友達が少ないのはメリット?友達が少ない男女の特徴・原因・理由とは

男性も女性も昔から友達が少ないという人は多いはず。また、社会人になって友達が減った人もいますよね。今回は、友達が少ない男女の原因や理由から、友達が少ない人の特徴まで大公開!もし友達が少なくて困っている人は、友達を増やす方法を参考にどうぞ。番外編では友人が少ない芸能人も紹介します。

友達が少ない人っていますよね。

友達が少ない人の特徴

友達が少ない人、身の回りに実際いるのではないでしょうか。もしかするとこれを読んでいるあなたもそうかもしれません。

この記事ではそんな友達が少ない人がなぜ、そうなったのかその理由や原因、特徴を解説していきます。

併せて、友達を増やす方法もご紹介。友達が少ない、寂しいとお悩みの男性、女性、参考にしてみてください。


友達が少ない人の特徴

マイペースだったり、協調性がなかったり、友達が少ない人には、少ないなりの性格や行動の特徴があります。

以下では友達が少ない人がどのような特徴を持っているのか、具体例も交えつつ詳しくご紹介していきます。


特徴1. マイペースで協調性がない

なんだか話が上手で、明るいのに友達が少ない、そんな人はもしかすると、周りに合わせようとしていないという性格的な特徴があるかもしれません。

友達関係というのは時には我慢して相手に合わせた行動を取ることも必要

ですが、常にマイペースで周囲のことを考えず、協調性がない人だと、友達を作る上で必要なルールや環境に合わせることができません。だからこそ友達が少なくなりがちなのです。


特徴2. 人と話すのが苦手で、会話の輪に飛び込むのができない

そもそも会話が苦手という方も友達が少ない傾向にあります。友達を作る、友達になるにはやはり共通の話題で盛り上がったり、気の置けない話ができたりすることが重要。

人と話すのが苦手で、会話の輪に入れないような状態だと、なかなか友達はできません。

また、そうして友達ができないことでさらに人と話をすることができなくなり、より友達を作ることから遠ざかっていく人もいるのです。

【参考記事】はこちら▽


特徴3. 人に気を遣うのが苦手で単独行動を好む

マイペースな行動を好む人の中には、人の輪の中に入って自分の行動が軋轢を生むことを嫌う人がいます。簡単に言えば、人に気を遣うことが苦手なのです。

そのため、周囲に人を置かず、自分一人で楽しみを見つける傾向があります。

一緒に何か楽しむことができるのも、友達を作るうえで重要。ですが、一人ではそうもいきません。こうした特徴を持つため、友達が少ない人もいるのです。


特徴4. ネガティブ思考でいつも暗い

男性、女性を問わずやはり一緒にいるのであれば明るくて楽しい人を選びたいもの。

逆にネガティブだったり、暗かったりすると、相手に気を使わなくてはいけないこともあるでしょう。

友達が少ない人は、人によっては、ネガティブ思考で常に暗く話しかけづらい、という特徴を持つ人もいます。

こうした特徴を持つ人は、相手に気を遣わせてしまったり、そもそも一緒にいると大変ということから、友達が少なくなる傾向にあるようです。


特徴5. 恋人ができると友達よりも恋人ばかり優先する

友人関係も彼氏、彼女との関係も一言で言ってしまえば人間関係です。当然、人生のタイミングにおいては、どちらかが優先的になることもあるでしょう。

ですが、良好な人間関係を築くには、バランスを取り、どちらも大事にしなくてはいけません

友達が少ない人はこのバランスを取ることが苦手、という特徴を持ちます。彼氏や彼女ができたら、恋人ばかりを優先し、友達をないがしろにしてしまう傾向があるのです。

そのため、友達が離れていってしまったり、そもそも友達ができなかったり、という結果になって表れてしまいます。

【参考記事】はこちら▽


特徴6. 視野が狭く、自分の主観で相手のキャラや性格を決めつけてしまう

友達が少ない人の特徴として、常に自分の考えを優先してしまうというものがあります。

人は表に見えている性格以外にも多様な面を持ちます。しかし友達が少ない人は、自分の感性を第一に考え、相手を主観で判断し、「君は○○な人」と決めつけてしまう傾向にあるのです。

一方的に決めつけられるといい気持ちはしませんよね。でも友達が少ない人はついついそれをやってしまいがち。だから友達が離れていくのです。


特徴7. 理屈っぽく、すぐに人の揚げ足をとったりする

友達同士の気の置けない関係。だからこそ普通ではありえない不合理な考えや行動がまかり通ったりするもの。

でも友達が少ない人は理屈を優先するという特徴があります。

例えば友達同士で、くだらない話をしているときそれを真面目に、本当にくだらない、と言われたり、数字を出して否定されたりすると嫌ですよね。

友達が少ない人はそんな揚げ足を取るようなことをついついやってしまいがちです。

【参考記事】はこちら▽


特徴8. 見えっ張りな性格で内心では友達の多いリア充に嫉妬している

友達が少ない人の中には、今までに説明したような特徴を自覚している人もいます。

自分の現状を理解しつつも、それを認めたくないという見栄が優先してしまい、なかなか友達ができないという理由になることも。

こうした人たちは孤高な自分を装いますが、内心ではリアルが充実している方に内心嫉妬しがちである、という特徴を持っているのです。

素直に友達が欲しい、友達になってほしいと言うことができないので、それが友達の少なさに拍車をかける原因にもなっています。


特徴9. 警戒心が強く、人に心を開くまで時間がかかる

心を開いていない人とは、友達になりづらいもの。友達が少ない人は警戒心が強く、容易には相手に心を開かない、という特徴を持つ人もいます。

心を解きほぐすことができれば、親友ともいえる仲に発展することもありますが、なかなか難しいもの。

こうした特徴から、友達が少なくなってしまう傾向にあるのです。中には、何らかの心理的なトラウマが、きっかけになっている場合もあるようです。

【参考記事】はこちら▽


特徴10. ズボラな性格で、身だしなみに清潔感がない

友達とは言っても、人間関係、付き合う相手は選びたいもの。身だしなみに、清潔感がないような特徴がある人も、友達が少ない傾向にあります。

類は友を呼ぶ、という言葉がありますが、だらしない人と一緒にいて、自分もだらしない奴だとは思われたくないものです。

単に身だしなみが汚いだけでなく、こうした特徴を持つ人の中には、ズボラで、ルールを守れない人も。

友達とはいえ、そこは人間同士の関係、ルールを守れない方とは仲良くしたくないでしょう。


友達が少ない主な原因や理由

以下では男性、女性に限らず友達が少ない人がなぜ友達が少ないのか、できないのか、その原因と理由をもう少し深堀して解説していきます。

身に覚えのある方は今からでもいいので、行動を改めてみてはいかがでしょうか。


原因1. 自己中心的で相手を思いやる気持ちがないから

友達を、単に都合のいい人間だと思っていませんか。あるいは、相手にそう取られるような行動を取っていませんか。

友人関係というのは、相手を思いやる心があるからこそ築けるもの。

自己中心的に、全部自分の都合のいいように考えているような相手と、友達になりたいと思う人は少ないでしょう。

予定を全部自分の都合に合わせさせる、時間を作っていたのにドタキャンをしてしまう、なんてことばっかりしていると、友達はなかなかできないものですよ。


原因2. 極度の負けず嫌いで、すぐに人と張り合おうとするから

友達とは対等な関係でいたいもの。上下関係をつけようとしてくる人とは、仲良くはなりたくないですよね。

でも、どんなことでも張り合おうとしていませんか。すぐに上下関係をつけたがる、負けず嫌いな人はそれが原因となって、友達が少ないかもしれません。

学校では勉強で張り合い、社会人であれば仕事で張り合う、プライベートでもなんてことだと、なかなか友達はできませんよ。

【参考記事】はこちら▽


原因3. 愚痴や不満が多く、相手が一緒に居て楽しいと思えないから

話していて、楽しい人と友達になりたいものです。

友達同士の会話といっても時には楽しいことだけでなく、愚痴や不満など暗いことも言うでしょう。

でも友達同士ならバカ騒ぎして、日ごろのうっぷんを晴らしたいのではないでしょうか。

しかし、自分のことばかり、日ごろの愚痴や不満ばかりを聞かされても楽しくはありません。

聞いた時に相手がどう思うか、相手の気持ちを考えないことが、友達が少ない原因になっているのです。


原因4. 人見知りで人と会話をするのが苦手だから

人とうまく打ち解けられない。そんな人見知りという特徴も、友達が少ない原因となっています。友達になるきっかけとしては会話が多いでしょう。

気軽に話して相手の人となりを知ることから、関係性は築かれていきます。

でも、その会話がうまくできなければ、どうでしょうか。きっかけをつかむことができません。

人見知りであれば、それに輪をかけて、そもそも話すこと自体が難しくなってしまうのです。


原因5. プライドが高く、高圧的な態度を取るため人が避けていくから

なんでも気さくに話すことができ、相手に無駄に気を遣う必要もない。友達にこういった条件を求めている方も多いでしょう。

プライドが高く高圧的であれば、相手は委縮してしまいます。なんなら嫌な人間だと、思われてしまうかもしれません。

こんな方と積極的に友達になろう、と思う人は少ないでしょう。

自分をすごく見せようと、威圧的な態度をとっていませんか。そういった、相手にとって負担となる態度や行為も、友達が少ない原因になっているものですよ。

【参考記事】はこちら▽


友達が少ないメリット、デメリットは?

友達が少ないことには原因、理由がありますが、仲には意図的に友達を少なくしている男性、女性がいるのも事実。

以下では友達が少ないとどのようなメリットがあるのかを解説していくとともに、逆に友達が少ないことによって生じるデメリットも解説していきます。


友達が少ないメリット

友達が少ない、一見デメリットが多そうですが、実はメリットもあります。友達が少ないことによって生まれるメリットを理解しているために、友達が少ない生活をあえて選んでいる人もいます。

そんな友達が少ないことによって生まれるメリットをもう少し深堀して見ていきましょう。


メリット1. 時間やお金を自分の好きなように使える

飲み会や食事会、イベントへの参加など、友達付き合いには少なからずお金や時間がかかります。

友達が少ない生活であれば、そこにかかっているはずのお金や時間をすべて自分が利用することができるのです。

好きなゲームや漫画を好きなだけ買ったり、空いた時間を仕事に当てたり、社会人、学生に限らず、友達が少ないゆえに生まれる時間やお金を使って、できることはたくさんあります。


メリット2. 人間関係で悩まなくて済む

友達がたくさんいるのであれば生じてくるのが人間関係の問題。

自分は気にしていなくても、特定の友達とだけ付き合いがいい、予定の調整が面倒、人間関係が複雑になってきます。

友達が少ない生活であれば、人間関係のわずらわしさに悩む必要はありません。

元々友達が多かった人でも、ある程度落ち着いた年齢になり、このメリットを堪能するために、友達が少ない生活を選ぶ人も多いと言われています。


メリット3. 恋人や家族と過ごせる時間が増える

大学生、社会人となってくると、友人以外にも大切な人間ができてきます。それが恋人や家族。友達が多く付き合いが多くなると、恋人や家族にさく時間が作れなくなってきてしまいます。

家族や恋人ができる年齢で、友人を優先してしまうと仲が悪くなったり、場合によっては家族が崩壊してしまう危険性も。

そういった問題を避けるために、大事な家族、恋人ができたら、徐々に友達が少ない生活に切り替えていく男性、女性は多いのです。


友達が少ないデメリット

友達が少ないことはもちろんデメリットもあります。

愚痴を言えなかったり、慰めてもらえなかったり、楽しいことが共有できなかったり、デメリットがたくさんあります。

以下では友達が少ないことによって生まれるデメリットを詳しく深堀していきましょう


デメリット1. 楽しいことや嬉しいことを人と共有できない

面白い映画を見た、感動できるような音楽を聴いた、最新のゲームが楽しい。そんな気持ちを誰かに話したいことって、ありませんか。

必ずしも、趣味が合う人はいるわけでは、ありません。でも、友達が多ければ、相手も見つけやすいですし、それを共有し、場合によっては、一緒に楽しむこともできるでしょう。

ですが友達が少ないのであれば、共有できる人も少なく、自分の胸の内に秘めておかなくてはならないこともあるのです。


デメリット2. 悩んだり落ち込んだ時に相談できる人がいない

仕事で失敗したり、大学で単位を落としたり、彼氏、彼女に振られたり、世の中嫌なことはたくさんあります。愚痴や不満、あるいは不安を話したり、時には慰めてもらいたいですよね。

友達が少ない人は、そんな優しく話を聞いてくれる相手に巡り会えないかもしれません。

一人で抱え、何とか不安や不満を克服しなくてはいけないのです。こうした問題は、抑うつ傾向が高くなったり、と心身に影響を与える危険性もあります。


デメリット3. 休日に出かけたり、遊んだりする人がおらず孤独で寂しい

せっかく仕事や学校が休み。でも友達がいないと一緒に遊びに出かけたりできない、なんてことにもなります。

一人暮らしの部屋で、ひっそりと一人で読書をしたり、ゲームをしたり、勉強したり。そんな生活を友達が少ない人はしなくてはいけなくなるのです。

友達が少ないことが原因でこういった生活をしていると、人によっては強い孤独感を感じ、寂しい気持ちになる場合もあるでしょう。

総じて、幸せな気持ちを感じにくいという結果にもなりがちです。

【参考記事】はこちら▽


仲のいい人が欲しい!友達を増やす方法

友達が少ない生活をしていて、お悩みの方も多いのではないでしょうか。

安心してください。ちゃんと友達を増やす方法も解説していきます。

以下では5つの友達を増やす方法をご紹介してきますので、ぜひ参考にしてみてください。


1. 自分と同じ趣味の人が集まるイベントやオフ会などに参加してみる

なかなか人と話しづらい、人見知り、あるいは会話が苦手な人にお勧めなのが、趣味のイベントへの参加。

趣味が合う人同士なので、大体どのような人が来るのか想像しやすいです。

加えて、すでに会話の中心となっている話題が決まっているので、比較的話しやすく、人の輪にも入りやすいのです。

一人で楽しんでいる趣味があるのであれば、家でじっとしているのではなく、とりあえず外に出て、同志たちと語り合ってみるのもいいですよ。


2. SNSで気が合いそうな人と交流してみる

これといった趣味がない方にお勧めなのがSNSの活用。顔は見えない分話しやすいですし、匿名なので意外と本音で話しやすいですよ。

相手の姿形が見えないことに不安を感じるかもしれませんが、逆にそれを活用しましょう。

姿形や立場が分からないからこそ、あけっぴろげに会話ができるものです。

Facebookなど、自分の素性が明らかになるものよりは、twitterなど匿名で気軽に利用できるSNSがおすすめです。


3. 思い切って習い事を始めてみる

人の輪に入る作戦として、思い切って習い事を始めてみるのも、有効です。

すぐに友達ができるわけではありませんが、基本的には同じ目的を持った同士。仲良くなるのに、そこまで時間はかからないでしょう。

ただ、フィットネスジムなど、人が大勢いるところだと、なかなか会話に発展することが難しこともあります。できれば、10人くらいの小規模で習うものを選択することをおすすめいたします。

武道や料理、といったものがおすすめです。習い始める前に、体験入門などして、どんな人が来ているのか、教室の雰囲気を感じておくことも大切ですよ。


4. 学生時代の友達に連絡をとってみる

社会人になってなかなか友達ができない、という人におすすめなのが、学生時代の友人との交流。

あなたと同じように、過去の友人たちも、彼ら、彼女らなりに社会人としての様々なネットワークを作り上げています。

場合によっては、あなたと気の合いそうな人を紹介してもらったり、習い事を始めるきっかけになったりと進展があるものです。

気まずい、と思ってしまう方もいるかもしれませんが、とりあえず連絡をかけてみるといいですよ。


5. 身近にいる友だちの多い人と親しくなる

習うより慣れろという言葉があります。友達を作りたいのであれば、自分からそういった人の輪に飛び込んでみることも大切です。

おすすめは友人が多い人の輪に入ること。コミュニ―ケーションが苦手でも、話さざるを得ない環境に身を置くのです。

もちろんメリットは他にもあります。友達が多い人と仲良くなれれば、その人がどうして友達が多いのか、知ることもできます。加えて、豊富な友人たちの中から、あなたと気が合う人が見つかるかもしれません。


結婚式で呼べる友だちが少ないと悩む人の上手な対処法

幸せな舞台、結婚式。でも実際にやるとなると、誰を呼べばいいのか、そもそも呼べるような友人がいないなんて問題もあるでしょう。

以下ではそんな結婚式に呼べる友達が少ないと悩むカップルのために、上手な対処法を解説していきます。


対処法1. 家族や親族だけで行う

幸せな舞台、別に無理に友人と共有する必要はありません。呼ぶことのできる友達が少ないことを悩む必要はないのです。

対処法としてまず第一におすすめなのが、家族、親族だけで結婚式を執り行う、というもの。

昨今では小規模の結婚式も増えており、別に少ない人数で行う結婚式は、おかしいものではありません。

予算も抑えられるし、呼ぶのも簡単、人数も把握しやすいといった他のメリットも多数ありますよ。


対処法2. 友人は二次会だけ呼ぶ

友人が少ないところを親族に見られたら困る、あるいは式場を抑える際に難しいなど、結婚式に呼べる友達が少ないと悩みも多いでしょう。

だったら、友人は二次会に呼びましょう。少ない友人を親族ばかりいるところに連れて行って変に気を遣わせる心配もありません。

結婚式でのちょっとお堅い空間よりも、レストランなどの場所の方がいろいろと話もしやすいものですよ。


対処法3. 結婚式のキャパを小さくし、親しい友人だけを招待する

友達が少ない、でも結婚式には全員呼びたい、ということもありますよね。でしたら、おすすめな対処法は、結婚式そのものの規模を縮小しキャパを小さくするというもの。

そもそもの規模が小さくなれば、呼ぶ人数が少なくても違和感もなくなりますし、式場の大きさに合わせて、無駄にお金をかける必要もありません。

キャパを小さくすれば、人をあまり集められなかったと、思われることもないでしょう。


対処法4. 思い切って海外で挙式する

結婚式に呼べる友達が少なくて困っているのであれば、いっそのこと日本国外で式を挙げるのもありですよ。海外で式を上げるのであれば、友達が少ないと、人の目を気にする必要もありません。言葉が通じませんしね。

併せて、海外でやったということがステータスにもなりえます。行きたい国があれば、新婚旅行も併せてできます。海外で挙式するのには、こんなメリットもあるのです。

予算が許すのであれば試してみてくださいね。


対処法5. 話題の友達の代行サービスを活用して盛り上げてもらう

友達が少ないけど、どうしても立派な結婚式を挙げたい、親族の手前人はたくさん呼びたい、一生に一度のことなのだから、盛大にやりたいというカップルもおられるでしょう。

だったら、友達代行サービスを利用するのもおすすめです。少々お値段は張りますが、お金をたくさんかければかけただけ、式を豪華にすることも可能です。

ただ、当然のことながら、ご祝儀がもらえるわけでもありませんので、十分に予算は用意するようにしておきましょう。


【番外編】友達が少ないと公言している芸能人とは

友達が少ない、ということで悩んでいる男性、女性も多いでしょう。

自分は充実しているけど、人からとやかく言われて悩んでいる、という方もおられるのではないでしょうか。

最後に、そんな方たちを勇気づけるため、芸能人という身でありながら、友達が少ないことを公言している、友達が少ない芸能人をまとめてご紹介していきます。


1. 川口春奈さん

上京する前はそこそこ友達もいたという川口春奈さん。ですが、上京すると一変、友達がほとんどいない、ボッチとして過ごすことになってしまったそう。

現在でもインスタグラムに一人で買い物に行っている写真をアップするなど、その闇をあけっぴろげにしています。

ちなみに、ほとんど唯一のお友達といっていいのが、お笑いコンビ『全力じじい』の前すすむさんだそう。

かなり年が離れていますが、じじいと呼び捨てにして話せるほど仲がいいのだとか。


2. 松岡茉優さん

人気女優の松岡茉優さん。今でこそ引く手あまたの人気女優となった彼女ですが、高校時代は壮絶なボッチ体験をしていたそうです。

進学したのは高校の芸能コース。寡黙でまじめキャラを演じていたという松岡さんは、何とここに通っていた2年間で、ほぼ一人も友人ができなかったそう。

お弁当も一人、体育の授業も先生とペア、という絵にかいたようなボッチとして高校時代を過ごした松岡さん。でもその経験があったからこそ、女優の道に進むことを再確認したんだとか。


3. 北川景子さん

歌手のDAIGOさんと結婚し、女優としても活躍、順風満帆に過ごす北川さん。

その、順風満帆な人生の背景には、友達の量より質を選ぶという、彼女の性格があるのかもしれません。

芸能人としては、ほとんど友達がおらず、唯一親友といえるのが、同じく女優の貫地谷しほりさんだとか。

一見派手な見た目の北川さんですが、実は内省的なひとで、じっくりと考えることを大事にしているそう。

もともとは医者を目指していたことも関係があるのかもしれませんね。


友達が少ない人は、心を許せる友達だけ増やしていきましょう。

友達が少ない人の特徴や、原因、理由について解説していくとともに、友達を増やすにはどうすればいいかという点についても解説してきました。

ただ、実際のところ、無理に友達を増やす必要はありません。今回説明した内容を参考に、自分は友達が多いことが大事なのか、それとも、少なくても相手のことをしっかり思いやれるそんな関係が大切なのか、そもそも一人で生きていくの楽しいのか、考えてみることが大事ですよ。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事