男が憧れる“デキる男”の特徴や条件とは│デキる男になる5つの方法

職場では同僚や後輩から慕われ、上司からも頼られるような仕事のできる男っていますよね。今回は、男が憧れるデキる男の特徴やデキる男になる方法をレクチャーしていきます。また、今すぐ真似できるデキる男が常備している持ち物まで詳しく解説していきます。

理想的な「デキる男」になる方法を完全公開

デキる男の特徴や条件

男性であれば、だれでも目指したのがデキる男ではないでしょうか。

後輩や同僚からは信頼され、仕事ができるので、上司からも仕事を任されやすい、プライベートでは女性からの人気が高くモテる、彼女は結婚を待ち望んでいる、そんなデキる男に。

とはいえ実際どうすればなれるのか、そもそもデキる男の特徴、条件もわかりづらいですよね。

ここではそんなデキる男とは何なのか。そしてデキる男になるにはどうすれば良いのかを特徴や習慣、持ち物、といった多角的な視点からご紹介しています。


「デキる男」に共通する15の特徴

さて、まずはデキる男に共通する持ち物やしぐさ、仕事での態度などの特徴を詳しく見ていきましょう。見た目や行動など今からでも改善できる部分に関してもご紹介していくので、明日から試してみてくださいね。


デキる男の「見た目や外見」に関する5つの特徴

デキる男は髪型や服装、スタイルなど見た目や外見にもこだわります。人は見た目ではないのも確かです。

ですが、話したこともない相手をどこで判断するのか、それはやはり「見た目」でしょう。

怪しい見た目や外見では、例え身近な人の間では信頼に足る人間として知られていても、仕事の場面では相手にされないことも。

ここからはそんな人とは真逆のデキる男の見た目をレクチャーしていきます。


見た目1. 靴や財布、腕時計など小物にこだわって良いものを身に着けている

特にデキる男の場合、小物に気を付けていることが多いです。

なぜかというと、スーツやシャツなどは実際のところ簡単に見繕うことができます。加えて、実際のところ高級なもの、良いものも実は有名。他者との差別化は難しい部分です。

デキる男になるには、単にこぎれいなだけでなく、ちょっと気の利いたアイテムを日ごろから身に着けたいもの。

そのために大切になるのが、靴や腕時計、財布などの小物で、綺麗で手入れの行き届いたものを持っているだけでも印象が良いです。

加えて、例えばハンドメイド物など、こだわりの逸品があれば、そこから商売相手と話が弾むなんてことも。デキる男とはそこまで見込んで身に着けるアイテムにも注意を怠りません。


見た目2. 自己管理能力が高く、常にスマートな体型を維持している

自己管理能力の高さはもちろん、仕事の進捗管理やプライベートにも良い影響を与えるでしょう。

ですが、最も顕著に影響があるのは体型です。

デキる男は自己管理能力が高いため、食事の栄養素、食べる時間をしっかりと管理、スマートな体型、あるいは自身が理想とする体型を常日頃から維持しています。

デキる男になるには、食べるものを意識しておく、日ごろから運動する習慣を身につけるなど、体型を維持する努力を怠らないことが大切です。


見た目3. 背筋がピンとしており、姿勢がよくてスーツ姿が映える

体型に合わせて大事になってくるのが姿勢です。せっかく良い体でも、猫背ではスーツが泣きますよ。

デキる男とは、常日頃外面、内面も含め、人にどうみられているのかを気にしています

そこには姿勢も含まれているのです。

背筋が伸びていると、綺麗に見られるだけでなく、堂々とした態度として見えるため、「デキる男」として見られるのです。

【参考記事】はこちら▽


見た目4. 日頃から身だしなみに気を配う習慣がついている

デキる男は常に、身だしなみに気を付け、そして整えていくことを心がける習慣がついている男のこともさします。

どこかだらしない、時計は良いものつけているけど、姿勢がなんだかおかしい。

スーツはきれいで良いものを着ているけど、なんだか肌が汚い。

なんてことをデキる男はしないものです。身だしなみの全てに気を配る。それがデキる男の第一条件といえるでしょう。

以下で細かい身だしなみをレクチャーしていきます。


洗顔後は化粧水や乳液などスキンケアに力を入れている

デキる男とは肌ケアにも気を使います。なんだかガサガサしている肌では見栄えがしません。

女性がするような乳液化粧水を使い、肌の荒れや肌が汚くならないように、常に気を配っているのです

別に化粧水や乳液は高額ではなくともしっかりとした効果があり、肌に合っているものであれば、十分。

デキる男になるにはどうすれば良いかと悩んでいる男性陣も、すぐに始めることができますよ。

【参考記事】はこちら▽


こまめに美容院に通い、清潔感のある髪型を維持している

髪型に関してもデキる男は気を配ります。

定期的に美容院に行き、違和感なくかつ清潔な髪型に整えておくこともデキる男のたしなみなのです。ぼさぼさにしていてはいけません。

散髪代は高いかもしれませんが、デキる男として認められ、総じて収入や社会的評価も上がっていく、そうした先を見通す力もまたデキる男には必要なのです。

【参考記事】はこちら▽


デキる男の「性格」に関する5つの特徴

デキる男とはもちろん何も、見た目や持ち物、身に着けているアイテムだけで決まるわけではありません。

これまでのことは一瞬であればだれでもすぐにできてしまうことですからね。大切なのはマインド、デキる男はものの考え方もできているのです。

細かく見ていきましょう。


性格1. ポジティブ思考で何事も前向きな姿勢で捉える

デキる男とはポジティブなもの。

性格的に後ろ向きにならず、常に前向きです。だからこそ失敗も糧にできる。そうした人間的なタフさがデキる男の特徴です。

ぐずぐず悩んでいるよりは、多少失敗を恐れず、ポジティブ前向きに「頑張ります!」と言ってくれる人間に仕事は任せたくなるもの。

ポジティブに困難に立ち向かっていく中で、いろいろな人に認められ、デキる男はデキる男になっていくのです。


性格2. 素直な性格の持ち主で言い訳をせず、自分の非をきちんと受け入れられる

デキる男とは、言い訳せず、素直に自分の非を認める男です。

自分の非を認め、しっかりと受け入れ持ち前のポジティブな思考で失敗を次に生かしていく。

こうしたマインドセットを持っている人は仮に今は使えないやつと思われていたとしても、ゆくゆくはデキる男として成長していく可能性があるでしょう。

デキる男になるには、ちっぽけなプライドを優先するのでなく、自分の成長を信じ、素直に人のアドバイスが聴ける人間でなくてはいけないのです。

【参考記事】はこちら▽


性格3. 自分の信念や意思をしっかりと持ち、周囲に流されたりしない

デキる男は一時の利益で、周囲に流されることはありません。

自分がない、あるいは全く信念がない、そのためにこびへつらうようなことをしている。

あるいは、自分の利益にこたえてくれる人には恭順し、そうでなければ途端に態度を変える。そんなやり方では、たとえ仕事ができてもデキる男とは呼べません。

自分の信念を持ち、周りに流されず、揺らがない部分をしっかり持っている。だからこそ、デキる男は上司からは頼りにされ、後輩から尊敬され、彼女には愛されるのです。


性格4. 人からの信用や信頼を大事にしており、約束事は必ず守る

デキる男は人は相手をを変に疑うことはしません。まずは人を信じます。人からの信用や信頼はお金には代えられない大切なもの

作ることが非常に難しく、維持することもとても難しい。そんな信用と信頼が大事なことをデキる男なら心から理解します。

だからこそ、相手にオープンに接し、約束事は必ず守り、信頼してくれる人たちに答えるために頑張ることができるのです。

デキる男になるにはこのことをしっかり理解しておきましょう。


性格5. 柔軟な性格なため、状況に応じたベストな判断が瞬時に行える

デキる男はクレバーで柔軟な思考を持っていることも、その条件の一つです。

やはりデキる男、その特徴として頭が柔らかく、そのため発想が柔軟なことが多いです。

これは先ほど説明した素直に非を認められるという部分にもつながります。頭が柔らかいからこそ自分のプライドをなげうってでも、相手の話を聞くことができるのです。

こうした特徴は、最終的には仕事の様々な場面で、日常生活の行動の様々な場面で生きてきます。

総じて仕事ができる人間だと、デキる男は思われるようになってくるわけなのですね。


デキる男の「行動パターン」に関する5つの特徴

デキる男とは、行動パターンからして、普通の男とは異なります。

デキる男になるには、行動パターンも理解しておく必要があるでしょう。

単に、服装や性格的な特徴、主義主張があるだけではなく、それを実行でき、かつ結果を生まなければ、仕事ができる男としての評価はもらえないからです。

ここからはデキる男の行動についてレクチャーします。


行動1. どんな細かい作業でも楽しんで取り組める

一つはむやみやたらに不平不満を言わず、例えどんな作業でも、楽しみを見つけられるということです。

例えばあなたが大手メーカーの社員で新人研修としてメーカーの工場での労働を求められたとしましょう。

デキる男であれば「俺はこんな仕事をするためにここに来たんではない」とは思いません。

なぜ自分がここに来たのかをしっかりと理解し、工場の方たちからも信頼を取れるよう、また作業をできるだけ楽しくできるように工夫するでしょう。


行動2. 時間の重要性を理解しており、常に5分前行動を心がけている

デキる男とは時間の大切さを理解している男です。時間は帰ってこないものとしっかりと認識しています。

デキる男はこういった時間の大切さを深く理解しているという特徴があります。

何も時間が大切なのはデキる男本人だけではありません。時間の大切さを本当の意味で理解しているからこそ、相手の時間も尊重することができます。

時間にルーズにならず、5分前行動など当たり前にできるわけです。


行動3. 相手をきちんと思っているからこそ、言いにくい指摘もハッキリと伝えられる

デキる男になるには、相手の考え方を本当の意味で尊重できるようになるという条件もあります。

デキる男は相手のことを中途半端に尊重し、傷のなめあいをするようなことはありません

相手にとってそれが大切だと分かれば、仮に厳しくなっても、それが相手を傷つけることであっても、自分が責任を取る、その覚悟で相手に言いにくいことを、告げることができるのがデキる男。

だから仕事で後輩に尊敬されるだけでなく、プライベートでは彼女や友人に大切にされるようになるのです。


行動4. 頭の回転も早く動きもテキパキとしており、純粋に仕事ができる

デキる男これまで見てきたように、行動の面で素晴らしい部分があります。

つまり、簡単に言えば、だらだら動かず、てきぱき仕事をこなす。つまり、純粋に仕事ができるわけです。

ただ、強いて言うならば特定の分野に強いというよりは、なんでもそつなくこなせるゼネラリストが、デキる男として認識されていることは多いでしょう。

もちろん専門分野に強い人でもデキる男の条件を満たしている人は多いのであしからず。


行動5. 言ったことは最後までやり遂げる行動力を兼ね備えている

デキる男とは覚悟が決まった、肝が据わった男のことを指します。

「覚悟はできてるか、俺はできてる」なんて漫画の名言がありますが、デキる男はその通り、やるといったら腹を決め、覚悟を決め最後までやりきる実行力、行動力を兼ね備えています。

口先だけではないのです。

覚悟を決め、不平を言わず、小さなことでも必死にやりきり、それを積み上げていけるものにこそ、デキる男の称号はふさわしいといえるでしょう。


デキる男になるには?是非とも取り組みたい5つの方法

デキる男になるにはどうすれば良いか、ここまでの記事をご覧になって、お悩みの方も多いかもしれません。確かに、スーパーマンみたいですよね。

ここで紹介した条件をすべて満たしている人って。でも大丈夫です。以下ではスーパーマンではないだれでも、デキる男になれる心がけをご紹介していきます。


デキる男のなり方1. とにかく仕事へ本気で打ち込んで誰よりも結果を出す

1つは、今取り組んでいる仕事があれば、その仕事に何よりも必死になること。

本気というレベルではだめです。必死になり、そして必ず結果をだす

努力が空回りしているだけでは、ただ無駄に努力をしていることにもなります。場合によっては一緒に仕事をしている人たちに迷惑をかけることにもなりますからね。

必死にやり、結果を出していけば周囲の目も変わることでしょう。


デキる男のなり方2. まずは小さなことからでも、言ったことは必ずやり遂げる癖をつける

とはいえ、仕事、多くの人は、自分がやりたいことができていないこともあります。加えて、部署によっては頑張ることすら求められていない場合も、あるかもしれません。

だったら大切なのはやりきることです。

ちょっとした飲み会や食事会などの約束事でも良いでしょう。約束したら面倒でも断らない、とりあえず行ってみる。仕事でも頼まれた仕事は適当にやらず、最後までやってみるということが大切になってきます。


デキる男のなり方3. 服装や髪型などとにかく清潔感のある身だしなみを意識する

上2つで説明した方法は、職場によっては、最初のうちはなかなか任されることも少ない、という場合もあるでしょう。

であれば、仕事を振ってもらえるような努力をすることが大切です。

コミュニケーション能力や仕事での能力は一朝一夕では身に付きません。

ですが、見た目であれば意識をすればすぐにでも変えることができます

スーツがよれよれじゃありませんか。スーツやシャツにしっかりアイロンをかけて仕事に臨む、そうしたちょっとした積み重ねもデキる男になるためには、大切になってくるのです。

【参考記事】はこちら▽


デキる男のなり方4. 自分の短所から目を背けず、指摘されたら早急に改善する

さて、上の説明では、コミュニケーション能力など、一朝一夕では身につかない能力について説明してきました。

こういったものは、上司や先輩、同僚に指摘されることもあるでしょう。そこのあなた、そんな指摘に、「でも、だって」と目を背けてはいませんか。

デキる男になるには、自分の短所目を背けず、他人からの意見を真摯に受けとめ、受け入れて改善していくことも、大切です。

自分を変えることは大変かもしれません。でも、小さな一歩一歩を積み重ねられるかどうかが、あなたがデキる男になれる or そうではないかの境界線になっています。。


デキる男のなり方5. 筋トレで体を鍛えて、自己肯定感や継続力を身につける

大切なのは何も仕事の場面だけではありません。日ごろの生活習慣を整えることも大切です。おすすめは筋トレをすることです。

別にジムに行ク必要はありません。まずは、腕立て伏せやスクワットなど気楽にできることから始めてみましょう

ちょっとずつ良い体になることを目標に、始めてみると良いでしょう。

変わった自分自身の体を見れば、自信や自己肯定感を生み出す結果にもなります。

加えて、継続力を身に着けるきっかけにもなるのです。


デキる男になったら“モテる”

ちなみにこれまでの対処法、確かに継続は難しいかもしれません。

人間なかなかまじめに生き続けることも難しいですからね。

ちょっと下世話ではありますが、デキる男、ではなく、まずは、モテる男になることをモチベーションにすることも有効です。

仕事ができる男、清潔感のある男、優しい男、筋肉のある男、モテるんです。

意中の彼女に振り向いてもらいたい、彼女と結婚を前提に話を進めたい、とにかくモテるようになりたい、そんなモチベーションを抱くこともデキる男を目指す上では大切かもしれませんよ。

【参考記事】はこちら▽


【番外編】デキる男が常備している持ち物やアイテムリスト

ここでちょっと閑話休題と行きましょう。

デキる男なら常備しているであろう、持ち物やアイテムリストをご紹介していきます。

まだデキる男じゃない、これからデキる男になりたいという方はこの欄を参考にして、ちょっと気の利く男になることからまずは初めて見ると良いでしょう。


アイテム1. エチケットとして持つのが常識「ハンカチ」

デキる男だけでなく、社会人的な常識として常備しておいた方が良いアイテムが、ハンカチです。

濡れたままの手だと、汚いですし、そもそもハンカチがなければトイレや洗面所によっては、スーツが手をふく手段に、なんて情けないこともあります。

水のしみがついたパンツやスーツ、果たして信用されるでしょうか

ハンカチは常備しておいた方が良い、マストアイテムとも言えます。くれぐれも忘れないようにしてくださいね。

【参考記事】はこちら▽


ハンカチだけでなく、「ティッシュ」も合わせて持つのがおすすめ

もう少し踏み込んで言えば、ティッシュも併せて持つのがおすすめ。

例えばお食事の時に、ハンカチで汚れを取ると、ハンカチを洗う際の手間が増える、かもしれませんよね。

ティッシュであれば、さっとふいて捨てれば良いだけなので、使い勝手が良いんですね。

ティッシュの場合はそのまま持っていても良いかもしれません。

ですが、仕事で会食があるというときは、その辺でもらった無料のティッシュが出てくるよりは、小型のティッシュケースに入れて持ち歩いた方が相手に気が利いている男だと思われやすい可能性もあります。ですので、このことも気に留めておくと良いでしょう。


アイテム2. カサカサ唇や肌の乾燥を予防する「リップクリーム」や「保湿クリーム」

乾燥のお手入れも大切。

唇や手が乾燥で割れて流血していた、なんて恥ずかしいですよね。商談で指摘されたりしたら、笑い事では済まないかもしれません。

そんなカサカサ唇や肌の乾燥を防ぐために、寒い季節や乾燥している場所に行く、というときは、リップクリームや保湿クリームを持ち歩くことをおすすめいたします。

そこまで高いものではありませんので、帰りにでも購入しておくと良いでしょう。

【参考記事】はこちら▽


アイテム3. キャッシュレスではなく、現金が入った「財布」

昨今、キャッシュレス化が叫ばれていますが、デキる男であれば現金の入った財布を持ち歩いてほしいもの。

お金を支払わなずに食事をしたり、飲み会に行くことは、確かに仕事の場面では多いかもしれません。

おごられることも、相手のご厚意なので、喜んでお受けすることが礼儀です。

でもその際に、「払いますよ」とちょっと払う姿勢を見せられると、相手も悪い気持ちはしませんよね。

また、デキる男であれば後輩におごることもあるかもしれません。

安いお店では日本では今も現金にしか対応していない場合は多々あります。

後輩がおごってくれる先輩に気を遣って、せっかく安いお店にしてくれたのに、肝心の先輩がカードしかもっていないのであれば、切ないですよね。1万から2万円くらいが常時入ったお財布を持ち歩いておくのが、おすすめですよ。

【参考記事】はこちら▽


アイテム4. スケジュール管理のマストアイテム「手帳」

デキる男という以前に社会人として仕事を円滑に進めるために、必要なアイテムが「手帳」。昨今だとスマホで簡単に管理できるため、スマホを利用している方も多いかもしれません。

でも、それって自分で見るだけなら便利ですけど、例えば、相手とスケジュールを共有するうえではちょっと見づらいかもしれませんよね。

また、場合によっては仕事柄、電子機器が持ち運べないところに行く、なんてことも。手書きであればよほどのことがない限り、いつなんどきでも使えますからね。

ただ、スマホも便利なのは事実。しっかり時間を管理したいのであれば、手帳とスマホ、両方を併用することがおすすめです。


アイテム5. 持っておいて損のない「歯ブラシセット」

デキる男であれば、歯ブラシセットを常備しておくこともおすすめ。

食事の後、単に歯をきれいにするだけでなく、においを取ったりすることも、相手を気遣うエチケットの一つ

大事な商談の前に、食べ物のにおいがする口のまま行くのは、避けたいものですからね。

また、口が臭いと、何か体調でも悪いのではないかと、相手に気を遣わせてしまう原因にもなりかねません。

今は安い歯ブラシセットもあります。使う機会がなかったとしても、とりあえず、カバンに忍ばせておくだけでも安心ですよ。


6. 身だしなみを整えるなら「電動シェーバー」

男性の身だしなみで、実はお悩みが多いのはひげではないでしょうか。

きれいにそれる人もいれば、ひげが濃く、そってもそっても生えてきてしまうなんて方もいるでしょう。

これから商談に行くのに、何やら口元に青く髭が生えてしまっている。そんな危機的な場面もあるかもしれません。

そういった場合は、電動シェーバーをカバンに忍ばせておくのがおすすめです。

ちょっとした時間でひげをきれいにそろえることができますからね。

今では数千円程度でお得に購入できる電動シェーバーもありますので、とりあえず、購入しておくのもありですよ。

【参考記事】はこちら▽


7. 暑い夏場は「制汗剤や汗ふきシート」

身だしなみの部分で、夏に持っておくことをおすすめしたいのが、制汗剤や汗拭きシートです。

夏だと服装に気を付けている、デキる男であろう人でも、汗だくでちょっと臭いがしそうになっているのをよく目にします

制汗剤を使って汗をとめ、見苦しさをださないようにするのがおすすめ。

あまり臭いの強いものだと、相手に不快に思われる可能性もあります。メンソール系の香料を使用しているものなど、あまり臭いのきつくないものを使うと良いでしょう。


8. いつでもメモが取れるよう「ペン&メモ帳」

いつでもメモが取れるように、仕事場には、ペン&メモ帳を忘れないで持っていくようにしましょう。

記憶力に自信がある方でもこれはおすすめです。人間、案外些細なことは忘れているもの、そんなことが仕事の良いアイディアになることもあるんですよ。

また、お仕事によってはしっかりメモを取っていないと相手方に失礼に当たる場合もあります。こういった場合も仮にメモを取ることが必要でなくとも、忘れないように注意してくださいね。


9. 商談や打ち合わせが多い人は「名刺入れ」

社会人の常識ではありますが、名刺入れも忘れずに常備しておくようにしましょう。

名刺は非常に大事なアイテムです。いろいろな人が自分のお仕事や自分がそもそも何者であるかを、相手にわかってもらうために、様々な工夫を凝らして作っています。

それを、名刺入れも出さずに、受け取り、財布にしまったり、メモ帳や手帳に挟んだりしているのであれば、それは相手にとって大変失礼なことです。

忘れないようにしましょう。とりわけ取材や打ち合わせが多い、という業種につかれている方であれば、マストアイテムともいえるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


10. デキる男は「腕時計」で腕元もおしゃれに彩る

デキる男は腕時計もおしゃれだったりします。

とはいえ、ロレックスやオメガなど高いものをつければ良いというものではありません。

もちろん、そんな高級時計が似合うダンディな男になれるのも良いです。

ですが、そうではなく、これからデキる男を目指しているというのであれば、身に着けているものからすっと、その人の主義主張やひととなりがわかるような組み合わせがおすすめです。

例えばスポーツが好きなら、スポーツ用のモデルを着用してみる、IT系企業に勤めているならアップルウォッチを身に着けてみる、といった工夫も大切。

思わぬ仕事ににつながることもあるかもしれませんよ。

【参考記事】はこちら▽


デキる男は毎日を“楽しむ”こと

ここではデキる男の定義やなり方について解説してきました。

いろいろ書いてきましたがデキる男に言える本当にシンプルなことは、人生を本気で楽しんでいるということ。

本気で楽しんでいるからこそ、ポジティブにもなれるし、人の意見も聞けるし、周りの人にも優しくなれるのではないでしょうか。

そうした楽しんでいるオーラが見えるからこそ、彼女にモテるし、結婚を考えてもらえる.....のかもしれません。

ちょっとした身の回りのことから意識を変えてみて、あなたも今日から一歩ずつ人生を本気で楽しめる、デキる男を目指してみてはいかがでしょうか。

【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事