自慢話をされると正直疲れちゃいます。自慢話の頻度はわきまえれないと、めんどくさい男認定されてしまうのは時間の問題でしょう。

【参考記事】自慢話があまりにも多いと、恋人ができる確率も下がってしまいます▽

 

めんどくさい男の特徴4. 頑固すぎる男

頑固すぎる男性は面倒くさい

頑固すぎる男性は、女性が何か発言しても素直に受け止められなかったり、聞く耳を持たなかったりしがち。相手の気持ちを考えず、「俺はこういう男だから」と言い捨ててたりします。我が道を行く男性は素敵ですが、協調性もないと周囲の人が疲れてしまうのでご注意を。

【参考記事】頑固と意思の強いを混同しないように注意しましょう▽

 

めんどくさい男の特徴5. 会うたびに愚痴を言う男

会うたび愚痴をいう男性

仕事の愚痴や友達の愚痴。会う度に何かしらの愚痴を言ってくる男性もめんどくさい対象になりますね。愚痴を聞くとこちらの気分も下がる一方です。愚痴を言うくらいなら、どうやったら不満が解消できるのか自分でコントロールする術を身につけた方が賢明ですよね。

【参考記事】ずっとぐちぐちしていては、女性にかっこ悪いと思われてしまいます▽

 

めんどくさい男の特徴6. 気分のムラが激しい

気分のムラが多い男性

気分のムラが激しい男性もめんどくさい男と思われやすいです。機嫌が良い日と悪い日の差が激し過ぎて、どう扱って良いのか困ってしまいます。気分のムラが激しい、メンヘラ気質な男性は平常心を保つように心がけていきましょう。また、気分のムラが少ない男性の方が安定感と余裕を感じるので、とっても魅力的ですよ。

【参考記事】気分のアップダウンが激しすぎる、そんなメンヘラ男の特徴とは?

 

めんどくさい男は、何かと一方的な節がある。

めんどくさい男の特徴についてまとめました。めんどくさい男ほど、LINEも自慢をする時も自分の頑固さを押し通そうとする一方的な部分があります。そういった意味では、めんどくさい男ほど女性の気持ちに寄り添えていないのかも

 

めんどくさい男にならない3つの対処法。

面倒くさい男を避ける対処法

最後にめんどくさい男にならない対処法についてレクチャーしていきます。つい頑固になって我が道を行ったり、一方的になりやすい男性は、自分自身をきちんとコントロールする技を取得しましょう。

 

対処法1. 自慢話は腹7分目くらいで。

自慢話をする時は、腹7分目くらいで話すようにしましょう。目の前の女性にどうしても自慢話したい時は、

「一個自慢していい?」

と枕詞に加えた方が女性からウザいと思われないです。自慢話が終わったら、

「自慢話付き合ってくれてありがとう」と締めをくくるとなお◎。自慢話の内容は、全部伝えず腹7分目くらいで終わらせた方がベターでしょう。

 

対処法2. 質問攻めをしがちな人は、もう少し会話を掘り下げる。

質問攻めが起こってしまう原因は、会話の掘り下げが出来ていないから。

「え、なんでそうしたの?」

「もっと詳しく」

と会話を掘り下げた方が聞き上手さをアピールできますよ。あれもこれも質問してばかりの人は一つ一つの会話が浅く、聞き上手な人には見えません。質問攻めするよりも、一個のトークテーマを深く楽しんでみましょう

 

対処法3. 愚痴を言う時間を減らす

愚痴を言う時間が多いと、気分が落ち込んだで結果的に解決策に至りません。脳科学的にも愚痴を言っている時は、過去の嫌な記憶が鮮明になって脳内がストレス状態になるというデータが出ています。愚痴を言えば言うほど、生産性のない行為をしているのと一緒。筋トレして身体を鍛えたり、趣味に時間を費やしたり他の事に時間を使っていきましょう。

 

めんどくさい男とは1ミリも思われない、魅力あふれる男性に。

面倒くさい男を脱却する

めんどくさい男の特徴から、めんどくさい男にならない対処法までお届けしました。めんどくさい男に成り下がったら、男性としての魅力が半減してしまいます。めんどくさい男と呼ばれないくらいいい男になって、仕事も恋愛も充実した日々を送ってくださいね。

【参考記事】むしろ女性の面倒見がいい、そんな寛大な男性を目指してみて▽

【参考記事】本当にいい男は、細かいことを引きづらないもの▽

【参考記事】周囲の人を魅了する。そんなモテる男のエッセンスを取り入れてみて▽

Smartlog(スマートログ)
このエントリーをはてなブックマークに追加

注目の記事

関連する記事

こんな記事も人気です!

男を磨き、人生を遊ぶ。
かっこよく、挑戦的であり続けたい現代の男性たちが
自分を楽しんで生きる情報と出会う場所が、Smartlogです。