【完全版】好きな人を振り向かせる方法25選|恋に役立つ心理学も解説

好きな人にどうやって自分のことを気になってもらえるか悩んでしまう時ってありますよね。今回は、男女別に好きな人を振り向かせる方法を徹底解説!自分が相手から好かれている時の脈ありサインや、LINEでの振り向かせ方、恋愛に役立つ心理学までお教えします。

好きな人を振り向かせる方法を大公開!

好きな人を振り向かせる方法

好きな人がいるけれどずっと片思いをしている状態が続いていると悩ましいものです。

好きな人をいつか振り向かせたい、恋人として付き合える方法を知りたいと強く願っている人も多いでしょう。

本記事では、好きな人を振り向かせたいと考えている人のために、好きな人の脈ありサインや好きな人を振り向かせるコツについてご紹介します。


まずは現状確認!好きな人が本当に好きな人に見せる、男女共通の7つの脈ありサイン

有効なアプローチで好きな人を振り向かせるためには、まずは好きな人の行動パターンを知っておくことが大切です。

好きな彼や彼女が好きな人に対してどんな態度を取るのか、好きな彼や彼女が見せる脈ありサインを7つ見ていきましょう。


脈ありサイン1. 話している時に相手からプライベートな質問をされる

好きな人のことならどんなささいなことでも知りたいと思うのは本音です。

親しく会話しているだけでも仲が良いことは分かりますが、会話の内容がプライベートにより集中しているかどうかがポイント。

「休日は何をしているの?」「好きな音楽は何?」など、プライベートな質問が多くなったら好意を持たれていると捉えて良いでしょう。


脈ありサイン2. 好きな異性のタイプを聞いてくる

好きな人に関心を持ってもらうには、好きな人の異性のタイプに自分が近付くのが近道です。

「どんな人がタイプなの?」「かわいい系と美人系とどっちが好き?」などと質問されたら、好きな異性のタイプに自分が近いのかどうかを探ってきている証拠。

そして好きになってもらうためにどんな努力が必要かを考えていると言えます。


脈ありサイン3. 2人きりの食事に誘われる

単なる友達なら、男女関係なく数人で食事に行くのは普通のことです。

しかし好きな人がいたら、仲間でワイワイと食事をするよりも2人でゆっくり話しながら食事をしたいと考えます。

「あのイタリアンのお店が美味しいらしいから今度2人で行かない?」などと誘われたら、好意を持ってくれていると見て良いでしょう。


脈ありサイン4. 「髪切ったね!」などと変化に敏感に気がついてくれる

好きな人の言動は、どんな小さなことでも気づくもの。

それは普段から気になって良く観察しているからです。

髪を切った翌日に「髪切ったんだね、大人っぽくなったよ」と言ったり、朝会ってすぐに「今日は何だか楽しそうだね、良いことあったの?」などと言うのは相手を好きな証拠。

変化を敏感に感じていて、それに気付いていることを相手に伝えたいと考えているのです。


脈ありサイン5. 「週末のライブ楽しかった?」など以前に話した週末の予定を覚えてくれて質問される

既に本人は話したことを忘れているような内容を覚えているのも、相手に友達以上の関心があるためです。

「こないだ行くって言っていた週末のライブは楽しかった?」「月末に休みが取れそうって言っていたけど取れたの?」など、以前話した予定を覚えていて話題に出してくる場合は、好きな人の予定が気になって確認していると言えます。


脈ありサイン6. 相手からLINEや電話が送られてくることが多い

好きな人とはできるだけ密につながっていたいと思うのは自然なことです。

LINEを送ったら比較的早めに返事が返ってくる、大した用事はないのに電話をかけてきていろんな雑談をするなど、LINEや電話での接触が多いのは脈ありサインと言えます。

急ぎの用事などがなくてもやりとりが続くかどうかがポイントです。


脈ありサイン7. ふとした時に目が会うことが多い

好きな人が同じ場所にいると、つい目で追ってしまうものです。

仕事をしていてふと顔を上げた時やオフィスに入った時など、何でもない時にパッと相手と目が合うのは、相手が常に自分の存在を意識していて目で追っているためです。

目が合った時に、ニコッと笑ってきたら好意を持ってくれているのは間違いないでしょう。

【参考記事】はこちら▽


好きな人を振り向かせる方法やコツを【男性・女性・LINE】に分けて解説!

好きな人に自分を意識してほしい、振り向かせたいと思っているなら、相手に自分へ関心を持たせるための工夫が必要です。

さりげなく好意を伝えながら振り向かせる方法とはどのようなものがあるのか、相手が男性の場合と女性の場合とでそれぞれ見ていきましょう。


好きな男性を振り向かせる方法やコツ10個

女性から男性に対して、好意を伝えるというのはまだまだ一般的ではありません。

けれど好きな男性を振り向かせてお付き合いができたら嬉しいですよね。

自然な形で意識させるにはどのような方法があるのか、有効な方法やコツについて見ていきましょう。


1. 大前提として男性は外見重視!綺麗になっていく自分を見せる

心理学的に言えば、男性は一般的に綺麗な女性が好きです。

いわゆる美人というだけでなく、洗練されていて品がある女性に惹かれやすいと言われています。

好きな彼が以前からの知り合いなら、ひそかにエステで肌を磨いたりダイエットで痩せるなど、綺麗になっていく様子を見せるのも有効です。

「あれ、なんか綺麗になったな」と思わせたらチャンス!

【参考記事】はこちら▽


2. 好きな男性の話は1.5倍のリアクションで聞く

相手に自分が好意を持っていることをさりげなく伝えたいなら、関心を持っていることを行動に出すと良いでしょう。

たとえば、会話をしている時に「そんなことってあるんだ!」と言いながら顔の表情を大きく動かしたり身振りを大きく取りながら聞くと、男性は「自分の話を楽しんで聞いてくれている」と感じて嬉しくなり、意識してくれるようになりますよ。


3. 「〇〇って本当に頼りになるね」などと男性を立てるような褒め方をする

男性は褒められるのがとても好きです。

潜在的に女性に頼られたいという願望があるためです。

大したことではなくても「手伝ってくれてありがとう、〇〇くんって頼りになるよ」と甘えるのも良いですし、「やっぱり〇〇くんはすごいね」と褒めるのも効果的でしょう。

褒められることで自信を感じた男性は、そんな風に自分を立ててくれる女性に対して好意を抱くようになります。


4. 「まじ!」「すげぇ〜」など男らしい言葉は避け、上品な言葉遣いをする

人は自分にないものを相手に求めると言われますが、男女関係においては特にそうです。

凛とした雰囲気を持つ女性は好きでも、男性っぽい言動をする女性が好きなわけではありません。

話している途中で「まじで!」「超やばいね」など男らしい言葉遣いをする女性よりも、きちんと敬語を使いこなして丁寧に話す女性に好感を持つと言えます。

【参考記事】はこちら▽


5. ハンカチやティッシュをさっと取り出せるような、女性らしい気遣いをする

さりげない気遣いができる女性は、同性にはもちろん異性にも人気があります。

気遣いとは、周囲をよく見て今何をしたら良いのかが分かっていないとできないからです。

周囲をよく観察するというミクロ視点の作業が苦手な男性にとって、こまやかに気遣いをしてくれる女性がそばにいると「彼女は素敵だな」と感じて惹かれると言えるでしょう。


6. 表情は笑顔が基本!一緒にいる時は全力で楽しむ

仕事やプライベートにおいて、毎日楽しいことばかりあるわけではありません。

特に責任ある立場に立っている男性は、厳しい状況に置かれることも多いでしょう。

そんな男性ほど、いつも笑顔で過ごしている女性がいると安心しますし、心が癒されます。

そばで笑ってくれていると一緒にいて楽しいですから、前向きに過ごせそうだという魅力を感じるのです。


7. さり気なくボディタッチをして女性として意識させる

相手の体に触れるという行為は、親近感を覚えていると伝える効果があるとされています。

会話をしている時にさりげなく男性の腕に触れたり、横に並んで座っている時に軽く体が当たったりすると、男性はドキッとするもの。

普段良いなと感じている女性にこうしたボディタッチをされるとさらに効果的で、親近感を覚えるだけでなく異性を意識させる効果もあります。


8. 好きな男性が好むファッションや、髪型をする

男性は自分好みのファッションをしている女性がとても好きです。

ワンピースだったりセーターとフレアスカートだったり、男性によって好みのファッションは違いがあるので、好きな男性の好みを事前にリサーチして服を選びましょう。

髪型についても同じですが、髪の長さやスタイルだけでなくツヤがあってさらさらしているという健康的な髪にも魅力を感じやすいです。


9. ちょっとしたワガママや、相談を持ちかけてみる

普段友達のように接している女性でも、「ちょっと相談があるんだけど仕事が終わった後聞いてもらえる?」などと言われると、男性は相手の女性を意識するようになります。

他の誰でもなく自分を頼ってくれることに優越感を感じるからです。

「僕のことを信用してくれているんだな」と考えて、相手の女性に対する関心が強くなると言えるでしょう。


10. 「帰りたくない」「会いたい」などわかりやすく甘える

食事に行く程度に仲が良い場合は、少し踏み込んだやり方で男性に自分のことを意識させるのも有効です。

食事が終わった後に「まだ帰りたくないな」と軽くごねたり、「あー楽しかった、また会いたいな」と甘えると、それまで意識していなかったとしても男性はドキッとします。

女性らしいかわいさや頼りなさを見せることで関心を持ってもらい、恋愛を意識させると良いでしょう。

【参考記事】はこちら▽


好きな女性を振り向かせる方法やコツ10個

次は、男性から女性に対して好意を伝えたい、自分を一人の男性として意識してほしい場合に有効な方法について考えます。

好きな女性を自分に振り向かせるには、少しずつ自分を男性として見てもらうのが自然な形と言えるでしょう。

どうしたら好きな女性に振り向いてもらえるのか、方法やコツについて見ていきましょう。


1. 単純接触回数を増やす工夫をする

心理学的に言うと、男性でも女性でも会う回数や話す回数が多いほど相手に親近感を持ちやすいと言われています。

初めは特に意識していなくても、しょっちゅう電話をしたりご飯を食べたりしているうちに「良い人だな」「話が合うから楽しいな」と思ってもらえると、振り向かせる効果も高くなります。

まずは電話やメール出のやり取りをできるだけ増やして、好きな女性に自分の存在を意識する回数を増やすよう努めてみましょう。


2. 相手が覚えていないような、小さな約束も必ず守る

普段何気なく会話をしている間柄だと、会話の内容の細かい部分まではすぐ忘れてしまいがちです。

たとえば「〇〇町に新しい和食屋さんができたんだって」「うわー行ってみたい!」という会話をしたとして、少し時間が経ってから「こないだ行きたいって行っていた和食屋さん行ってみようよ」と誘ったら、女性としては「覚えていてくれたんだ」と感激します。

自分との約束を大切に考えていてくれていると感じて好意を持ってくれますよ。


3. 清潔感のあるシンプルな服装と、自然と良い匂いが漂う男になる

身だしなみに気を遣う男性は増えてきたものの、女性ほど気にしないという人は多いでしょう。

過剰に意識する必要はありませんが、最低限の外見の清潔感はキープするのがおすすめです。

アイロンがきちんとかかったシャツやハンカチ、サイズの合ったスーツなどをしていれば、女性は感じの良い人という印象を持ちます。

ほのかにさわやかな香りがするというのもポイントが高いでしょう。

【参考記事】はこちら▽


4. 常に前向きな考え方を持ち、何事にも一生懸命取り組む

心理学的に言うと、女性は無意識に男性に対して頼りたいという願望を持っています。

ポジティブな考えで常に積極的に行動し、「こうしよう」とリードしてくれる男性には魅力を感じやすいです。

仕事やスポーツなどに一生懸命打ち込む姿を見せるのも効果的。真摯に努力している様子を見て、女性は尊敬の念を抱くようになります。


5. 「そのネイル季節感あって可愛いね!」と女性を具体的に褒める

最近は女性を自然に褒められる男性が増えてきましたが、それでもまだまだ苦手な人は多いでしょう。

女性は外見で自分がこだわっている部分を褒められるのが大好きなので、ファッションや髪形、ネイルなどを褒められると「気づいてくれたんだ」と喜びます。

ネイルにこだわっている女性なら「季節に合ったネイルで可愛いね!」、髪型にこだわっている女性なら「いつもツヤがあって綺麗だね!」などと具体的な感想を添えて褒めると効果的です。


6. 連絡はマメにするが、シンプルな内容を心掛ける

大多数の女性は、連絡の頻度が多いほど自分を大切にしてくれていると感じます。

振り向かせたい女性がいるなら、電話やメール、LINEなどでこまめに連絡をとるのがおすすめです。ただし、だらだらと長い文章を何度も送るような方法は逆効果。

「今日は一日忙しかったね、疲れただろうから早く休んで」など、シンプルな文章を送るように心掛けましょう。

【参考記事】はこちら▽


7. 無駄な駆け引きをせずに自然体の自分で女性と接する

好きな女性を振り向かせたいと思うあまり、いつもとは違う言動をしてしまう男性は少なくありません。

わざと嫌いなそぶりを見せたり、意地悪なことをして気を引こうとしたりする言動を続けていると、かえって印象を落としてしまいかねません。

自分をよく見せようとして変に駆け引きをするようなことはせずに、ありのままの自分で正直に女性と接することで、「この人は嘘がなさそうだ」と良い印象を女性に与えることができます。


8. 好きな女性とのデートは、綿密な計画を立て、スマートにエスコートする

まだ付き合うまではいかないものの、好きな女性と良い雰囲気になっているなら、デートは自分の印象をより高めて男性として意識してもらうための重要なポイントです。

女性の食事の好みや行きたいと思っている場所をさりげなく聞き出して、女性が満足してもらえそうな予定をあらかじめ立てておくと良いでしょう。

「ここのお寿司食べたかったの!」などと喜んでもらえれば、恋人の関係に発展する可能性もあります。


9. 女性の話に共感し、求められたらアドバイスをする

女性は基本的に話すことが好きです。心理学的に見ると、周りの状況や自分の考えを話して、相手に共感してもらいたいという意識が強いと言われています。

好きな女性が相手なら会話もはずむというもの。

会話の間は相槌を打つなどして女性の気持ちに共感し、話の内容によっては軽くアドバイスをしてあげるのも良いでしょう。


10. 告白は焦らず、「好き」という好意は素直に伝える

好きな女性にさりげなくアプローチし続けて感触が悪くないなら、自分の気持ちを伝えてしまうのも一つの方法です。

ただし、女性の気持ちも考えて、自分の気持ちを押し付けすぎないように気を付けましょう。

回りくどい言い方をせずに、ストレートに「好きです」と伝える方が好感度は高く、女性も真剣に受け止めてくれる確率が上がります。素のままの自分を出して、素直に好意を伝えるようにしましょう。


「付き合って欲しい」と言ってしまうと告白になる。告白は脈ありを確認してからにしましょう。

「好きです」と言うなら続けて「付き合ってください」と言いたくなるのは自然な感情です。

しかし、女性が食事や飲みに一緒に行ける仲の良い男友達と見ていた場合、自分の気持ちの盛り上がりだけで告白してしまうと、気持ちの押し付けのようになってしまう危険性があります。

これまでの女性の態度から、おそらく彼女も同じ気持ちだろうというありの感触があるなら告白するのも良いでしょう。

【参考記事】はこちら▽


好きな人を振り向かせるLINEのコツ5個

ここまで、好きな人を振り向かせるための方法やコツについて見てきました。

他にもLINEを使ったアプローチも効果的な方法です。

いつでもどこでもやり取りができるLINEは、便利な反面マナーを押さえた使い方をすることが大切です。ここからは好きな人を振り向かせる効果が高いLINEのコツをご紹介します。


1. 趣味などで、相手との共通の話題を作る

好きな人との心理的な距離を縮めるには、共通点をより多く持つことが大切です。

映画鑑賞や料理、テニスやゴルフといったスポーツ、旅行など、お互いにハマっている共通の趣味があるとLINEのやり取りがしやすいでしょう。

「これ観た?」「次の試合楽しみだね」といった会話で盛り上がれますし、「こうしたらうまくなるよ」などとアドバイスし合うなど距離感が近い会話ができるので、親近感を与えることができます。


2. 相手の生活リズムに合わせて適度な頻度で連絡をする

社会人同士だと、お互いに仕事や趣味などで忙しい日々を送っています。

業種によっては勤務時間が日によって違うため、LINEを送ってもすぐ返信できないことは珍しくありません。

相手の生活リズムを想定して、迷惑にならない時間帯にLINEを送ったりしつこくない頻度で連絡することを心掛けると、相手に対して配慮がある人だという印象を与えやすくなるでしょう。


3. 相手が使う絵文字やスタンプを真似する

LINEのやり取りでは、文章だけでなく絵文字やスタンプを送り合うのも楽しいものです。

絵文字やスタンプは、文字では表しにくい微妙なニュアンスを伝えられるツール。

相手が使っている絵文字やスタンプを真似て同じように使うと、相手から「あの人もこのスタンプ使うんだ!」と親近感を感じてもらいやすくなるでしょう。


4. 下の名前を頻繁に文章に入れる

食事に行ったり休日に会ったり、好きな人との心理的な距離が近いなら、親しみをこめて下の名前で呼ぶ方法は効果的です。

下の名前で呼びかけるというのは単なる知り合い程度ではできませんから、自分の気持ちをさりげなく伝えることも可能。

やり取りの度に下の名前を文章に入れると、相手も少しずつ意識してくれるかもしれません。


5. 「〇〇だけには言うけど」と2人だけの秘密を作る

相手に対して「自分は特別なんだ」と思わせるのは、振り向かせる方法として効果があります。

LINEで雑談をしている途中で急に「実はあなただけに言うんだけど」と前置きしながらメッセージを送ると、自分だけに打ち明けてくれたという特別感があって相手はドキッとします。

そして2人だけしか知らない秘密を共有するという非日常的な状況に、嫌でも相手を意識してしまうのです。

【参考記事】はこちら▽


好きな人を振り向かせるために知っておきたい6つの心理学

好きな人ができると誰にでもある「自分に振り向かせたい!」という気持ち。

しかしどのように行動すれば相手を振り向かせられるのか悩ましいものです。

ここからは、恋愛におけるテクニックとして、好きな人を振り向かせるために活用できる心理学を6つご紹介します。


心理学1. いわゆるギャップ!「ゲイン・ロス効果」

いつもと違う自分を見せるテクニックを、心理学の分野では「ゲイン・ロス効果」と呼びます。

たとえば2人で会う時に友人どうしで会う時とは違う女性らしいファッションでやってきた、細身だと思っていたのに仕事中にまくり上げたシャツの袖から見えた腕が意外に筋肉質だったなど、「自分だけが知っている」という特別感を演出する方法です。

普段とは違うギャップを知ることで相手はドキッとして、自分に好意を抱きやすくなる効果があると言えるでしょう。


心理学2. 障害が愛を燃え上がらせる「ロミオとジュリエット効果」

何の問題もなくスムーズにいく恋愛は、苦労がない反面簡単に恋人ができたためインパクトがありません。

対して、相手に恋人がいるなど恋愛をする上での障害があるためにかえって燃え上がる心理を、有名なシェイクスピアの悲劇にちなんで「ロミオとジュリエット効果」と呼びます。

障害に立ち向かうための強い情熱を持ってアプローチすることになりますが、本当に突き進んで良いのか冷静な目で判断することも重要です。


心理学3. 出会って3回でキメろ!「スリーセット理論」

心理学では、初めて会った時から3回目に会うまでの間で相手の印象が固まることを「スリーセット理論」と呼びます。

つまり3回目までのデートで相手に「素敵な人だな」と感じさせることができれば、その後付き合いが続く中で欠点が見えても目立たなくなるのです。

逆に言えば、初回のデートだけ気合いを入れて良い人を演じたとしても、その次かさらにその次のデートでけんかになったりすると、逆転した印象が相手の中に刷り込まれてしまうので注意が必要です。


心理学4. 第三者を活用した「ウインザー効果」

本人から直接好意を伝えるよりも、友人など周囲の第三者から「あの人が君のことを素敵な人だと言っていたよ」と聞かせることで、相手に自分をより強く意識させるテクニックを「ウィンザー効果」と呼びます。

好きな相手と共通の友人がいれば、「彼はいつも人に優しい人だね」「彼女は料理が得意らしいから付き合うと美味しい手料理をふるまってもらえそうだ」などと、自分の長所を好きな人に遠回しに伝えてもらうと効果的でしょう。


心理学5. 要求を思い通りにする 「フットインザドア」

初めにすぐ賛成できるような小さな要求から始めて、徐々に要求のハードルを段階的に上げていくと、本来の要求を受け入れてもらいやすいというテクニックを「フットインザドア」と呼びます。

たとえば興味のある本について話をしていて相手が「この本が面白かったよ」と教えてくれたら、「面白そう!今度貸してくれない?」とお願いし、本を受け取るために会う約束を取り付けるといった方法です。

相手との心理的な距離がある場合に有効で、自然な形で相手の関心を自分に向けさせることができます。


心理学6. 好意は伝えたもん勝ち「好意の返報性」

相手から何らかの好意を受けると、その好意に応えなければいけないと無意識のうちに感じてしまう心理状態を「好意の返報性」と呼びます。

たとえば「〇〇さんはいつも助けてくれるからとても感謝しているよ」と言われると、言ってくれた人に対してもっとできることをしてあげたいと思うのです。

ただし、「好きです」と直球で伝えた場合に「私も!」と返ってくるかは分かりませんから、常に笑顔を見せたり軽くボディタッチをするなど、時間をかけてさりげない形で好意をを伝えると効果的でしょう。


好きな人を振り向かせて、素敵な恋をしよう。

好きな人がいるのになかなか気持ちを伝えられない、自分の気持ちに気づいてもらえない、そんな片思いの状況が続くのは苦しいものです。

なるべく効果的な形で相手を振り向かせて恋人になれたなら嬉しいですよね。

この記事を参考に、好きな人を振り向かせるためのコツや方法の中でできそうなことから少しずつ実践してみてください。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事