彼氏に会いたくない理由とは│彼を傷つけない上手な言い訳と伝え方

喧嘩をしたり、気持ちが冷めたり、倦怠期だったり、「彼氏に会いたくないな…」と思う瞬間ってありますよね。今回は、どうして女性が彼氏に会いたくないと思ってしまうのか、理由や心理を大公開!さらに、彼と会いたくない時に相手を傷つけない上手な言い訳や伝え方まで解説していきます。

彼氏に会いたくない時ってありますよね。

彼氏と会いたくない理由

彼氏に不満があって会いたくなかったり、喧嘩して顔を合わせるのが嫌だったりするのはよくある事ですよね。

ですが、彼氏のことを特に嫌いになったわけでもないのに何だか会いたくない、と思ってしまうのも珍しくない事のようです。

今回は、女性が彼氏に会いたくないと思う理由や心理を徹底分析。

さらに、彼氏と会いたくない時に、相手を傷つけない上手な言い訳や伝え方も詳しくレクチャーします。


彼氏と会いたくない!会うのを拒む女性の心理とは?

「付き合いたての頃は毎日でも彼氏と会いたかったのに、最近は何だか会うのが億劫」、そんな風に感じている人もいるのではないでしょうか。

ここでは、彼氏と会いたくないと思う女性の心理について詳しく解説していきます。


女性心理1. 単純に会うのがめんどくさいから

毎日の仕事で疲れている時や、嫌な出来事があって気分が乗らない時は、たとえ彼氏であっても会うのが面倒に思えてしまうもの。

そんな時に、おしゃれをしてデートに出かける気分になれないのは当たり前のことだと言えるでしょう。

また、彼氏に対して付き合いたての頃のようなトキメキを感じなくなった時、会うのが億劫になることも。

この場合、気持ちが冷めかけたり倦怠期に陥ったりしている可能性が考えられます。


女性心理2. デートがマンネリ化して、気分が乗らないから

いつも同じようなデートでも、付き合いたての二人なら楽しく過ごすことができるでしょう。

しかし、付き合いが長くなるにつれてマンネリが生じ、倦怠期に突入する原因となってしまいます。

刺激のない、いつものデートが続けば続くほど、彼氏とのデートに気乗りしない心理が膨れ上がっていきます。

その結果、彼氏とのデートだけでなく彼氏自体にマンネリを感じ始め、ますます会いたくない気持ちが強くなってしまうのです。


女性心理3. 生理中など、単純に体調がすぐれないから

体調が悪い時は、何をしても楽しめないもの。どんなに大好きな彼氏とのデートでも、会いたくないと思ってしまうのは当然のことです。

もし、無理をして彼氏に会いに行き体調が悪化したら、彼氏に心配や迷惑をかけてしまいます。

また、女性の中には、生理前や生理中にひどく体調が悪くなる人も。

ホルモンバランスの影響で感情の抑えが効かなくなることもあるため、彼氏に会いたくないと考えている人も多いようです。

【参考記事】はこちら▽


女性心理4. 彼氏に対して冷めたから

付き合いたての頃は好きで仕方がなかった彼氏のことも、付き合いが長くなるにつれて嫌な部分が目につくようになってきます。

お互いに不満をぶつけたり喧嘩をしたりを繰り返すことで、二人の絆を深めるカップルもいれば、心の距離が離れていくカップルもいます。

彼氏のことが好きな気持ちより、どうしても許せない性格や嫌いな部分が上回ると、気持ちが冷めた状態になってしまいます。

【参考記事】はこちら▽


女性心理5. 一人で過ごす時間が欲しかったから

彼氏だけでなく、趣味も仕事も充実させたい女性には、自分の時間を大切にしたい心理があります。

もちろん彼氏のことを好きな気持ちはあるのですが、自分のために手をかける時間も欲しいと考えています。

トレンドのファッションやメイクを研究したり、好きな映画を見たり、仕事に関する資格の勉強をしたりと、その理由は様々ですが、共通して言えるのは、向上心が強いということ。

毎週のように彼氏とデートを続けていると、たまには自分だけで過ごす一人の時間が欲しくなり、彼氏に会いたくないと思うのです。


女性が彼氏に会いたくないと思う理由やタイミング

「何だか今は彼氏に会いたくない」と思う時、自分でもその理由がハッキリ分からずモヤモヤすることはないでしょうか。

ここでは、女性が彼氏に会いたくないと思う理由やタイミングについて、代表的なものを挙げていきます。


タイミング1. 仕事が忙しく、体が疲れ切っている時

毎日仕事が忙しい日々が続けば、体はもちろん心も疲れ切ってしまいます。

そんな時、まずは家に帰ってゆっくり休み、自分自身の体力を回復させたいと思うのは当然のことですよね。

どんなに彼氏のことが好きでも、クタクタに疲れ切った状態でデートに出かけるのはかなり辛いもの。

自分自身がデートを楽しめないだけでなく、一緒にいる彼氏にも色々と気を使わせてしまうことになります。


タイミング2. 体調が優れない時

熱や頭痛、吐き気など、何かしら体調が悪い時は、たとえ大好きな彼氏とのデートであったとしても十分に楽しめないものです。

デートに集中できないだけでなく、無理をしたことで体調を悪化させてしまう可能性もあります。

特に責任感の強い女性の場合、デートで体調を悪化させて、翌日の仕事に差し支えるようなことになっては困ると考えていることも。

体調が悪い時、デートに行きたくないと思うのは、男性も女性も同じです。


タイミング3. 彼氏と喧嘩していて顔を合わせたくない時

彼氏と喧嘩して仲直りしてない場合、顔を合わせるのがとても億劫になりますよね。

モヤモヤした気持ちのまま彼氏に会えば、不満が止まらなくなり、さらに大きな喧嘩になってしまうことも考えられます。

また、仲直りしようと思っていても、こちらから下手に出るのは納得できないということもあるでしょう。

とはいえ、ずっと彼氏に会わないままでは喧嘩も長引く一方。

会いたくない気持ちと会いたい気持ちが交互に浮かび、頭を悩ませるのです。

【参考記事】はこちら▽


タイミング4. 肌荒れがひどく、顔のコンディションが良くない時

好きな彼氏の前では、やっぱり綺麗でいたいものです。

もし、肌荒れや吹き出物など顔のコンディションが良くない状態でデートをしている時、彼氏の知り合いに遭遇したらと思うとゾッとしますよね。

彼氏のことが好きだからこそ、自慢の彼女でありたいと思うのは当然のこと。

肌のコンディションが気になるのが理由で、彼氏に会いたいと思っても我慢して会わない女性は案外多いようです。


タイミング5. 前日飲みすぎて二日酔いの時

飲み過ぎた翌日は、吐き気が続いたりお腹を壊したりすることもあります。

体調はもちろん、肌のコンディションも最悪です。また、前日お酒を飲みすぎると、呼気に酒臭さが混じり、ひどい口臭になる場合も。

そんな状態で彼氏に会えば、ドン引きされる恐れもあります。二日酔いのみっともない状態は、彼氏には見られたくないもの。嫌われたり幻滅されたりするのが怖くて、彼氏に会いたくないのです。


タイミング6. 雨が強すぎて、わざわざ休みに出かけたいと思わなくなった時

服や靴がびしょ濡れになるのを想像すると、雨が強い日は出かけるのが億劫になりますよね。

靴やバッグに防水スプレーをかけたり、ウォータープルーフのメイクを意識したりと、準備するのも面倒です。

付き合いたてで気持ちが盛り上がっている状態なら、「強い雨でも台風でも彼氏に会いたい」と思うものですが、そうでない場合はどうしてもテンションが下がってしまいます。

わざわざ出かけるのが億劫で、何か適当な理由をつけてデートを断ることもあるのではないでしょうか。


彼氏と会いたくない時、やんわり断る言い方や言い訳の伝え方

彼氏とのデートを断るのは、色々と気を遣うものです。一体どんな伝え方をすれば、気まずい雰囲気を避けられるのでしょうか。

ここでは、彼氏と会いたくない時、やんわり断る言い方や言い訳の伝え方について解説していきます。


伝え方1. 「体調崩しちゃった」は、スムーズに誘いを断れる王道のフレーズ

付き合っている彼女から「体調を崩しちゃった」と言われれば、当然彼氏は安静に過ごして欲しいと思うでしょう。

嘘をつくことに胸が痛む人もいるでしょうが、体調を理由にデートを断るのは、後にしこりを残さないおすすめの方法でもあります。

しかし、体調を理由に頻繁にデートを断っていると、やがて仮病なのがバレてしまうので要注意

仮病と気付かれてしまうと、理由を問い詰められたり、あっという間に別れ話に繋がったりする恐れもあります。


伝え方2. 「体調優れないから、別日にしてもらっても良い?」と正直に送るのもOK

彼氏と誠実に付き合っていきたいなら、正直に理由を伝えるのが一番の方法です。

例えば、生理で体調がすぐれなかったり、仕事で疲れていたりするのが理由でデートを断るのは、一度だけではないはず。

正直にきちんと理由を伝えることで、また同じ理由でデートを断ることになっても、彼氏は受け入れやすくなります。

デートを断る際は、その都度丁寧に「ごめんなさい」という気持ちを伝えることが大切です。


伝え方3. 「急遽仕事が入っちゃって」も社会人カップルなら活用できる定番の言い訳

急遽仕事が入って休日が潰れるのは、社会人なら仕方がないこと。彼氏もすぐに納得してくれることでしょう。遠距離カップルの場合でも、受け入れてもらいやすい言い訳です。

ただし、急な仕事を理由に何度もデートを断っていると、「気持ちが冷めたのかも」と彼氏が疑念を抱く場合も。

特に、普段なかなか会えない遠距離カップルは、別れ話に繋がるきっかけになる可能性があるので注意が必要です。


会いたくないのは彼氏へ冷めたから?気持ちが離れて会いたくない場合の対処法

人の気持ちは常に変わりゆくものです。彼女になれた時は嬉しくて仕方がなかったのに、いつの間にか気持ちが離れてしまっていた、ということもあるかもしれません。

ここでは、彼氏に対して気持ちが離れてしまい、会いたくない場合の対処法についてお伝えします。


対処法1. 会うのがめんどくさいと思ったら別れたほうがベター

彼氏と会うのがめんどくさいと思ったら、その理由や彼氏への気持ちを見つめ直してみましょう。

彼氏の存在を鬱陶しく感じたり、彼氏彼女としての関係がつまらないと思ったりするなら、恐らく彼氏への気持ちは冷めてしまっていると考えられます。

例えば、彼氏が他の女性とデートしているのを想像してみた時に、嫉妬や怒りなど何も感じないとしたら、気持ちが冷めているのは決定的だと言えます。

そこまで気持ちが冷え切ってしまっている場合は、真剣に別れを考えた方が良いのではないでしょうか。


対処法2. まだ迷っているなら、いちど距離を置いて冷静に考え直してみる

倦怠期は、ほとんどのカップルに訪れるものです。付き合いが長くなり、彼氏彼女の関係に慣れきった頃、相手に対する自分の気持ちが分からなくなる、というのはよくある話です。

彼氏に会いたくないと思うものの、別れることに迷う気持ちがあるのなら、一旦距離を置いてみるのがおすすめ。

一旦距離を置くことで、彼氏のありがたみや大切さに改めて気付かされることもあるでしょう。

無理に会うよりも、しばらく彼氏と距離を置くことで、自分の気持ちに変化が生まれるかもしれません。


彼氏に会いたいと思うようになる方法とは?

彼氏との関係に何となくマンネリを感じているものの、どうにかして気持ちを盛り上げたい、と思っている人もいるのではないでしょうか。

ここでは、彼氏に会いたいと思うようになる方法をいくつかレクチャーしていきます。


方法1. 行きたいデートプランを彼氏に提案してみる

行ってみたい観光スポットや、気になっているおしゃれなカフェなど、個人的に行きたいと思っている場所は無条件で楽しめます。

もし、彼氏に対する気持ちが曖昧な状態でも、デートに向けて気分が盛り上がるはずです。

また、初めて出かけるデートスポットなら新鮮な気分が味わえるだけでなく、二人の関係に刺激も与えてくれます。

デートプランを積極的に提案してみることで、マンネリ解消に繋がる可能性も期待できますよ。


方法2. 彼氏の好きなとこを思い浮かべてみる

付き合いが長いカップルや遠距離カップルの場合は、彼氏の存在や自分の気持ちがぼやけがちになってしまいます。

今までしてもらって嬉しかったことや、彼氏の好きなところを冷静に思い返してみると、自分の本当の気持ちが見えてくることがあります。

何となく彼氏に会いたくないという感情は、幸せに慣れきってしまったことが原因だとも考えられます。

彼氏の好きなところを明確にすることで、自分の気持ちが整理され、素直に会いたいと思えるようになるかもしれません。


方法3. 「楽しいデートプランなら行く!笑」と彼氏にムチャブリしてみる

彼氏のことは特に嫌いじゃないのになぜかデートに乗り気になれないのは、デートのマンネリ化が原因かも。

非日常感が味わえるテーマパークや、ロマンチックなムードのレストランなどに出かければ、恋愛気分が再燃する可能性が十分に考えられます。

また、デートプランを当日まで秘密にしてもらうことで、「どこに連れて行ってくれるんだろう」と、わくわくする期待感が高まるのでおすすめです。

【参考記事】はこちら▽


会いたくない時は、自分の感情に素直になって伝えましょう。

女性が彼氏に会いたくないと思ってしまう理由や心理、彼氏と会いたくない時に使える上手な伝え方について解説しました。

お互いに恋をして、せっかく付き合えた相手とは、できればずっと良い関係で居たいものですよね。

何となく彼氏に会いたくないと思う時は、案外誰にでもあるものです。

気持ちが冷めたと決めつけてしまう前に、まずは冷静に自分の気持ちを見つめ直してみましょう。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事