好きになる理由は男女で違う?人を好きになる瞬間&メカニズムを解説

人が人を好きになる理由には何があるのでしょうか?今記事では、好きになる理由を男女別で解説すると共に、人を好きになる瞬間もお教えします。片思い中の人は自分の恋に役立てられるよう、異性が人を好きになる理由を参考にしてみてくださいね。

人が人を好きになる理由とは何でしょうか?

男女別の人を好きになる瞬間&メカニズム

男性と女性とでは、人を好きになる理由は異なるのでしょうか?

どうすれば、好きな人が自分のことを好きになってくれるかどうかわからない、そんなふうに途方に暮れている人もいると思います。

そこでこの記事では、男女それぞれの異性を好きになる理由を解説していきます。好きな人に振り向いてもらう手がかりをお探しの方は参考にしてくださいね。


人を好きになる理由は男女で違う?

男女で人を好きになるメカニズムには違いがあるのでしょうか。

男性が女性を好きになる理由、女性が男性を好きになる理由を読み解いて、それぞれにどんな違いがあるのかを解説していきます。


男性が女性を好きになる理由

ここでは男性が女性を好きになる理由を、4つのパターンに分けて解説していきます。

外見や性格に理由がある場合もあれば、雰囲気といった漠然としたものや、特定の言動がきっかけというパターンもあります。

男性が女性を好きになる心理の働きがわからないという方は参考にしてください。


理由1. 顔が完全にタイプ

男性は視覚から入ってきた情報に大きく感情を左右されます。一目見て可愛いと思えるかどうかで、好きかそうでないかを本能的にぱっと判断するのです。

その女性の性格や趣味といった内面の魅力がどうなのだろうかということまでは考えず、ふと出合った女性が完全にタイプの顔だちだった場合、一目で恋に落ちるということも男性は珍しくありません。


理由2. いつも優しく接してくれるから

仕事や人間関係で疲れた心をそっといたわってくれるような優しい笑顔を向けられて、好きになってしまうことは決して珍しいことではありません。

癒やしと安心を与えてくれるような雰囲気をいつも漂わせている優しい性格の女性は、男性にとって間違いなく恋愛の対象になります。

女性が普段から優しく接してくれるということで好きになるパターンも大いにありえます。


理由3. 女性が自分のことを好きになってくれたから

自分から告白をしたなら断られてしまう恐れもありますが、相手から好意を示してくれたなら断られる心配はないという心理もあります。

特に奥手の男性が相手の場合は、女性の方から好意を示してあげると男性からも好意を返してくれるということも。

相手から好意を示してくれたから、という理由で女性を好きになる男性もいますよ。


理由4. 女性から頼りにされたから

男性は頼りがいがあって強くあるべき、という心理は男女ともに根強くあります。

ですから、男性は女性に頼られることで、自分が頼りがいのある強い人間であると確認できてプライドが満たされるのです。

男性は女性に頼りにされると満足感が得られ、それがきっかけとなって相手の女性に好意をもつようになることがあります。


女性が男性を好きになる理由

ここでは女性が男性を好きになる理由を4つのパターンに分けて解説していきます。

男性と比べて、女性は相手の男性のことをよく知る中で、時間をかけて好きという思いを大きくしていく傾向があります。ここからは、女性が好感を持つ心理を解説していきます。


理由1. 男性との付き合いが長くなるほど好きになる

女性は何度も顔を合わせて会話を交わして、より見知った男性に好意を持つことが多いです。

初めてのデートの時よりも、何度も何度もデートを重ねて親密な雰囲気を作り出していけば、より相手の男性に好意を持ちますよ。

男性と違って、女性はゆっくりと時間をかけて相手の男性への好意を大きくしていく傾向があります。


理由2. 紳士的扱いをしてくれるから

男性が重い荷物を持ってくれたり、困っている時に助けてくれたりすると、女性は本能的に安心感を覚えます。

横暴な態度や粗暴な言動などではない、いい意味での男らしさを発揮して接すると、女性はその男性が自分を守ってくれる人だと考えるのです。

一人の女性として扱ってくれるため、女性は紳士的な男性に好意を持つのです。


理由3. 自分のことを大切にしてくれていると感じたから

頼りがいのある男性に守ってもらいたいと考えている女性は多くいます。

大変な仕事を抱えている時に手伝ってくれたり、ミスをフォローしてくれたりといった対応はもちろん嬉しいものですが、そういった対応が自分だけに向けられた特権であれば、なおさら女性は喜びます。

その男性が自分のことを大切にしてくれていると思えば、女性は相手の男性に好意を抱きます。


理由4. 悩み事など真剣に相談に乗ってくれたから

女性から見れば、きちんと自分の話を聞いてくれる人は、それだけ自分が相談した悩み事を真剣に捉えてくれているということです。

いざという時にも助けてくれると期待できますから、そうした男性に女性は好感をもちます。

女性の悩み相談に真剣に耳を傾けて、親身になって相談に乗る男性は、女性から好意を持たれやすいですよ。


男女が人を好きになる瞬間はいつ?

男性と女性がそれぞれ異性を好きになる理由が違うのと同様に、人を好きになるメカニズムにも男女で違いがあります

以下では、男性が女性を好きになる心理と、女性が人を好きになるメカニズムとその瞬間を解説していきます。


男性が女性を好きになる瞬間

ここでは男性が人を好きになるメカニズムについて、どういった瞬間に男性の心理に変化が起こるのかを見ていきます。

男性が女性を好きになる理由とその心理がわからないという方は、次に紹介する3つのパターンをよく理解してくださいね。


瞬間1. 「かっこいい」と褒められた時

好意を示されたら好意を返したくなるという心理である「好意の返報性」が働きますので、「かっこいい」と言われたら相手のことも可愛いと思うのです。

女性に笑顔で褒められると、男性はその女性が自分に好意をもっていると考えて相手の女性に自分も好意を持つようになります。

「かっこいい」と女性が褒めてくれたなら、その瞬間に男性の心はぐっとその女性の方に傾きます。


瞬間2. 軽いボディタッチをされた時

人は嫌いな相手に触れたいとは思いません。ボディタッチをするということは、多かれ少なかれ、その相手に好意をもっているということです。

女性から好意をもたれて嫌な気持ちになる男性はいませんから、女性から笑顔とともに軽くボディタッチをすると、男性は相手の女性に好意をもちやすくなります。

女性からの軽いボディタッチが好意をもつきっかけになることがあります。


瞬間3. 女性のことを守りたいと思った時

女性の弱さを目にした時に、それがきっかけになってその女性に好意を持つようになることもあります。

仕事でミスをした時や、夜道を怖がっている時など、女性の弱いところを目にすると、可愛い、守ってあげたい、という本能的な気持ちが男性の中に起こります。

この女性を自分が守らなければならない、という心理が働いた時、男性は女性を好きになるのです。

【参考記事】はこちら▽


女性が男性を好きになる瞬間

ここでは女性が人を好きになるメカニズムについて、どういった瞬間に女性の心理に変化が起こるのかを見ていきます。

女性が男性を好きになる理由は、3つのパターンに分けて見ることができますので、それぞれを解説していきます。


瞬間1. 「かわいい」と好意のある言葉をかけられた時

直接的な褒め言葉はやはり嬉しいものです。

近い距離感なら「かわいい」という女性を丸ごと褒める言葉もいいですし、「今日の髪型いいね」や「今日の服装いい感じだね」といった部分部分を褒める言葉なら、ある程度オープンな場所でも口にできるでしょう。

自分のいいところ、自信のあるところをストレートに褒めてもらえた瞬間に、女性はその男性に好意をもちます。


瞬間2. 男性のギャップを見た時

男性の知らなかった魅力を目にすると、その人のことをまた新しい視点で見られるようになります。

力強さなどの男性的な面が目立つ人が実は猫好きであったとか、お調子者な性格で通っている男性が真面目な顔を見せたといった、普段のイメージとのギャップを見た時に女性は好感を持つことがあります。

普段の顔とのギャップが大きければ大きいほどインパクトも大きく、好きになる理由になります。


瞬間3. 男性が一生懸命になっている姿を見た時

仕事や勉強、スポーツなどはもちろん、たとえゲームのような趣味であったとしても、人が何かに一生懸命に打ち込んでいる人の姿は、男女問わず見ていて気持ちが良く、つい応援したくなるものです。

男性が努力している姿、辛くても頑張っている姿、物事に一生懸命に取り組んでいる姿を見た時、女性の目はその男性に恋愛感情を持つのです。


最後に、男女共通で人を好きになる基本的なメカニズムを解説

ここでは男女に共通して人を好きになるメカニズムを解説していきます。

人を好きになるメカニズムには男女で違いがありますが、もちろん共通している部分もあります

男女ごとの違いと合わせて、共通した心理の動きも押さえておきましょう。


メカニズム1. なんとなく気になる

同じ人と何度も会って関わりをもっていると、なんとなく気になるという感情が生まれてきます。

なんとなく芽生えた感情がどういうものなのかを考えているうちに、だんだんとその感情が好きという気持ちに変わって大きく育っていくのです。

何度も何度も繰り返し会って関わっていくことで、自然に好きという感情が芽生えてくることがあります。


メカニズム2. 自分の「好きな気持ち」に気付く

それまでは特に意識していなかった人が、他の人と楽しそうに喋っているところを見ると、なんとなくモヤモヤした気になることもありますよね。

自分のヤキモチに気がつくことがきっかけになって「もしかして好きなのかも」という思いが、相手のことを考えて意識しているうちに、やがて「好き」というはっきりとした気持ちに変化していくこともあります。

あるいは「好きになるはずがない」と考えれば考えるほど、逆に相手のことが気になってしまうようになります。


メカニズム3. 好きな人とどう接するか行動する

自分が相手に好意をもっていることに気づいたら、相手とどう接していくか、会って話すためにはどうすればいいかを考えるようになります。

好きになった人との関わり方を考えていると、より強く相手のことを意識するようになってしまうのです。

相手とどう関わっていくかを考えているうちに、恋愛感情が芽生えてくることがありますよ。


異性が人を好きになる理由を知って、恋に活かしてくださいね。

男性と女性とでは、多くの場合、異性を好きになる理由が違います。

異性がどういった理由、どういった瞬間に相手を好きになるかがわからない、という方は、この記事で解説した異性の心理のメカニズムを参考にしてくださいね。

好きな人の心理がどのように変化していくかを理解できれば、その人との距離を縮めていけるはずですよ。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事

あなたにオススメ