バツイチ子持ち彼女と結婚前に確認すべきこと|幸せな生活を送るコツとは

バツイチ子持ちの女性と付き合っている男性へ。今記事では、バツイチ子持ちの彼女と上手く付き合っていく方法を紹介すると共に、結婚を考えた時に確認すべき6つのことを解説していきます。また、バツイチ子持ち彼女が再婚相手に求める男性像もお教えしますので、自分と比較してみてくださいね。

バツイチ子持ち彼女がいる男性へ。

バツイチ子持ち彼女と結婚前に確認すべきこと

バツイチ子持ち女性と結婚を前提に付き合ってはいるものの、子供のことや元旦那のこと、離婚の原因など気になる点が多いですよね。

彼女も結婚に躊躇しているとなれば、なおさら今後の付き合い方に頭を悩ませる男性が多いはず。そこで、この記事ではバツイチ子持ち女性と結婚前に確認しておきたいことや幸せな生活を送るためのコツを紹介します。

考え方を変えることで、好きな人と一緒に生活することができますよ。


バツイチ子持ち女性と上手く付き合う方法

バツイチ子持ち女性と上手く付き合う方法

気になる相手がバツイチ子持ち女性だった場合、付き合うには一体どのようなことに気をつければいいのでしょうか。

そこで、この章ではバツイチ子持ち女性と上手に付き合う方法を紹介します。付き合い方を知ることで、彼女と上手く行く可能性が高くなりますよ


付き合い方1. お互いに経済的に依存しない関係を作る

バツイチ子持ちと上手に付き合う方法は、男性が金銭的な支援をしないことです。一度支援をしてしまうと、何かと理由を付けて女性から依存されるようになります。

徐々に男性に依存するようになり、恋人という関係よりは支援してくれるパートナーとされてしまうことも。そうならないためにも、結婚をするまではお互いが依存しない関係を構築することが大切です。


付き合い方2. デートの急なキャンセルや変更も受け入れる

バツイチ子持ちの女性とのデートする時は、トラブルがつきものです。特に小さい子供のいる家庭では、子供が熱を出したり、怪我をしたりと予想のつかないことばかり発生します。

せっかくのデートだったとしても、そこは「しょうがないよね。楽しみは今度にお預け」と考えられるぐらい余裕がなければ、バツイチ女性と付き合うことが難しいです。


付き合い方3. 一人の女性として接するように心掛ける

. 一人の女性として接するように心掛ける

バツイチ子持ちの女性は、お母さんでもありますが、その前に一人の女性です。デートする時は、「その洋服とても似合ってる」「ネイルが素敵だね」と褒めましょう。

普段子育てをしていると、子供のことばかりに気を取られている女性もデートの時は女性らしさを意識しています。男性が褒めることで、女性は嬉しくてテンションが上がりますよ。


付き合い方4. LINEの返信や電話での連絡を強要しないようにする

バツイチ子持ち彼女と付き合う方法は、連絡がなくても焦らないことです

子育てをしていると、子供中心の生活となり、自分のことは後回しになります。頻繁に連絡を彼氏からもらったとしても、子供が熱を出したり、怪我をしたりすれば連絡が遅くなってしまうことは日常茶飯事です。

いちいち「連絡が遅い」「LINE見た?」と返事をせがむと彼女から「もうしつこいし、子育てしているから無理」と言われてしまう原因になります。


付き合い方5. 相手の全てを聞き出そうとしない

元旦那との離婚理由が気になったとしても、「どうして離婚したの?」と自分から聞かないようにしましょう。女性が話してこないということは、聞かれたくない、もしくはまだ男性に話す段階ではないと考えているから

その前に、まずはお互いの信頼関係を構築することが先決です。仲が深まれば自然と彼女から離婚理由を話すようになります。


バツイチ子持ち彼女と結婚を考える前に確認したい6つのポイント

バツイチ子持ち彼女と結婚を考える前に確認したい6つのポイント

バツイチ女性と付き合い出したものの、彼女との結婚を考える前は一体何に気をつければいいのでしょうか。

そこで、この章ではバツイチ女性と結婚前に確認したい6つのポイントを紹介します。

ポイントを抑えておくことで、親への紹介もしやすくなるかもしれませんよ。


ポイント1. 離婚した原因の理由を教えてもらう

彼女と信頼関係を深めたら、さり気なく離婚の理由を聞いてみます。元旦那に原因があれば、詳しく理由を話してくれますが、もし自分に非があった場合はうやむやにしようとするかもしれません。

ただ、本当に思い出したくないぐらい嫌な記憶の場合もあるので、しつこく聞くと彼女から嫌がられることも。タイミングを見極めて「これから二人のことを真剣に考えたいから、隠し事をしたくないんだ」と伝えれば相手は話してくれるでしょう。


ポイント2. 子供がいても金銭的に問題がないか計算する

バツイチ子持ちの彼女と結婚を考えるなら、今後の生活費を具体的に算出するべきです。お互いが好き同士だから結婚という選択は間違ってはいませんが、自分たちの気持ちを優先するのではなく、まずは子供のことを考えます。

子供が小さければ、これからいくらお金がかかるのか一度算出しましょう。お金のことを考えずに結婚をすると「結構子供にお金がかかる」という感情を抱いてしまい、別れの原因になることも考えられます。まずは、これからかかっていく金銭面を把握しましょう。


ポイント3. 子供とのコミュニケーションは十分取れているか確認する

子供とのコミュニケーションは十分取れているか確認する

バツイチ子持ちの彼女と結婚をお互いが望んだとしても、子供とのコミュニケーションが取れていなければ一緒に生活を始めてもすれ違いが起こるばかりです。

まずは、子供との中を深めるためにデートには子供を交えて出かけるといったことを繰り返えしていく必要があります。

子供とのコミュニケーションは、再婚する上でとても重要ですよ。


ポイント4. 親に紹介した時に納得してもらえる算段を考える

バツイチ子持ちとの再婚は昔に比べ増えてはいるものの、親の世代では拒否反応をする人も。まずは、親にどうやって話をするべきか考えることが大切です。

親がバツイチ子持ちに抵抗感を持っているのであれば、まずは兄弟に味方になってもらうことも1つの方法です。

どうやったら、結婚できるかを予め計画を立てておくことが重要になりますよ。


ポイント5. 結婚に対する価値観を共有しておく

子持ちの女性と再婚を考える時は、お互いの価値観を事前に確認しておくことがとても大切です。

結婚後の将来はどうしていきたいのか、お互い話しておくことで、結婚後に「こんなはずではなかった」ということが避けられます。お互いの考えを深く知るためにも、結婚前には将来の話をそれぞれ必ずしておくことをおすすめします。


ポイント6. 元旦那と子供が会う頻度を確認する

バツイチ子持ち彼女との結婚で事前に確認しておくことは、元旦那と会う頻度です。子供が小さければ、彼女も一緒についていくことも多くなり「元旦那とよりが戻るのでは?」と不安になります。

余計な不安を抱かないためにも、どのくらいの頻度で会っているのかは確認しておきます。そうすることで、結婚したとしても彼女に対して不安や不信感を持つことがなくなります


バツイチ子持ち女性と結婚して平気?離婚の原因から対処法までを解説

バツイチ子持ち女性と結婚して平気?離婚の原因から対処法までを解説

バツイチ女性との結婚を考えている男性も「本当に結婚して大丈夫かな?」と不安になることがありますよね。そこで、この章では離婚の原因と対処法を紹介します。

原因といってもそれぞれの家庭によるので、結婚に躊躇しているなら、ぜひ参考にしてみてくださいね。


原因1. 旦那の死別が理由で別れた場合

旦那さんと死別が原因の場合は、女性の気持ちが旦那さんを引きずっていることがあります。表面上はあなたのことを好きでも、心の隅には旦那さんがいつまでもいます

対処法としては、再婚をする時は彼女が旦那さんの思い出話をすることがあっても今の自分と比べることはしてはいけません。

彼女の辛い気持ちも含めて「俺が支える」という覚悟がなければ、再婚したとしても生活を続けていくことは難しいでしょう。


原因2. 男性側(元旦那)の原因で別れた場合

元旦那が原因で離婚をしている場合は、離婚理由次第で彼女が結婚に対して躊躇している可能性もあります。

元旦那の浮気性が原因で離婚をしているなら彼女は「また浮気されて離婚するのは嫌だな」とトラウマになっていることも。彼女と本気で結婚を望むのなら、男性が彼女一筋であることをアプローチする必要があります。

対処法としては、飲み会に男性が行くのであれば女性がいないことを証明する、飲み会には参加しないといった行動を見せる必要があります。


原因3. 女性側の原因で別れた場合

女性側の原因で別れた場合

女性が原因で離婚した場合は、何が原因で離婚したのかを結婚前に必ず聞いておくべきです。彼女が原因であればそれを隠そうとします

例えば、彼女のお金使いの荒さが原因なのであれば、対処法としては再婚後は男性がきちっと管理する、彼女はお小遣い制にするといった対策をとります。

彼女が「お金の管理は私がやる」「お小遣い制なんて嫌」ということであれば、お金の使い方はいきなり改善することはないので、しばらく付き合って様子を見ましょう。


原因4. お互いの原因で別れた場合

性格の不一致や次第に心の距離が離れていった場合は、どんなことがきっかけで距離が離れてしまったのか彼女に聞くのも1つの方法です。

例えば、子供の教育を巡って最初は些細なことだったけど、次第に教育方針で考え方が大きく違うことが分かり、離婚に至ったといったこともあります。

離婚の原因を聞いておくことで、再婚したら教育方針は彼女の考えで進める、自分はこう考えていると再婚前に話し合う事ができますよ。


結婚を考える前に別れた方が良い3つのパターン

結婚を考える前に別れた方が良い3つのパターン

バツイチ女性と付き合ってみたけど、結婚を考えると親への紹介があったり、子供のことを考えたりと色々な問題があります。

この章では、バツイチ女性と別れたほうがいい3つのパターンを紹介します。

どれか1つでも当てはまるなら、結婚を考えるのは改めた方が良いかもしれませんよ。


パターン1. 子供に対して愛情が沸かない

別れた方が良いのはバツイチ子持ちの彼女のことが好きでも、彼女の子供がどうしても好きになれないと感じたときです。

そのまま再婚をしても、子供と一緒に生活をしていくことが嫌になり、お互いの態度にあらわれてきます。もしかしたら、心のどこかで「元旦那の子供だしな」という気持ちがあるのかも。

どうしても彼女の子供に愛情が持てないという場合は、別れを選択した方がお互いのためです。


パターン2. どうしても周りの視線が気になる

今では離婚する夫婦が増えたものの、どうしても男性が初婚だと周囲の目は気になるもの。それは、「バツイチ子持ちの彼女をわざわざもらう必要ないのに」という周囲の余計なお世話な考えが言葉の端々から伝わるから。

男性は気にしないものの、彼女の方が周囲の言葉を気にしてしまい、それがきっかけで別れてしまう原因になるのです。


パターン3. 相手の過去や元旦那が気になって感情が不安定なってしまう

彼女のことは好きなのに、彼女と子供が定期的に元旦那と会いにいってしまうと「よりが戻ったらどうしよう」「元旦那と仲良く話しているのが許せない」とどっしりと構えることができずに、嫉妬してしまいます。

彼女がいくら「よりを戻すことがない」と言っても、その時は「信じよう」と思うものの、やっぱり実際に会われると嫌なのです。それを繰り返していると彼女も「もう付き合うのは無理だね」ということになり、別れてしまうことに。


バツイチ子持ち女性が再婚相手に求める5つの男性像

バツイチ子持ち女性が再婚相手に求める5つの男性像

バツイチ子持ち女性もいつかは再婚したいなと考えている人は多いです。そこで、この章ではバツイチ子持ち女性が相手に求める5つを紹介します。

再婚相手に求めていることとは、一体どのようなことなのでしょうか。


男性像1. 経済的に自立している男性

バツイチ子持ちの女性は、経済的に困窮している家庭が多く、子育てをしながら働くことに疲弊している女性が多いです。

そのため、付き合う男性は経済的に自立している相手を求めています。

それは男性が自立していれば、女性ががむしゃらに生活費を稼ぐ必要がなくなり、多少余裕が出て今まで以上に子供との時間を作ることができるからです。

バツイチ女性からすると経済的に自立している男性は、金銭面や子供と関わる時間などを解決できる相手と考えています。


男性像2. 子供を受け入れてくれる男性

バツイチ子持ちの女性は、好きな人ができてもお付き合いするまでに躊躇します。それは、男性が子供を好きになってくれるかわからないから

男性が子供のことを受け入れてくれなければ、結婚は考えられないと思っているので自分の子供のように可愛がってくれる男性を求めているのです。

父親として、子供に厳しくも優しく接してくれる男性が欲しいと思っていますよ。


男性像3. 常に女性として見てくれて大切にしてくれる男性

常に女性として見てくれて大切にしてくれる男性

バツイチ子持ち女性は、日々子育てで疲れています。たまにあるデートでは「お母さん」から一人の女性に戻る瞬間なので、彼氏には女性として見てもらいたいと思っています。

「今日は女性らしい雰囲気で素敵だね」と褒めることで、女性の気分も上がりお母さんでいることを一瞬忘れられます。男性に求めているのは、一人の女性として大切にしてくれる男性です。


男性像4. 結婚に憧れや幻想を持っていない男性

一度結婚を経験しているため、結婚はそんなに甘い生活ばかりではないことをバツイチ女性は体験しています。

結婚に夢見がちなふわふわした男性では、「理想と現実の違いを目の当たりにすれば、また別れを選択してしまうのでは?」と思い結婚相手としてお付き合いすることはできません。

バツイチ女性は、結婚を現実的に受け止めてくれる男性を求めています


男性像5. 元夫に嫉妬しない男性

どうしても子供と定期的に会うため、元旦那には接触する機会はあります。特に子供が小さければ一緒に会うことも多いです。

その度に「元旦那とよりを戻すのでは?」と心配し、八つ当たりするような男性とはやっていけないとバツイチ女性は考えます。

バツイチ女性が求める相手は、元旦那に会っても毎回嫉妬しない男性を求めているのです。


バツイチ子持ち女性と幸せな結婚生活を送る3つのコツ

バツイチ子持ち女性と幸せな結婚生活を送る3つのコツ

バツイチ子持ち女性と結婚を考えるなら、男性側の意志がしっかりしていないと別れの原因になります。

そこで、幸せな結婚生活を送るための3つのコツを紹介します。ポイントを抑えることで、幸せな生活を送ることができますよ。


コツ1. 周りの家族と「幸せ」を比較をしない

バツイチ子持ち女性と幸せな生活を送るには、自分たちなりの幸せの基準を見つけておくことです。

誰かと幸せを比較すると「うちは連れ子だから、子供が不幸かも」と考えてしまいます。しかし、自分たちなりの幸せの基準を持っておくことで、「他人は他人だから」と考えることができます。

人と比較してもいいことはないので、自分達の幸せだけを考えることで、幸せな生活を送れます。


コツ2. 常に前向きな考え方で物事を捉える

子供のことや将来のこと、再婚特有の悩みに二人がぶち当たることも。しかし、ネガティブな方向へ考えたとしても問題はいい方向へ進むことはありません。

彼女と前向きに問題を捉えることで、どうやったら解決できるかを二人で考えます。

そうすることで、二人の絆は今まで以上に強くなるだけでなく問題も乗り越えられます。

【参考記事】はこちら▽


コツ3. 不満を溜め込まず、こまめな話し合いをする

バツイチ女性と幸せな生活を続けるためには、お互いが不満を溜めないことです。相手に対して不満なことがあれば、定期的に話し合いをする場を設けてお互いの溝が深くなる前にケアをします。

お互いが不満を持っているのに、それを抱えたままだと突然爆発して修復出来なくなる可能性もあります。問題は小さいうちから対策を立てておくことが大切です。


バツイチ子持ち彼女と素敵な夫婦を目指しましょう。

バツイチ子持ち彼女と素敵な夫婦を目指しましょう。

バツイチ子持ち女性と結婚をするのは、自分の親や子供、元旦那のことなど心配することがたくさんあります。しかし、二人で話し合いを重ねることで、乗り越えることは可能ですよ。

今回紹介した幸せになるコツを意識するだけで、彼女と今よりもっと幸せな生活を送ることができます。お互いが少し気を遣うだけで、周囲も羨むような素敵な夫婦になるでしょう。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事

あなたにオススメ