彼氏がいるのに不安になる瞬間9つ│別れる前にできる原因の改善方法とは

大好きな人と付き合えて幸せ絶頂のはずなのに、彼氏に対して不安を感じる時はありませんか?今回は、女性がどんなときに不安になるのか、不安な気持ちに襲われる瞬間や原因を大公開!さらに、不安になって辛い時の対処法や不安になっても絶対にしてはいけないことをお教えします。

彼氏がいるのに不安なのはどうして?

彼氏がいるのに不安

彼氏がいるのは不安が消えない女性は、意外と多いはず。

そこには、どのような原因が隠れているのでしょうか?

今回は、彼氏がいるのに不安に感じてしまう原因と不安を和らげる方法、そして不安に感じたときにしてはいけないことをまとめてご紹介します。

大好きな彼氏だからこそ、良好な関係を保てるように参考にしてみてくださいね。


彼氏がいるのに不安になる9つの瞬間

「彼氏のことは大好きなのに、何だか不安」と思う瞬間はどんな時なのでしょうか?

まずは、彼氏に不安を覚えてしまう9つの瞬間をご紹介します。

きっと共感できるポイントがあるはずなので、ぜひチェックしてみてくださいね。


不安な瞬間1. 相手の嫌な部分が見えて、将来が不安になったとき

彼氏とはこれから先も一緒に過ごしたいですが、あれ?と思う瞬間が増えると不安に感じます。

例えば、物に当たったり大勢の人がいる前で怒ったりする態度を見ると「これから先大丈夫なの?」と感じてしまう女性が多いはず。

また、彼氏の意見ばかり通そうとする態度も「どんどんエスカレートしたら嫌だな」という気持ちに。

その結果、これから先の二人の未来に不安を抱えるようになります。


【参考記事】はこちら▽


不安な瞬間2. 結婚の時期を曖昧にされているとき

長く付き合っていると「結婚」を意識するようになるはず。

そのときに「いつか結婚できたらいいね」や「時期が来たら考える」など、具体的な話を避けられると不安になります。

彼氏との結婚を夢見ている女性も多いので、大切な話を避けられるとよからぬことまで考えてしまいますよね。

「私と結婚したくないの?」「他に結婚したい人がいるの?」など、さまざまな心配が頭をよぎってしまうこともあります。


【参考記事】はこちら▽


不安な瞬間3. 彼氏の返信頻度が減ったり、そっけなくなったとき

女性は、大好きな彼氏の態度や変化に敏感です。

「いつもとは違う」「昔はこんなんじゃなかった」など、ささいな変化に不安を覚えます。

例えば、電話やメールの頻度が減った、話をしてもそっけなく楽しそうじゃないなど、自分に対しての対応や態度は目に付きやすいポイント

「私のこと好きじゃないのかな?」「なんですぐに返信できないんだろう」と、そのような態度を取ってしまう背景を憶測して不安になってしまいます。


不安な瞬間4. デートで彼氏の笑顔がいつもより少ないとき

デートや食事など、二人きりで過ごすときの彼氏の態度は彼女の脳裏にしっかりと焼き付きます。

そのため、普段よりも笑顔が少なったり口数が少なったりするとどうしても不安になってしまう傾向が。

体調不良や会社で嫌なことがあったなど理由が明確ならいいのですが、理由が分からないとよからぬ考えが止まりません。

「私の態度がいけなかったのかな?」「何かあったのかな」など、考えているうちにどんどん不安になっていきます。


不安な瞬間5. 他の女性と楽しそうに話しているところを見たとき

ふとした瞬間に、彼氏が他の女性と楽しそうにしている姿を見てしまうことがあります。

本人からしたらただ話しているだけかもしれませんが、彼女にとっては大きな不安要素。

楽しそうにしていると嫉妬心が芽生えてしまい「私のことなんでどうでもいいのかも」と卑屈になってしまう傾向が。

また、少なからず「彼氏が取られてしまったらどうしよう」と考えるようになるので、どんどん不安が募っていきます。


不安な瞬間6. デート中にスマホばかりいじっているとき

常にスマホを気にしていたりする彼氏。

話かけてもスマホを見ているし、ご飯を食べた後もスマホに夢中。ひと時もスマホを離さない態度は、女性を不安にさせる行動です。

「誰かから連絡が来るの?」「私と話しているより、スマホを触っていたほうが楽しいの?」など、スマホばかり触る理由を考えてしまうから。

話かけてもスマホに夢中で「ごめん。聞いていなかった」と言われると、不安もイライラもマックスになってしまいます。


【参考記事】はこちら▽


不安な瞬間7. 「ごめん仕事が入った」などと何度もデートの予定をキャンセルされたとき

楽しみにしているデートが、何度もキャンセルになったり変更になったりすると「私と会いたくないの?」と感じるようになります。

仕事や急用など明確な理由がある場合ならまだしも「今日は疲れて動けない」「また今度でもいい?」と適当にあしらわれると不安に。

「無理をしても会いたいほどではないんだな」と悲しさと不安が押し寄せます。

とくに、出会ったころに比べてどんどん会う頻度が減っている場合は、不安を感じてしまいます。


不安な瞬間8. スキンシップを嫌がる素振りが見えたとき

大好きな彼氏からのスキンシップは、二人の愛を感じられる瞬間。

しかし、喧嘩をしていないのにも関わらず「今日はそういう気分じゃない」「そんなに触らないで」などと言われると、不安になる要素に。

明らかに疲れていたり機嫌が悪かったりする場合ならまだしも、これといった要因がないのに素っ気ない態度を取られると、不安に襲われます。

「他の女性がいるの?「私には冷めたの?」など、彼氏がそのような態度を取る理由を考えてしまいます。


【参考記事】はこちら▽


不安な瞬間9. 相手の浮気を疑ってしまったとき

できるなら彼氏のことを疑わないでいたいのですが、スマホでの他の女性とのやり取りや他の女性と会っているところを目撃してしまうと、浮気を疑わずにはいられません。

とくに、彼氏が他の女性と会っていることが分かってしまった場合には「どうしてそんなことするんだろう」「他の女性のことが好きなのかな」と不安になります。

また、二人の関係を維持したいため彼氏本人にはなかなか聞けない話題だからこそ、不安ばかりを抱えてしまいます。


【参考記事】はこちら▽


彼氏がいるのに不安になる原因や理由8つ

では、どうして彼氏がいるのは不安を抱えてしまうのでしょうか。そこには、彼氏側、彼女側それぞれに原因があるようです。

ここからは、不安になる原因をまとめてご紹介します。彼氏を信じたい女性、必見です!


不安になる彼女に原因がある場合

彼氏がいるのに不安になってしまうのは、彼女の気持ちや考え方に原因があるかもしれません。

そこでまずは、彼女に原因があるケースをまとめてみました。彼氏をしっかりと信じていますか?自分の考え方や行動をチェックしてみてくださいね。


1. 過去に彼氏に裏切られたなど、辛い経験がある

あなたがあまりにも、彼氏の態度や行動に一喜一憂していませんか?

以前に彼氏に裏切られた、浮気されたなどの辛い経験があると、ささいな変化にも敏感になります。

例えば、連絡が遅い場合や普段よりも冷たい態度を取られると「また裏切られたらどうしよう」「今度こそ別れることになるかもしれない」などと、過去の辛い経験と結び付けて考えてしまうことも。

その結果、不安ばかりが大きくなってしまいます。


【参考記事】はこちら▽


2. 基本的に暇な時間が多く、考えごとをしやすい

一人の時間を充実して過ごせず彼氏一色に染まってしまうのもよくありません。誰でも暇な時間を持て余してしまうと、あれこれ考えてしまうもの。

そのため、忙しかったら考えなくてもいいことや不要な心配までしてしまいます。

「今日は何しているんだろう」「連絡が遅いから浮気かな?」など、小さな不安を探してしまう傾向が。

それについて考えていくうちに、どんどん不安が膨らんでしまいます。


3. 彼氏のことが好き過ぎて、愛情のバランスが悪い

彼氏からの愛情とあなたからの愛情は、同じバランスで保たれていますか?

彼氏のことが大好き過ぎてしまうと、思考や生活が彼氏一色に染まってしまいます。

彼氏も彼女のことが大好きで同じように染まっていればいいのですが、そうでない場合が多いはず。

そうなると「私はこんなに大好きでいつもいろいろしてあげているのに」という不満が生まれがち。その不満が不安となり、彼女の心を支配してしまうのです。


【参考記事】はこちら▽


4. 自分に自信がなく、「彼氏と釣り合って無いんじゃないか?」と思ってしまう

憧れの彼氏や人気者の彼氏と付き合っている場合、彼女が自分自身に劣等感を感じていることがあります。

常に「私にはもったいない彼氏」「私には彼氏の隣にいる価値がない」という考えがあるため、小さなことでも不安に感じてしまう傾向が。

また、「他の女性ならもっと楽しそうにするのかな」などと、彼氏が他の女性と付き合った方が幸せなんじゃないかと考えてしまうことも。このように考え始めると、不安が消えることがありません。


不安にさせる彼氏に原因がある場合

これまで不安にさせる原因が彼女にあるケースを見てきましたが、もちろん彼氏側に原因があることもあります。

そこでここからは、彼女を不安にさせる原因が彼氏にあるケースをご紹介します。

ちょっとした気配りで、彼女の不安を解消できるのかもしれませんよ。


1. 彼氏に付き合っているという自覚が薄い

付き合っているという認識や自覚は人によって異なります。

彼氏によっては付き合っていても、他の女性と遊ぶことに抵抗を感じない人も。

また、彼女に連絡をする、彼女との約束を尊重するという習慣がない場合もあります。もともと、付き合うという自覚が薄いため、彼女への配慮が欠けてしまいがち。

その結果、知らず知らずのうちに彼女が不安に感じてしまう行動を多く起こしてしまいます。


【参考記事】はこちら▽


2. シャイで彼女に対する愛情表現が少ない

奥手な彼氏の場合は、上手に愛情表現ができないだけかもしれません。

本当は彼女のことが大好きなのですがそれを言葉にできなかったり、恥ずかしくて自分からスキンシップが取れなかったりします。

また、彼女からの愛情表現も恥ずかしくて素直に受け止められないことも。

「こういう性格なんだな」と理解できれば不安が緩和しますが、付き合いたての場合はどうしても不安を感じてしまいます。


【参考記事】はこちら▽


3. イケメンで誰にでも優しいためモテる

モテる彼氏と付き合っている場合、それだけも不安要素となることが。

どこに行っても人気者なので「他の女性に取られるんじゃないか」「他の女性から告白されているんじゃないか」という不安がつきません。

また、モテる男性は優しい性格をしていることが多いので男女問わずフランクに話せます。

そのため、他の女性と楽しそうにしている彼氏を見て嫉妬心を抱き、不安が募ってしまうケースも少なくありません。


4. 結婚など、2人の将来設計を曖昧にしている

長年付き合っているカップルが避けて通れないのがこれから先どうするのかといった話です。

彼氏に結婚や将来の話題を伝えると曖昧な態度を取られてしまうのも、彼女にとって不安要素となります。

とくに、女性にとって結婚はとても大切なもの。大好きな彼氏と結婚できるかどうかは、ついつい考えてしまいます。

だからこそ、曖昧に濁されると「そこまで真剣に考えていないんだな」と不安になることが多いです。


彼氏がいるのに不安になった時の対処法や、不安にならない8つの方法

彼氏や彼女、それぞれに不安にさせてしまう原因があります。

分かってはいるけれど不安になってしまう!というときは、これからご紹介する8つの対処法を試してみてください。きっと参考になる方法が見つかるはずです。


対処法1. 不満に思っていることを正直に伝える

不満や不安は自分の中で解決しようとすればするほど、上手く呑み込めずに膨らんでしまいます。

これは、不安や不満に対して納得できる理由がないから。

そのため、一度彼氏に不安や不満をしっかりと伝えることも有効な対処法です。

「自分が我慢すれば長続きする」という考えでは、いつか痺れを切らしてしまうはず。

長く付き合っていきたいからこそ、「ここが心配」「ここが不満」などと正直に伝えてみましょう。


【参考記事】はこちら▽


対処法2. 「何が不安なのか?」紙に書き出して、理解をする

いろいろ考え過ぎているうちにどんどん不安が膨らみ、ありもしないことを不安に感じいるだけかもしれません。

それを解消するために、まずは不安に思っていることを具体的に書き出しましょう。

「1日経っても返信が来ない」「なかなか会えない」など些細なことでも構いません。

紙に書き出してみると、何か問題点でどのようなことに不安を感じているのか分かります。

彼氏に相談することで解決できる問題があれば、一度話してみるのも一つの手段です。


対処法3. 元彼と照らし合わせたりして、トラウマにとらわれない

女性に多いのが、今までの恋愛経験と照らし合わせて不安要素を見つけ出してしまうタイプです。

元彼にされて嫌だったことや不安に感じたことを蒸し返して「今回はこのケースに当てはまるかも」と繋ぎ合わようとします。

その結果、起きてもいないことに不信感や不安を抱え、彼氏のことを信じ切ることができません。

彼が変わればもちろん行動や考え方も異なります。過去のトラウマには囚われないように心がけましょう。


対処法4. 女性から積極的な愛情表現をする

彼からのスキンシップや愛情表現ばかりを求めていませんか?

いつも受け身で彼氏からしてもらうことを待っているだけでは、愛情は一方通行。

彼氏も、本当は彼女からの愛情表現を待っているのかもしれません。

そのため、女性からも愛のこもった言葉やスキンシップを積極的に行うのも一つの方法です。

どうしても恥ずかしいと思う場合は、手紙などで気持ちを伝えてみましょう。彼氏の態度もきっと変わるはず。


【参考記事】はこちら▽


対処法5. 彼氏を信じるスタンスを貫く

不安に感じてしまうのは、信用や信頼が揺らいでいるから。

大好きな彼氏のことを信じ切ってあげることも大切ではないでしょうか。

少し不安な部分があっても「彼氏を信じる決めた」「何があっても彼氏のことを信じる」と思うだけでも、気持ちが軽くなります。

また、彼女から信頼されていると感じると、傷つけるようなことはできないなと思う男性も多いよう。

何もかも不安に思う前に、彼氏のことを信じ切れているかどうかもう一度自分に問いかけてみましょう。


対処法6. 話し合う場を設け、彼氏の生活リズムや価値観を改めて教えてもらう

それぞれ違う環境で育ち、ライフスタイルや価値観も異なります。

それを全部合わせることは至難の業ですし、お互いのストレスにもなるはず。

そこで少しでも不安要素をなくすために、一度お互いの価値観やライフスタイルについて話し合う場を設けてみるのもおすすめです。

「この日は連絡が取れない」「マメに連絡をするのは苦手」など予め伝えるようにすると、安心できる要素になります。

とくに、付き合いたての場合は価値観を確認し合うことでより理解が深まります。


対処法7. 自分に自信を持てるように、ダイエットに取り組んだり、ファッションを見直す

「大好きな彼氏が他の女性に取られたらどうしよう」という不安が強い場合は、自分に自信が持ててない場合が多いです。

自分に自信があれば、取られてしまうという不安を感じなくなります。

そこで、自分に自信が持てるように自分磨きをするのも一つの方法です。

ダイエットやイメチェンなど、理想の自分に近づく努力をしてみましょう。どんどんきれいになっていく彼女に、彼氏も釘付けとなるはずです。


【参考記事】はこちら▽


対処法8. ネガティブな考え方や発言をポジティブなモノに変える

自分の中で不安を膨らませてしまうのは、ネガティブな考え方をしているから。

「もし、彼氏が他の女性と遊んでいたらどうしよう」「もし、私のことが嫌いになったらどうしよう」と、起こってもいないことをクヨクヨと考えてしまいます。

これでは、不安をかき消すことはできません。いっそのことポジティブな考え方に変えて「彼氏には私しかいない」くらいに思っておいた方が気が楽です。


【参考記事】はこちら▽


逆効果!不安を抱いてもやってはいけない5つのこと

ここまで、不安を和らげる方法をご紹介してきました。

最後にいくら不安を抱えているからといって、やってはいけない5つのことをまとめてご紹介します。

どんなに不安に感じてもこのような行動には出ないように、注意しましょう。


1. 彼氏に対して感情的になって怒る

不安や不満を抱え切れずに、感情的になることはやめましょう。

「どうして返信が遅いの?」「なんでなかなか遊べないの?」と感情的に怒ったところで、彼氏の態度は変わりません。

それどころか、「信頼されていないんだな」「分かってくれていないんだな」とお互いの信頼関係が崩れてしまう可能性も。

感情的になる前に、まずは冷静になって話し合うこと。彼氏にもそのような行動にでる理由があるはずです。


2. 心を閉ざして、相手の話を聞き入れない

思い込みが激しく、自分の中で不安になるよう気持ちを膨らませていませんか?

その不安に対して彼氏は、しっかりと説明してくれているのかもしれません。

「今週は連絡が取れない」「あのような態度を取るのにはこんな思いがあるから」など説明してくれている場合、しっかりとそれを聞き入れていますか?

心を閉ざしていては、伝わるものも伝わりません。彼氏の話にも、しっかりと耳を傾けましょう。


3. 彼氏を詮索し、疑うこと

「会えない時間は他の女性と遊んでいるのかもしれない」「他にも彼女がいるのかもしれない」などと、疑い出せばきりがありません。

その勝手な気持ちを相手にぶつけて「昨日はどこにいたの?」「今日は誰と遊ぶの?」などといちいち模索されては、疲れてしまいます。

好きになった人に疑われるのは悲しいことですよね。

彼氏のことが好きならしっかりと信じてあげて、無下に疑わないことも大切です。


4. ネガティブな発言をすること

事あるごとに別れを伝える発言や「嫌い」「付き合えない」などと言ったネガティブな発言をすると、彼氏もうんざりしてしまいます。

初めのうちは謝ってくれるかもしれませんが、そのうち「またか」「本当に別れたいんじゃないか」と思うように。

また、ネガティブな発言が多いとそれだけでも疲れてしまいます。

彼氏とこれから先も良好な関係を築きたいなら、簡単に別れや嫌いなどと言った言葉を口にしないようにしましょう。


5. 結婚を急かすような発言をすること

「いつ結婚してくれるの?」「しっかりと結婚について考えているの?」などの発音も、彼氏を困らせてしまいます。

真剣に結婚を考えている場合でも、仕事でのタイミングや時期、そして資金などさまざまな問題が絡んできます。

だからこそ、簡単に「結婚する」なんて言えないことを男性は分かっているのです。

もちろん、結婚を全く考えていない男性もいるでしょうが、彼氏のことを大切に思うなら時間をかけて待ってみましょう。


6. 一方的に別れ話を切り出す

一時的な感情や思いつきで、別れを切り出すのもNGです。

本当に別れたい場合ならまだしも、不安が募りその勢いだけで言っていい言葉ではありません。

彼氏も驚くと思いますが、万が一「分かった」などと受け入れられてしまったら、それで二人の関係はお終いとなります。

不安や不満がある場合でも一方的な行動には出ないで、まずは彼氏と二人で分かり合えるように話し合いをするようにしましょう。


彼氏に感じる不安な気持ちは、早めに対処しておきましょう。

今回は、彼氏に不安を感じる原因や対処法、そして不安を感じたときにしてはいけないことをまとめてご紹介しました。

大好きな彼氏だからこそ、不安を感じてしまうのは仕方ありません。だからといって、それを押し付けるのはNG!

彼氏のことをしっかりと信じて、二人で良好な関係を築けるようサポートすることも大切です。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事