性格が悪い男の特徴&見分け方|対処法や最悪な性格でもモテる理由まで解説

「性格が悪い男」っていますよね。悪い性格でも魅力的に見えてしまうため、恋愛では振り回されることも。そこで今回は、性格悪い男の特徴や見分け方、対処法を解説!さらに女性からモテる理由もお届けします。しっかり性格を見極めて、自分の恋に参考にしてみてくださいね。

周りにいる性格が悪い男に悩んでいる女性へ。

性格が悪い男の15の特徴

自己中心的で口が悪い性格が悪い男は、周りを不愉快にさせることが得意な厄介な存在です。その反面、なぜか女性にはモテるという男性が多いのも事実。

今回は、性格が悪い男に共通して見られる特徴、見抜く方法や対処法などをご紹介します。

また、性格が悪い男がなぜかモテてしまう理由も掘り下げてみます。周りにいる性格が悪い男との付き合い方を見直す良いチャンスですよ。


性格が悪い男の15の特徴とは?

「この人、性格が悪いな」と感じる男性っていますよね。性格の悪い男に共通して見られる15の特徴を、態度と言動の2つのカテゴリーに分けてご紹介します。

複数の特徴に当てはまる場合は、立派な「性格が悪い男」である可能性が高そう。

あなたの周りにいる「性格の悪い男性」を見抜くこともできそうです。


性格が悪い男の「態度」に関する6つの特徴

一緒にいるだけで、なんだか嫌な気分にさせられてしまう性格の悪い男。

無意識のうちに取っている些細な態度から、周囲にいる人を不愉快な気持ちにさせます

ここでは、性格が悪い男によく見られる「態度」に関する特徴をご紹介します。


態度1. 相手によって態度をコロコロ変える

性格の悪い男は、無意識のうちに相手をランク付決して見る傾向にあります。容姿、地位、収入などで、目の前にいる人の価値をはかり、それによって態度が露骨に変わります。

立場が弱い人に対しては強気に出て、逆に目上の人に対しては見ていて恥ずかしいくらいヘコヘコしたり、綺麗な女性にだけ優しいなどがその例です。


態度2. 誰かが褒められていたりすると、嫉妬して嫌味な態度を取る

性格の悪い男は、何でも自分が一番でないと気に入りません。自分以外の人が周りに認められることを極端に嫌います。

飲み会や合コンなどで周りの男性に関心が集まると、「こいつ、○○大学っていっても推薦だからね」とか、余計な一言で相手を陥れようとします。

仕事でも周りの人の足をさりげなく引っ張って、自分が優位であることを示そうとします。


態度3. 立場が弱いと感じた人には、露骨に威張る

会社の部下や学校の後輩といった、自分より立場の弱い人に対しては必要以上に威圧的な態度に出るのが性格の悪い男の典型です。

立場の弱い人から断ったり反論したりされることがないと分かっているから、やりたい放題。無理な要求をしたり、露骨に威張ったりするのです。

立場の弱い人からすると、やり返したくてもできないもの。反発できない相手を選んで攻撃するのは、実に男らしくない態度ですよね。

【参考記事】はこちら▽


態度4. お店の店員さんには、タメ口で横暴な態度を取る

普段より自己中心的な考えを持つ性格の悪い男は、レストランやお店ではなおさら「客である自分が絶対」という態度を取りがちです。

立場の弱い人に対して威張るのと同じで、客という絶対的な立場を利用して威張っているだけ。

金を払っているのだから何をしても良いという横柄な態度は、一緒にいると恥ずかしいくらいです。店員に対して乱暴な口をきいたり、タメ口を使う男性もNGです。


態度5. 仕事など自分のミスを責められると、他人に責任をなすりつけたりする

性格の悪い男は、自分のミスを棚に上げ責任逃れをするのが上手です。仕事でミスがあった場合も部下や同僚に責任を擦り付け、自分は間違ったことをしていないと主張します。

これは、性格の悪い男はプライドが高く、自分のことを完璧な人間だと過剰評価する傾向にあるから。

何かがうまく行かなかったのは、自分のせいではなく周りのせいと考えるのです。


態度6. ほんの少しでも気に食わない相手は、無視する

性格の悪い男は好きか嫌いかで付き合い方を判断する傾向があります。少しでも気に食わない相手には、嫌いだという態度を隠そうとしないどころか、徹底的に無視をしたりします。

話かけても挨拶をしない、最低限の話しかしないなど、大人気ない態度を取ります。

同僚や仲間内でもそのような態度を取るので、人間関係をぎくしゃくさせてしまうこともあります。


性格が悪い男の「言動」に関する9つの特徴

ここからは、性格が悪い男によく見られる「言動」の特徴をご紹介します。

あなたの周りにもこんな言動で、周りをシラケさせたり顰蹙を買ったりしている男性はいませんか。

同僚や友達の中でこんな言動をする男性がいたら、性格が悪い男予備軍として要注意しましょう。


言動1. 人前では良い子ぶっているが、裏では馬鹿にしている

性格の悪い男は愛想よく話していた相手が立ち去った直後に、その人の悪口を言うことがあります。これは、他人の優れている面を素直に認めることができず、自分の方が優位であると常に意識しているから。

こういう男性は、裏表が激しいのが特徴です。どんなに愛想よく振舞っていても、内心では馬鹿にしたり陰口をたたいたりするので要注意です。


言動2. 自分のことを棚に上げて、他人の評価を下げるようなことを言う

性格の悪い男は、周りの人を陥れて自分の評価を上げようという、姑息な手段を使うことがあります。

誰より自分が優れていると認められたいという、自己顕示欲の強さの表れです。

仕事上では同僚の評価を下げるような情報を流したり、自分のことを棚に上げて他人のミスを厳しく指摘したりします。相手の評判を下げることで、自分の相対的な評価を上げようとするのです。


言動3. 人と関わる時、弱みをすぐに聞き出してつけ込もうとする

性格の悪い男は親切な振りをして、プライバシーなどに関わるデリケートな情報まで根掘り葉掘り聞いてくることがあります。

「自分に関心があるのかな」などと思ったら、大間違い。人の弱みを聞き出して、何かの折につけ込んできます。

弱みを聞き出して、人をうまい具合に利用しようと考えている傾向があるからなのです。


言動4. 身近に悩んでいる人がいても、笑って無視する

他人の置かれている状況で自分に直接関係がないことに関しては、全く関心がないのも性格の悪い男の特徴です。

身近に悩んでいる人や、病気や怪我で大変な人がいても、無関心を決め込みます。

それどころか、人が大変な状況にあることを面白がったりすることも。他人の気持ちを思いやることができず、周りの人からは冷たい人と思われます。


言動5. 他人の失敗を嘲笑っている

性格の悪い男は、周りの人が何か失敗をしでかした時、内心シメシメと思う傾向にあります。

大袈裟に笑ったり、馬鹿にするような態度を取ったり、他の人に失敗を言いふらしたりと、まるで意地悪な子供のよう

また、ずいぶん後になって、その失敗を蒸し返して指摘されることも。何年経っても「あの時、お前あんなことしでかしたよなぁ」などと、話題に上げようとします。


言動6. 相手から受けた恩をすぐに忘れる

相手から物を貰ったり、頼みごとを聞いてもらったりしても、性格の悪い男は大して感謝をしません。

感謝をあまりしないから、恩を受けたこと自体を簡単に忘れてしまいます。周りの人からすると、「恩知らずな人」と思われてしまいがちです。

逆に自分が他人に対して何かをしてあげた場合は、恩着せがましい態度を取ることも。できれば関わりたくない、厄介な存在なのです。


言動7. 基本的に自己中心的で、他人への配慮は全くしない

性格の悪い男性は、自分に甘く他人に厳しい傾向があります。自分が良ければそれで良く、周りの都合や気持ちを考えることはあまりありません。他人の迷惑を顧みず、自分の意見が通らないと機嫌を悪くしたりします。

いつでも自分を中心に物事が回っていると考えており、自己中心的な性格。周りの人からは「身勝手な人」、「思いやりのない人」と思われがちです。


言動8. 女性を見た目で判断する

性格の悪い男性の多くが、男尊女卑的な考え方をする傾向にあります。他人への配慮をしないという特徴が、自分と違う性別の女性全体への配慮に欠けることに繋がるから。

こういう男性は、女性の価値を容姿の良し悪しだけで判断しがち。綺麗な女性、スタイルの良い女性はチヤホヤしますが、他の面で優れている女性に対しても外見が良くなければ認めようとしません。


言動9. 「ウザい」など口が悪い

他人への配慮の欠如は、言葉遣いにも表われます。自分の発言で周りの人がどう感じるかという、他人の気持ちを推し量る心が欠けているから、「馬鹿」「お前」「ウザい」など、他人の気分を害する言葉を日常的に使うのです。

また、自分の都合が悪くなるとすぐにキレて、口汚く罵ったりすることも。

人を馬鹿にした口調や偉そうな口調で話すので、周りの人を不愉快な気分にさせてしまいます。


【恋愛したい女性はチェック!】性格が悪い男の見分け方とは?

世の中には性格が悪いのに、なぜかモテる男性っていますよね。同性からはもちろん、多くの女性が「性格が悪い」と感じる男性なのに、引っかかってしまう女性が少なくないのは不思議です。

ここからは、恋愛対象としての性格が悪い男の見分け方を教えます。恋愛をしたい女性は必見です。


見分け方1. 人によって態度を変えていないかどうか

性格の悪い男を見分けるのに一番効果的なのが、いろいろな人に接する時の態度です。

どんなに自分には優しくても、他の女性、友達、職場の同僚などに対する態度がイマイチの場合は、性格の良い男性とは言えません。

結婚を考えている相手なら、家族に対する態度に注目して。自分の母親や女兄弟にぞんざいな対応を取る男性は要注意。結婚したら自分もぞんざいに扱われると思って間違いないでしょう。


見分け方2. 笑顔で話を聞いている時に、顔を見て目が笑っているかどうか

自己中心的な性格の悪い男は、自分に関係のない他人の話にはあまり興味を示しません。

恋人が話している時に笑顔で聞いているようでも、内心「つまらない」「どうでもいい」と思っているのかも。

そういう男性の本心は、目が笑っているかどうかで分かります。前に話した内容を覚えていない男性にも気を付けて。人の話をしっかり聞けない男性は、性格が良いと言うのは難しいでしょう。


見分け方3. 自分の責任を迫られた時に、きちんと認めて謝っているかどうか

性格の悪い男は自分を中心に物事を考えるため、何かがうまく行かなかったのは周りのせいにする傾向にあります。

たとえ自分の過ちに気が付いていたとしても、それを認めることを嫌います。責任を迫られた時にも、他人にせいにしたり言い訳をしたりと、潔く謝ることができません。

デートに遅刻しても「ごめんね」の一言が言えない男性が、その典型です。こういう男性は、浮気がバレても開き直ったりするから厄介。自分が浮気をしておきながら、「恋人が構ってくれなかったから」と平気で言う身勝手さがあります。


見分け方4. ぶつぶつと一人で文句を言っているかどうか

独り言の多い男性も要注意。特に、周りの人に聞こえていようといまいとお構いなしに、ポロリと文句を言う癖のある人は「性格の悪い男」である可能性が大です。

いくら表面的に上手く繕っているつもりでも、独り言という形で内にある他人の言動に対する否定的な感情の一部が出てしまうのです。

独り言での文句が多い男性の心の中は真っ黒なことも。ネガティブな感情が渦まいていると思って、接しましょう。


見分け方5. 平気で約束を破って自分の予定を優先するかどうか

性格の悪い男は自分が一番大切。交際中も自分のやりたいことや予定を優先して、恋人が合わせてくれるのが当然と考えがちです。

だから、約束を破るのも平気。前から決まっていたことなのに他の予定を入れてしまったり、気分が向かないからキャンセルしたりと、身勝手な行動を取ります。

前はそうでもなかったのに、付き合っていくうちに平気で約束を破るようになったという男性には要注意です。


周りに性格が悪い男がいる人へ。上手な4つの対処法を解説!

職場や仲間内に、性格が悪い男がいる場合、どう対処すれば良いのでしょうか。

性格が悪い男から身を守るために対処法を考えてみましょう。

上手く反論する方法、利用されない方法、いざとなったらきっぱり距離を置く方法など、様々な対処法をご紹介します。


対処法1. 性格が悪い男を指摘して言い逃れしたら、事実を突きつける

職場などで何か問題が起こった時、性格が悪い男は責任逃れをしようとします。

言い逃れをさせないためにも、感情的に反論するのではなく、論理的に事実をあげて突き詰めるようにしてみてください。

この時、第三者の目があることも大切。冷静な口調で事実を並べ、誰の目から見ても非がその男性にあると明らかにさせることで、性格の悪い男性が責任逃れできないようにします。


対処法2. 性格が悪い男の都合に合わせない

常に優先順位の一番上に自分を持ってくる性格が悪い男性。そんな男性にいいように利用されないためにも、彼の都合に合わせたり無理な頼みごとを聞いたりしないように心掛けましょう。

特にグループで集まる時、チームで仕事をしなくてはいけない時は要注意。

周りが性格の悪い男性に合わせるのではなく、性格の悪い男性が周りに合わせるべきという空気を作りましょう


対処法3. なるべく関わらないようにする

性格が悪い男性を避けるという選択肢がある場合は、いっそのこと避けてしまいましょう。

一緒にいるといつも文句を言われたり、嫌味を言われたりする相手なら、会わないでいる方がマシです。きっぱり関係を切るのが難しい場合でも、徐々にフェードアウトさせて、会う回数を減らしましょう。

職場にいる男性なら、頼りになる上司に相談するのも手。一緒のチームにならないよう、取り計らってくれるかもしれません。


対処法4. 思い切って縁を切る

どうしても我慢ができない場合は、思い切って縁を切りましょう。ただし面と向かって正直な気持ちを打ち明けると、性格が悪い男に逆上されてしまうかも。

陰で悪口を言われたりしては最悪なので、何も伝えずに去るのがベストです。

性格が悪い男性は周りを嫌な気分にさせるから、実は他の人も「苦手だな」って感じていることが多いもの。信用できる友達なら、性格が悪い男に対する気持ちを共有してみるのも良いでしょう。


なぜか女性からモテる?性格が悪い男がモテる理由とは

同性からもほとんどの女性からも嫌われているのに、なぜかいつも可愛い恋人がいる男性っていますよね。

性格は最悪なのに女性からはモテモテで、浮気しまくっているという男性もいます。

どうして性格が悪いのにモテるのか、こちらではその素朴な疑問に答えます。


モテる理由1. 少しでも良いことをした時に、実は良い人と思われる

普段から優しい男性に親切にされてもちっとも感激しませんが、いつも嫌なやつと思っていた相手に何か一つ優しいことをしてもらうと、不思議と女性の心に響くもの。ツンデレ効果と同じですね。

ちょっと良いことをしただけで「実は良い人なのでは?」と女性が勘違いしてくれるので、性格の悪い男性がモテるのです。

実際に、性格が悪い男性と付き合っている女性が、「でも本当はすごく良い人なのよ」って言い張るケースは少なくありません。


モテる理由2. 子供のような性格の悪さによって、母性本能がくすぐられる

自己中心的でオレ様な男性は、悪ガキのような印象を女性に与えます。できる子よりも、ちょっとダメな子の方が可愛く感じるのと同じで、女性の母性本能がくすぐられてしまいます。

身勝手な態度は「私がいなくちゃ駄目な人」、周りに対する不平や文句も「正直で子供のようにピュアな人」と、性格が悪い男性に恋する女性はポジティブに受け入れてしまうのです。


モテる理由3. 性格が良い人とは違った刺激のある恋愛ができる

刺激的な恋愛を求めるタイプの女性にとっては、性格が良い男性との温厚な付き合いは物足りなく感じることもあります。

こういう女性にとっては、性格が悪い男特有の自分勝手さや独占欲の強さが「刺激的な恋愛のスパイス」になります。

自己中心的な男性に振り回されたり、独占欲が強い男性に嫉妬されたり、激しく喧嘩をしたりすることで、より深く愛されていると実感できるのです。


モテる理由4. 尽くしたいタイプの女性で、性格がダメな男性が好き

いつもダメンズを好きになる女性っていますよね。男性がダメであればあるほど、尽くすタイプの女性には尽くしがいのある相手となるため、性格の悪い男がモテるのです。

そんな女性は、「彼は私がいなくては駄目な人」というのが口癖

性格が悪い男性のわがままを聞き、あれこれ世話を焼き、愚痴を聞き、尽くしてばかりいる女性です。周りの友達から「そんな彼氏、やめなよ」って言われることが多い人は要注意です。


モテる理由5. 女性がMで、自分が偉いと思っている王様的な性格が悪い男が好き

性格が悪い男性は自分が一番と思っているから、自信満々に見えることが多々あります。付き合うまではぐいぐい引っ張るので、男性にリードしてもらいたい女性にはモテます。

また、男性に支配されたいM気のある女性も、性格が悪い男を好きになる傾向にあります。

自分好みを押し付けたり、行動を監視されたりなど、男性に支配されることで愛を強く感じるのです。


性格が悪い男を見抜いて、上手に恋愛をしていきましょう。

性格が悪い男を見抜く方法や、性格が悪い男から身を守る対処法もご紹介しました。

「あの男性は性格の悪い男だったんだ」なんて、職場や仲間内にいる男性のことが頭に浮かんだという方もいるのではないでしょうか。

しかし、苦労するのが分かっていても、性格が悪い男性を好きになる女性が少なくないのも事実。確かに魅力的な面もあり、モテるのも頷けます。

みなさんの周りにいる性格が悪い男とどうやって付き合うのか、その参考に役立ててください。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事