彼氏に依存しない“8つの方法”|男性に依存する体質を改善する方法とは?

彼氏に依存してしまい、いつも疲れてしまう方へ。今記事では、彼氏に依存してしまう女性の特徴から、原因や理由まで詳しくご紹介しますので、気になる方はぜひ参考にしてみてください!

彼氏に依存しやすい女性の10の特徴|恋愛体質な人に共通する点とは?

彼氏に依存しがちな彼女の特徴

「実は私って彼氏に依存してるのかも…」

「彼氏に依存している女性にはどんな特徴があるの?」

もしかして自分は彼氏に依存しているかも…と感じながらも、彼氏依存の女性の特徴がわからないからと確信が持てない方も多いでしょう。

そこでここからは、彼氏に依存している女性の特徴を10個解説。

当てはまっているところがないか自分の行動と照らし合わせて、自己診断してみてくださいね。


女性の特徴1. いつもスマホを手放さず気にしている

彼氏から連絡が来るんじゃないかと思うと四六時中スマホが気になって仕方がないのが彼氏依存しやすい女性の心理的特徴。

周りから見れば、「別に気が付いたときに返事をすればいいじゃん」と思いますが、彼氏依存の女性はすぐに連絡しないわけにはいきません。

さらに彼氏依存が酷くなると「早く返信しないと彼氏に嫌われちゃう」とありもしない妄想に捉われていたりします。


女性の特徴2. ”嫌われたくない”気持ちが強い

「彼に嫌われたら自分はおしまい」と極端に悲観的な心理状態になってしまうのも彼氏依存の特徴。

孤独になるのが耐えられないので、とにかく彼氏に嫌われないように行動します。

例えば、自分の言動一つ一つに対して彼の顔色をうかがい本音を言わなかったりします。

本音を言わないだけならばまだいいですが、エスカレートすると彼氏の言うことが絶対になってしまい、恋愛に生活が振り回されてしまいますよ。

【参考記事】はこちら▽


女性の特徴3. LINEの返信がないと”何か悪いことしたかな”と心配になる

LINEの返信がないと”何か悪いことしたかな”と心配になる

返信のスピードは愛情の深さという誤った認識を持ち、少し返信が遅いだけで不安を感じてしまう心理状態です。

LINEの返信が遅くなることは誰にでもあること。たまたま忙しかったり、後で返信しようとして忘れてしまうこともあるでしょう。

何も深刻に考える必要はないのですが、彼氏に依存していると返信がないことが不安でたまらなくなって、

「何か悪いこと言ったかな?」と勝手に自己嫌悪に陥ってしまいます


女性の特徴4. 自分で何も決断できない

彼氏を頼りにする気持ちが行き過ぎて依存になってしまっている状態です。

自分がどうしたいかよりも彼氏がどう思うかや、何を言われるかが大事になってしまっています。

「私の本音を聞いて彼が怒りだしたらどうしよう」などと考えてしまい、デートの行き先すらいつも彼氏におまかせ。

結果的に自分で意思決定する機会がどんどん少なくなり、自分への自信が失われるので依存の傾向がより強くなっていきます。

【参考記事】はこちら▽


女性の特徴5. LINEの送信取り消しをよくする

これは少しでも彼に自分のことを考えて欲しい、気にかけてもらいたいという心理からの行動です。

送信取り消しをされた相手は「何かあったのかな?」と思うもの。その心理を利用して、彼に「どうしたの?」と言ってもらいたいのです。

あるいは、自分のメッセージで「彼が嫌な気持ちになるんじゃないか」と必要以上に考えすぎてしまい、送信取り消しを繰り返すケースもあります。


女性の特徴6. 彼氏の行動を全て把握しようとする

彼氏の行動を全て把握してしまう

彼氏依存の女性は、彼が何をしているのか全て知っていないと、

「浮気されているんじゃないか」
「他の人に取られてしまうのではないか」

と、不安でたまらなくなってしまいます

そのため、彼氏のSNSを何度も更新したり、LINEで頻繁に「今何してるの?」とメッセージを送ったります。

しかし、実際に何をしているのかまではわからないので「もうこんなことやめたい」と思うのですが、やめらないのが彼氏依存の特徴です。


女性の特徴7. 彼氏以外に相談できる人がいない

彼氏に依存している人は「彼氏さえいればそれでいい」と考えているので、彼氏以外の友達や家族との人間関係をないがしろにする傾向があります。

そのため、悩み事ができたり、問題が起きたりした時に、彼氏以外に相談できる人がいないという状況に陥ってしまうことも…。

彼氏と自分だけという閉鎖的な人間関係にずっと身を置いていると、新しい価値観に触れる機会がないので、ますます彼氏への依存が進行することになります。


女性の特徴8. 必要とされたい欲が強い

自分を好きだと言って必要としてくれる彼氏が何よりも大切なのが彼氏依存の女性。

基本的に自己肯定感が低いので、「彼以外に私を必要としてくれる人はいない」と考えてしまいやすいです。

そのため、何とか彼に必要とされたいと必死で行動します。

例えば、「〇〇君のために頑張って料理作ったんだよ!」など、何かと彼氏のために頑張ったアピールをするのです。


女性の特徴9. 寂しがり屋で浮気性

寂しがり屋で浮気性である

とにかく孤独が苦手で一人で行動できず、誰でもいいから自分にかまって欲しいと思ってしまうのが彼氏依存の人。

気が多い一面もあり、少し彼に放っておかれようものなら寂しさを我慢できずに他の男性と浮気したりします。

実は彼氏を大切にしているわけではなく、自分自身の孤独感を紛らわすために彼氏に依存しているのです。

【参考記事】はこちら▽


女性の特徴10. 彼氏の好みに合わせて髪型やファッションを変える

彼氏依存の人は「男性に自分がどう思われるか」が何よりも大切。そのため、彼氏の好みに合わせて見た目を変えます。

自分の好みのヘアスタイルやファッションでなくても、好きな男性が「こういう服装の子が好きなんだよね」と言っていれば、その通りにするのです。

恋人が変わるたびにガラッと雰囲気が変わる女性は彼氏依存の傾向があると言えるでしょう。


彼氏に依存する8つの原因|なぜ彼に振り回されてしまうの?

彼氏に依存してしまう原因

「いつの間にか自分よりも彼氏のことばかり優先するようになってしまった」

「そもそも彼氏に依存してしまう原因はなんなの?」

知らず知らずのうちに彼氏に依存してしまっている自分に気が付いて不安を感じている人も多いでしょう。

いったいなぜ彼氏依存になってしまったのでしょうか?ここからは、彼氏依存の8つの原因を解説していきます。


原因1. 1人になるのが本当に嫌いだから

彼氏依存の特徴として多いのが「一人の時間を楽しめない」というものです。自分で自分を満たせないので、常に誰かと一緒にいたいと考えています。

職場で「一人でランチを食べている寂しい人だと思われたくない」と仲良くもない同僚と食事をしたり、一人で買い物にも行けない性格だったりします。

度を越えて一人でいるのが不安という気持ちは、彼氏への依存の原因になります。


原因2. 自分に自信がなくネガティブ思考

過去に付き合っていた男性に酷いことを言われたなど、自分に自信がなくなってしまう女性も少なくありません。

人の目が常に気になってしまうので、恋愛だけでなく、仕事や日常生活でも「本当はやってみたいけど、失敗したらどうしよう」と一歩踏み出すことができません。

自分のことを過小評価してしまう癖がついているので、「こんな私でも認めてくれるのは彼しかいない」と誤った認識を持ってしまいます。

【参考記事】はこちら▽


原因3. 彼氏以外に生きがいを見出せない

彼氏以外に生きがいを見出せない

男性との恋愛以外に楽しみがない人は、彼氏が自分にとって世界の全てになってしまいます。

恋愛以外の楽しみがなくなってしまう原因として、

  • 夢中になれる趣味や仕事がない
  • 新しいことに挑戦しようという好奇心が薄い性格

などがあります。

もともと内向的で受け身な人が告白されて付き合い始めると、自尊心が満たされて彼氏以外いらない心理状態となってしまうことが多いです。


原因4. 好意の伝え方が分からない

女性によっては彼のことが好きな気持ちをどう表現すればいいのかわからなくて、依存しているケースもあります。

  • 男性と付き合うことに慣れていない
  • 口下手で自己表現が苦手な性格

などにより、コミュニケーションがうまく取れないので、頻繁にLINEを送ったり彼氏の言うことに従うことで愛情表現をしているつもりなのです。


原因5. 彼氏を失うことに恐怖を感じてしまう

彼氏に依存する女性は彼氏がいなくなることが怖くてたまりません。人によっては彼氏という心の支えがなければ生きていけないと思っていることも。

それほどの恐怖を感じる裏には、

  • 友達が少なく、彼氏以外に本音を言える人がいない
  • 今の彼と別れたら、自分のことを好きになってくれる人は現れないと考えている

など、自身を取りまく人間関係の問題や自分への自信のなさがあります。


原因6. 自分の意志が弱く流されやすい

自分の意志が弱く流されやすい

彼氏依存の女性の多くは、自分の意見や判断に自信がないため、優柔不断ですぐに決断を人に委ねてしまいます。

「この洋服かわいい!」と最初は言っていたのに、彼氏が「こっちの方が似合うんじゃない?」と言えば、すぐに「そっちがいいかも」と意見を翻したりします。

自分の本心よりも相手の意見を尊重することに抵抗がないので、男性に依存する女になりやすいです。


原因7. 現実逃避しやすい

すぐに現実逃避する性格の女性は、嫌な事、辛いことがあったら彼氏に甘えることが習慣になっていることも。

仕事でミスをして注意された時など、本来は自分の失敗を受け止めて反省しなければならないのですが、彼に甘えて慰めてもらうことで現実から目を背けてしまうのです。

彼氏がしっかりしていて、彼女に現実と向き合うよう諭してくれれば良いのですが、彼氏が彼女を甘やかすタイプだとお互いに依存しあう恋愛になってしまいます。

【参考記事】はこちら▽


原因8. 気持ちを抑え込むことが当たり前になっている

自分のことは置いておいて、彼氏のために行動することが習慣になっているケースです。

例えば、彼が「行かないで」と言ったら友達と出かけるのをやめてしまうなど、自分のやりたいことを我慢してしまいます。

恋愛において、相手のことを思いやることはとても大切なこと。

しかし、気を遣うあまり自己主張ができないと自分の感情や考えがわからなくなってしまうので、何事も彼氏の言いなりになる依存関係が完成してしまいます。


彼氏に依存しない8つの方法|恋愛体質な性格を克服するコツとは?

彼氏に依存しない方法

「彼氏に依存して自分の生活が疎かになってしまうの直すにはどうすればいい?」

「彼氏の事ばかり考えるのをやめたい。いい方法はないの?」

彼氏依存を自覚している人の中には、“彼氏に依存している自分が好きになれない”、“自分らしく生活したい”と悩んでいる方も多いでしょう。

そこでここからは、彼氏依存を直すための8つの改善方法を解説します。すぐに取り組めることも多いので、ぜひ今日から試してみてくださいね。


改善方法1. 自分が夢中になれることを見つけて、暇な時間を充実させる

彼氏への依存をやめたいのにやめられないのは、彼氏のことを考える時間があるから。つまり暇な時間がたくさんあるのがいけないのです。

まずは、自分の時間を充実させるようにしましょう。

例えば、

  • 料理教室など新しい習い事を始めてみる
  • キャリアアップに役立つ資格取得の勉強を始める

など、何でもいいので、恋愛以外の楽しみを見つけてそれに没頭する時間をつくりましょう。

充実した自分時間が持てるようになると「最近明るくなってキラキラしてる」と彼氏が惚れ直してくれることもあるかもしれませんよ。


改善方法2. 彼氏に期待するのをやめる

彼氏に過度の期待をしてしまうと、その期待が裏切られた時にショックを受けて勝手にイライラしてしまいます。自分の理想を相手に押し付けないようにしましょう。

おすすめなのは「思い通りにならないことがあっても当然」と考える方法です。

もしも彼が、自分の期待通りのことをしてくれたらラッキーくらいに考えておくと、うまくいかなくても大きなショックをうけません。

そうすることで、徐々に心が安定して依存状態を直すことができますよ。


改善方法3. 愛されていることに自信を持つ

愛されていることに自信を持つck_450245026.jpg

彼氏依存をやめたいのにやめられないのは自分に自信が持てない性格なのが原因。

自信がないから、彼の些細な行動や言動に対して「愛されていないのではないか」と不安になってしまいます。

愛されていることに自信を持つためにおすすめの方法が、「自分は彼氏に選ばれたのだ」と考えることです。

彼氏にも当然たくさんの出会いがあったはずです。その中で、あなたを選んだと考えると自分に自信が湧いてきませんか。

少し考え方を変えて自分に自信が持てれば、行動も変わって魅力的な女性になれるはずです。

【参考記事】はこちら▽


改善方法4. 彼氏からの誘いを断ってみる

いつも彼氏に合わせて行動してばかりでは、自分の時間がうまく作れずストレスが溜まるばかりです。

そこで、精神的に辛いかもしれませんが、時々彼氏からの誘いを断ってみることをおすすめします。

誘いを断る時は「その日は別の予定があるから、ごめんね」など、きちんと理由を伝えましょう。

誘いを断ることで、彼への依存を直すことが望めますし、誘いを断られた彼があなたを追いかけたくなることにより、彼からの愛情がより感じられるはず。


改善方法5. スマホを見ない時間を作る

常にスマホを見ていると、彼のSNSをチェックしたり、連絡を取りたくなったりして彼氏のことを考える時間が出来てしまいます。

彼氏依存を直すにはなるべく彼氏のことを考えない時間を作ることが大切なので、スマホやSNSを見ない時間を作りましょう。

具体的な方法は、スマホを見る時間を決めて、決めた時間は以外は見ないようにすること。

見るのをやめたいのにそれでも見てしまうという場合は、家の中でも普段使っているバッグの中にスマホを入れておくなど、見えない場所にスマホを置いておくと効果的です。


改善方法6. 彼氏以外の人と会話したり遊んだりする

彼氏以外の人と会話したり遊んだりする

いつも彼氏とばかり一緒にいると、新鮮な発想や気づきが生まれてこないので、どうしても考え方や価値観の幅が狭まってしまいます。

様々な価値観に触れるためにも、彼氏以外の友達や、職場の同僚と遊ぶ機会を作りましょう。

幅広い人間関係を持つことで「彼氏の言うことが絶対じゃないんだ」と気づくきっかけになります。

そして、自分の意見が持てるようになれば、彼氏とも対等な目線で話せるようになるので、お互いを尊重してより良い関係が築けるでしょう。


改善方法7. ボランティア活動に参加してみる

彼氏以外の人から必要とされていないという自己肯定感の低さが彼氏依存の理由の一つ。つまり、自己肯定感が高められれば、彼氏依存を直すことができるということ。

そこでおすすめの改善策が、ボランティア活動への参加です。無償の奉仕の見返りに、誰かから「ありがとう」と言われる貴重な体験ができます。

ありがとうといってもらえると「自分は彼氏以外の人にも必要とされているんだ」という実感が湧き、自己肯定感が高められるでしょう。


改善方法8. トレーニングで体を鍛える

体を鍛えることで、自分の心と向き合い心身ともにヘルシーな状態になれます。

さらに、その日のメニューなど小さな目標設定をして、それをクリアしていくことで爽快感と満足感が得られるため、自信に繋がり自己肯定感が高くなります。

外見が変わることによって、周囲からの目も変わります

「なんだか痩せたんじゃない?すっきりしたね」なんて言ってもらえると、ますます自分に自信が持てるようになり、自立した女性になれるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


彼氏に依存しない方法を試して、魅力あふれる女性を目指してみて。

彼氏依存は過去の恋愛が引き金になっていたりして解決が難しいことも多いです。

現在、彼氏に依存している自覚がある人は、依存をやめたいのにどうすればいいのと不安になることもあるでしょう。

確かにすぐに改善することは難しいかもしれません。

しかし、彼氏に依存していると気づいて、依存をやめたいと考えているあなたなら必ず脱却できます

時間はかかるかもしれませんが、焦らずに彼との関係を改善して、自立した素敵な女性を目指してみて。


【参考記事】はこちら▽

【参考記事】はこちら▽

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事