自分に自信がない人の”自信の付け方”9選|不安になる原因を克服しよう!

自分に自信がなくて、ついネガティブな発言をしてしまう方へ。今回は、自分に自信がない人の特徴や原因を解明して、自信をつける方法を9つご紹介していきます。自信がある人とない人の違いも解説しているので、自分がどちらに当てはまっているのか確認しながら読み進めてくださいね。

「自分に自信がない」と悩んでいる男女へ。

自分に自信がない人の自信の付け方

いつも自分に自信がなくて悩んでいる人も少なくないでしょう。いったいどうすれば、自分に自信をつけられるのでしょうか。

この記事では、自分に自信がない原因と自分に自信がない人の特徴、さらには自分に自信がある人とない人の違いや自信をつける習慣について解説します。

ぜひ参考にして、自分に自信をつけてみませんか。


何で自信が持てないんだろう…。自分に自信がない6つの原因

いつも自信がなくて悩んでいる人の場合、なぜ自信がないのか気になる人もいるのではないでしょうか。ここでは、自分に自信がない人の原因について解説します。

ぜひ参考にして、自分の自信のなさの原因を考えてみてくださいね。


原因1. 完璧主義で全てが100点でないと駄目と思い込んでいるから

自分に自信がない人は「完璧でないと他の人から認められない」と思い込んでいることもしばしば。そうして完璧主義になることで、自然と足りていない部分に目が向いてしまいます。

「頑張ったつもりだけど、できてないところがたくさんあるから全然ダメだ」などと思ってしまい、ますます自信をなくすケースも少なくありません。


原因2. 過去の失敗経験がトラウマで自信を持てないから

「過去に仕事で大きなミスをしてしまった」など、失敗した経験がトラウマになり、自信のなさにつながることも多いでしょう。

「自分はあんな失敗したからな」と過去のミスをいつも思い返してしまうので、何をするにもマイナスに考えてしまいがち

もし他人が同じ仕事をして失敗しなかった場合、「あいつはできるのに俺なんて…」とさらに自暴自棄に陥ることも多いです。


原因3. やろうとしていることに対して、そもそも経験がないから

何かをやろうとした時、経験がないとどうしていいのかわからず、自信がなくなることも少なくありません。

例えば転職して新しい会社で働く時、初日は非常に緊張して「ここでやっていけるかな」などと思う人も多いでしょう。ですが時間が経てばその会社でも経験が増えるので、自信のなさも次第に消えていきますよね。

未知のものを目の前にすると、自信がなくなる人が多いです。

【参考記事】はこちら▽


原因4. 頑張っても成果に表れないから

精一杯努力して頑張ったけど思ったような成果が出ない時、「こんなに頑張ったのにダメなんだ」とマイナスに考えて自信をなくすことも。

一生懸命頑張ったからこそ、その成果とのギャップにショックを感じてしまうこともしばしば。「こんなに頑張ったのに…」とどんどん自信をなくしてしまい、最終的にな「努力しても無駄だな」と思うことも少なくありません。


原因5. 人に責められた経験があるから

過去に人に大きく怒られたり否定された場合も、自信のなさにつながるでしょう。「そんなこともできないの」「そんなんじゃダメダメ」などと強く責められることで、「自分は何をやってもダメなんだ」と思い込んでしまうことも。

無意識に「自分はダメ人間なんだな」と解釈してしまうので、自信のない状態になりやすいでしょう。


原因6. 幼少期の頃に親から否定的な言葉を浴びせられて育ったから

自信が持てない原因として、幼少期の出来事が関係している可能性も。

幼少期の時、自分の言ったことに対して「わがまま言っちゃダメ!」「言う通りにしていなさい!」などとあれこれ言われてしまうと、「自分は間違っているんだ」と自信をなくしてしまいがち。

そうした経験が大人になってもなかなか忘れられずに、いつまで経っても自信のない状態が続くのです。


自分に自信がない人の12の特徴を紹介!

自分に自信のない人には、いったいどのような特徴があるのでしょうか。ここでは、自分に自信のない人の特徴について解説します。

自信が持てなくて悩んでいる人は、ぜひ当てはまっているか参考にしてみてくださいね。


自分に自信がない人に共通する6つの特徴

ここでは、自分に自信がない人に共通する特徴を解説します。自信がない人には、いったいどのような共通点があるのか気になる人も少なくないはず。

ぜひ参考にして、自分はどうなのか照らし合わせてみてくださいね。


特徴1. 他人からの評価を気にしてしまう

いつも自信がない人は常に他人の評価を気にしているので、周囲から否定されたり意見を批判されることに不安がることが多いです。

「人から嫌われたくない」という心理を持っている人は多いですが、自信がない人はその思いが非常に強いのも大きな特徴。

「嫌われていないかな」「影でこっそり笑われていないかな」といつも気になっていまいます。


特徴2. ネガティブな考え方が根付いている

自信がない人は、どんな時でもプラス思考になることはありません。「このプロジェクトがうまくいかなかったら」「この商談が失敗すればどうなるだろう」と起こってもいないことでもあれこれ考えてしまいがち

そうした自信のなさが染み付いているので、自信のない人は、何か新しいことに挑戦しようと思っても踏み切れません。

【参考記事】はこちら▽


特徴3. 他人の意見に流されやすい

他人の意見を尊重しすぎるのも自信がない人も大きな特徴です。他人の意見を気にしすぎて流されてしまうことで、自分がどうしたいのかわからなくなることもしばしば

「どうすればいいのだろう」とわからなくなり、周りから優柔不断だと思われてしまうことも。自分に正しい判断ができず、ますます自分が信じられなくなります。


特徴4. 物事を深く考え込んでしまいがち

いつも自分に自信がない人は真面目な人も多く、どんなことに関しても「もしできなかったら…」「本当にこれでいいのかな」などと深く考える傾向にあります。

あれこれ考えることで、「失敗したらどうしよう」と失敗を恐れるようになり、行動を起こせずどんどん自信がなくなっていくでしょう。

行動中においてもあれこれ考えることも少なくなく、迷って決断が遅くなることも少なくありません。

【参考記事】はこちら▽


特徴5. 姿勢が猫背で悪く、下を向いて歩くことが多い

言動や考え方だけでなく、普段の姿勢も自信のなさに大きく関わります。自信がない人の中には猫背な人も少なくありません。

姿勢が悪いのでいつも下を向いて歩くことも多く、他人と目が合わせることもないので、気持ちもどんどん暗くなることも。

「どうせ自分なんて…」という不安が強いほど、下を向いて歩くことが多いでしょう。


特徴6. コンプレックスに強い悩みを持っている

コンプレックスが自信のなさにつながることも少なくありません。コンプレックスを持っていると、「こんな自分は好きになれない」とネガティブに考えて、自分が嫌いになることも多いでしょう。

何をするにしても自分のコンプレックスが真っ先に頭によぎるので、「どうせ自分なんて…」とつい自信をなくしてしまいます。


自分に自信がない人の「仕事」の3つの特徴

自信のなさは、普段の生活だけでなく仕事においても大きく現れやすいでしょう。ここでは、自分に自信がない人の「仕事」に関する特徴を解説します。

普段の仕事で当てはまっていないか、ぜひここでチェックしてみてくださいね。


仕事の特徴1. 責任感のある仕事を任されないことが多い

自信がなさそうな人を上司などが見た時、会社として信頼できないと考えるため、責任感のある仕事を任されないことも多いです。

責任感をあまり必要としない仕事を任されることで、「会社からあまり必要とされていないのかも」と考えて、さらに自信をなくしている人も少なくありません。


仕事の特徴2. 役職が上がりにくい

自信がない人は、リーダーとして頼りないと評価されやすいため、なかなか役職も上がりにくいでしょう。

もし役職が上がっても、その自信のなさから後輩から慕われない可能性もゼロではありません。

仕事を何年も一生懸命頑張ってきたのになかなか役職が上がらない場合、「会社から評価されていないんだな」と自暴自棄に陥る人も少なくありません。


仕事の特徴3. 仕事を断れず、溜めがちになる

自信のない人は、常に他人の顔色を伺っていることも少なくありません。仕事を他の人に「これやっといてくれる?」と頼まれた時、自信を持って断れないこともしばしば。

結果として仕事が溜めがちになってしまい、自分がいつも損をしている可能性も高いでしょう。他の同僚にあれこれ利用されることで、「どうしてこんなに仕事ができないんだろう」と自信をなくしがちです。


自分に自信がない人の「恋愛」の3つの特徴

仕事だけでなく、恋愛においても自信のなさを感じることも少なくありません。ここでは、自分に自信がない人の「恋愛」に関する特徴を解説します。

恋愛で自分に自信が持てない人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。


恋愛の特徴1. 振られた経験を引きずり、異性に積極的に関われない

過去に勇気を出して振られた経験がある人は、「また告白してもどうせ振られるだろう」と勝手に解釈してしまいがち。

せっかく好きな人ができて「愛されたい」と思っても、過去の振られた経験から自信がなくなっているので、積極的にその異性に関わろうとしません。

告白の絶好のチャンスがきても、逃してしまう可能性が高いでしょう。


恋愛の特徴2. LINEで異性に連絡をしようとしても、なかなか送れない

LINEにおいても、自信のない人はその特徴が現れやすいです。好きな人ができてLINEを送ろうとしても、「なんて送れば返してくれるかな」「こんなこと言ったら嫌われないだろうか」などとあれこれ考えてしまいがち

結局LINEが送れず、「やっぱり自分はダメだな…」とさらに自信をなくす可能性も考えられるでしょう。


恋愛の特徴3. 付き合っても束縛してしまうことが多い

自信がない人は、愛されたいがゆえに自分勝手になることもしばしば。自分に魅力がないと思っているので、付き合った相手に「浮気されないだろうか」と不安になることも多いです。

その結果、「男の人と話さないで」「男性がいる飲み会に行っちゃだめ」などとあれこれ束縛することも少なくありません。

「愛されたい」という自尊心を満たすために、相手を束縛してしまいます。

【参考記事】はこちら▽


自分に自信がある人と自分に自信がない人の違いとは?

いつも自分に自信がある人と自信がない人では、どのような違いがあるのでしょうか。ここでは、自分に自信がある人と自分に自信がない人との違いについて解説します。

「自分はどっちだろう」と気になる人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。


1. ポジティブな発言をしているかどうか

いつも自分に自信がある人は、常に前向きな発言をする傾向にあります。「自分はできる」と思っているので、どんな時でもポジティブな言葉が出てきやすいでしょう。

一方自分に自信のない人は、「あの人に比べて自分なんて…」などとネガティブな言葉が口癖になっていることも。たとえポジティブな出来事であっても、ネガティブに考えてしまいやすいです。


2. いつも笑顔で周りの人と接しているかどうか

他人との接し方においても、自信がある人とない人では大きく異なります。常に自分に自信がある人は笑顔でも自信を表現しており、下を向くことなく常に前向きな表情をしていることが多いでしょう。

一方で自信のない人は、常に下を向いており無表情でいることもしばしば。場合によっては無愛想だと思われてしまい、ますます自分が嫌いになります。


3. 反省の時間が短いかどうか

いつも自分に自信のある人は、反省の時間も短い傾向にあります。反省することはしっかりと反省しますが、反省し終わるともうそのことは考えることはありません。

ですが、自分に自信のない人の場合、あれこれ考えていつまでも反省していまいがち。「ここがダメだったからかな」などと考えすぎてしまい、「自分がダメだったからだ」と自信をさらになくしやすいでしょう。


4. やる前から「できない」と言っていないかどうか

何かを始める前の言動でも、自信がある人とない人では大きく異なります。自分に自信のある人は「なんとかなるだろう」と前向きに考えるので、どんなことでも「できます」と前向きな言葉を言うことが多いです。

一方自信のない人の場合、何か新しいことを始める時「できるかな」とあれこれ考えすぎてしまいがち。「やっぱり無理かも」と思ってしまい「できません」と発言することも多いです。


自分に自信がないのを克服!自信を付ける9つの習慣

自分に自信がなくて困っている人の中には、なんとかして自信をつけたいと考えている人も少なくないはず。ここでは、自分に自信をつける習慣について解説します。

自信をつけたい人はぜひ参考にして、新たな自分に生まれ変わりませんか。


習慣1. 今やっていることをがむしゃらに取り組む

自分に自信を持つには、まずは達成感を感じることが非常に大切です。目の前の仕事などを、一生懸命取り組むように意識してみましょう。

目の前のことをがむしゃらにやれば、その日の終わりに「頑張ったな」とやりきった感情が芽生えるはずです。その繰り返しをすることで、自然と「やればできるんだな」と感じて自信の克服に繋がります


習慣2. 完璧な出来栄えでなくても自分のことを褒める

常に自分に自信のない人の中には、完璧主義な人も多いです。ですが、人はそこまで完璧な生き物ではありません。「完璧に仕上げなきゃ」といった感情をなくしていくことで、自信を持つことに繋がります。

仕事などで完璧にできなくても、ある程度できていれば「よく頑張った」と自分を褒めてください。自分を常に肯定してあげる癖をつければ、「自分なんて…」と思うこともないでしょう。


習慣3. 毎日小さな目標を立てて、成功体験を積む

自信がない人からすぐにでも脱却したい人は、まずは成功体験をつくりあげることを意識してみましょう。

一度成功体験ができると、失敗したことより成功したことに意識が向くことも少なくありません。成功体験をどんどん積んでいけば、過去の失敗をあまり考えないようになるので、自然と自分に自信がつきやすいですよ。


習慣4. ポジティブな性格になるよう自己暗示をしてみる

ちょっとした普段の意識の違いで自信のある人に生まれ変われる可能性も。日々の仕事のトラブルや人間関係において、たとえネガティブな内容だったとしても、できるだけ前向きに捉えられるよう自己暗示してみましょう。

ネガティブに捉えがちなものでも、裏を返せばポジティブなことだと考えられるかもしれません。いつも前向きな思考になれば、自然と自信にも繋がりますよ。


習慣5. 異性からモテるために自分磨きをする

今の自分が嫌いな人は、自分を好きになる努力から始めてみることをおすすめします。ジムに通って筋トレをしてみたり、勉強して新たな知識をつけてみたり、お金と時間をかけて自分磨きをすることで、理想の自分に近づけましょう。

なりたい自分に近づけることで自然と自分のことが好きになり、自信のなさが克服できますよ。

【参考記事】はこちら▽


習慣6. 自分のアピールポイントを探す

人間誰でも、他人にはないような強みを持っているはずです。自分自身を見つめ直して、どこが自分の強みなのか探してみてください。

友達に聞いたり、インターネットで強みの診断をしてみたり、どんな小さなアピールポイントでも長所と捉えることが大切です。客観的に自分の強みを知ることで、自信を持つことに繋がりますよ。

【参考記事】はこちら▽


習慣7. 他人と比べることをやめる

「あの人に比べて私は…」などと他人と比較してもどうしようもありません。他人と比べていては、どんどん自分の自信をなくしてしまいがちです。

自分にしかない長所も必ずどこかに存在しているはず。他人ではなく自分に目を向けて、自分のいいところを見つめ直してみることをおすすめします。自分だけのよさを発見できると、自然と自信のなさも克服されますよ。


習慣8. 自信がある人と関わる

思い切って周りの環境を変えてみるのも一つの方法です。環境を変えることで、自然と自分の性格が変わる可能性も少なくありません。

いつもネガティブな人と一緒にいれば、マイナスの感情を受けて発言もネガティブになりがち。自信のある人と関わることで、自然とプラスのエネルギーを受けやすいので、自信のなさを克服しやすいでしょう。


習慣9. 自分が褒められたポイントをノートに書き出してみる

「〇〇のここが長所だよね」と褒められた時、自信のない人だとまともに受け取らないことも少なくないはず。そういう時は、褒められたことをノートにメモしてみてください。

言われたときにメモし続ければ、かなりの量になっていることも少なくないはず。後で振り返った時に、「自分にはこんなにいいところがあるんだ」と新たな発見ができて自信のなさを克服できるでしょう。


自信がない自分を変えるために、一歩踏み出しましょう。

ここまで、自分に自信がない原因や自分に自信がない人の特徴、さらには自信がある人とない人との違いや自信をつける習慣について解説しました。

自分に自信を持てるようになれば、日々の生活も充実してより楽しく感じるはずです。いつも自信がなくて悩んでいる人は、ぜひこの記事を参考にして、自信を克服してみてはいかがでしょう。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事