初デートで会話に困らない!付き合う前のデートが成功するネタと会話術

付き合う前の初デートは、相手のことを知らない時期。沈黙にならないか不安な人が多いのでは?そんな男女のために、初デートで会話に困らないネタをお教えします。さらに、絶対に話してはいけないNG話題集も解説。初デートを成功させるために、2人の気持ちを盛り上げる会話術をマスターしてみて。

初デートの会話って悩みますよね。

初デートで会話に困らない方法

初デートの約束をしたものの、どんな会話をすればわからずに困る人は少なくないかと思います。相手に失礼なことを言って嫌われたらどうしようと思うあまり、無言になってしまうことも…。

そこで、今回は初デートでのおすすめの話題やNGネタ、沈黙の予防法や対処法などをご紹介。初デートを成功に導けるよう、しっかりと予習していきましょう。


付き合う前の初デートで会話を盛り上げる話題やネタとは?

付き合う前の初デートでは、相手のことを知るとともに、「あなたと友だち関係以上になりたい」と相手にわかってもらうことが大切です。

会話では、相手のことがわかるような話題を振ることがポイント。

質問を投げかけながら、自分も意見を述べたり、共感したりして会話を盛り上げましょう。


会話のネタ1. お互いの出身や地元の話題で盛り上がる

自己紹介でも必ず話すのが、出身地ですよね。

出身地は話題が広がりやすいので、会話のネタにおすすめです。

たとえば「出身は大阪府です」と相手が言えば、「大阪っておいしいたこ焼き屋さんがいっぱいありそうだね」と、大阪から連想するもので話題を広げられるでしょう。

あまり思いつくものがなくても、「どこかおすすめの場所があったら教えて」と話を振ることができます。話の流れで、あなたも出身地の話題で話をつなげれば、きっと盛り上がりますよ。


会話のネタ2. 好きなものや趣味を尋ねてみる

相手の好みに関する質問は「あなたに興味を持っていますよ」というアピールにもなり、尋ねられた方も悪い気はしません。

相手が映画好きなら、「どんなジャンルの作品が好き?」「最近観た映画は?」などと、さらに突っ込んだ話を聞いてみるといいですね。

ただし、尋ねっぱなしはNG。「どんなところが好きなの?」「どうして好きになったの?」と積極的に話を広げる姿勢で臨みましょう。


会話のネタ3. 休日をどう過ごしているのか聞いてみる

好みの質問と同様、休日の過ごし方についての質問も、当たり障りがなく、かつ相手に興味を持っていることをアピールできます。また、相手がどんなことに興味を持っているのか知ることもできますよ。

スポーツをしているのか、家で料理を作っているのかなど休日の過ごし方がわかれば、「今度、ドライブに行こうか」「今度、美術館に行かない?」など、相手が喜びそうなアプローチの仕方も見えてくるでしょう。


会話のネタ4. 誰でも盛り上がれる食べ物や食の好みについて

趣味や好きな芸能人の会話は、尋ねる側が話についていけないリスクがありますが、食べ物の好みは誰でも盛り上がれる話題なので、初デートにぴったり。

「ケーキが好きなの」という女性には、「どこかお気に入りの店あるの?」「どんなケーキが好きなの?」と簡単に話題を広げることができます。

さらに「じゃあ、今度そこに一緒に行こうよ」と次回のデートにつなげることもできて、一石二鳥ですよ。


会話のネタ5. 最近流行りのドラマや映画の話題について話す

最近流行っているドラマや映画の話題について、「〇〇って作品、観た?」と尋ねるのも定番ネタ。

お互いにその作品を観ていれば大いに盛り上がるでしょうし、たとえ相手が観てなかったとしても、あなたがその作品のよさを伝えることで会話を盛り上げることもできます。

「ドラマや映画はあんまり観ない」という相手には、「じゃあ、何かハマってることがあったら教えて」と話題を変えて、相手に話を振ってあげるといいですね。


会話のネタ6. ペットを飼っているなら、ペットや動物について話してみる

男性、女性を問わず、ペットを飼っている人の多くは、自分のペット話が大好きです。相手がペットを飼っているとわかったら、ペットの話を振ってみましょう。お互いにペットを飼っているなら、お世話の悩みで盛り上がるでしょう。

また、スマホで写真を見せ合ったりするのもおすすめですね。ペットを飼っていない人でも、好きな動物や買ってみたいペットの話をしてみてはいかがでしょうか。


会話のネタ7. おしゃれ好きならファッションの話題を話す

女性の服装をパッと見て”おしゃれが好きそうだな”と思ったら、「その服、今流行ってるね。すごく似合ってるよ」と褒めてあげましょう。

「これ、〇〇で買ったんだよ」「これ、掘り出し物だったんだよ」と、何らかの反応をしてくれるはずです。

ただし「そういう服、よく見るね」で終わるのはNG。あくまで褒める姿勢を大切にしましょう。

お互いにある程度ファッションに詳しそうなら、ブランドの話も盛り上がるでしょう。しかし、相手がブランドにあまり興味ない様子だと、盛り上がらなくなってしまうので気をつけて。


会話のネタ8. アクティブな相手ならトレンドのスポットについて語る

話をしているうちに、いろんな場所に出かけるのが好きそうな相手だとわかったら、トレンドのスポットについて話してみましょう。

相手が興味のある場所なら話も盛り上がり、「今度行ってみよう」と次回のデートにうまくつなげることができます。

また、「情報に詳しい人」「いつもアンテナを張っている人」という印象を相手に与えることができ、好感度もアップできそうですね。


会話のネタ9. 今興味があることや挑戦してみたい事を聞いてみる

今、興味があることや挑戦してみたい事を聞いてみれば、相手の人生観や価値観がわかります。

もしも、共感できるところがあったり、応援したい気持ちが芽生えれば、初デートから意気投合できるかもしれません。聞かれた相手は「この人は、私の内面に興味を持っていてくれている」と思って、相手から大切にされているように感じ、あなたへの信頼感も増すでしょう。

あなたが興味を持っていることや、挑戦してみたいこともぜひ相手に話してくださいね。


会話のネタ10. 思い切って好きなタイプや理想の恋愛について話してみる

初デートで「好きなタイプや理想の恋愛について話して大丈夫?」と思うかもしれません。でも、友だちで終わりたくないと思うなら、避けては通れない話題です。

相手に「単なる友だち関係ではなく、恋人関係になりたい」とアピールするためにも話題にしましょう。

理想とするタイプや恋愛観について話し合うことで、お互いをさらに深く理解できるはず。

たとえ、残念ながら「この人とは恋愛観が合わない」とわかったとしても、付き合ってから明らかになるよりも良いですよね。


つい聞きがち!初デートの会話で避けたいNGな話題や質問

初デートでは、相手のことを知りたいと思っていろんなことを聞きたくなりますが、お互いにその話はNGというラインがあります。

個人差がありますが、お互いの関係が深まっていないのにプライベート性の高い話題を振られると、引く傾向にあるようです。

初デートでは、相手の「ここからはまだダメ」というラインを意識していきましょう。


NGな話題1. 過去の恋愛について詮索しようとする

好きな人の過去が気になるのはわかりますが、「今まで何人と付き合ってきたの?」などと過去の恋愛について詮索するのはNGです。もしかしたら、相手の女性は過去の恋愛にトラウマがあるかもしれません。

さらに、自分から過去の恋愛話を話すのは、絶対にNGです。相手は過去の恋人のことが気になって、デートを楽しむことができなくなるでしょう。

これからお付き合いするかもしれない二人にとって、過去の恋愛話は何も楽しくないものです。


NGな話題2. 昔の武勇伝や自慢話

「学生時代はこんなにワルだった」「実家はこれだけお金持ちだ」など、ついつい昔の武勇伝や自慢話は話題のネタに使ってしまいがち。

しかし、初デートでこんな話をされた相手は「ふーん、そうなんだ」という感想しか残らず、話が続かなくなります。

そこから話が広がるならアリですが、ただの自慢で終わってしまうと「この人は、自分の自慢ばかりする人なのか」と相手に引かれてしまう可能性もあります。


NGな話題3. 家族について深く追求する

家族についての話題を相手に気軽に振る人は少なくありません。しかし、家族構成や親の職業はとてもデリケートな話題です。

話題にするほうは悪気がなくても、相手が引け目に感じていて言いたくない場合もあります。

家族のことを突っ込んで聞き出そうとしたために雰囲気が悪くなり、失敗するリスクもあるので注意しましょう。

大切なのは相手の家族ではなく、相手自身だということを忘れないでくださいね。


NGな話題4. 度が過ぎる下ネタ

気心が知れ合った恋人同士ならいざ知らず、初デートで度が過ぎる下ネタはNGです。

異性の前で下ネタを話すとセクハラと捉えられる可能性があります。

また、男性同士のノリで女性に下ネタを振ると「この人は私のことを女性として見ていないの?」と思われるか、単に下品な人と判断されかねません。


NGな話題5. 付き合う前から結婚観などについて尋ねる

初デートでいきなり「結婚したら仕事を続けたいか」「子どもはすぐに欲しいか」など、結婚観について尋ねると、相手が引いてしまう可能性があります。

まだ付き合いも始まっていないうちから、結婚の話を持ち出すのは飛躍し過ぎというもの。

何度か会って話をする中で、相手の女性が仕事をずっと続けたいと考えているかは、見えてくると思います。一歩ずつ段階を踏んだ先に結婚の話があると心得ましょう。


付き合う前の初デートで会話がうまく続かない原因は?

初デートで会話がうまく続かない原因はいろいろありますが、その背景には「相手によく思われたい」「相手がどんな人かわからない」「相手のことを知りたい」という心理が働いています。

こうした気持ちは自然なものなので、会話がうまく続かないことに対してあまり落ち込まなくても大丈夫ですよ。

ただ、どうして会話が続かないのか、原因を知ることは大切。対処していくためにも自分で理解しておきましょう。


原因1. 初めてのデートでお互いに緊張しているから

初めて2人きりで会うとなれば、男性も女性も緊張してしまうものです。

男性は、今日の段取りのことや女性が自分のことをどう思っているかなど、あれこれ考えしまい、会話どころではなくなってしまうでしょう。

一方の女性も、男性にどう思われているか、身のこなしなど失敗しないかなど、いろんなことを気にかけています。

お互いに相手によく思われたいがゆえに、失敗を恐れて緊張してしまうのです。


【参考記事】はこちら▽


原因2. 人見知りで打ち解けるのに時間がかかるから

グループで会うときは会話ができるのに、2人きりだと会話が弾まないことはよくあります。気になる人との初デートならなおさらでしょう。

特に、1対1で接することが苦手な人見知りの人だと、待ち合わせをしてデートをスタートさせてから、打ち解けるまでに時間がかかります。

人見知りをしてしまうのは、自分に自信が持てないことに加え、「相手によく思われたい」という願望があるからと言えます。


【参考記事】はこちら▽


原因3. お互い手探りで何を話せば良いのか分からないから

初デートでは、緊張に加えて「この人にこういう話をしても大丈夫かな?」と不安になり、手探りで会話を進めることになります。少しでも「この話題は合わないかな?」と思ってしまうと、会話がうまく続かなくなるものです。

お互いのことをよく知らない状況では、これも当然のことです。むしろ、相手のことをよく知りたいという気持ちが手探りの状態を生み出していると考えるといいでしょう。


原因4. 質問したいけど、失礼じゃないかと気を遣ってしまうから

相手のことをよく知らない状況で話をするとき、「こういう質問は相手に失礼じゃないかな?」と気を遣うあまり、会話がうまく進まなくなることがあります。

相手に気を遣うことは悪いことではありませんので、質問するときに「もしも、失礼だったらごめんね」と言い添えると、相手にも「この人は私のことを気遣ってくれているから、会話が続かないのかな」と気持ちが伝わるかもしれませんよ。


万が一、初デートで沈黙が続いてしまった時の対処法

もしも、初デートで沈黙が続いてしまったら、気まずい空気が流れます。おそらく相手も「どうしよう」と困っているなか、大切なのは空気を変えることです。

ぜひ、あなたがリードして話題を変えたり、少し間を置いたりして、重い雰囲気を変えてあげましょう。


対処法1. 次に行きたい場所やデートプランの話題を切り出す

相手が好きなことや今、関心があることが聞き出せているなら、次回のデートプランに取り入れる提案をしてみてはいかがでしょうか。スマホで調べながら2人で一緒にあれこら考えているうちに、緊張もほぐれていくでしょう。

もちろん、相手の希望だけでなく、あなたの希望を入れてもOKです。初デートでフェイドアウトしないためにも、次回の約束をすることは大切です。

ただし、相手が「次の予定がわからない」などの理由であまり乗り気ではないとき、無理に誘うのはNGです。


対処法2. どう対処していいか迷ったら、お手洗いに行って一度席を外す

ずっと2人で話し続けるのは難しいことです。気心の知れたカップルなら、無言のまま沈黙の時間が続いても気にならないものですが、初デートでは頭が真っ白になって言葉が出なくなりますね。

無言の時間が続きそうになったら、一度席を外してお手洗いに行きましょう。相手と離れることで、少し気が落ち着くはず。冷静になって話したいことを思い出すのもいいですね。

お手洗いで深呼吸をし、リラックスして席に戻ってみてください。


対処法3. 「話したいけど緊張してうまく話せないや」と素直な気持ちを打ち明ける

あらかじめ予防線を張っておくと、相手に気を遣わせずにすみます。また、「実は私もそうなの」と相手も緊張していることも結構ありますよ。

人間は、自分の弱いところをさらけ出すことでお互いに打ち解けることができるものです。

相手に対して緊張しているということは、相手によく思われたいということなので、マイナスイメージにはなりません。むしろ、誠実さをアピールできます。


【参考記事】はこちら▽


対処法4. 「全然関係ない話をしてもいい?」と自分の好きなことについて話して場をつなぐ

コミュニケーションを取るうえで、自分のことばかり話すのは本来NGです。

しかし、沈黙が続いて場が持たないときは「全然関係ない話をしてもいい?」と断って、自分の好きなことを話題にして場を持たせましょう。

初デートでの沈黙はお互いにつらいもの。相手もホッとして耳を傾けてくれるでしょう。

上記の③との合わせ技で、話の最後に「緊張してうまく話せなくてごめんね」と相手を思いやる言葉を添えれば、相手の話もうまく引き出せるかもしれません。


対処法5. デート中に盛り上がった話題に関する動画や写真をスマホで探して一緒に見る

デート中にひとりでスマホをいじるのは絶対NGですが、2人の会話の中で出てきた話題について調べ物をしたり、話題に関連する動画や写真を探して一緒に見たりするためにスマホを使うのはおすすめ。

話を盛り上げるツールとしてスマホをうまく使いましょう。

また、一緒にスマホを見ることで、座る距離をなんとなく近づけることができるというメリットもあります。

話だけで間を持たせるのが苦手な人でも、これなら成功率がアップしますよ。


沈黙や気まずい空気を予防!初デートの会話を盛り上げるおすすめトーク術

沈黙や、おかしな”間”から生まれる気まずい空気は、できれば予防したいものですね。

話し続ける以外にも、相槌を打ったり、オーバーアクションをしたりするなど、話術のテクニックに頼らず沈黙や気まずい空気を防ぐ方法があります。

相手を話すときには、ちょっと意識してみてくださいね。


1. 相手の話を相槌を打って、目を見ながらきちんと聞く

アイコンタクトと相槌は、デートに限らずコミュニケーションの基本です。

誠実に話を聞く姿勢があれば、上手に話せなくても相手に良い印象を与えられます。

また、相手の話をきちんと聞いていると、話すときの表情やしぐさなど、いろんな発見ができて、新しい話のネタを見つけることもできます。

逆に相手の話をきちんと聞く姿勢を見せないと、相手から「この人、私といて楽しいのかな?」と勘繰られてしまう可能性があります。


【参考記事】はこちら▽


2. 少しオーバーリアクションを心がけて、楽しいことを相手に伝える

初デートでは、お互いに相手がどんな人か探っている状態です。自分が話したことに対して相手からの反応がなかったり、素っ気なかったりすると不安になってしまいます。こんな状態では、2人の間の空気も微妙なものになりかねません。

相手の話やしてくれたことに対する「楽しい」「うれしい」といった意志表示を相手に伝えるには、オーバーアクションでちょうどいいです。沈黙や気まずい空気を予防するのは、おしゃべりだけではありませんよ。


3. 相手に質問されたら、自分も同じ質問を聞き返す

「好きな食べ物は?」と質問されて返答するだけでは、そこで会話は終わってしまいます。質問を返したら、同じ質問を相手にもしてみましょう。

会話はキャッチボールといわれるように、投げかけられたら返すことを意識すると、少しずつ続くようになります。

言葉のキャッチボールを続けているうちに、お互いの共通点が見つかったり、自分とは異なる意見に触れられたりして新しい発見があるでしょう。


4. 相手は話す際は、話の腰を折らず最後まで一度聞くようにする

相手がしゃべっている途中で、つい自分の意見を言ってしまい、失敗してしまう人は多いのではないでしょうか。

「相槌を打っているだけでは、間が持たなくなりそう」という思いがあるのかもしれません。

しかし、話の腰を折ってしまうと、変な”間”が生まれてしまって気まずい空気になる可能性があります。

”聞き上手”という言葉があるように、相手の話を最後まで聞くのも思いやりです。相手が話しているときは、話し終わるまでじっくり聞くよう意識しましょう。


【参考記事】はこちら▽


5. 「すごい!」「いいね!」「素敵」とポジティブな言葉を遣うように意識してみる

「何を話せばいいかわからなくて沈黙してしまう」という人は、気の利いた言葉を無理に探さなくても「それ、すごいね!」「素敵ですね」とポジティブな言葉を返すだけでも効果的です。褒められて悪い気のする人はいません。

「この前、行ったレストランは夜景がとてもきれいだった」と話す相手に、「素敵ですね!」と返せば、「じゃあ、今度は2人で行ってみませんか?」と話が広がっていきます。


【参考記事】はこちら▽


【男女別】付き合う前の初デートの会話から見極める脈ありサインとは?

初デートのやり取りの中には、「次も会いたい」「もっと相手を知りたい」という”脈ありサイン”がところどころに表れます。

ここでは、男女別に会話の中の脈ありサインを紹介しましょう。脈ありサインを見つけたら、プッシュしてみてくださいね!


初デートの会話から分かる男性の脈ありサイン

男性が初デートで「いい感じだな」と思ったら、女性のことをもっと知りたいし、喜ばせたいと思うものです。また、自分をよく見せたいとも思います。

男性のそんな思いが垣間見られる、会話の脈ありサインをご紹介しましょう。


1. 髪型やネイル、ファッションなど細かい部分を褒めてくれる

初デートのために一生懸命おしゃれしてきた女性の細かい部分まで見て、褒めてくれるのは脈ありサインのひとつです。

細かい部分までチェックしているのは、女性に関心を持っている証拠ですし、褒めるのは女性に喜んでもらいたいと思ってるから。

男性は「今日のために選んだんだろうな…」と、女性のことをほほえましく思っているでしょう。

また、髪型やネイルなどの細かい部分を会話の糸口にして、女性のことをもっと知りたいと考えています。


2. 些細な事でもきちんと相槌を打って、真剣に聞いてくれる

相づちを打って真剣に話を聞く姿勢は、女性のことをもっと知りたいという気持ちに加え、「気まずい空気を作りたくない。初デートを成功させたい」と気を遣っているから。

もちろん、相手の女性を大切に思い、誠実に向き合おうとしているサインでもあり、男性の”本気度”がわかります。

また、目を見て話をしてくれるかどうかもポイントですね。逆に、軽く受け流す男性は要注意です。


3. 会話が停滞しないよう質問を多く投げかけてくれる

いろんな質問をしてくれるのは、女性に関心があるからなのはもちろんですが、初デートでお互いに緊張してぎこちない雰囲気を和らげたいという思いもあります。

質問を投げっぱなしでなく、女性の返答に対して「自分はこう思う」と自分の意見を述べて、会話を続けようと配慮してくれる男性なら、パーフェクトですね。

女性と楽しく過ごしたいという気配りと、誠実な姿勢が伝わってきます。


【参考記事】はこちら▽


4. 紳士的で優しく振る舞ってくれる

相手の女性に無理強いをさせず、紳士的な態度で接してくれるのは、女性によい印象を与えたいという思いと、女性にイヤな思いをさせたくないという気持ちがあるから。

利己的に振る舞う人は、目の前の相手の気持ちを推し量ろうとは思っていません。

女性の中には「もうちょっと強引なほうがいい」と物足りなく思う人もいるかもしれませんが、誠実に向き合ってくれている証拠ととらえましょう。


【参考記事】はこちら▽


5. 恋愛観や好きなタイプについて聞かれる

恋愛観や好きなタイプを尋ねてくるのは、女性を恋人候補として見ているサイン。自分が女性の恋愛観や好きなタイプと合致しているか気になるのでしょう。

また、お互いに恋愛観や好きなタイプを話し合い、関係を深めたいと思っているかもしれません。

恋愛観や好きなタイプについて話すときには、「〇〇万円ぐらいの年収があって、顔は芸能人の〇〇似で…」のように理想の男性のスペックを羅列するのではなく、「恋人とどんな関係を築きたいか」といった観点で話すと、相手との話が広がるでしょう。


初デートの会話から分かる女性の脈ありサイン

好きなタイプを尋ねてきたり、オーバーリアクションで褒めてくれたりと、女性からの脈ありサインは比較的わかりやすいのではないでしょうか。

次回のデートにもつなげやすいので、脈ありサインを見逃さないようにしましょう。


1. どんな話題でもオーバーリアクションで褒めてくれる

褒められるとうれしくなるのは、男性も女性も同じです。また、男女問わず、好きな人には喜んでもらいたいのものですよね。

ちょっとした話題でもオーバーリアクション気味に褒める女性は、男性に「私はこんなにも、あなたのことを素晴らしいと思っているのよ」とアピールしています。

男性に喜んでもらいたいという気持ちに加え、男性にとって自分は特別な存在でありたいという思いが込められているのかもしれません。


2. 好きなタイプを尋ねてくる

男性のケースと同じように、好きなタイプを尋ねてくるのは”恋愛対象”として見ているサイン。

自分が男性の好きなタイプと合っているか、リサーチをかけています。

男性に好きなタイプを尋ねることで、恋愛観について話し合い、2人の関係性を深めたいという願いがあるのでしょう。

男性も女性同様、女性のスペックを挙げるのではなく、女性の内面的な点について好きなタイプを挙げると、話が広がるでしょう。


【参考記事】はこちら▽


3. 自分の理想のカップル像や付き合ったらしたいことを話し始める

「こんなカップルになりたい」という理想や、「カップルとこんなことをしてみたい」といったことを男性に話す女性は、その男性にさりげなく「あなたとそういう関係になりたい」と、ほのめかしています。

受け入れる/受け入れないは別として、男性は女性の気持ちを察してあげてくださいね。

男性も女性を「いいな」と思っているなら、「次のデートはそういう感じで…」と次のデートの約束につなげるといいですね。


4. 「楽しい」「嬉しい」と前向きな言葉を多用する

女性がポジティブな言葉をたくさん使って話してきたら、素直にデートを楽しんでいると受け取って大丈夫。

お互いの緊張をほぐそうと気遣ってポジティブな言葉を発していることもあるので、「楽しんでくれて僕も嬉しいよ」と返してあげてください。

また、男性に対する「また今度も会いたいな」というアピールの意味が含まれています。

次のデートに誘ってもOKなサインなので、ぜひ2回目のデートの計画を。


5.「 次は◯◯行きたいね」と2回目のデートについて話す

次回のデートを促すセリフはストレートに「次も会いたい」というサインです。

このセリフが出ると、女性もかなり打ち解けていると考えてもよいでしょう。男性の気持ちも同じなら、ぜひ次回のデートの計画を提案しましょう。

初デートで、お互いの好みや性格も少しは見えたと思うので、計画も立てやすいのではないでしょうか。それを踏まえて、2回目のデートはさらに2人の仲が深まるようなをコースを考えましょう。


初デートで外さない話題を予習しよう!

初デートは、お互いに相手のことを知る時間。和やかな雰囲気を作り、相手の気持ちを推し量りながら会話をキャッチボールすることが大切です。

相手のことをよく知りたいという気持ちと誠意ある対応ができれば、多少ぎこちなくても問題ありません。

NGネタに気を付けながら、初デートを成功させて2回目、3回目のデートにつなげてくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事