惚気話とは?のろけ話をする人の心理&聞きたくない時の対処法を解説

彼氏や彼女の惚気話をしたがる人っていますよね。そこで今回は、惚気話をしたがる人の心理から、聞かされる側の本音や、反対に他のカップルの惚気話を聞きたがる人の心理や惚気話をされた時の上手な対処法まで、詳しく解説していきます。

惚気話をする人っていますよね。

惚気話をする人&聞きたい人の心理

恋バナをしていると避けて通れないのが惚気話。友達が彼氏や彼女と幸せな様子を聞くだけで、自分も幸せな気持ちになりますよね。

しかし、めんどくさいと思って、あまり聞きたくない人も多いはず。そこで今回は、惚気話の意味や、のろけ話をする側・される側の心理をお送りします。

惚気話をする心理はどのようなところにあるのでしょうか。


前提として「惚気話」の意味とは?

惚気話とは?

惚気話とは、動詞である「惚気る(のろける)」と名詞の「話」が組み合わさった言葉です。

「惚気る」とは、彼氏・彼女との仲を自慢げに人に話すことを意味します。つまり「惚気話」は、彼氏・彼女との仲の自慢話を意味する言葉と言えるでしょう。


すぐに惚気話をしてくる人の心理とは

惚気話をする人の心理心理

男性・女性問わず、彼氏・彼女ができるといつも恋人のことを考えてしまうため、友達との話の中でつい惚気話をしてしまう人もいます。ここでは、すぐに惚気話をする人がどのような心理なのかを解説していきます。


心理1. 周囲の人に幸せなことをアピールしたい

のろけ話をする人は幸せの真っただ中にいます。彼氏や彼女とのラブラブっぷりを友達に自慢したい心理です。相手を振り向かせるまでに紆余曲折あり大変だった人ほど、以前は大変だったけど今は幸せなのだと、のろけ話をせずにはいられません。

周囲の人に心配させた過去があるからこそ、今は幸せなことをアピールしておきたいのです。


心理2. 恋人が好きすぎてつい話してしまう

恋人のことが好きすぎると、四六時中相手のことを考えてしまいがちになります。意識しなくても考えているので口から出てくるのは惚気話ばかりに。特に、彼女が好きすぎる男性は、周りの男性への牽制もあって惚気話をします。

恋人のことが好きすぎていつも相手のことを考えているので、自然に口から出てくるのは惚気話、というわけです。


心理3. 恋人と別れそうなのを周囲に悟られたくないと思っている

惚気話をする人は恋人と別れそうなのを周囲に悟られたくない

必要以上に自分の弱みを周囲の人に見せたくない、という人は多いです。恋人と別れてしまいそうな時でも惚気話をすることで、周囲に「うまくいっているんだな」という印象を与え、別れそうなことを隠そうという意図が。

必要以上に詮索されることを防ぐのと同時に、周囲の人を巻き込まないためにも、惚気話をして別れそうなことを悟られまいとしています。


心理4. 恋人を大事にしている人だと周囲に思ってもらおうとしている

見栄っ張りな性格の人は、周りの人に素敵だなと思われたくて、惚気話をします。「彼女を大切にする男性だな」などと周囲から評価されたいという心理から、自慢になりすぎないよう注意しつつ、惚気話を小出しにすることも。

ほどよく惚気話をすることで男性としての評価が上がり、彼女がいても他の女性からもモテることも知っています。


心理5. 幸せすぎて無意識に饒舌になっている

男性も女性も、付き合い始めの時期などとても幸せな時期には、いつも相手のことを考えています。特に意識しなくても相手のことを考えているので、自然にのろけ話が口から出るのです。周りの人にうざいと思われることも多いですが、本人はあまり気づいていません。

恋人のことが大好きすぎて、口を開くとのろけ話になってしまいます。


ノロケ話ばかりされるとうざい?面倒に感じてしまう理由とは

惚気話を面倒に感じる理由

友達の幸せな様子を聞くのは誰しも嬉しいものですが、あまりに惚気話をされるとうざいと感じてしまうこともあります。ここでは、ノロケ話がなぜめんどくさいと思われてしまうのか、理由を解説していきます。


理由1. 何度も同じ話をされるから

惚気話の結論は「彼氏・彼女のことが大好き」ということで、行きつく先はいつも同じです。その時々でシチュエーションは異なるものの、結論は同じなので何度も聞かされると面倒になってしまいます。

特に、友達との話題が自分が会ったこともない恋人の話ばかりだと、「またか」という気分に。いつも同じ話の繰り返しになるので、来ている人はうざいと思ってしまいます。


理由2. 否定するわけにもいかないし、反応に困ってしまうから

惚気話はネガティブな話ではなく明るい話題です。めんどくさいから聞きたくないなと思っても、ポジティブな話題なので否定しづらく、対応に困ってしまいます。彼氏ができると彼氏の話しかしなくなる女性もいますが、周りの人を困らせているでしょう。

興味ないからあまり聞きたくないなと思っても、否定するわけにもいかない話題なのが、うざいと思われる理由です。


理由3. 純粋に人の恋愛に興味がないし、聞きたくないから

惚気話を面倒だと思うのは聞きたくないから

恋愛は1対1で向き合うものだと考えている人は、他人がどうしているのかにあまり興味がありません。自分のノロケ話もしませんし、他人のノロケ話にも興味なし。特に男性は、はっきり口に出しては言わないものの、ノロケ話を正直めんどくさいと思っています。

他人の恋愛がどうなろうとどうでもいいと思っているので、聞きたいとも思わずうざいと感じるのです。


理由4. 喧嘩したら落ち込むなど、恋愛の状態によって機嫌が変わるから

仲の良い友達であっても、自分に全く関係のないことで振り回されたくないと感じているもの。特に、恋愛がうまくいっているかどうかが精神面に影響を及ぼす人の惚気話を聞くのは疲れるから聞きたくない人も多いです。

いくら友達であっても、恋愛の状態によって機嫌のいい悪いがあるなど、聞くだけでも振り回されることがあるため、うざいと思われてしまいます。


理由5. 定期的に恋人が変わるのが定番で、また別れるだろうなと思ってしまうから

恋人が安定しない人は、別れて付き合う過程で大変でも、客観的に見るといつも同じことを繰り返しているだけ。

恋人と長く続かず、会うたびに恋人が変わった紆余曲折を聞かされ、うんざり。特に依存心の強い女性は、いつも彼氏や聞いてくれる人を探して寄りかかっているため、聞くだけで疲れるでしょう。

結局いつも同じことの繰り返しなので、聞きたくないなという感情が出てしまうのです。


反対に人の惚気話を聞きたいと詮索する人の心理

惚気話を聞きたい人の心理

惚気話をうざいので聞きたくないと感じる人がいる一方、惚気話を聞くのが好きで、わざわざ詮索して聞く人もいます。ここでは、なぜ人の惚気話を聞きたいと思うのか、詮索する人の心理を解説していきます。詳しく見ていきましょう。


心理1. 恋愛トークが好きで、惚気話を聞くだけで幸せな気分になれる

人の話を聞くときは、自分が好きな話題であれば聞いているだけで楽しい時間を過ごせます。つまり恋愛トークが好きな人なら、惚気話を聞くのも大好きです。大好きな恋バナなので、たとえ他人の恋愛話であっても聞いているだけで幸せになります。

友達の幸せな様子を想像しながら恋愛トークを聞き、幸せな気分を味わっています。


心理2. 相手よりも自分の方が幸せだと優越感に浸ろうとしている

彼氏に愛されているのか実は自信がない人は、他人と自分を比べて安心したい気持ちが働きます。女性に多い、いわゆるマウンティングで、人の のろけ話は聞いても自分の彼氏の話は決してしないのが特徴。心の中で他人と自分を比べて安心しています。

本当は他人の話を聞きたいとは思っていないのに、優越感に浸るためにわざわざ聞くのです。

【参考記事】はこちら▽


心理3. どんな人と付き合っているか興味を持っている

惚気話を聞きたい人はどんな人と付き合っているか知りたい

これまで男運があまりよくなかった大切な友達にやっと彼氏ができたら、本当に幸せになれるのか心配になるものです。友達がどんな男性と付き合っているのか、自然に聞き出すために惚気話を聞きます。友達が幸せになれる相手なのか知っておきたいのです。

友達の幸せを心から願うからこそ、どんな相手と付き合っているのか理解しておきたいなと感じています。


友達など、身近な人の恋人などに惚気話をされた時の上手な対処法

惚気話をされたときの対処法

友達や会社の同僚など、合う頻度の高い人の惚気話は避けたくても避けられないことも多いものです。ここでは、身近な人にあまり聞きたいとは思っていない惚気話をされた時にどう対応するといいのか、解説していきます。


対処法1. 適当に相槌を打ちながら聞きながす

惚気話をしているのが会社の同僚などであれば、あまり邪険に接するわけにはいきません。無視をしてしまうと今後の人間関係に支障が出てしまうかもしれないので、「そうなんですね」などの言葉で軽く相槌をうちながら聞きながすのが得策です。

あまり親身にならずに軽く聞いているんだなと思ってもらえる反応をしておくのが適切な対応です。


対処法2. 電話でされた場合、「ごめん、またかけ直すね」といって電話を切る

電話での惚気話を延々と聞いてしまうと、この人は今時間があるのだなと思われてしまい、ずっと続いてしまうことにもなりかねません。興味ないとはなかなか言いづらい場合には、「また今度聞くね」など、何か理由をつけて電話を切る対応をしましょう。

いつも聞いてくれるわけではないのだなと相手にわかってもらうことで、頻繁に「聞いてほしい」と言わないようになります。


対処法3. 何か違う話題にすり替える

惚気話をされたときは他の話にすり替える

自分に関係がない惚気話をされて困ったとしてもなかなかはっきりと興味ないとはいえません。会話の中で自然に話題を変えることで、興味ないと言わないで惚気話を避けられます。例えば「ふーんそうなんだ。そういえば、」などといっておくと、相手の話を受け止めつつ違う話題にすり替えられます。

相手の話からさも違う話を連想したかのように、自然に話題を変えるといいでしょう。


対処法4. あまりにもしつこい場合、露骨に興味がない態度を出す

聞きながしたり話題を変えたりしても、惚気話を止めなかったり惚気話に戻したりする人も中にはいます。特に、彼氏と付き合い始めで彼氏のことで頭がいっぱいの女性は、そのような傾向に。しつこい人に対しては露骨に態度に出しましょう。

興味がないと言葉ではっきりいってしまうと角が立ってしまう相手に対しては、態度で示すことが精一杯の対応です。


惚気話をされたら、上手に対処していきましょう。

惚気話をされたら上手に対処しよう

彼氏や彼女ができたばかりの時、惚気話をしたくなる人は多いです。友達が幸せな様子を聞かせてもらえると純粋に嬉しい人も多いでしょう。聞きたくないなと思っても、相手を傷つけないよう配慮しながら対応することが大切です。

惚気話をする相手には悪気はありません。聞きたい時も聞きたくない時も相手への配慮を忘れずに上手に対応していきましょう。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事