下品な女性の特徴とは?上品な女性との言葉遣いや振る舞いの違いを解説!

「あの子、下品だな…」と思われる女性っていますよね。下品な女性は、見た目や行動や言葉遣いに特徴が現れます。もし下品な女性の特徴に当てはまるなら、男性から一緒にいて恥ずかしいと思われないよう、下品な女性を徹底分析して、モテない女から脱却しましょう。

下品な女性と思われたくないですよね…。

下品な女の特徴

飛びぬけて美人なわけでもオシャレなわけでもないんだけど、雰囲気や所作などで美しく見える女性っていますよね。品のある女性は、同じ女性から見ても男性から見ても「素敵だな」と思われるでしょう。

逆に、可愛くてもオシャレでも、食べ方や話し方が下品で汚い女性もいます。あなたは周りから下品な女性と思われていませんか?ちょっとしたことでも印象はガラッと変わります。

今回は、下品な女性と思われる行動や特徴をまとめました。自分が下品な女に当てはまっていないか確認して、当てはまっているようなら上品な女性に近づけるよう改善していきましょう!


そもそも「下品な女性」とは

下品と思われる特徴は外見・内面どちらにもあります。

外見でいうと、服装がだらしなかったり露出が多かったり。髪がバサバサなのもイメージダウン。また、女性でありがちなのが服や髪はバッチリなのにネイルが剥げていること。爪先は意外と人に見られているパーツなので、気を付けたいですね。

内面は、行動や振る舞い、言葉遣いなどで「下品だな」と思われてしまいます。公共の場で化粧をしたり、ポイ捨てしたりといったマナーを守れない人や、言葉遣いが荒いというのも下品な人の特徴です。


下品な女性は男性にモテない

ハッキリ言って、下品な女性は男性にモテません。見た目や立ち振る舞いが下品な女性だと、友達や家族に「彼女として紹介できない」と思われるからです。

もしかすると、一緒にいると自分まで「下品な人だと思われてしまうかも…」と考える人も。

友達としては面白い・楽しいと思っていても、恋愛対象にはなりにくいのが下品な女性の特徴。将来結婚して子供が生まれたとき、子育てに悪影響を与えるのではないかというリスクもあるからです。


【参考記事】モテない女性の特徴を一挙大公開!▽


下品な女性がモテない理由は?

下品の意味がわかったところで、下品な女性がモテない理由はどこにあるのでしょうか。男性目線でお伝えしますので、自分に少しでも当てはまっていないかチェックしてみて。


1. 女性らしさ、色気を感じない。

ちょっとした所作や言葉遣いが汚いと、女性らしさや色気を感じない男性が多いようです。

「ガハハ」と大口を開けて笑ったり、ガニ股で歩いてたり…。まるでおじさんのような立ち居振る舞いをしていると、女性としての魅力が欠けます。

もし男性が好意を抱いてくれていたとしても、下品な態度をとったら一瞬で恋も冷めてしまうでしょう。


2. 一緒にいて、不快な気持ちになる。

わかりやすい例でいうと、くちゃくちゃと音をたてる食べ方や、電車の中で白目をむいてマスカラを塗る女性。見ていて、あまり良い気がしませんよね。

清潔感がない」というのも下品だと思われるひとつの原因。服が汚れていたり、髪がボサボサな女性は、見ているだけで、嫌な気持ちになる人も。

見た目から不快感を与えてしまうので、ファーストインパクトは最悪です。


3. 自分も同じように下品に見られる。

「類は友を呼ぶ」という言葉があるように、友達やカップルでも似た者同士で集まっていることが多いと思いませんか。となると、下品な人といっしょにいると「自分も同じように下品だと思われるのでは…」と不安になるのも当然ですよね。

下品な人と恋人になることはもちろん、友達としても付き合いたくないと思われると、関係性を築くのは難しいでしょう。


4. 友人や家族になどの周りの人に紹介したくない。

自分が「下品だ」と思っている女性のことは、なかなか胸を張って紹介できないですよね。外食や、両親との顔合わせなど、公の場にでたときに恥をかきそうと心配する人も多いようです。

基本的な言葉遣いはもちろん、マナーや常識が守れないのは大きなマイナスポイント。男女問わず、人として当たり前のことは身に着けていたいものですね。


5. 結婚したときに子供に悪影響がありそう。

下品であるということは、態度や仕草だけでなく、考え方などにも影響があるもの。となると、下品な女性が子育てをした場合、子供にも悪影響が大きいと考えられますよね。

男性も、かわいい我が子に、雑な扱いを受けたり、「オヤジ」呼ばわりはされたくないはず。居心地のいい家庭を築くためにも、母子揃って下品というのは避けたいのが男性の本音です。


下品な女性の特徴を大公開!

続いては、下品な女性の特徴をレクチャー。

  • 下品な女性によくある行動
  • 下品な女性の話し方・LINE
  • 下品な女性の見た目・ファッション
  • 下品な女性の食事マナー

以上こちらの4点についてご紹介していきます。自分と比較しながら読み進めてくださいね。


下品な女性によくある行動とは

まずは下品な女性あるあるな行動から。下品な女性は行動や態度から下品さが伝わってきます。具体的にどんな行動があるか見ていきましょう。


1. 動作が早く、慌ただしい

あなたの周りに、いつもバタバタしている女性はいませんか。テキパキ動くというのとは少し違って、ただただ慌ただしい・ガサツな人

年配の方や、彼のお母さんからは「彼女、なんだか落ち着きのない人ね……」と思われてしまう可能性もあります。ご飯の時や喋っている時など、ゆっくりとした行動を意識すると、上品な所作ができるので心がけてみましょう。


【参考記事】ガサツな女性は恋愛対象外の女になりやすいって知ってました?▽


2. 姿勢が悪く、股を広げて座ってる

猫背のように姿勢が悪かったり、股を広げて座るなどの所作は下品なイメージを与えます。職場では気を抜いて、猫背×大股開きでデスクワークしてる……なんて人も少なくないのでは。

姿勢が美しい女性は凛とした印象を持たれる一方で、股を広げて座るという態度は、下品の代表格ともいえます。スカートやパンツなど、ボトムスに関わらず足を広げて座るのはやめましょう。


【参考記事】姿勢の良くして美しい女性になりましょう▽


3. バッグの中身や、部屋が汚い

あなたの周りにバッグがぐちゃぐちゃで汚い人はいませんか。整理整頓が苦手な人は、身なりはキレイにしていても、内面はズボラな隠れ下品な人かもしれません。

バッグの中身や部屋は、その人の心を表しているといいます。普段は他人に見られないところもキレイにしている人こそ、本当に品のある人。逆に、バッグにガムの包み紙や、使い終わったティッシュなどゴミまで溜め込んでいる人は要注意です。


【参考記事】バッグが綺麗な女性はデキる女と言われていますよ▽


4. 自己主張が強すぎて、周りが見えていない

「私が、私が!」と自己主張の強すぎる女性も品があるとは言えません。空気を読まず、いつも自分を最優先にしていると、「ワガママ」「余裕のない人だな」と思われてしまいます。自分がやりたいことや欲しいものは、他の誰かも同じ気持ちの場合が多いです。

周りの空気を読みつつも、「もしよかったら…」とさりげなくアピールできるのが、上品な女性と言えるでしょう。


【参考記事】もし彼女がわがままだったら上手に対処してあげて▽


5. 時間にルーズであったり、時間に余裕がない

いつも待ち合わせの時間に遅れてくる人っていますよね。時間にルーズな人は、そもそも相手のことを考えられていない人と言えます。毎回待ちあわせの時間や締切を守れないと、相手の信用をなくしてしまうことも。

時間の余裕は心のゆとりにも関係します。待ちあわせ場所には5分前に到着するなど、余裕を持った行動を心がけましょう。


6. ポイ捨てや歩きタバコをしたりマナーを守れない

道にポイ捨てしたり、歩きタバコをするなど、人としてのマナーやルールを守れない人の印象は最悪。下品かどうかを超えて、嫌いになってしまう男性も多いかもしれませんね。

どんなに美人でも、当たり前のマナーを守れないと、品のある人とは言えません。素敵な女性を目指すなら、まずは人として守るべきことは守りましょう。


下品な女性の話し方・LINE編

次に、下品な女性の話し方や言葉遣い、LINEの内容あるあるをご紹介。意外と当てはまっている女性が多い部分なので、詳しく解説していきましょう。


1. 正しい敬語が使えない

ビジネスシーンだけでなく、彼氏の先輩や上司、ご両親に対してなど、敬語を話す場面は意外と多いもの。そこで正しい敬語が使えていないと「この子、人前でこんな話し方してるの?」と引かれることも。

話し方はその人の教養がそのまま表れるので、正しい敬語が使えないのは頭が悪いからと思われてしまいます。なかなか指摘される機会も少ないので、自分で意識して改善していきましょう。


【参考記事】教養のある才女は男性からモテる存在ですよ▽


2. 口に手を当てず、大声で笑ってしまう

大きな口を開けて「ガハハ」という笑い方は、決して上品とは言えませんよね。白い歯を見せてニッコリ微笑むのとは、わけが違います。

笑い方をいきなり変えるのは難しいので、まずは口元に手を添えることから意識してみましょう。これだけで、印象がガラッと変わります。

また、他人の話し声や笑い声は意外と周囲によく聞こえているもの。大きな声もなるべく控えたほうがいいですね。


3. 「やばい」「めっちゃ」「お前」「はらへった」など若い言葉、男言葉を使う

大人の女性が、若者言葉を多用すると「いつまで若者気分なの?」と男性は引いてしまいます。また、「お前さ~」や、「腹減った」など、男っぽい言葉もイメージダウン。乱暴な言い方や喋り方は、男性にがっかりされてしまいます。

下品な言葉遣いをやめるには、上品な話し方をする人と接する機会を増やしましょう。友達の方言がうつるように、美しい言葉遣いも自然と身につくものですよ。


【参考記事】話し方が軽いだけで、チャラいと思われてしまう場合も…!▽


4. LINEで「wwwww」や気持ち悪いスタンプを多用する

LINEやメールなどで「(笑)」の代わりに、つい使ってしまう「www」という表現。女性らしさ、という点で考えると、あまり好ましくないとされています。

同様に、LINEでのスタンプでよくわからないイラストのものや男性っぽいシュールなテイストのスタンプもあまり男ウケしないでしょう。LINE上であっても正しい言葉遣いや美しい会話のできる人が好印象です。


5. 下ネタに積極的に反応してしまう

下ネタに過剰に反応するのも、がっかりされるポイントのひとつ。友達としてなら盛り上がっていいかもしれませんが、恋愛対象としてみると下ネタに積極的すぎる女性はあまり歓迎されません。

特に、何度も下ネタを連発してしまうと、男性はドン引きしてしまうでしょう。とはいえ、あまりにも下ネタを避けたり嫌っていると、それはそれで「ノリが悪いよね」と敬遠されることも。「恥ずかしい~」と困ったフリをしつつも、基本的には笑顔で対応するのがベストでしょう。


【参考記事】下ネタに積極的な女性は「お持ち帰りできる」と思われることも…▽


下品な女性の見た目&ファッションはどんな雰囲気?

下品な女性は見た目やファッションにも下品さが現れます。どんな状態だと男性から下品と言われてしまうのか、具体例を知っておきましょう。


1. 髪の毛が手入れされてなかったりと清潔感がない。

女性のサラサラ髪に憧れを抱いている男性は多いもの。ボサボサの汚い髪や、プリンになってしまっている女性に対しては「不潔だな」と思うことも。

男性のほうが、女性より背が高いケースが多いので、自分で考えている以上にプリンは目立っていますよ。カラーリングをしている場合は、月に1度は美容室に行って、髪の毛のメンテナンスを行うように心がけましょう。


2. 露出が多い服を着ている。

男性にとって、目のやり場に困ってしまうレベルの露出度の高さは「下品」と思われます。とりあえず露出していれば、セクシーで色気があるというのは間違いです。

「チラリズム」という言葉があるように、隠れたところにこそセクシーさを感じるもの。あまりにも露出の多い服装をしていると「軽い女」と思われる可能性もありますよ。


【参考記事】露出が高い服を着ている女性は「軽い女」と思われますよ▽


3. メイクが派手すぎる。

バサバサのまつげや、真っ赤なリップなど、派手すぎるメイクも下品と思われる代表格です。メイクも服と同じように、TPOが大切。その場その場にマッチしていて、自分の顔に合うメイクをするべきです。

派手でけばけばしいメイクは、男性だけでなく、年配の方からも良い印象は持たれないでしょう。相手の好みにもよりますが、清潔感のある薄付きのコスメを選んでおくのが無難でしょう。


下品な女性のモテない食事マナー

最後に、食事の席でわかる下品な女性のマナーについて解説していきましょう。もしかしたら、あなたの職場や女友達など身近にいるかも知れませんよ。


1. 口に食べ物がある状態で話す、しかも手を添えない

口の中に食べ物が入っている状態で、手を添えることもなく話すというのは食事のマナーとしてNG。口の中のものが見えてしまうので、一緒に食べている側としては、不快感しかありません。

食べ終わってから話せないということは、そもそも一口に物を詰め込みすぎているということも。どうしても食べながら話したいときは最低限、口元に手を添えましょう。


2. くちゃくちゃと音を立てて食べる

食べるときに、くちゃくちゃと音を立てるのもマナー違反です。大きな咀嚼音は、相手に嫌な印象を与えます。

くちゃくちゃと音をさせないためには、まず、口を閉じて噛むことを意識してみましょう。できるだけ音を立てずに食べることを心がけるだけでも、上品な印象を与えられますよ。


3. 正しく箸が使えなかったり、肘をついて食べる

箸を正しく使えなかったり、食事中に肘をついて食べるなどの所作は、その人の育ってきた環境がどんなものだったのかを相手に連想させます。

所作が美しければ、きちんとしつけられたんだろうなと好印象。逆に所作がよくないと品格がないと「下品な女」の烙印を押されるでしょう。

大人になっても間違った箸の使い方をしているのは、恥ずかしいこと。自分が正しい箸の使い方をしているか、今一度チェックしてみましょう。


4. 「いただきます」「ごちそうさま」が言えない

食事の前後で「いただきます」と「ごちそうさま」が言えない人は、そこまでのトークがどれだけ楽しくっても男性はがっかり。きちんと言えると男性からのイメージはアップ。「ちゃんとしているんだな」と思ってもらえます。

彼とのおしゃべりや、自分の身なりに気を使うだけでなく、ちゃんと感謝の言葉を言える女性が素敵だと思いませんか?


下品な女性から脱出するには?

男性からの印象が最悪な下品な女。そんな女性から脱却する方法はどのようなものがあるのでしょうか。


1. TPOや年齢に合った服装・メイクを心がける

相手の両親に会うのに、濃いメイク・短すぎるスカートで行くのは非常識。そんな女性は、一発で「下品」だと思われること間違いなし。

品のある女性なら、誰と・どこで・なにをするのかを考えて、TPOと自分の年齢に合った服装やメイクを身に着けています。初対面の人と話す時は、清潔感のある服装を心がけましょう。


2. 御礼や挨拶をしっかりとする

誰に対しても、しっかり笑顔で、明るく挨拶できる女性は好印象。挨拶するのは簡単ですが、大人になると忘れがちなもの。また、「ありがとうございます」とお礼をすることも忘れないでおきましょう。

飲食店などで、自分が客側の場合でも、感謝の気持ちを伝えてみて。挨拶やお礼をしっかりできる人はきちんとしていて、社会性のある人というイメージを持ってもらえます。特に職場の上司からは好印象ですよ。


【参考記事】男女問わず好かれる女性の特徴って?▽


3. 正しいマナーを学ぶ

食事のマナーや所作・ビジネスシーン・目上の人と会うときなど、さまざまな場面で必要になるマナー。基本的なことだけでも正しく覚えて、普段から意識してみましょう。いつも心がけておかないと、いざという時に自然にできないものです。

逆に、少し服装やメイクが派手でも、マナーが完璧だとギャップで好印象になることも。大人の女性として正しいマナーを身に着けたいですね。


4. 若者言葉を避け、綺麗な言葉選びをする

若者言葉を話したり、男性っぽい荒々しい喋り方、汚い言葉遣いは大人になったらキッパリと卒業しましょう。

正しい言葉遣い・美しい言葉をゆっくりと話す人は「上品だな」と思いませんか。口角を上げて、明るい声で話すとより一層、品のある素敵な人という印象に。自信なくボソボソと話すより、ハッキリ話すほうが好印象です。


【参考記事】美しい言葉を操るおしとやかな女性を目指しましょう▽


5. ゆっくりとした動作を意識する

食べるのも早い・動作も早いと「余裕のない人」と思われやすいです。「一緒にいて、安心するな」と思われる人は、時間に余裕を持って行動しているもの。ご飯を食べる時も、移動する時も、ゆっくりと丁寧な動作を心がけてみましょう。

男性は女性にやさしさや大らかさを求める人も多いので、そういった穏やかな印象もゆっくりとした動作から与えられますよ。

【参考記事】穏やかな人は男性からモテる女性の特徴のひとつ▽


6. 指先、足元、髪、歯を綺麗に保つ

服やメイクなどは体全体で目立つパーツですが、見落としがちなのは細かな部分。指先のネイルが剥げていたり、靴の先が汚いのは品があるとは言えません。

髪がバシバシなのも手入れできていない印象を与えますし、歯が汚れていると、不潔な印象を与えてしまいます。「見られていないだろう」と油断せずに、細かい部分も綺麗に保つことを心がけましょう。


男性から好かれる上品な女性の特徴は?

見た目が全てというわけではありませんが、中身の雑さは外見の細かな部分にあらわれます。

見た目も中身も上品な女性は、総じて教養やマナーが身についていて、心にゆとりのある人。反対に、下品な人は周囲のことを気に掛けることができない、余裕のない人といえるでしょう。


【参考記事】男性が虜になる上品な女性の特徴を学んでみよう▽


下品な女性を卒業して、男性からモテる女性になりましょう。

下品な女性の特徴をいくつか挙げてみましたが、いかがでしたか。もしかして自分に当てはまっている…という人もいるかもしれませんね。品格を身に着けるのは一日にしてならず。日々心掛けて、素敵な品のある女性をぜひ目指してみてください。


【参考記事】男からモテる女の条件や特徴を徹底解説!▽

【参考記事】おとなしい女性は男性からモテるって知ってました?▽

【参考記事】男性から嫌われる女性ってどんな人?▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事