会話が続かないカップル必見!長続きする彼氏彼女の盛り上がる話題とは

「大好きな恋人と付き合ってから、会話が続かない」と悩んでいる男女へ。今回は、会話が続かないカップルの特徴から、恋人同士の会話が続かない時に役立つ話題を大特集!また、会話を盛り上げるための対処法もお教えします。大好きな彼氏・彼女と関係が長続きするように、早めに対策をしていきましょう。

会話が続かないカップルっていますよね。

長続きする恋人の盛り上がる話題まとめ

面白い話をしているはずなのに、イマイチ盛り上がることがない。相手も楽しそうにしている様子が見えず、会話が弾まないなと困ったことはありませんか。

実は、会話が続かないカップルには特徴があります。そこで今回は会話が続かないカップルの特徴と長続きしているカップルの会話について紹介します。

実際に試してみることで、会話が弾むようになるきっかけを見つけられるはずですよ!


会話があまり弾まないカップルの特徴とは

面白い話をしているはずなのに、会話が弾まないと悩んでいるカップルもいるでしょう。

会話が続かなければ、一緒にいても楽しくないと感じてしまうことも。会話が続かないカップルには一体どのような特徴があるのでしょうか。


特徴1. まだ付き合って日が浅く、お互いに探っている

長続きする内容のネタを持っていないのは、お互いのことを十分に理解していないからです。

盛り上がる話をしようとしてもイマイチ噛み合わなかったり、会話のテンポが微妙に違ったりと何だかしっくりとこないことも。

彼氏、彼女の関係なのに、まだお互いが完全には打ち解けられておらず、探り探りに会話をしていることが原因でしょう。

【参考記事】はこちら▽


特徴2. 「絶対に盛り上がる話をしないと」と、思いこんでいる

付き合いが始まったばかりで、まだお互いのことを深く知らない時「何とか場を盛り上げなければ」と力が入ってしまい空回りすることも。

話が弾む内容ばかりを話そうと意識しすぎてしまうのです。そんなに盛り上がる話もたくさんあるわけではないので会話に困ってしまい、思うように話せないと感じてしまいます。

「楽しい話をしなければいけない」と自分で勝手に思い込んでしまい、結局、会話が続かないということに繋がります。


特徴3. 相手の話を聞かず、自分の話ばかりしている

相手が、「ずっと聞き役だけど、もう話の内容に飽きた」と感じていることも。一方的に話しているので、相手は相槌を打つだけになり会話がつまらなく感じてしまうのです。

長続きするカップルであれば、彼氏や彼女の顔を見ながら話せば「飽きているな」と表情を見れば分かるのですが、付き合いたてだと相手の表情に意識が行かず、話すことに集中してしまうので会話が続かなくなるのです。


特徴4. 聞き手側のリアクションが薄い

自分では最高に盛り上がる内容を話しているはずなのに、相手が「そうなんだ」といったそっけない反応であれば、話している側は「楽しくなかったのかな?」と感じてしまうことも。

あまりにも反応がなければ、話している方も「つまらないと思われているなら話すのを辞めよう」と考えてしまい、会話がぎこちなくなって続かなくなるのです。


特徴5. 言われたことに対して否定から入ってしまう

「◯◯に挑戦してみようと思う」と相談しても「辞めたほうが良いよ。上手くいった試しないよ」と言われてしまえば、一度なら意見として受け入れることができます。

しかし、毎回会話の内容にマイナスの意見が入ってしまうとやる気が奪われてしまいます。

次第に前向きなことを発言しなくなり、気がついた時には相手からあまり話さないようになってしまうのです。


特徴6. ネガティブな発言が数多く見受けられる

「毎日疲れる」「◯◯さんのことがムカつく」「辛い」といったマイナスな内容は聞いている方もしんどいです。

そのことに気づかず話し続けていると、相手も次第に会話をすることに疲れて話すことを止めてしまいます。

ネガティブな発言をする人は、万が一、彼氏や彼女から注意を受けたとしても、その場では改善しますが、時間が経ってからもまた同じことを繰り返す傾向があります。

【参考記事】はこちら▽


特徴7. どちらか片方が無理をして合わせている

話の内容が面白くないと感じているのに、嫌われたくないと思い相手に話のペースを合わせていることがあります。

例えば、彼氏がサッカーが大好きでも、彼女はあまり興味がなく「何が楽しいのかわからない」と感じていることも。

最初は、笑顔で聞いてくれますが、次第に会話が面白くなくなり、相槌を打つだけになるのです。会話が弾まないなと思ったら、相手が無理をしている可能性があります。


いつも会話が長続きするカップルの特徴

ほのぼのしているカップルでいつも楽しそうに見えるのには、一体どんな秘密があるのでしょうか。この章では、会話が長続きするカップルについての特徴を紹介します。

参考にできる部分が多いので、ぜひ取り入れてみましょう。


1. 自分の意見をハッキリと伝えている

会話が長続きするカップルの特徴には、相手の意見ばかりに流されていない点があります。

一方的な会話ではなく、二人で意見を言い合うというスタイルが出来ているので、何か困ったことや相談事があってもお互いに意見を伝えています。

会話を長続きさせるには、相手の本音を知ることが大切です。そのためにはまずは自分が主張したいことを伝える必要があります。


2. 相手の好きな話題を把握している

面白い番組や盛り上がるネタを事前にリサーチしておけば、急な沈黙になっても会話が続かないといったことが起こりません。

例えば、お笑い芸人が好きな相手であれば「この間◯◯って人が出てた番組面白かったよね」と会話のきっかけになります。

カップルであれば、ある程度相手の好みも理解しているので、会話に困ることがないのです。


3. 自分と相手の違いをしっかりと受け入れている

会話が長続きするカップルは衝突しながらもお互いの考え方を尊重します。それは、自分の考えが1番正しいとは考えていないからです。

自分の考えは一つの意見であって、様々な意見があることを初めから理解しているのでケンカになることはありません。

お互い考え方が柔軟なので、寛容に受け入れることで会話が長続きするのです。

【参考記事】はこちら▽


4. 相手の話にきちんと耳を傾けている

会話の続くカップルは、自分だけの話を一方的にすることはありません。自分の話をしたとしても「あなたはどう思う?」「今日は何があった?」といった話を必ず相手に振るようにしています。

相手に話を振ることで「今日は◯◯があった」と話し始め、話題が少しずつ広がっていくのです。


5. お互いに日頃から笑顔で話すのを心がけている

仕事で嫌なことがあってもムスッとした顔で帰ってくれば、イライラとした雰囲気は相手に伝わります。会話が続くカップルは相手にイライラを伝染させてもケンカに発展してしまうだけと理解しているのです。

笑顔でいることで、その場の雰囲気が柔らかくなり、くだらない話でも思わず話したくなります。

そのため、仕事で嫌なことがあっても気分をリフレッシュして帰ったり、気分転換にお酒を飲んだりとなるべく相手といる時は笑顔でいることを意識しています。


6. 普段から恋人への感謝を口に出して伝えている

会話が長続きするカップルはお互いに「ありがとう」という言葉を言うように普段から意識しています。その理由は、言葉に出すことで会話のきっかけにもなるからです。

例えば、送り迎えをしてくれたら「ありがとう」と一言伝えるだけで相手は嬉しいものです。

言葉に出さなければ「当たり前だと思っている?」と相手が感じてしまうことを知っているので、普段から当たり前のように感謝の言葉を伝えるのです。


7. 耳が痛くても言うことはハッキリと述べている

誰にだって指摘されると嫌だなと思う部分はあります。例えば、一緒に暮らしている相手に「いつもゴミ捨てを忘れる」「食器が洗わずにそのままになっている」といったことです。

直して欲しいことは相手を刺激しない程度に伝えます。改善が出来ないのであれば何が悪いのかを二人で意見を出し合いながら話すことで会話が続くようになります。


恋人と話すのに最適な話題やネタとは?

面白いネタがない、盛り上がる会話がないと頭を悩ませていませんか。彼氏や彼女に対して、無理に盛り上がることを話そうとすれば空回りすることも。そこでこの章では、会話の内容に困った時に使えるネタを紹介します。


話題1. 一緒にやりたいことを話してみる

二人が共通して楽しいと思うことを探してみると、会話が続かないといった悩みになることはありません。

例えば、体を動かすことが二人とも好きなら、テニスやバドミントン、ランニングといった楽しみながらできる趣味を見つけるのもおすすめ。

共通の話題を増やすことで、話すことが多くなり、会話の内容に困ることもありません。


話題2. 相手の趣味や好きな事について聞いてみる

会話が長続きするネタがないと思うのであれば、相手が今気になっていることは何か探ってみるのがおすすめです。その理由は、好きなことを知ることで相手をもっと深く理解できるからです。会話が続かない原因は自分の話をしようとすれば、「何を話そう?」と考えてしまって会話のネタにも困ります。

しかし、相手の興味があることを聞けば共通の趣味があったり、今ハマっていることを知ったりできます。無理に盛り上がるネタを探すのではなく、何気ないことを聞くだけでもいいのです。


話題3. 今までの思い出について語る

自分が学生時代に体験して面白いと思ったことや、こんな友達がいたというような過去の話をすることで、彼氏や彼女のことを今まで以上にもっと深く知ることができます。

会話のネタとして盛り上がるには、当時のアルバムや写真があると説明もしやすく、相手に雰囲気も伝わりやすくなるのでおすすめです。

お互いのことを昔話をすることで、意外な一面を知ることができて盛り上がりますよ。


話題4. 最近の出来事について話す

些細な話題でもいいので、気になっていることや悩み事などを話してみるのがおすすめです。会話のきっかけにもなりますし、いつも一緒にいても意外と相手の考えていることは話を聞いてみないとわからないものです。

「今は仕事でこんなプロジェクトに取り組んでいる」ということを話せば、何となくしか知らなかった相手の仕事を理解するきっかけにもなりますよ。


話題5. 仕事に関する話をする

身近に起きたことは話しやすいですが、仕事となると相手は具体的にどんな内容の仕事をしているのかわからないということも。

例えば、彼女が営業職でどんなことを任されているのか、どんなメンバーで働いているのかといったことは知らないことがあるでしょう。

お互いの仕事の話をすれば、対人関係の悩みや仕事の取り組み方について会話のきっかけになりますよ。


話題6. 将来の夢や人生設計について話す

彼氏や彼女との会話が続かずに悩んでいるのであれば、自分がこの先どうしていきたいのかを話してみるのもおすすめです。

例えば「将来は海外で働きたい」「子供は◯人欲しい」など具体的にすることで、相手も将来はどう考えているのかを知ることができますよ。

将来について話す機会は意外と少ないので、会話が弾まないと考えるなら将来のことについて話してみるのもいいでしょう。


話題7. お互いの家族に関する話題を話してみる

自分たちの話をすることはあっても、両親や兄弟のことを詳しく相手には話す機会は多くありません。会話が続かないと困っているのであれば、両親の話をしてみたり、兄弟に関する内容を話すのがおすすめです。

まだ両親や兄弟に会っていないのであれば事前に情報を知っておくことで、いざ顔合わせになった時でも会話に困ることがありませんよ。


恋人との会話を盛り上げるポイント

面白いネタを話してはいるはずなのに、プツプツと会話が途切れてしまうということはありませんか?

一瞬は盛り上がるけど長続きしないという場合は、話し方や態度が原因になっているかもしれません。

そこでここからは、会話をもっと盛り上げて長続きさせるポイントを紹介します。


会話のコツ1. 話を聞く時はリアクションを大きくする

会話を盛り上げるためには、手を叩いて笑ったり、驚いたりといった表情や行動をすることが大切です。相手からの反応があるだけで話している方としては、気分が盛り上がり、どんどん面白い話をしてくれるようになります。

会話がいまいち弾まないと悩んでいるカップルはもしかすると、話を聞いているという姿勢が相手に伝わっていないのかもしれませんよ。


会話のコツ2. 相手が話している最中に話を遮ったりしない

会話が楽しいとついつい自分の意見を言いたくなりますが、そこはグッと我慢しましょう。相手も同じように楽しく会話をしているので、楽しい気持ちのまま話を続けさせることが会話を続けるポイントです。

話が一通り終わったところで「あれはどうゆう意味だったの?」と相手に聞き返すことで、そこからまた会話が広がっていきますよ。


会話のコツ3. 共通の趣味を持つ

スポーツや映画鑑賞、キャンプなど、どちらかが興味のあることにカップルで行けば自然と会話が広がります。

最初は乗り気ではないこともありますが、体験してみなければ楽しいかつまらないかも判断できません。まずは、一緒に行ってみて体験してみましょう。

二人とも楽しければ、そのままイベントに参加したり、自分たちで行動してみたりと会話のネタが多くなりますよ。


会話のコツ4. 相手の好きな話題を把握して振ってあげる

会話が続かないと困っているのは、自分の話をしようと考えているからです。まずは相手のことを理解し何に興味があるのか、どんなことが好きなのかを会話の中から聞き出して、覚えておきましょう。

例えば、ゲームが好きな彼氏であれば「◯◯っていうシリーズの新作がでるよね。あれどの部分が面白いの?」と聞くことで、彼氏はゲームの内容について話してくれます。

自分のことを話そうとすると話題がなく困ることもありますが、相手のことを話せば会話が少ないと困ることはありません。


会話のコツ5. 日頃からコミュニケーションは積極的に取るようにする

普段から会話が少ないと悩んでいるなら、自分から会話をすることが大切です。仕事をしていれば、毎日会うことは難しいのでそんな時に役立つのがLINE。

何気ない会話をスタンプで送ることや「今日は◯◯があって疲れた〜」と些細なことを報告してこまめに連絡を取りましょう。

会わない期間が長く続くと何を話していいか分からなくなりますが、LINEでやり取りをしていれば会話のネタに困らなくて済みますよ。

【参考記事】はこちら▽


合わせてチェックしたい!長続きするカップルの秘訣とは

ほのぼのとしているのに強い絆が分かるカップルは憧れますよね。長続きしているカップルは一体どんな会話や行動をして今のような関係を築いてきたのでしょうか。

そこでこの章では、長続きするカップルの秘訣について紹介します。


秘訣1. 相手を心から信頼している

いつも楽しそうに会話をしているカップルは、お互いを必要とし、恋人でありながら親友のような関係です。

なんでも話すことができ、ときに真剣に本音で話し合うことをしているので、お互いに嘘を付くことはありません。

会う頻度は少なくても、連絡は毎日取り合っていることも。毎日会うのが重要ではなく、お互いにそれぞれの時間を尊重し大切にしているのです。


秘訣2. 会えなくてもLINEで連絡をとるようする

長続きするカップルは、こまめに連絡することを心がけています。でも、相手に送るメッセージは意外とあっさりとして、LINEのスタンプをポンと送るだけのことも。

その理由は、長文で送ると読む方も返信を考えるのが大変ですし、毎回LINEを送ることが負担に感じてしまいます。

そのため、朝起きたときにスタンプを送るといった程度であればメッセージを送る頻度が高くてもお互いに負担に感じることがありませんよ。


秘訣3. お互いの異なる部分を認める

意見や考え方が違うのは当然と考えているので、意見が合わなくても話し合いで解決しようとします。会話をしていくと「こんな考え方もあるのか」と自分の考えがいかに凝り固まっていたのかを知ることも。

長続きしているカップルは、お互いの意見を尊重することを自然と行っているので「そんな考え方もある」と否定せずに認め合います。


秘訣4. 日頃から起きた出来事を報告する

長く続くカップルは会話が多いことはもちろん、連絡の頻度もマメにおこないます。

周りの人からすればくらだらない話でも「今日食べたお昼が美味しかった」と写真をLINEで送れば「じゃあ今度は二人で行こう」という風な自然な流れでデートの約束もできます。

会話も少ない、弾まないと悩んでいるのであれば、まずは些細なことをお互いに話し合うのがおすすめです。


秘訣5. 感謝や好意の気持ちはきちんと相手へ伝えてあげる

長続きしているカップルは自然と相手にお礼をしたり、感謝の言葉を伝えたりしています。

「言わなくても相手は分かっているだろう」といったことは考えません。どんなに付き合いが長くても言葉にして相手に伝えるように心がけています。

それは、気持ちを言葉で表さなければ相手に自分の気持ちを伝えることができないと知っているからです。

会話が普段から少ないと感じているのであれば、最初はお礼の言葉を伝えることから初めてみるといいですよ。

【参考記事】はこちら▽


会話が長続きしないカップルは、対策次第で長続きするカップルになれますよ。

会話が長続きしないと悩んでいるのは、まだお互いの関係が築けていないからです。

お互いが相手を思いやる気持ちを見せることで自然と会話は広がっていきます。無理に盛り上げようとする必要はなく、相手の話に耳を傾けていることが伝われば会話は長続きするようになりますよ。

会話が長続きするカップルは、自然とお付き合いも長く続くようになります。まずは自分が出来ることから少しずつ始めてみましょう。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事