【男女共通】好きな人とLINEする頻度とは|長続きする話題と脈ありLINEを解説!

片思いをしている時は、LINE一通でも一喜一憂してしまいますよね。今回は、好きな人とLINEをする頻度について解説していきます。好きな人と少しでも長くLINEで連絡をとれるよう、長続きする画期的な話題と異性からの脈ありサインまで詳しくお教えします。LINEで悩んでいる方はぜひ参考にしてみて!

好きな人とLINEする頻度って悩みますよね。

好きな人とLINEする頻度

好きな人とLINEをしていると、ついテンションも上がってしまいますよね。しかし一方で、いきなり既読無視になったり、どう返信していいかわからずに迷ったりした経験はありませんか。

この記事では、好きな人とLINEを長続きさせるための内容や脈ありサイン、さらには既読無視をする相手の心理についてご紹介します。


【男女共通】好きな人とLINEを長続きさせるための頻度と内容

好きな人とLINEできたとき、できるだけ長続きさせたいと思う人が多いはず。ここでは、好きな人とLINEを長続きさせるための頻度や内容について解説します。

ぜひ参考にして、日々のLINEにぜひ取り入れてみてくださいね。


好きな人とLINEを長続きさせるためのLINEの頻度

ここでは、好きな人とLINEを長続きさせるための頻度をご紹介します。好きな人とLINEできたとき、どのようの頻度で返信すれば迷った経験を持つ人も多いはず。

自分と比較してどうなのか、ぜひ照らし合わせてみてくださいね。


1. 基本的には相手の生活リズムや返信頻度に合わせるべき

お互い仕事していると、連絡を取れる時間も限られてくるでしょう。「どれくらいのペースで返信すればいいかわからない」という時は、相手の返信ペースにあわせることで、相手もストレスを感じにくくておすすめです。

1日1回ほどのやりとりなのにすぐ返信した場合、相手はやりとりに「めんどくさいな」と感じるため、かえってストレスを与える可能性もあるでしょう。


2. 関係を深めるためには毎日が理想的

2〜3日に1回や1週間に1回の場合、なかなかお互いのことが知れないので距離が縮まりにくいでしょう。関係性を深めたいのであれば、できれば毎日1通でもいいのでやりとりすることをおすすめします。

ただ、関係性を早く深めたいからといって毎日何通も送ると、相手から「暇なのかな」と思われてしまうことも。あまり一方的なやりとりにならないよう注意してくださいね。

【参考記事】はこちら▽


3. デートにスムーズに連れ出すことが目的であれば、頻度は多くなくてもOK

LINEをする目的が、相手を知ることよりもデートに誘うことだという人も少なくありません。その場合はデートでお互いのことが知れるので、LINEの頻度はそれほど多くなくていいでしょう。

ちなみに1週間に1回とか2週間に1回とかだと、相手の感情も冷めてしまいがち。少なくとも2〜3日に1回程度はやりとりできるよう意識しておくことも大切ですよ。


好きな人とLINEを長続きさせるためのLINEの内容や話題

好きな人とLINEをする時、どのような話題を送ればいいのか迷った人も多いのではないでしょうか。ここからは、好きな人とLINEを長続きさせるための内容や話題について解説します。

現在片思いしている人がいる人は必見です!


LINEの話題1. 共通の知人、友人のあるあるトーク

まずおすすめしたいのが、共通項を見つけること。お互いに知っている友人や知人などの話をしてみましょう。お互いに知っているので話にノリやすく、「〇〇さんいつもこうだよね〜」などと共感を誘うことで仲も深まりやすいでしょう。

そこでポイントになるのが、できるだけ好きな人が答えやすい話を振ること。「〇〇さんってどんな感じなの?」などと聞けば、相手も答えやすく会話が発展しやすいです。

【参考記事】はこちら▽


LINEの話題2. 趣味や好きなことに対しての話

「あの歌手いいよね」「この前ボルダリングに行ってさ〜」など共通の趣味や好きなことに関する話題も、共感が得られやすいので盛り上がります。

一方的に自分の趣味や好きなことを話してしまうと、相手が興味を持てずに冷めてしまう可能性も。相手の趣味などもしっかり探って、お互い盛り上がれる内容を意識しましょう。


LINEの話題3. 好きな食べモノや行きたい場所の話

男女ともに食べることが好きな人は多いはず。お互いの好きな食べモノについて話せば、話も自然と盛り上がりやすいでしょう。食の話をすれば自然と相手の好みもわかるので、デートの時の参考にもできるはず。

さらに「最近できた〇〇すごいらしいよ」など、最近話題になっているスポットなどを振ってみるのもおすすめ。流行な場所に敏感な人も多いので、相手も積極的に会話してくれますよ。


LINEの話題はデートに行く口実を作ることができる話がおすすめ

ここで常に意識しておきたいのが、常にデートに行く口実を考えておくこと。「最近できたお寿司屋さん、すごく美味しいらしいよ!」などと言うことで、「なら今度行ってみよっか」などの返信がくることもあるかもしれません。


LINEの話題4. 学生時代のおもしろ話や失敗した話

「高校生の時こんなことがあってさ〜」「文化祭で大失敗しちゃったんだよね」などおもしろおかしく話せば、相手も興味を持って、会話を楽しんでくれるでしょう。

自分の話だけでなく、「高校生の時どんな感じだったの?」と相手の学生時代についても聞くのもおすすめ。昔の話を振ることで、相手の人生や過去も同時に知れてLINEも長続きしやすいです。


LINEの話題5. 好きな異性のタイプの話やフェチの話

恋愛の話は、相手との距離を縮められるうってつけの話題。「どんな女性がタイプなの?」と、思い切って好きな異性の話を振ってみるのもいいでしょう。

もし彼氏や彼女がいるかわからない時は、「〇〇さんって彼女いるの?」とここではっきりさせておくのも"アリ"。

恋愛の中でも、フェチなどの少し際どい質問をすることで、相手の好みがより深く知れますよ。

【参考記事】はこちら▽


LINEで好きな相手にしか見せない!異性からの脈ありサインとは

好きな人とLINEをしていると、自分に気があるのかどうか気になりますよね。実は脈ありサインも非常に様々存在しているんですよ。

ここからはLINEで好きな相手にしか見せない脈ありサインをご紹介します。


脈ありサイン1. 忙しかったり、遅れても必ず返信がある

社会人になると、毎日忙しくて大変だという人も少なくないはず。ですが脈ありの時は、どれだけ忙しくてもLINEを放置することはありません

多少遅くなっても、相手との関係性を切らしたくないので、「遅くなってごめんね」などと言いつつも返信してくれます。また暇な時であれば、すぐに返信してくれることも少なくいでしょう。


脈ありサイン2. 質問を流さず、必ず答えようとする

どうでもいい人だと質問しても答えにくければスルーしてしまうことも多いですが、相手が気になっている場合、その人と誠実に向き合おうと意識します

「どういう男性が好きなの?」「彼女はいるの?」といった質問に対して、無視することもありません。

さらに「反対にどういう女性がタイプなの?」などと聞き返してくれることも多く、会話が自然と発展しやすいです。


脈ありサイン3. スタンプや顔文字を真似して使う

好きな人とLINEをしていて、以前は全然使っていなかったのに、急に自分がよく使うLINEが出てきたら脈ありサインと考えて良いでしょう。

これはLINEのスタンプに限らず、好きな人ができれば、その人同じものを好きになる傾向があるため。好きな人が好きなスポーツを好きになったり、見たりなど、真似する行為が出てきたらポジティブに捉えて問題ありません。

【参考記事】はこちら▽


脈ありサイン4. 画像や動画をよく送ってくれる

脈ありの人に対しては、「自分のことをもっと知ってもらいたい」と無意識で思っているので、唐突に写真や動画を送ってくること多いでしょう。

何気ない風景や自撮りなど送られたときは好意的に捉えましょう。送られてきた写真や動画に対して、感想を言うだけでなく自分も同じように送ると、お互いの距離も縮まりやすいですよ。


行きたい場所の画像やリンクを送ってくる場合は一緒に行きたいサイン

さらに何気ない風景だけでなく、写真の下にリンクがあるかどうかもチェックしておきましょう。リンクをわざわざ送るということは、その場所に一緒に行きたいサインでもあります。

リンクがきたときは、「今度行ってみよっか」などと誘うのもおすすめですよ。


脈ありサイン5. タイムラインにスタンプやコメントをする

LINEにはタイムライン機能があります。脈ありの場合、自分が投稿したことに好きな人がスタンプやコメントをしてくれることも多いです。

相手が気になる場合、LINEのタイムラインに限らずその人の動向に反応したくなるもの。もし毎回スタンプやコメントがきていた場合は、思い切ってデートに誘ってみるのもいいでしょう。


脈ありサイン6. 他に人に話さないような秘密や悩みを打ち明ける

好きな人から悩みや相談ごとを打ち明けられたときも大きな脈ありサインです。誰にも話していないようなことを打ち明ける時は、自然と勇気がいるもの。興味もない人に対して、深刻な秘密や悩みを言うことはなかなかありません。

好きな人から何か相談されたときは、それだけ信頼されているという証拠なので脈ありサインだといえるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


脈ありサイン7. 話題の流れから2人きりのデートに誘ってくる

「ここのお店の料理おいしそうだよね」「〇〇行ったことないから行ってみたいんだよね」などと言った時、「じゃあ今度の週末行ってみようか」なんて誘われたら脈ありだと考えてください。

相手をデートに誘うのは、シンプルに気になって会いたいと思っているから。気のない人とわざわざ2人きりで会おうとはしません。好きな人に誘われたときは、脈ありサインだと考えてください。


脈ありサイン8. 「今日おやすみだよね!」と自分の休みの曜日や日程をちゃんと覚えている

相手のことをしっかり覚えてくれているかどうかでも、脈ありか判別できます。気になる人の場合、相手の言っていたことをしっかり覚えているので、相手の予定に合わせたLINEを送ることも少なくないでしょう。

「明日休みだよね?」「今週末の試験頑張れ!」などと言われたときは、既に両想いになっているサインかもしれません。


脈ありサイン9. 好きな人のタイプや、彼氏彼女の有無を確認してくる

脈ありであれば、「どんな人が好きなのかな」「彼氏はいるのかな」などと気になるので、彼氏彼女の有無を確認してきます。

「どんな人がタイプなの?」と好きなタイプを聞くことで、自分が脈ありかどうか探りたいと考えています。好きな人に聞かれたときは、ほとんど相手も好きになっている可能性も少なくないでしょう。


脈ありサイン10. 「ちょっと電話していい?」と理由をつけて電話をしようとする

好きな人と連絡をとる時、つい声が聞きたくなる場面もありますよね。好きな人から「電話の方がわかりやすいから電話してもいいかな?」などと言われたときも、脈ありサインだと考えていいでしょう。

どうでもいい人には、電話する時間がもったいないと考える人も少なくありません。相手から電話の誘いがきたときは、その場で思い切ってデートに誘うのもいいかもしれませんね。

【参考記事】はこちら▽


LINEで返信がない!?既読無視をする相手の心理は?

一方で、好きな人とLINEをしていたとき、既読無視されて困っている人もいるのではないでしょうか。相手がどういう心理で既読無視しているのか気になりますよね。

ここでは、LINEで既読無視する相手の心理を解説します。


既読無視する心理1. 返信することを忘れている

返信しようとしても急ぎのメッセージなどに追われると、仕事ばかりに頭をとられてしまうので、返信が漏れてしまうことも少なくありません。

特に仕事の繁忙期などで忙しい時期などでは、毎日仕事のことに追われて返信し忘れていたケースも少なくないでしょう。

ただ返信を忘れていた場合であれば、「連絡をとりたくない」などと思っているわけではありません。


2、3日待って返信がなければ、軽いノリで連絡してましょう

もし数日経っても返信がこない時は、スタンプや他の軽い話題を送ってみましょう。もし急ぎで返信が必要な時などであれば、「返信遅くなってごめんね」などとすぐに返してくれるはずです。

「どうして返信くれないの?」などと催促してしまうと、相手が冷めてしまう可能性もあるので注意が必要です。

【参考記事】はこちら▽


既読する心理2. あとでゆっくり返信しようと思っている

仕事で忙しかったり友達と会っていたりした場合、夜仕事が終わってから返信しようと思っている人も多いです。

「返信するのがめんどくさい」と思っているのではなく、じっくり内容を考えて返信しようと考えているため、返信に時間がかかっています。相手が落ち着いたときに返ってくることが多いので、気長に待つことをおすすめします。


既読する心理3. 好きな相手だからこそ返信内容を悩んでいて、返信ができていない

「こんなこと言ったら嫌われるかな」「どう返信すれば喜んでくれるかな」などとあれこれ考えてしまい、気づいたら既読無視をされていると勘違いされてしまいがち。

なぜなら相手のことを大切に思っているため、下手な返信をしたくないと考えています。

待っていれば返信してくれる可能性が高いので、心配する必要はあまりありません。


既読する心理4. 相手に興味がなく返信することがめんどくさい

好きな人とのLINEで最も聞きたくない心理ではないでしょうか。そもそも相手に興味がないので、メッセージのやりとりを続けるうちに終わらせたくなってしまいます。

催促するメッセージを送るとさらにめんどくさく感じてしまいがち。何か気に障ることをしてしまったために、相手から嫌われた可能性もゼロではありません。


共通の友人に相談して見るか、一度距離を置いて様子を見ていましょう

「嫌われたかもしれない」と思う節がある人は、ぜひ共通の友人に「〇〇って自分のこと嫌いなのかな」と相談してみるのもおすすめ。もしかしたらその友人が何か情報を持っている可能性も。

わからなければ、日を置いて再度送ってみるのもひとつの方法です。

【参考記事】はこちら▽


好きな人とのLINEで相手に好印象を与えるコツ

好きな人とLINEする時、せっかくなら相手に好印象を与えたいですよね。ですがどうしていいかわからずに悩んでしまうこともあるかもしれません。

ここでは、好きな人とのLINEで好印象を与えるコツを解説します。


LINEのコツ1. 「お疲れ様」「おはよう」など挨拶や労いの言葉を入れる

いくらLINEとはいえ、挨拶や労いの言葉は、コミュニケーションのひとつとして非常に大切な要素です。「おはよう」「おやすみ」といった毎日の挨拶だけでなく、「今日もお仕事お疲れさま」など労いの言葉を入れることで、相手も親近感が湧いて嬉しく感じるでしょう

さらに「夜遅くにごめんなさい」などと気遣いの言葉を入れれば、「気が遣える人なんだな」と好感度もアップしますよ。


LINEのコツ2. 長文を送ったり、一度に2つ以上の質問をしない

相手が返信しやすいよう配慮することも非常に大切なこと。1回の返信で非常に長い文章を送ったり、いくつも質問してしまうと、相手は返信が億劫になりがち

そうしたやりとりを続けていると、次第に返信が来なくなることも。相手の返信のしやすさを考えてできるだけシンプルに送れば、相手も気持ちよく返したくなるはずですよ。


LINEのコツ3. スタンプ、絵文字、画像、動画を活用して相手を楽しませる

ただ絵文字も顔文字もない文章だけ送っていると、メッセージに抑揚が出ないので、相手がつまらなく感じてしまうことも。LINEなどのメッセージは、自分だけが楽しむのではなく、相手を楽しませる心意気も非常に大切です。

ときにはスタンプやかわいい絵文字、さらには画像などつけることで、相手の興味がさらにひけるはずですよ。


LINEのコツ4. LINEでも相手を褒めるように心掛ける

相手を常に楽しませるために、相手の良いところを褒めてあげるのもひとつの方法です。男女問わず、人から何か褒められると嬉しく感じますよね。

相手の考え方や持ち物、さらには趣味など、「いいな」と思ったものには積極的に褒めてあげましょう。注意する点としては、手当たり次第に褒めないこと。ここぞという時にさりげなく褒めてみてくださいね。


LINEのコツ5. 返信が遅いからと言って催促をしたり、勝手に不安にならない

好きな人から返信がなかなか来ないからといって「返信待っているんだけど」「なんで返してくれないの?」なんて言えば、相手はめんどくささを覚えて悪い印象を与えてしまうことも。

仕事が忙しかったり旅行に行っていたりと、返信が遅い理由も様々考えられます。勝手に不安になるのではなく、広い心を持って待ち続ける忍耐も大切です。


LINEのコツ6. 文中に相手の名前を呼ぶように心掛ける

日々のやりとりのちょっとしたところで、「〇〇さん今日もお疲れさま」「〇〇さんも体調に気をつけてくださいね」などと名前を入れてみましょう。

相手の名前を呼ぶことで、相手は思わずドキッとしてしまいがち。お互いの距離もグッと縮まるでしょう。

もし普段は役職で呼ぶ人であれば、「ここでは名前で呼んでもいいですか?」と提案してみるのもおすすめです。


LINEのコツ7. 相手の興味がある話題の質問をして話を広げる

LINEでひたすら自分のことばかり話していても、相手は退屈に感じてしまいやりとりが続かなくなることも。

好きな人が興味をもつような話題を積極的に取り入れることで、相手もテンションが上がって話が発展しやすいです。

「今度、〇〇っていう映画公開されるらしいけど知ってる?」などとうまく質問を取り入れながら広げてみてください。


LINEの頻度は相手に合わせて、長続きするコツを試してみてくださいね。

ここまで、男女共通のLINEを長続きさせるための頻度やLINEで好きな人にしか見せない脈ありサイン、さらには既読無視する相手の心理やLINEで好印象を与えるコツを解説しました。

好きな人とLINEのやりとりを続ける時は、「相手を楽しませる」ことが非常に大切です。ときには質問も交えながら、会話を発展してみてくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事