男女のLINEの駆け引きテク10選|好きな人を落とすライン内容とは

好きな人には自分に振り向いてもらいたいですよね。そこで今回は、LINEで駆け引きをするテクニックについて徹底解説!ラインの駆け引きをすべきタイミングもお教えするので、好きな人に自分からアプローチする時の参考にしてみてくださいね。

LINEの駆け引きテクって何があるの?

男女のLINEの駆け引きテク10選

今はコミュニケーションのツールに欠かせないLINE。好きな人とのLINEは特に楽しいですよね。でも、自分だけが一方的に好きなのは辛いものです。

そこで今回は、好きな人を落として両想いになるためのLINEテク10選をご紹介します。男女の駆け引きテクを覚えておけば、あなたも意中の異性を落とせるかもしれませんよ。


【男女別】好きな人にLINEで駆け引きをする方法とは

好きな人ができても、なかなかうまくアプローチできず、その結果何もしない、もしくはできない人もいるのではないでしょうか。

LINEで恋の駆け引きができる方法を知れば、あなたも少しは前に進めるかもしれません。ちょっとしたことを気を付けるだけで、思った以上に恋は進展するものです。


1. 男性へおすすめのLINE駆け引きテクニック

まずは男性へおすすめのLINEテクニックをご紹介します。LINEテクニックといえども男女では使うテクニックが違うことがあります。

全てのLINEのテクニックをいきなり使えなくても、少し意識するだけで、明日からの女性の反応が変わるかもしれませんよ。


男性の駆け引き① さり気なく彼氏の有無や好きなタイプを聞いてみる

好きな女性がいれば彼氏がいるか気になりますよね。でもなかなか直球で聞きにくいものです。そんな時におすすめな方法は、「休みはいつも彼氏とデート?」と彼氏がいることを前提にさりげなく話をしてみることです。

彼氏がいれば、「そうだよー」と返信があるでしょうし、いなければ「もう何年も彼氏なんていない(笑)」とでも返信があるでしょう。

このようにさり気なく彼氏がいるかを確認してみてください。また、同時に「へーそうなんだ、○○さんってどんな人がタイプなの?」と、恋愛の話題になっている今こそ、好きなタイプまで聞けば、おのずと相手の恋愛観を知れますよ。


男性の駆け引き② 女性の事を外見、内面問わず褒めてみる

小学生や幼稚園の時は、親や先生から褒められても、大人になると褒めてくれる人が少なくなります。それは大人になればなるほど「できて当たり前」と思われることが多いからです。

それに日本人は「恥」の文化があり、なかなか堂々と褒めることができない人が多いです。恥ずかしいと思うからでしょう。しかし、人は褒められると嬉しいものです。

好きな人であれば、外見内面問わず、褒めましょう。自分の事を認めてくれる人を人間は好きになる傾向があります。恥ずかしがらずに、積極的に褒めることが重要です。

【参考記事】はこちら▽


男性の駆け引き③ 相手の趣味を事前を尋ねて、魅力や好きな理由を深掘りしてみる

趣味は人それぞれですよね。全く同じ趣味の人同士なら話も合いますが、違う趣味の場合、そこで会話が終わってしまうことがあります。

でも好きな女性の趣味であれば、どんどん突っ込んで聞いてください。趣味について知らなくてもいいのです。知ろうとする姿勢が大切です。

どうしてその趣味が好きなのか、理由を聞くことにより相手の事がより深く知ることができます。女性も自分の好きな趣味の事であれば聞かれても悪い気はしないでしょう。


男性の駆け引き④ わざと既読スルーをしたりする

積極的にLINEでアピールするのもいいのですが、それだけだとダメです。たまに既読無視することで、いつもと違う自分を演出してください。

既読無視するだけで、いつもと違うやりとりとなり、それだけで意識することもあります。恋愛は押してダメなら引いてみることが大切です。


男性の駆け引き⑤ 好意を匂わすようなかわいいスタンプを送ってみる

LINEには様々なスタンプがあります。男らしく絵文字やスタンプを一切使わないのもいいのですが、好意を匂わすようなかわいいスタンプを送ってみるのもおすすめテクニックです。

スタンプは伝えたい気持ちを簡単に伝える手段です。ダイレクトに好きだと伝えるのではなく、さりげなく好意を感じれるようなかわいいスタンプが喜ばれます。

スタンプの多用はいけませんが、フフって笑えるようなスタンプならむしろ好感度アップする女性は多いです。

【参考記事】はこちら▽


2. 女性へおすすめのLINEの駆け引きテクニック

男性の次は女性へおすすめのLINE駆け引きテクニックです。最初から両想いであっても気持ちが伝わっていないと意味がありません。

また、片思いであれば、気になる男性を落とすために、LINEの駆け引きが必要なこともあります。

特に、鈍感な男性を好きになってしまった場合は、積極的なアプローチが必要でしょう。様々なLINEの駆け引きを覚えて、ぜひ意中の男性を落としてくださいね。


女性の駆け引き① ハートマークを多用して相手に好意をさり気なくアピールしてみる

ハートマークは、異性に引かれると思っている人もいるかもしれません。しかし、男性は女性からの好意に悪い気にならない人が多いので、使っても問題ないことが多いです。

学校や仕事で疲れた心を癒すのは、優しいLINEの内容です。どんな文章もハートマークを使うことで、一気に柔らかい印象を与えます。今まで使ってなかった人も頻度を気にせず思い切って使ってみましょう。


女性の駆け引き② 夜遅い場合、わざと既読スルーして次の日の朝におはようLINEをする

男性からのLINEが夜遅かった場合、未読にせず、あえて既読無視して下さい。そして次の日の朝に「おはよう」とLINEしてください。

男性側からすると、気になったまま夜を過ごすことになるのですが、それだけ女性の事を考えることになります

次の日の朝にLINEがくると、ほっと安心するでしょう。あまり多用するといい印象を与えないかもしれませんが、たまには既読無視して男性からの自分への意識を高めてもらいましょう。

【参考記事】はこちら▽


女性の駆け引き③ 「好きな人とかいないの?」と男性へ探りを入れてみる

お目当ての人に彼女か、もしくは好きな人がいるどうかは、早めにLINEで聞いておくべきです。聞かれた側は、もしかして自分に好意があるかもと思うかもしれません。

自分のことを少しでも意識してもらうためにも、好きな人についての話題は積極的にしていきましょう。

聞く勇気がない場合は、とにかくタイミングを見つけること。共通の友達や芸能人の恋愛関係の話になった時に、自然と聞いてみてくださいね。


女性の駆け引き④ 遠回しに好意を伝えるかわいいスタンプを送る

かわいいスタンプは人を和やかにします。女性らしく好意を伝えるかわいいスタンプであれば、喜ぶ男性はいても、怒る男性は少ないでしょう。もし犬好きの男性なら犬の可愛いスタンプだとさらに喜ばれます。

かわいいスタンプにハートがついていたり、目がきらきらしているなど、スタンプでも好意を伝えることはできます。もちろんスタンプばかり使うのはよくありませんので、頻度はほどほどにしましょう。


女性の駆け引き⑤ 友達と遊んでいる風景など、自分のオフシーンの写真を送ってみる

自分の事を知ってもらうことが好意をもってもらえる近道です。友達と遊んでいる風景や、自宅でくつろいでいるオフのシーンの写真を送ってみましょう。

普段の自分を知ってもらうことで、好きな人は自分との距離を近くに感じます。私生活が謎だと、親近感を持ちにくいものです。自分のオフシーンを送ることで、心を相手に開いていることのアピールになります

また、話題の提供にもなります。友達と遊んでいる風景が、自分も行ったことのある場所でしたら、話も盛り上がりますし、行きたいと思っている場所であれば、今度一緒に行こうという話になるかもしれません。

好きな男性に対しては、自分の情報はオープンにしていきましょう。


【男女共通】LINEで駆け引きをするのに最適なタイミングは?

人は試されていると最初に感じると警戒することが多いので、いきなりLINEで駆け引きするのはお勧めしません。そこで、LINEで駆け引きをする最適なタイミングについて解説します。


駆け引きでは絶妙な距離感が大事!失敗しやすい駆け引きの方法とは?

LINEの駆け引きにおいて、相手の距離感が成功の秘訣です。ここではよくある失敗を例にあげていきます。もし自分に心当たりがあるなら、少しずつでいいので、改善していきましょう。

距離感を間違えてしまうと、最悪相手に嫌われてしまうかもしれませんし、付き合うことができてからも距離感は大切ですので、ぜひ参考にしてくださいね。


失敗する方法1. 嫉妬させようと他の異性の影をアピールしすぎる

自分に嫉妬させようと、ついつい他の異性の影をアピールしてしまう人もいます。たまには必要なテクニックなのですが、あまりにも頻度が多いと自分に興味がないと勘違いされるかもしれません。

「自分が好きなのは、あくまでもあなただけです」ということを伝えるためにも、他の異性の影をアピールするのは、ほどほどにしましょう。


失敗する方法2. 急にそっけない態度をとったり、相手を突き放すような態度をとる

距離が近いと感じるとよくある失敗です。そっけない態度をとっても気にしないだろうと思っていても、相手は一度傷つくと、音信不通になる可能性があります。

LINEのような文のやり取りは誤解を生じやすくなりますので、距離が近いと思っていても相手が傷つくようなことは避けましょう。相手を思いやる心を忘れないことが大切です。


失敗する方法3. 盛り上がるべきLINEでも、あえて返信を送らせてしまう

趣味の話や、一緒に行ったデートの話など、会話のクライマックスとも言える盛り上げあるべきLINEの内容でも、あえて返信を遅らせてしまう人がいます。

せっかく気持ちが盛り上がっているのに、興ざめになってしまいますよ。楽しい盛り上がる話の内容の場合は、未読にせず、返信は素早く会話のようにどんどんやりとりしましょう。


失敗する方法4. 中途半端に押してから引いてしまう

相手が興味を示した後に引かないと、単純に距離が離れるだけになってしまいます。押すことは大切ですが、問題はその押し方です。中途半端だとまだ相手が自分に興味をもっていない可能性があります。

引くタイミングを間違えないようにしましょう。そのためには相手の反応をよく見る必要があります。既読無視をしても大丈夫な関係かどうか、タイミングよく引くことが大切です。


失敗する方法5. 明らか両想いになった後でも、無理に焦らそうする

せっかく両想いになって、カップルになることができるタイミングがあるのに無理に焦らしてはいけません。

LINEが来ても未読にしたり、タイミングをあえて逃すことはやめましょう。

相手の反応をみて、両想いだと感じたら、未読などせず素直に気持ちを伝えましょう

【参考記事】はこちら▽


反対にLINEで駆け引きされてると思った時の対処法とは?

恋の駆け引きは自分だけの専売特許ではありません。もし相手がLINEで駆け引きをしているなと感じた場合は、どのように対処したらいいでしょうか。

ここでは、LINEの駆け引きを感じた際、すぐにでも使える具体的な対処方法をお伝えします


対処法1. わざと見知らぬフリをして、相手の駆け引きに乗っかってみる

相手の出方を見て、タイミングを見計らって、次の対処方法を試してみましょう。例えば、既読無視されても、焦ったり怒ったりしないこと。

次にどのような手をうってくるのか、楽しみながら相手の駆け引きに乗っかってください。これも恋の楽しさの一つです。カップルになった後ではこのような駆け引きをすることはないでしょう。今しかできないと思って片思いを楽しんで。


対処法2. 自分も駆け引きを仕掛けてみる

こちらからも仕掛けることにより、今までの関係が変わる可能性があります。もしかしたら駆け引きをお互いにすることにより、お互いの気持ちが伝わる可能性だってあります。遠慮せずに自分からも仕掛けてみましょう。

自分から動くには勇気がいるかもしれません。しかし、相手が既に駆け引きをしかけているということは、少なくとも嫌われているわけではありません。ここが勝負時と思って頑張ってください。


対処法3. 相手にアプローチさせるのが狙いの場合、勇気を出して告白してあげる

相手はLINEで駆け引きを仕掛けてきているという事は、自分の事が好きな可能性が高いです。でも自分から告白する勇気がないのでしょう。

そんな時は、相手の気持ちを汲み取って、自ら告白しましょう。既に両想いであれば、どちらから告白しても問題ありませんよ。

【参考記事】はこちら▽


LINEの駆け引きは、相手との関係性を考えた上で進めてくださいね。

片思い中の相手に駆け引きすることは悪いことではありません。相手の事を考える、いい機会にもなるのです。

今回ご紹介したLINEの駆け引きを、恋のスパイスとして上手に使って、片思いを成就させていきましょう。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事