距離を置く期間の理想はどのくらい?平均期間や期間中にやるべきことを解説

彼氏彼女と付き合っていて、「距離を置こう」と相手に言われた経験がある人もいるのでは?そもそも付き合っているのに距離を置くとは、どのような意味なのでしょうか。そこで今回は、距離を置く理由や期間、距離を置いている間にやるべきことをレクチャーしていきます。

距離を置く期間について知りたいカップルへ。

距離を置く平均期間や期間中にやるべきこと

「最近、彼氏(彼女)とうまくいかないことが増えてきた。距離置きたいな…」

付き合いが長くなると、将来やお互いのことで意見がぶつかることもありますよね。そんな状況を、距離を置くという選択をすることで、解決できる可能性があります。

この記事では、状況別の距離を置く期間から、その間にやるべきこと、距離を置くことで得られる効果についてまとめています。

最後までご覧になることで、倦怠期やマンネリを乗り越えられるようになりますよ!


そもそも恋人同士が距離を置く意味とは?

カップルが距離を置く意味は、お互いの距離を整えるためです。恋人という関係は、友達や家族以上に距離が近くなるもの。

そのため、お互いに依存してしまったり、些細なことで喧嘩したりしてしまいます。将来を見据える上で、依存や喧嘩はしたくないですよね。

距離を置くことで、お互いの距離を整えられて、依存や喧嘩を回避することができ、将来をきちんと見据えられるようになります。

ただし距離を置く期間を間違えてしまえば、逆効果になってしまいかねません。お互いきちんと話し合った上で、距離を置くようにしましょう。


距離を置く理想的な平均期間を理由別に徹底ガイド!

距離を置く期間は、距離を置かなければならなくなった理由で変えるべきです。距離を置くということは、一時的に関係がリセットされるということ。そのため距離を置く期間を間違えてしまうと、最悪の場合、別れることになりかねません。

とはいえ、どのくらい距離を置けばいいか分かりませんよね。以下に理由別に距離を置く期間をまとめましたので、ぜひ参考にしてください。


期間1. 些細な口喧嘩や言い合いの場合、大体「1週間前後」

些細な口喧嘩や言い合いは、ほとぼりが冷めると解決することがほとんどです。お互いが意地になっているだけなので、距離を置く期間の平均期間は1週間程度。1週間も距離を取れば、だいたい元の関係に戻っているでしょう。

ただし、些細な口喧嘩や言い合いが何度も繰り返される場合は、原因は別のところにあるかもしれません。距離を置くのではなく、二人でよく話し合う方が先決です。


期間2. 倦怠期などマンネリで距離を置く場合「1週間〜2週間ほど」

倦怠期やマンネリを打破するために必要なのは、新鮮な気持ちです。何年も付き合っていると、お互いの距離感が当たり前のものになってきてしまいます。

お互い一人になりたい、自由な時間がほしいと思っていても、なかなか口に出せませんよね。

こういった場合の平均期間は1週間~2週間。少し長めの距離を置く期間を設けることで、相手の必要性が分かったり寂しい気持ちになったりして、新鮮な気持ちで恋愛を再開することができます。

【参考記事】はこちら▽


期間3. 浮気がバレて距離を置くことになった場合、「半月〜1ヶ月ほど」

相手が浮気をしているということは、こちらに対して気持ちが弱くなっている証拠。別れるか別れないという大事な決断を考えることになるため、距離を置く期間は長く設けましょう。平均期間は半月~1ヶ月程。

この間に向こうが誠意を持って謝ってこなければ、相手に別の好きな人ができたとみなして、別れたほうが良いと思います。

逆に、相手がもう二度と浮気はしない、と誓えるのではあれば、猶予期間を与えて許してあげるのも選択肢の一つです。

【参考記事】はこちら▽


期間4. 仕事が忙しい場合は「◯月末まで」など、仕事が一段落するまで

大人の恋愛は、仕事に左右されることもしょっちゅうです。仕事を取るか恋愛を取るかは非常に難しいですが、恋愛を優先したせいで仕事がなくなってしまえば、大変なことになりかねません。

この場合、お互いは全く悪くありませんし、気持ちも冷めていないので、距離を置く期間は仕事が一段落するまででいいでしょう。平均期間はどのくらい必要かというと、特に定まっておらず、仕事のスケジュールによります。

ただし、「◯月末まで」等と期限を決めてないと、自然消滅のリスクが高まりますので気をつけてください。


期間5. 恋人を本気で好きか悩んだ場合「自分の気持ちに整理がつくまで」

自分の気持ちに整理がつかない状態で付き合っていくと、精神的に負担がかかってしまいます。それは相手にも悟られてしまいますし、最悪の場合関係がぎくしゃくすることも。

この場合、長めに距離を置く期間を取って、自分の気持ちをきちんと整理しましょう。平均期間がどのくらいかというと、一週間程度の人もいれば一ヶ月以上かかる人もいて、人それぞれです。

整理するポイントとしては、そもそも彼氏(彼女)のどこに惹かれたのか、彼氏(彼女)とどうなりたいか、という点です。その答えが見えるまでは、距離を置いた方が良いでしょう。


あまりにも長い期間距離を置くと自然消滅を迎えてしまうので注意!

距離を置くということは、一時的に関係がリセットされるということ。そのため距離を置く期間が長すぎると、自然消滅してしまいかねません。

例えば3ヶ月~半年以上距離を置くと、今度はその距離がお互いにとってベストな距離になってしまいます。

この間に連絡が疎かになったり他に好きな人ができたりしてしまうと、確実に自然消滅してしまいますので注意してください。

【参考記事】はこちら▽


彼氏や彼女と距離を置いている間にやるべきことは?

距離を置くというのは、相手と別れることではありません。そのため、距離を置く期間中に、きちんと理由や将来等について考える必要があります。

ここでは距離を置いている間にやるべきことをまとめました。

やるべきことを決めてないと、距離を置いた時間が無駄になってしまうことも。恋人と距離を置くことになった場合は、『会わない』ということがお互いのプラスになるように、必ずこれらのことを考えるようにしてくださいね。


やるべきこと1. 恋人とうまくいっていなかった理由を分析する

距離を置くことになった理由を分析しなければ、また同じ理由で距離を置くことになってしまいます。何度も距離を置くようになると、別れるリスクはぐっと高まります。

距離を置く期間中に、「なぜ距離を置くことになったのか?」を冷静に考えてみてください。友達や信頼できる方に意見を聞き、第三者の意見を取り入れることも大事です。


やるべきこと2. 自分に非があって喧嘩した場合、悪い部分を改善する

距離を置く期間とは、自分の悪い部分を改善できるチャンスです。

相手に指摘されたりそれが原因で喧嘩になったりした場合、自分の非を認めるのは癪ですよね。でも、距離を置くことで冷静にもなれますし、自分の悪いところを時間を掛けて直すこともできます。

逆に、距離を置く期間を設けても悪い部分を改善できなければ、同じことでまた喧嘩になってしまいますよ。


やるべきこと3. 冷静に恋人の事をどう思っているのか自分の本心を見直してみる

自分の本心を理解できていないのであれば、付き合っていく上で非常にしんどいですよね。

距離を置く期間を設けることで、あらためて「自分にとって相手はどういう存在なのか」を考えることができます。

付き合い始めた頃、相手は自分にとってかけがえのない存在だったはず。今はどうなのか、その頃と何が違うのか、自分の胸に手を当てて、問いただしてみましょう。


やるべきこと4. 彼氏や彼女と今後どうしたいかをしっかりと考えてみる

今後どうしたいかを考えることで、お互いの道筋を見つけられます。付き合っていると『今』が楽しくて、将来について考えるのがおろそかになりがちですよね。

恋愛には、ハッピーエンドにしろバッドエンドにしろ、必ず終わりが存在します。距離を置く期間というのは、そういったことを考える期間でもあります。将来のことを決めてないのであれば、ここできちんと決めておきましょう。


彼氏や彼女と一度距離を置くことで得られる効果とは

距離を置く期間に関わらず、『距離を置く』というのはけしてマイナスなことではありません。むしろうまくいけばお互いの距離が修正されるので、プラスに働くことが多いです。

ここでは、そんな距離を置くことで得られる効果についてまとめてみました。


効果1. 短所の改善や自分磨きの時間が設けられる

カップルとしての期間が長くなれば、お互いの存在が当たり前になってしまいます。しかし、距離を置く期間を設けることで、彼氏(彼女)の喜ぶことをしたいという気持ちが復活します。

そのため、相手の好みに合わせてオシャレをしたり、メイクを変えたりすることもなくなってきます。それがマンネリや倦怠期の原因になることもしばしば。

距離を置く期間の中で、一度昔を振り返ってみたり自分の短所を見つめ直してみたりしましょう。

【参考記事】はこちら▽


効果2. 距離を置くことで恋人の大切さを実感できる

いっさい連絡せずに会わないでいると、寂しい気持ちが胸いっぱいに広がります。それまで付き合ってきた思い出や記憶が頭の中に蘇り、「自分の好きな人はやっぱりこの人なんだ。」と思い直すことができます。

同じ家に住んでいたのであれば、いかに相手が自分や家を支えてくれていたか実感できるはず。距離を置く期間が終われば、そのことをきちんと相手に伝えてあげましょう。きっとお互いの絆はもっと深いものになるはずです。


効果3. フレッシュな気持ちで再会できるため、マンネリや倦怠期を乗り越えられる

付き合いたてのカップルが仲良いのは、お互いの気持ちが新鮮だからです。恋人としての期間が長くなると、新鮮さが薄れていきますよね。毎日連絡したり会ったりしていると、特にそうです。

距離を置く期間を作ることで、気持ちを付き合いたての頃に戻すことができます。距離を置く期間が終わって連絡してみると、ぎこちなかったりよそよそしかったりすると思いますが、付き合いたての頃を思い出して懐かしくなることでしょう。


効果4. 自分の時間をゆっくりと過ごせる

付き合っていると、相手との時間が最優先になってしまい、自分の時間がなかなか取れません。そのせいでイライラしたり、相手を傷つけたりしまいがち。

距離を置く期間を設けて、自分の時間をゆっくり過ごすことで、リラックスしたり落ち着いたりできるはず。

自分の気持ちに余裕が生まれれば、相手を思いやる気持ちも復活します。


効果5. 感情的になって喧嘩した場合、頭をしっかり冷やせる

距離を置くことで、案外あっさりと「ごめん。」と謝ることができるはず。感情的になると、お互い意地になって別れる結論を取ってしまいがちです。

距離を置く期間を作ることで、その喧嘩が本当に別れる程のものなのか、そんな喧嘩で別れてもいいのか、と冷静に考えることができます。

別れた場合、今度同じくらい素敵な人にはもう会えないかもしれませんよ。そうならないためにも距離を置いて、お互い頭を冷やしましょう。


恋人と距離を置く際に心得ておきたい注意点

上手に距離を置くことで、お互いにとってプラスになることが多いと書きました。しかし、『距離を置く』という行為は、カップルの救済措置でもあります。

そこにはいくつかの注意点もありますので、これらを踏まえた上で距離を置く期間を設けてください。


注意点1. 一度距離を置くと別れる可能性があることを心掛けておく

距離を置く期間を作ることで、冷静になれたり自分の本心を確認したりすることができます。それは相手も同じことですが、相手が自分と同じ結論を出すとは限りません

こちらは「関係を続けたい。」を望んでいても、相手は「別れたい。」という結論を出すかも。それくらい『距離を置く』ことにはリスクもある、ということを心掛けておいてください。


注意点2. 距離を置いている間は彼氏や彼女に対して連絡は一切しないようにする

しばらく会わないでいると、心にぽっかり穴が空いたような気持ちになります。寂しい気持ちを埋めるように、つい相手に連絡を取ってしまえば、距離を置く期間が中途半端になり、何の意味もなかったということになりかねません

また、浮気や喧嘩等で相手に非がある場合は、相手を調子付かせてしまう危険性もあります。寂しいと思う気持ちは分かりますが、ぐっと堪えましょう。


注意点3. 距離を置いているからといって、他の異性と遊ぶなど浮気には走らないこと

距離を置くことは、別れることではありません。距離を置く期間中も、お互いの関係は続いています。だからこそ、その間に他の異性と遊んだり、好きな人を作ったりするのはやめておくべきです。

もし他に好きな人がいるなら、距離を置く以前にきちんと相手と別れるようにしましょう。相手にバレてしまったり悟られてしまったりしたら、噂が広まる可能性もありますし、後味の悪い最後を迎えることにもなります。


二人に合った距離を置く期間を見つけてみて。

距離を置く期間は、理由によって平均期間が違います。どんな理由であれ距離を置いた際は、その間に必ず理由を分析したり短所を改善したりしましょう。

また距離を置いている間は、連絡を取りたくても我慢して、他の異性と遊んだり好きな人を作ったりするのはやめておくべき。

「距離を置きたいと思ってるんだけど、距離を置いちゃったらもう別れるしかないのかな」

そう不安に思うのはよく分かります。しかし、距離を置くことは悪いことではありません。うまく距離を置いて、お互いの絆をさらに強めましょう


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事