天才が持つ25の特徴とは。凡人とは違う幼少期の性格も大公開!

歴史ある偉大な秀才だけでなく、天才キッズと称して紹介される子供や、笑いの天才と言われる芸能人など、身近なところに天才と言われる人はたくさんいます。今回は、天才が持つ性格の特徴や凡人との違いを紐解き、どんな人が天才と言われているのか詳しく解説していきます。

「天才」とはどんな人なのでしょうか。

天才が持つ25の特徴

相対性理論を発見し、ノーベル物理学賞を受賞したアインシュタインは「天才とは努力する凡才」だと定義しています。

しかし、努力する人は秀才に分類されるという考え方もあります。

では、天才はどうして天才と呼ばれるのでしょうか?

そこで今記事では、天才の特徴と天才と言われる人の幼少期の性格について解説していきます。


天才とは?そもそもどんな人を指す?

天才とは

よく言われる天才には一般的な定義はありません。

世の中から天才と称される方は、何かしらの分野において突出している傾向にあります。

この観点から考えると、天才とは特定の分野において凡人と一線を画した業績をあげた方になります。


「天才」「天才肌」「秀才」の違い

よく混同されがちな3つの言葉ですが、明確な違いがあります。

まず「天才」は何らかの分野において凡人が真似できないような成果を残している人のことです。なので、成果を出した後で使われます。

「天才肌」と「秀才」は一般的に天才と呼ばれている方を分類する際に使われます。

「天才肌」の人はそれほど努力しなくても要領良く物事をこなしていけますが、「秀才」と呼ばれる人は成果を出すまでに地道な努力を積み重ねています。

そのため、凡人から見ると秀才にはなれるが、天才肌にはなれないというイメージが強くなっています。

【参考記事】はこちら▽


天才度診断!天才と凡人の違いを性格・行動・幼少期の特徴から解説

天才と凡人の違い

では、天才と凡人の違いは何なのでしょうか?

天才と呼ばれる方には特徴的な性格がいくつかあります。天才が共通して持っている珍しい性格が天才と凡人の違いです。

この記事では性格・行動・幼少期の特徴から解説していきます。


天才の性格の特徴とは

天才度を診断する前にどのような人が天才と呼ばれ得るのかについて確認してみましょう。

同じ天才と呼ばれている方たちでも、人によってその性格の特徴は異なっています。ここでは、違っている中でも多くの天才たちに共通している特徴的な性格について紹介していきます。

もちろん全てが当てはまっている人だけが天才ということではありません。

天才度診断を行う上での参考にしてみてください。


性格の特徴1. 興味があることに対しての集中力が圧倒的

天才は集中力が作り出しているといっても過言ではありません。

集中すると同じ1時間でもその中の効率が大分変わってきます。

天才と呼ばれる人たちは1つのことに集中して効率的に取り組むことで類い稀な成果を出してきたとも言えるでしょう。

「寝食を忘れて打ち込む」という言葉がありますが、寝食を忘れるくらい集中しないと天才と呼ばれるほどの成果は成し遂げられないのかもしれません。


性格の特徴2. 決めたことに対して異常な程、ストイックに取り組む

天才はストイック

天才は精神的にタフな方が多い傾向にあります、一度これをすると決めるとなかなかそれを覆すことがありません。決めたことに対してひたすらそれを突き詰めていきます。

逆に凡人は自分の才能を探して様々なことに取り組みます。もちろん自分探しは悪いことではありませんが、その分努力できる時間が少なくなるのが問題です。

凡人が様々なことを行っている間に1つのことに集中し続けるストイックさが天才を作り出していると言っても過言ではないでしょう。

【参考記事】はこちら▽


性格の特徴3. 努力することを苦だと思っていない

天才たちが才能を表す分野は彼ら彼女らが興味を示す分野です。

大学教授を想像して頂けると分かりやすいかもしれません。大学教授はその分野が興味深いと思っているからこそ学問し続けるポストにいる訳です。

天才たちも同様で興味があるからこそ研究や自己研鑽に取り組んでいるのです。自分の好きなことをやっているので、努力が苦になりません。

あなたがゲームや自分磨きに取り組んでいる時、努力を苦だと思うでしょうか?

むしろ努力することを楽しいと感じるはずです。同じことが天才にも当てはまるのでしょう。

【参考記事】はこちら▽


性格の特徴4. マイペースで自分のリズムを乱さない

天才はリズムを乱さない

「天才と変わり者は紙一重」という言葉があります。

確かに、天才と呼ばれる人たちは凡人ではしないような発想をされる方が多いという印象があるかもしれません。

ところが発想だけであれば普通の方でも同じ発想をしていることがあります。

天才の特徴は一般的には無理だろうと思われるようなことを成し遂げることです。

そのようなことを達成するにはマイペースであることが重要です。

【参考記事】はこちら▽


性格の特徴5. 他人に対して興味が薄く、協調性に欠けることがある

他人の話を聞かないというとマイナスの特徴のように聞こえるかもしれません。しかし、天才を作る上では役に立ちます。これは他人の意見を聞くと挑戦できなくなるからです。

天才はマイペースであるがゆえに、協調性に欠けることがあります。

他人と張り合おうとする気がないので、他人からの評価に対して興味がありません。

他人を気にしないので、何と言われようとも自分の研究に注力することで結果を出せることです。

【参考記事】はこちら▽


性格の特徴6. 何事も思い描くスケールが大きい

普通何かをしたいと思う人は「本当にできるのか?実現可能性はどれくらいあるのか?」といったことを考えます。

考えた時点で将来性が無かったり実現可能性が低いと感じたりしたものはしないでおくという方も多いでしょう。

ところが天才はより広い視野を持っているので、常人では分からない将来性が見えています。

広い視野を持っているからこそ大きなスケールのことも思い描けるのでしょう。

その結果、歴史に残るような大発明に至ったというケースもあります。


性格の特徴7. 能力が一番生かせる場所を知っている

天才は能力を生かせる場所を知っている

ストレングスファインダーという能力テストをご存知でしょうか?

この能力テストは誰しもが相対的に得意な分野があるという理念に基づいて作られたものです。

実際、誰でも得意だなと思っている能力はあるでしょう。

天才は自分にとって何が向いているのかをよく分かっています。

自分の能力とそれを活かせる場所を見極める力があるため、能力も活かしやすくなります。

結果的に天才と呼ばれている方も少なくないはずです。


性格の特徴8. 意志が強く、自分のが決めたことはやりきる

天才には自分の能力が高いことを分かっている人が多いです。

自分の能力が高いことが分かっているからこそ自分の決定には自信をもっています。

好きなことをやっているので、努力をしても苦になりません。

やればやるほど結果を残せていくので、その分野への興味も湧いてきます。

その分野への探求心や「自分ならできる!」という自負が意思の強さに繋がっているのではないでしょうか。


性格の特徴9. 考え方が独創的で、固定概念に囚われない

天才の特徴の1つに考え方がユニークなことが挙げられます。

固定観念には囚われず、新しいことを考え付くのが天才です。「こうであるべきだ」と考えが固定されていないため、人とは違うことをしようと思うのでしょう。

この人が思いつかないことを思いつくという点が天才の特徴であり、天才についての世間一般的なイメージを作り出す要因にもなっている性格です。

ただし、天才の全てがこの性格を持っているわけではありません。

【参考記事】はこちら▽


性格の特徴10. こだわることと、無頓着なことの差が激しい

天才はこだわりと無頓着の差が激しい

天才は自分が興味があることに集中力を発揮します。

反対に興味が薄いことには最低限の興味すら向けないことがあります。

何かを成し遂げるほど1つのことにこだわり続ける能力こそ天才の特徴と言えます。

興味を全て自分のこだわりに振り向けるため、衣食住などそれ以外のことには無頓着になってしまうようです。

衣食住といった、普通の人であればある程度の注意を払うことにすら頓着しないような集中力から天才は生まれるのかもしれません。


天才の行動や言動の特徴とは

これまで天才が一般人と異なる点についてみてきました。このような性格の差は特徴的な行動となって現れます。

ここからは天才がどのように行動するのかという面に注目していきます。子供やご自身はどれくらい天才になれる素質があるのでしょうか。

性格よりも行動の方が他者から見て分かりやすい指標になるでしょう。当てはまっている特徴を探して天才度の診断に役立ててみてください。


行動の特徴1. 話し言葉が早すぎて、聞き取りづらい

天才の中には頭の回転が早すぎる方もいらっしゃいます。

そういった方は自分が考えるスピードで話すので、話すスピードが速くなったり聞いただけでは脈絡がなかったりという特徴が現れます。

聞いている側としては話がブツ切れになってしまうので、なかなか話を合わせづらく感じます。

もしあなたの周りに話すスピードが速く意味が分かりにくいという方がいたら、思考のスピードが人よりも速い天才なのでしょう。

【参考記事】はこちら▽


行動の特徴2. 幼い頃から本が好きで、膨大な量の本を読んでいる

天才は膨大な本を読んでいる

天才という生き物は一定の分野に傾倒しやすいです。そのため、天才の特徴として本を読んでいるかどうかが挙げられます。

もしその分野のことが本当に好きならば適当にネットで調べた情報では満足できないはずです。

本は読めば読むほど新しい知識が出てきます。それを補うために次の本を読むといった形で知識の探求に終わりはありません。

ある分野のことを良く知りたいと思っているために、天才は膨大な量の本を読んでいるのでしょう。


行動の特徴3. 他人には思いつかないようなクリエイティブなアイディアを出す

この特徴は良く思われている「天才」の像にピッタリと一致する人のことを指します。

次から次へとクリエイティブなアイデアを思いつく人がいればそれは天才と言って差し支えありません。

天才は新しいものを創造することについての才能があります。

このような天才は物事を多角的に捉える能力に優れています。様々な角度から物事を多角的に捉えられるからこそ、多様なアイデアを思いつきやすいのです。

【参考記事】はこちら▽


行動の特徴4. 努力しなくても、簡単にこなせてしまうことがある

天才は努力しなくてもこなせる

天才というのは特定の分野に対して一般的なレベルから抜きんでた才能を持つ人のことです。

もともと人よりも高い才能があるのですから、才能が人並みな人が苦労することであってもそれほど努力せずにこなせてしまいます。

もちろん、天才にも努力しないと到達できないレベルはあります。

しかし、一般的なレベルでは普通の人がしているほど努力しなくても人並み以上にこなせてしまう傾向にあります。


行動の特徴5. 他人が諦めることに果敢にチャレンジする

いくらクリエイティブなアイデアを思い付いたとしても実行しなければ世間からの評価は得られません。

突飛なアイデアだけでいいのあれば、世の中の常識を知らない子どもは皆天才になってしまいます。

天才として評価されるには「他人ができないと思っていたことをできるようにする」ことが重要です。

そのためには他人ができる訳がない思っていることに対してもチャレンジしていく挑戦心が必要になります。


行動の特徴6. インプットしてからのアウトプットが早い

天才の行動特徴の1つに多量の本を読むことがありました。

天才は大量に情報を仕入れますが、そのまま鵜呑みにはしても意味がありません。

情報を得た後で自分の頭を使って考え、情報を統合させます。

情報処理能力が優れているだけではなく、インプットした情報を自分の言葉で置き換える能力も高いのが特徴です。

天才はこの特徴を活かして、常人ができないことでも成し遂げてしまうのでしょう。

【参考記事】はこちら▽


行動の特徴7. 無駄に群れることを拒み、1人の時間をとても大切にする

天才は一人の時間を大切にする

天才は何らかの分野に興味を抱いているので、それ以外のことに割く時間にそれほど価値を見出せません。

他人と一緒にいると楽しい反面、自分の好きなことができない時間が増えることは自明です。

天才はそういった状態を無駄なものと捉えるため嫌う傾向にあります。

むしろ1人で自分が興味を持っている分野に取り組む時間が大切なのです。

時間をかけるからこそ独創的なアイデアも浮かびやすくなるのかもしれません。

【参考記事】はこちら▽


行動の特徴8. 物事を理解するスピードが異常に早い

成長スピードが早いことも天才の大きな特徴です。

もともとの才能に加えて、大量に知識をインプットしているため、情報を理解する土台がしっかりでき上がっている傾向が強いです。

物事を理解するスピードが早いと情報をインプットしてからアウトプットするまでのスピードが早くなります。

そのため、学術やビジネスなど様々な分野で最先端の情報についていけ、自身も最先端のものを生み出せるのです。


行動の特徴9. 決断するスピードは驚くほど早い

天才は自分の軸や目標を持って行動しています。

自分の軸があるため、AとBのどちらかを選べと言われたときでも、どちらがより自分の目標達成にメリットがあるのかを考えて決断します。そのため、決断スピードは異常に早くなります。

また自分が興味を持っていること以外はほとんど興味が無い状態なので、生活など雑多なことへの影響を考慮しないことも決断のスピードに繋がっていると言えそうです。

【参考記事】はこちら▽


行動の特徴10. 字が読めない事もあるほど汚い

天才は頭の回転が普通の人よりも数倍早いと言われています。

何かメモを取る時でも書きたい内容が通常よりもたくさんあるのでしょう。

そのため、綺麗に書いているとメモが施行に追いつかなくなります。

思考している速さで執筆するからこそ、字も汚くなり意味が分かりにくいメモができ上がるのかもしれません。

また、他人がなんと言おうと気にせず、自分が分かればいいと考えている節もあるので、字の汚さに拍車がかかるのでしょう。


天才の幼少期の特徴

天才は同年代の子供と話しが合わない

ここまで天才がどのように行動するのかについて考えてきましたが、ここからは天才と呼ばれる人が幼少期にどのような特徴を持つ子供なのかについてまとめてきます。

人生で一番心の赴くままに行動しているのが幼少期でしょう。

幼少期に生まれ持った性格がそのまま行動に現れると言われています。

以下の特徴を参考にどれくらい当てはまるかで診断してみてくださいね。


幼少期の特徴1. 同じ年齢の子供たちと話が合わない

天才は自分の興味がある分野がはっきりしています。

同じ年頃の子供たちが砂場で遊んでいたとしても数学にはまってその本を一心不乱に読んでいるかもしれません。

子供は自分の興味のある分野について話したがるようになります。通常の子供はアニメなどの話をしますが、天才は同世代の子供が持っていないような知識をもっているので、なかなか同じ年代の子供たちと話が合わないという現象が起こります。


幼少期の特徴2. 疑問に思うことが多く、質問ばかりする

天才の幼少期は質問ばかりする

現状に疑問を持たないタイプの子供はその状況を変えようと思いません。

クリエイティブなアイデアを出すには様々なことに疑問を持つ必要があります。

将来、他人が思いつかないようなアイデアを出す人は、子供の頃から視広い視野を持っているのが特徴です。そのため、幼少期でも多くのことに疑問を持ちます。

疑問を持つだけに終わらず、解決しようとして質問をする傾向にあります。


幼少期の特徴3. 話せるようになるまでの期間が短い

天才は往々にして頭の回転が速いことが特徴に挙げられるでしょう。

こうしたタイプの天才は生まれつき頭が良い人が多いので、子供でも学習速度がかなり速く、話せるようになるまでの期間が短い傾向にあります。

また話せるようになると会話によって知識が増えたり、自分以外のことに興味を持ったりするでしょう。

もともと頭の回転が速いところに知的好奇心が加わるので、天才と呼ばれるようになっていきます。


幼少期の特徴4. 記憶力が良く、一度聞いたことを忘れない

記憶力が良いことも天才の特徴です。

天才は全てのことを覚えているのではありません。

日常生活に関わる些細なことであれば、一般の人と同じように忘れていきます。

しかし、自分の専門分野に関しては関心が強いため忘れることはありません。

多くの情報を記憶していることで、広い視野を持つことができます。様々な情報を複合して1つの目標に向かって進んでいくことで偉大な発明ができるのでしょう。


幼少期の特徴5. 状況をすばやく掴むため、心配性

天才は心配性

心配性の人は危機が起こった時に自分が安全でいる保障が無いと考えているため、それを回避しようとします。

これまでの発明はこれから起こるだろう危機を想定した結果、生まれてきました。心配性の方は状況をすばやく掴み、その状況を分析して、どういった危機が起こりそうか判断する能力に優れています。

こうした側面からみると心配性の方は天才になる可能性を秘めていると言えるでしょう。


歴史上の人物や、現代の有名人から天才を紹介!

天才を紹介

これまで、天才の特徴について具体的にまとめてきました。

ここからは世間一般でも天才と呼ばれている人たちを例に挙げ、それぞれがどのような特徴も持っていたのか、どのような人生を送ったのかについてまとめていきます。


歴史上の人物で天才と呼ばれた人たち

歴史は人間が作り出してきたものです。創造されていく中で、多くの偉人たちを生み出してきました。

偉人にも秀才型やカリスマ型など様々なタイプの方がいますが、ここではその中でも天才と多くの人が思い浮かべやすい人物について紹介していきます。

芸術家から科学者まで多様なタイプの天才たちを5人紹介していくので、ぜひご自身と近い天才を探してどこが違うのか比較してみてください。


1. アルベルト・アインシュタイン

アインシュタインはドイツ生まれの物理学者で、相対性理論を考えだしたことで有名です。

物理学に対して造詣が深く、20世紀の物理学の基礎となる考え方を多数考案したことから天才と呼ばれています。

彼はチューリッヒ連邦工科大学を卒業後、教員などをしながら論文の執筆に勤しんでいました。

その後、友人の紹介で特許庁に就職し、働きながら相対性理論を始めとする論文を執筆。その功績が認められて大学教授になりました。


2. レオナルド・ダ・ヴィンチ

天才レオナルドダビンチ

レオナルド・ダ・ヴィンチは「万能人」とも呼ばれたルネサンス期の天才です。

美術においては有名な最後の晩餐やモナ・リザを作成した他、人体解剖や土木建築などに対しても才能を発揮しました。

多様な分野で活躍し、多彩なクリエイティブさを発揮したために天才と呼ばれるようになりました。

フィレンツェでは評価されなかったダ・ヴィンチでしたが、ミラノではミラノ公の支援のもと音楽や絵画の才能を発揮し、万能人と呼ばれるようになりました。


3. ヨハン・カール・フリードリヒ・ガウス

ヨハン・カール・フリードリヒ・ガウスは近代数学のほぼ全てに影響を与えたと言われているほどの数学者です。

朝起きたときに数学に関しての発見をしたというほどクリエイティブなアイデアをもった天才です。

彼の業績で最も有名なものは正17角形が作図可能であることを示したことでしょう。ここから数学者になる道を歩み初め、数々の発見を残しました。まさい無尽蔵なアイデアを持った天才だったと言えるでしょう。


4. ジョン・フォン・ノイマン

一般的にはあまり知られていない天才がジョン・フォン・ノイマンです。

彼自身は知られていませんが、彼が作り出したコンピューターは私たちが日常的に使われているものです。

高い記憶力と計算能力を有していたことから天才と呼ばれるようになりました。

彼はハンガリーに生まれ、18歳でベルリン大学、ブタペスト大学、チューリッヒ工科大学の3つの大学を掛け持ちし、3つの博士号を取得しました。

その後、マンハッタン計画や経済のゲーム理論の構築など様々な分野で活躍、54歳で死去しました。


5. ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ

天才ゲーテ

ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテは18世紀から19世紀にかけて活躍したドイツを代表する文豪で「若きウェルテルの悩み」などで有名です。

その生涯において数々の名作と呼ばれる作品を生み出したために天才と呼ばれるようになりました。

ゲーテが生み出した作品では「ファウスト」や「イタリア紀行」なども著名でしょう。

「ファウスト」第2部完結の翌年に生涯を終えています。


天才と呼ばれる、現代の有名人たち

天才と呼ばれる現代の芸能人

歴史的な天才はもちろん偉大ですが、年代が遠く時代背景も異なるため、親近感が湧かないかもしれません。

より天才を身近に感じるためにここでは現代で天才と呼ばれている有名人を紹介していきます。

過去の偉人たちとは違った分野で活躍している天才たちの生涯はどのようなもので、何故天才と呼ばれているのでしょうか。

ぜひ、ご自身との似ている部分や違っている部分を探してながら読んでみてください。


1. 北野武さん

北野武さんというよりも「ビートたけし」といった方がよく知られているのかもしれません。

70歳を超えても元気に活動している芸能人で、執筆活動も行っています。

冗談や漫才で周囲の人を笑顔にさせる能力が優れていることから天才と呼ばれています。

下町で育った彼は明治大学に進学しますが、卒業せずに除籍となります。

学生時代から芸能の道に関わり始め、見習い時代を経て、ツービートを結成しました。

初期は全く注目されなかったツービートでしたが、漫才ブームからブレイクし、そこから変遷を経て現在に至ります。


2. イチロー選手

野球選手といったら一番に名前が挙がるのがイチロー選手ではないでしょうか。

イチロー選手は小中高と野球に注力し、高校卒業後、オリックスに入団しています。

オリックス時代には日本野球史上もっとも早く1000安打を達成しました。

2000年にはマリナーズに入団し、日本人で初めてのメジャーリーガーとなりました。

幼少期から野球一筋で打ち続けてきたイチロー選手はストイックな天才と言えます。


3. 宮崎駿さん

日本のサブカルチャーは海外にも広く浸透していますが、そのアニメ分野で活躍した天才が宮崎駿さんです。

宮崎アニメとも呼ばれる作品群を作った監督でスタジオジブリも設立しました。

日本人なら彼が関わった映画を1つは知っているというくらいクリエイティブな活動をしてきた天才です。

学習院大学で学んでいる際に、アニメの道に入ることを志し、その後、様々な立場でアニメ作成に関わりながら監督まで成長し、1985年にはスタジオジブリの設立に至りました。


4. 尾田栄一郎さん

尾田栄一郎さんは国民的作家の1人です。

この方が作成している漫画は日本で最も売れている「ONE PIECE」になります。

幼少期から漫画家になると決意して努力していた尾田さんはストイックさとクリエイティブさを兼ね合わせた天才と言えます。

東海大学に進学中から新人賞などを受賞し、1997年から「ONE PIECE」の連載を開始しました。

その後、2018年に至るまで20年以上にわたって執筆を続けています。


5. 明石家さんまさん

上で紹介した「ビートたけし」と並んで日本のお笑い界を引っ張ってきた人物です。

彼は奈良県出身で高校三年生の時に落語家に弟子入りしています。

1976年に落語家から漫談を行う司会者に転向するきっかけとなるテレビデビューを果たしました。

漫談において才能があったため、メキメキと頭角を現した天才肌の天才です。

その後、タレントとして「笑っていいとも!」のレギュラーなどを務めながらドラマにも出演しています。


「天才」の特徴を取り入れて、天才を目指してみましょう。

天才を目指そう

天才と呼ばれる人にはどのような特徴があるのかについて紹介してきました。

天才と呼ばれる人は独創的なアイデアを持ち、同時にそれを実現できる集中力のある人と言えます。

努力することで天才と呼ばれるようになった方もいますので、今は天才ではなくても、これから頑張れば天才と言われるような人物になれるかもしれませんよ。


【参考記事】頭がいい人と悪い人の違いを解説していきます▽

【参考記事】コミュ力を上げたい人は必見!鍛え方をレクチャーします▽

【参考記事】仕事が出来ない人の共通点から対処法まで大公開▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事