【依存度チェック】彼氏を束縛する女性の特徴|原因を克服して治す方法とは

あなたは彼氏に依存していませんか?今回は、彼氏に依存する女性に共通する特徴を10個紹介していきます。自分が依存しているか分からない女性は、「彼氏依存度チェック」を使って原因を解明してみてくださいね。さらに、彼氏に依存する彼女に対して、男性が思っている本音と依存を治す方法も徹底解説!

彼氏に依存している女性へ。

彼氏を束縛する女性の特徴

意識していないうちに、実は彼氏に依存してしまっていたというのは、よくあることです。

依存関係になってしまうと、お互いに辛い思いをして疲れてしまうため、治すための努力をしていきたいものですよね。

そこで今回は、彼氏に依存する女性の特徴から、彼氏の本音、依存をやめたい人に役立つ克服方法まで、詳しくまとめてみました。


彼氏に依存している女性の特徴とは

彼氏に依存している彼女

最初に、彼氏に依存する女性の特徴についてご紹介していきます。ここでは、特によく見られる10個の特徴について詳しくまとめてみました。

当てはまるものが多い人は、彼氏に依存してしまっている可能性も高くなるので、しっかりとチェックしてみましょう。


特徴1. 自己肯定感が低く、自分に自信がない

依存になってしまいやすい女性は、見た目や性格など、あらゆる面で自信がないため、他の女性に彼氏を取られてしまうのではないかと心配になってしまいがちです。

その結果として、彼氏と離れたくないという思いが芽生えて、次第に依存へと進んでしまいます。

また、何か自信を失うようなできごとをきっかけに、彼氏に頼ってしまい、そのまま依存していくこともあるでしょう。


特徴2. 極度の寂しがり屋で、一人で居るのが苦手

彼女が極度の寂しがり屋の場合も、彼氏に依存しがちです。一人でいることに強い孤独感を感じ、それを解消しようと頻繁に彼氏に連絡を取ったり、一緒にいる時間を増やそうとします。

さらに一緒に過ごす時間が増えるほど、離れているときの寂しさがさらに増すため、どんどんと依存が進むのです。

また、彼氏と長く過ごすほど、その他の人間関係が薄れていくため、かえって孤独感が増してしまうこともあります。

【参考記事】はこちら▽


特徴3. 彼氏は何があっても自分の味方だと思いこんでいる

自分の味方だと思っている彼女

彼氏に依存している女性は、「彼が一番自分をわかっている、認めてくれている」と強く思い込んでいるのではないでしょうか。

自分を肯定してくれる彼氏のことを、何よりも大切にしたいという気持ちが芽生え、それと同時に自分も大切にされたいと思うようになるのです。

しかし、彼氏への執着的な好意が依存であることには、なかなか気づけません。自分の味方を手放したくないと思うことは、ある意味では自然なこととも言えますね。


特徴4. 恋愛以外で打ち込めるものがない

彼女個人の生活が充実していないケースも、多く見られます。彼氏との恋愛以外に、これといって生きがいや打ち込める趣味などが見つけられないのです。

友だちとショッピングに行ったり、一人で本を読んで過ごしたりと、楽しいと思えそうなことはたくさんあるのですが、彼氏がいなければ、全てのことが退屈で、大した意味がないと感じてしまいます。

そのため、彼氏が生きがいのようになってしまうのでしょう。


特徴5. 心配性で彼氏からの返信や帰りが遅いと不安になる

彼氏に依存している女性は、常にスマホが手放せません。大好きな彼氏からの連絡が少なかったり、返信が遅かったりすると、たちまち不安を感じてしまいます。

一日中いつでも自分と連絡を取っていてほしいと願っているため、連絡の間隔が空くのが嫌で、頻繁にスマホをいじって彼からの連絡を待っているのが特徴です。

彼氏が仕事の都合などで返信ができなかった場合は、それだけで大きな喧嘩になってしまうこともありますよ。

【参考記事】はこちら▽


特徴6. 「彼氏>友達」なため、同性の友達が少ない

同性の友達が少ない彼女

彼氏に依存している女性は、友達より彼氏を大切にする傾向があります。例えば、彼氏から会おうと言われた日に友達との先約が入っていても、友達との予定をキャンセルして彼氏と会っている女性などです。

元々同性の友達が少ないケースも多く、人付き合いが苦手なことから、何かあると彼氏を頼ってしまいがち。

場合によっては、彼氏以外の付き合いは必要ないと、人間関係に対して極端な考えも持っている女性もいるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


特徴7. 自分のことより彼氏を優先しがち

自分より彼氏を優先するとは、例えば、遠距離恋愛中の彼氏に経済的な無理をしてでも何度も会いに行くことや、自分の好みに合わなくても、彼氏が言う通りのスタイルに服装を変えることなどです。

自分が無理をしてでも「彼氏が喜んでくれるなら」と尽くしている人は、彼氏依存の可能性があるかもしれませんよ。

逆に、どの行動も自分が楽しくて無理を感じることなくできているなら、彼氏依存の可能性は低いでしょう。


特徴8. マイナス思考で彼氏に振られるんじゃないかといつも怯えている

彼氏に捨てられるのではないかと、いつもビクビクしている人は要注意です。自分に自信が持てない上、マイナス思考なため、「こんな私はいつフラれるかわからない」と常に不安に感じてしまいます。

不安が大きくなるほど、彼氏に対する執着心も強くなっていくため、どうしても依存しがちになるのでしょう。遠距離恋愛などは特に、少し連絡が途絶えただけでも、浮気をしているんじゃないかと変に疑ってしまうことがあるのではないでしょうか。


特徴9. 彼氏が好きすぎて過度に干渉したり、束縛したりする

束縛する彼女

過度な干渉や束縛も彼氏依存の特徴です。少し連絡が取れないと何度も電話をかける他、約束していないのに彼氏の仕事が終わるまで職場の前で待ち伏せるなど、一歩間違えばストーカーにも見えるような行動を取っていることがあります。

また、彼氏が友達と遊びに行くのも嫌だと言って、相手の行動を制限しようとする女性も。こうした行き過ぎた干渉が見られるのなら、彼氏依存だと言えるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


特徴10. 彼氏となら毎日でも一緒にいたいと思っている

彼氏のことが好きすぎて、24時間ずっと一緒にいたいと強く思う女性もいます。友達との関係はおろそかになり、仕事をずる休みしてまで彼氏との時間を作ろうとしてはいませんか。

一緒にいたいと思う気持ちは当然ですが、仕事や彼氏以外の人間関係さえもままならなくなっているとしたら、彼氏に依存している可能性があります。

また、予定が空いている日は何も予定を入れず、全て彼氏のために空けておくという人も要注意ですよ。


彼氏に依存してしまう原因や理由とは?

依存する彼女

なぜ彼氏に依存していくようになるのでしょうか。

ここでは、5つの原因をピックアップしてみました。女性の性格や考え方が理由になっていることがほとんどなので、よくチェックしてみてください。

依存してしまう理由がわかれば、克服するための糸口も見つけられるはずですよ。


原因1. 依存するのは自分に対して自信がないから

自分に自信を持っていれば、何事も一人で決断することができますし、彼氏が違う考え方を持っていたとしても、多様な意見の一つとしてとらえられます。

依存する女性は自信がないために、彼氏の意見を行動指針としなければ何もできなくなっているのです。また、彼氏に自分を認めてもらうことで、自信を保っているという一面もあるでしょう。

自信がないことは、あらゆる依存の大きな原因だとされているため、彼氏依存に限らず注意したいものですね。


原因2. 恋愛以外で熱中できたり、夢中になれるものがないから

恋愛以外に楽しみが無いことも、彼氏依存の原因です。

夢中になって取り組める趣味などがあれば、彼氏と離れている時間も充実させられるのですが、打ち込めることが見つからないため、恋愛が唯一の楽しみになってしまいます。

誰しも楽しみは失いたくないので、次第に彼氏を中心とした生活に依存していきがち。他に考えることも特にないので、「今、何してるのかな」と彼氏のことばかり気にするようになるでしょう。


原因3. 自分のことしか考えられていないから

自分のことしか考えていない彼女

次は、女性が自分の気持ちを第一に考えている点です。自己中心的というよりは、自分の言動に対して相手がどう思うかという視点が抜け落ちている傾向にあります。

彼氏と常に連絡を取りたいと頻繁に電話やLINEをしているなら、その分彼氏もたくさんの時間をあなたのために取らなければならないとわかるはず。

彼氏のことばかり考えているつもりが、実は自分の気持ちばかり考えているのかもしれませんよ。


原因4. ネガティブで彼氏が離れていかないか不安に考えてしまうから

ネガティブな考え方も彼氏依存の理由につなががってしまうことがあります。特に遠距離恋愛では、連絡が途絶えている時間が長くなると、浮気をしているのではないかと、マイナス思考に陥ってしまいがち。

自分よりも魅力的な女性はたくさんいるので、彼氏が自分から離れていってしまうのではないかという不安から、連絡の頻度が高くなり、彼氏に対する執着心も強くなるのです。

彼氏に依存する女性は、常に不安を感じながら男性と付き合っているのではないでしょうか。

【参考記事】はこちら▽


原因5. メンタルが弱く、寂しさや孤独に耐えられないから

恋愛以外に寂しさを埋めるような方法を持っている女性だと、彼氏依存になりにくいですが、寂しい時に恋愛しか見い出せない人は、心の穴を塞ごうと彼氏にすがってしまうでしょう。

とにかく目の前の孤独を拭い去ることを必至に考えてしまうため、常に彼氏と過ごそうとしたり、いつでも連絡を取っていようとします。

寂しさに自分の心が振り回されてしまって、冷静に解決方法が見つけられなくなっていることも多いものです。


どれくらい彼氏に依存している?彼氏依存度診断チェックリスト

依存度をチェックするカップル

自分が彼氏依存だと疑っている人は、ぜひ次のチェックリストで確認してみましょう。7つ挙げた項目のうち、4つ以上当てはまるのなら、彼氏依存の可能性が高いです。

依存をやめたい人にとって一つの目安として役立つので、ぜひトライしてみてくださいね。


診断1. 友達と彼氏なら彼氏を優先してしまう

最初のチェックポイントは、友達と彼氏の優先順位です。

休日は彼氏と会うために友達と遊ぶ約束をしない、または友達と約束をしていたのに、彼氏から誘いが来ると先約を断ってまで彼氏に会いに行く、などが当たり前になっている人は彼氏依存の可能性があります。

彼氏との時間を優先してばかりいると、友達や家族との付き合いがおろそかになり、彼氏以外の人間関係が希薄になっている場合も。

【参考記事】はこちら▽


診断2. 彼氏のお願い事なら基本的に全部「YES」で答えられる

彼氏の好みに合わせて服装や髪型をガラッと変える他、おねだりされたものは高くてもついついプレゼントしてしまうなど、彼氏のどんな要求にも答えている女性は、彼氏依存かもしれません。

彼氏の言うことを絶対的に考えてしまい、自分の気持ちや好みを抑えてでも、希望に応えようとしていませんか。

「彼氏を喜ばせたい、尽くしたい」という気持ちが行き過ぎると、依存になってしまうので注意が必要です。


診断3. 彼氏のことなら何でも知りたいと思っている

なんでも知りたい彼女

お互いの全てを理解しあいたいと考えるのも、彼氏依存の特徴です。家族の人柄や友達付き合い、元カノの人数まで、どんなことでもオープンにして隠し事を失くそうとします。

何でも知ろうとするのは、相手を支配したいという気持ちの裏返しでもあるので、その他にも彼氏の行動を制限するなど、束縛したがる女性が多いでしょう。

自分は彼氏のことを全て知っていると思うことで、自分自身の自信につなげようとしているのかもしれませんね。

【参考記事】はこちら▽


診断4. 連絡が1日でも返ってこないと、不安で仕方がない

彼氏依存になっている女性は、日ごろから頻繁に彼氏と連絡を取ろうとします。返信がすぐ返って来ないと、それだけで大きな不安を感じてしまうはず。

単純に気がついていないか、仕事で返信できないだけだと考えるのが通常ですが、他の女性と会っているのではないか、彼氏に嫌われたのではないか、事故に遭ったのではないかと心配になっているなら、要注意ですよ。

1日連絡が途絶えると不安に感じるかを目安にしましょう。


診断5. 自分の事より、彼氏のことを考える時間の方が多い

ふと、彼氏のことばかり考えている自分に気がつくときはありませんか。

仕事をしていても、家で過ごしていても、四六時中彼氏からの連絡を待ってスマホが手放せなかったり、他にやるべきことがあっても手につかなかったりするのは、彼氏依存の特徴と言えます。

彼氏のことが好きすぎて仕事にも集中できてない、なんて人は彼氏にどっぷり依存してしまっているかもしれませんよ。日ごろの自分を一度振り返ってみましょう。


診断6. 正直、自分に対して自信が持てない

自信が持てない彼女

自信がないことは、依存に陥る大きな原因と言われています。自分に自信がないからこそ、何かあるごとに他の人に頼りたくなってしまうのです。あなたが彼氏に日常的に頼っているなら彼氏依存の可能性大。

また、自分の悪いところばかりが気になって、自分自身を肯定できていない人は、彼氏に尽くすことに自分の価値を見出していることもあります。

自信を失うようなできごとがきっかけになるなど、誰にでも依存の可能性はあるでしょう。


診断7. 今の自分には恋愛が一番優先順位が高い

付き合い始めたばかりならまだしも、彼氏に「もっと友達と遊ぶ時間や趣味を満喫しても良いよ」と言われても、「2人でいる時間が一番幸せ」と、いつまでも恋愛第一に考えているなら彼氏依存と言えるでしょう。

休みの日は彼氏と過ごすのが唯一の楽しみになってしまい、デートできなかった時に他に何もやることがなかった、なんてこともあるかもしれませんね。

恋愛に夢中になるあまり、周囲の友達から愛想を尽かされていることも多いものです。


依存体質な彼女に対する彼氏の本音を教えて!

本音を言う彼氏

彼氏依存になっている恋愛は、うまくいかないとよく言われますね。彼氏に頼りっぱなしになっている彼女を、彼氏は実際のところどう思っているのでしょうか。

次に、彼女に依存される男性の本音をまとめてみたので、確認してみてくださいね。


彼氏の本音1. 正直、束縛がひどいので疲れる

彼氏依存の女性の中には、友達付き合いまでも制限しようとする人がいます。

学生時代の同級生と集まるのも禁止されている場合は、何とか言い訳をして出かけても、彼女からバンバン電話やLINEが来るので、ゆっくり友達との時間も楽しめません。

束縛しすぎる彼女に周囲の友達もドン引きで、それ以降、彼氏を遊びに誘いずらくなるなどの影響も。自分の時間が楽しめない彼氏は、当然疲れるので辛いですよね。

【参考記事】はこちら▽


彼氏の本音2. 何か指摘するとすぐに落ち込んで泣くのはやめてほしい

依存タイプの女性は、ちょっとした口ゲンカでも泣いてしまうことが多いです。あまりにもすぐ泣くので、彼氏も発言に気を使う他、冷静に話し合いがしたくてもできなくなってしまいます。

何も指摘していないときでも、デート終わりに分かれるのが寂しいという理由で泣く女性がいるため、2人でいるときは、彼氏の気分も常に暗くなりがち。泣いてばかりの彼女とは楽しく過ごせないですよね。


彼氏の本音3. 重いし、しんどいのでぶっちゃけ別れたいと思っている

別れたいと思っている彼氏

「あなたのことが一番大事、私がしたくてしてることだから」と、彼女がいつも自分を最優先にしている様子を見ると、彼氏の方は正直重たくて辛いです。

本当は趣味や友達のためにも時間を使いたいのに、自分を待つ彼女の存在がプレッシャーになり、言い出せなくなってしまいます。

またどんな悩みも彼氏にばかり相談していると、「なぜ自分ばかりを頼ってくるのか」と感じてしんどいため、別れを考えてしまうこともあるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


彼氏の本音4. 彼女のことは好きだけど、精神的に自立してくれないと結婚は厳しい

彼氏依存の女性は、彼氏に自分の将来をゆだね、何でも結婚ありきで考えてしまう傾向があります。

「そのうち結婚するのだから、私は正社員の仕事でなくても良いよね」と、職探しなども彼氏との関係を前提にしている彼女は、男性にとって重すぎる存在です。

彼女が精神的にも経済的にもきちんと自立していないと、結婚後も男性が全面的に女性を支えていかなければならないため、しんどいと感じてしまうのも自然なことでしょう。


彼氏の本音5. 言動と行動に一貫性がないので、どれが本気か分からない

彼氏依存に陥りやすい女性は、意志が弱いのも特徴です。自分をしっかり持てていないため、どんなことも彼氏任せで、自分では何も決められない状態になります。

周りに流されてばかりで彼氏に合わせて服装や好みまでもコロッと変わってしまうので、彼氏は彼女の本心が読みづらいと感じてしまうでしょう。

また不安になると「会いたい」と言ったり「放っておいて」と言ったり、逆のことを言って気を引こうとするケースもめんどくさいと思う理由。


彼氏に依存するのをやめたい!克服して治す方法とは?

依存するのをやめたい彼女

相手に依存する恋愛はやはりお互いが疲れるものですね。彼氏依存をやめたいなら、ぜひ克服してより良い恋人関係を築いていきましょう。

彼氏依存を治す方法を3つご紹介するので、ぜひ参考にして取り組んでみてください。


克服方法1. 仕事に本気で取り組んで、経済的にも精神的にも自立する

彼氏依存の女性は、仕事に打ち込めば彼氏のことを考える時間が自然と少なくなっていく他、がんばっている姿が周囲からも評価されて自信が付けられます。結果として経済的にも精神的にも強くなれるはずですよ。

彼氏との将来を前提として全てのことを考えるのではなく、依存をやめて、自分自身の人生を歩くという気持ちをしっかり持って、トライしてみてください。仕事に役立つ資格の勉強に励むのもおすすめです。


克服方法2. 一人の時間を楽しむため、習い事を始めてみる

恋愛以外の楽しみを探すことも、克服方法の一つです。なかなか没頭できるような趣味を見つけられない場合も多いので、最初は何か習い事を始めてみると良いでしょう。

もし彼氏ができてからサボりがちになっていた習い事があるなら、ぜひ再チャレンジしてみてください。

月謝制で決まった日時に行われている習い事なら、お金を払ったからには行こうという気にもなりますし、定期的に通うことがルーティーンとして定着していきます。


克服方法3. 自分磨きをして、自分に自信を持つ

自分に自信が無いと彼氏依存になりやすいため、自分磨きも欠かせません。ジョギングをしたり、ジムに通ったりして体型維持に励んでも良し、スキルアップにつながる資格の勉強をしてみるのも良し。

努力の結果、外見やスキルがレベルアップすることが少しずつ自信につながっていきますよ。自分磨きをすることで行動範囲が広がり、彼氏以外の人間関係が充実していくメリットも得られるでしょう。


彼氏に依存している女性は、小さなことから変えてみて。

小さいことから変える彼女

彼氏依存になっている女性の特徴や、克服方法などを詳しくご紹介してきました。参考になる情報は見つかったでしょうか。

まずは、自分がどの程度彼氏に依存しているのか、どんな原因や理由があるのかを正しく理解することが大切です。ぜひ今回の情報を参考にして、彼氏とより素敵な関係が作れるように取り組んでみてくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事