彼氏が好きすぎて辛い時はどうする?片思いで好きすぎるときの対処法も紹介

大好きな彼氏に対して好きすぎて辛いと思ったり、片思い中で好きすぎて辛くなる瞬間ってありますよね。そもそも好きすぎて辛くなるのは、どんな女性心理が働いているのでしょうか。今回は、相手の男性を好きすぎて辛いと感じる瞬間や、好きすぎる時の対処法を徹底レクチャーしていきます。

「好きすぎて辛い…」時の気持ちを完全解剖

彼氏が好きすぎて辛い時の対処法

片思いでは好きな人に対して「好きすぎて辛い」という感情が湧きますが、両思いであっても同じような感情にとらわれる瞬間がありますよね。

なぜ好き合っているのに「好きすぎて辛い」と感じてしまうのでしょうか。

恋愛感情には計り知れない奥深いものがあるからに違いありません。だから古今東西の小説やドラマでは恋愛がテーマになり続けているのです。

そこで今回は「好きすぎて辛い」と感じる女性感情について取り上げてみましょう。


【男女別】彼氏や彼女が好きすぎて辛いと感じる瞬間は?

彼氏や彼女が好きすぎて辛い瞬間

好きすぎて辛いと思うのは女性だけでなく男性も同じです。では、女性と男性ではどのような恋愛感情の違いがあるのでしょうか。

女性と男性それぞれの感情を説明していきますので、今後の恋愛成就に役立ててくださいね。


女性が彼氏を好きすぎて辛いと感じる5つの瞬間

なぜ、女性は彼氏を好きすぎて辛いと感じるのでしょうか。この辛さは本人にとっては苦しいものですが、そこまでの恋愛経験がない女性からすれば羨ましいはず。

ここでは少しでも恋愛に前向きになれるように、好きすぎて辛い女性の深層心理について考えてみますね。


瞬間1. 返事が来ないだけで、事故に巻き込まれんじゃないかと過度に心配してしまう時

彼氏とお付き合いしているとき、急に連絡が途絶えたらどう思いますか?それほど好きでもない彼氏なら、気になりませんよね。

とっても好きな彼氏だったら、1日メールが来なくても心配でたまらなくなります。

メールの返事が来ないだけで事故に巻き込まれたんじゃないか、別れたいんじゃないかと心配するのは、それだけ彼氏を失いたくないという強い思いがあるから。

彼氏に対するピュアな愛情があるから心配し、不安になるのです。

【参考記事】はこちら▽


瞬間2. 彼氏に素っ気ない態度を取られると、「別れたいのかな」と勘ぐってしまう時

彼氏が素っ気ない態度をとると別れたいのかと辛い

好きでもない相手に素っ気ない態度を取られても、それほど気になりませんよね。

好きな彼氏に素っ気ない態度を取られると、なぜ「別れたいのかな」と勘ぐってしまうのでしょうか?

恋をすると心の中ではいつも彼氏のことばかり考えてしまいます。

だから、ちょっとしたことが素っ気ない態度に思えてしまうのでしょう。彼氏に別れるつもりはないのかもしれませんよ。

「別れたいのかな」と勘ぐってしまうのは愛情が深い証拠です。ただでさえ人間の感情は複雑な迷路のようなものですから、奥深い恋愛感情はなおのことでしょう。

【参考記事】はこちら▽


瞬間3. ふいに自分ばかり彼氏を好きなんじゃないかいと不安になる時

恋は盲目という言葉があります。恋をすると相手のことしか見えなくなり、他のことは考えられなくなってしまうという意味です。

彼氏のことをあまりに好きになってしまうと、かえって不安になってしまうのが女性心理。

特に遠距離恋愛の場合は彼氏に他に好きな女性がいるのかもしれないと、不安と疑念が心に生まれます。

人間はあまりに幸せだと、ふと不幸せが怖く感じるもの。それと同じであまりに彼氏を好きになると、自分だけが好きなのかもしれないと思ってしまうんですね。


瞬間4. 彼氏のワガママや要望を聞くだけで、自分ばかり尽くしていると感じた時

彼氏のわがままを聞いてばかりで辛い

既婚や同棲にかかわらず、彼氏よりも自分ばかり尽くしていると感じることがありますよね。それは彼氏の愛がもっと欲しいという自然の欲求なので、誰でも思うことです。

恋愛には求める愛と与える愛があると言われますが、実は別々のものではなくて表裏一体です。

彼氏のワガママや要望を聞いてあげるのは愛を与えていること。だからあなたも彼に愛を求めて良いのです。

自分ばかり尽くしていると感じた時は、自分の感情に従って素直に彼に愛を求めてみましょう。


瞬間5. 浮気をされても泣くだけで嫌いになれずに、つい許してしまう時

同棲している彼氏に浮気をされたら誰でも怒ります。

この時点で彼氏との同棲関係を終わらせてしまったり、反対にもっと離れがたくなることも。

女性は好きな彼氏が浮気したり、ひどい仕打ちを受けると逆に惹かれてしまう不思議な心理が働きます。

それは出来の良い子供よりダメな子供をより愛しく思う母心に似ています。

彼氏を立ち直らせるのは自分しかいないと思い込み、浮気をされてもつい同棲を許してしまうのです。これも好きすぎて辛い恋の1つですね。


男性が彼女を好きすぎて辛いと感じる5つの瞬間

女性と同じように、男性にも好きすぎて辛く重い気持ちになることがあります。辛さにおいては同じですが、男性心理は女性心理とは違う側面が。

男性が彼女のことを好きすぎて不安で重い気持ちになるのは、嫉妬の感情が大きく影響します。

彼女を独り占めしたいという思いが強すぎると、嫉妬の感情が生まれて辛くなるわけですね。

女性心理との違いを探ることによって、男性の恋愛感がより深まりますよ。男性が好きすぎて辛くなる状況を説明しますので参考にしてくださいね。


瞬間1. 彼女が男友達と会うと言われた時、浮気していないか不安になる時

ほとんどの男性が嫉妬深いという事実を女性は知っておく必要があります。

しかし、嫉妬深いのはみっともないことだという考えが男性にはあるので、認めようとはしません。

彼女が男友達と会うと言われた時、ほとんどの男性が抱く感情は嫉妬です。

嫉妬心があるから、男友達と浮気するのではないかなどとあらぬ疑いを持ち、不安にさいなまれることに。

男性自身は嫉妬していることを認めたくないので、余計に辛くなるわけですね。

ある面では男性の方がナイーブなので、女性は嫉妬心を起こさせないように気をつけた方が良いでしょう。

【参考記事】はこちら▽


瞬間2. 彼女のワガママや要望を聞きすぎて、ふいに我に返った時

彼女のわがままを聞いてばかりで辛い

男性は女性の前では心の広いところを見せようとします。

彼女のワガママや要望を受け入れることで、大きな男だと思わせたい心理が働くのです。

ところが彼女の言うがままになっていると、心を広く見せることに限界を感じることが。その時、ふと自分をみじめに思ったりするのが男性です。

それまで心を広く見せようとしていた分、辛さに耐えられなくなって恋を終わらせてしまうことも。

女性より男性の方が痛みに弱いと良いますよね。恋愛感情でも同じで、あまりに辛いと恋から逃げ出してしまうのが男性なのです。


瞬間3. 彼女から他の男性の話をされた際、露骨にテンションが落ちてしまう時

男性は本当の気持ちを素直に表せないことが多々あります。

本当は好きなのに嫌いなふりをしたり、会いたいのに会えないと言ったり。なぜそんな態度を取るかというと、自分のプライドを守りたいからです。

だから、好きな彼女が男友達のことを話したりすると表面上はふんふんと聞いているようでも、内心は腹立たしいのです。それを表に出さないのはプライドがあるから。

でも我慢は長続きしませんから、露骨にテンションが落ちて重い気分になってしまうことも。男性心理は単純で、好きになった彼女には自分だけを見ていてほしいのです。


瞬間4. デート代やプレゼントなど、気がつくと彼女へ相当貢いでいた時

付き合い始めの頃はデート代を払ったりプレゼントを贈るのは男性の喜び。

ところがかなり貢いでいることに気づいて不安になるのは、それに見合うだけの愛情を彼女から贈られていないと感じるからです。

男性心理は女性が想像するよりナイーブで繊細です。デートのたびに男性が支払ってくれることに甘えてしまうと、男性の不安を募らせることになりかねません。

たまには女性が手作り料理を振る舞ったりプレゼントを贈ると、それだけで彼氏の不安は解消されます。


瞬間5. 彼女とずっと一緒にいる確証が欲しいがために、結婚を焦っていると自覚した時

男性の心理は複雑な反面、単純なところもあります。

例えば自分が好きになった女性は、誰よりも美しいと思い込むことはよくあること。

自分が好きになるほどだから、他の男性も目をつけるはずと勝手に想像を膨らませます。そうなると彼女を奪われまいとして、結婚を急ぐことに。

トントン拍子で婚約へ進めば良いですが、女性にも事情があるでしょう。そんな時、男性はふと自分の焦りを感じて辛く落ち込むのです。


【男女共通】いくら好きすぎても注意したいこと

いくら好きでも注意したいこと

男性でも女性でも、恋愛に夢中になると周りが見えなくなって常識外れのことをしてしまうことがありますね。

いくら好きだからこその行為だといっても、それが原因で恋が叶わないことも。

ここでは、好きすぎるがゆえについやってしまうことについて説明しますので、恋を上手に育てるための参考にしてください。


注意点1. 返事が来ないとレスが来るまでLINEを連投したり、電話をかけたりする

遠距離恋愛の場合に電話やLINEの返事が来ないと不安になって、相手のことを考える余裕がなくなります。

何ども電話したりレスが来るまでLINEしたりするのは、恋は盲目状態に陥っているからです。

相手を愛している証拠ですが、冷静に考えれば相手にも何か事情があるのかもしれないと思えるはず

あまりに相手のことばかり考えすぎると、レスが来ないだけでイライラして自分で自分を苦しめることになります。

特に遠距離恋愛の場合はもっと相手のことを信じれば余裕を持って返事を待つことができますよ。

【参考記事】はこちら▽


注意点2. 異性がいる飲み会や遊びに行くのを制限しようとする

恋愛の正体は独占欲です。好きになればなるほど、相手を独り占めしたくなるのが究極の恋愛。

だから彼氏や彼女が他の異性の話をすると不機嫌になり、異性がいる飲み会に参加したり、遊びに行ったりするのは許せないのです。

異性との出会いを制限するのは、愛する彼氏や彼女を独占したいから。あまりに制限が厳しすぎると、息苦しくなって恋が叶わないこともあるので要注意

【参考記事】はこちら▽


注意点3. 自分ばかり好きなんじゃないかとヒステリックになり、相手に「好き?」としつこく聞く

自分ばかりが好きじゃないかと何度も相手に好きか聞く

男性でも女性でもしつこくされると嫌気が差しますね。恋愛感情とは非常に不安定なもので、その時々の状況によって不安に揺れ動くもの。

不安に取り憑かれると、相手が本当に自分を愛してくれているのか確かめたくなります。聞いてはいけないと思いつつ、「好き?」と何度も確かめてしまうことに。

特に自分に自信がないとやってしまう行為です。いつもは冷静な人がこれをやると、相手に失望感を与えてしまう恐れがありますよ。


注意点4. 好きすぎて相手の都合も考えずに、毎日のように「会いたい」と言ってしまう

美味しいご馳走はたまに食べるから美味しいと感じるのです。

毎日のようにご馳走を食べていたら、それが普通になって特に美味しいと感じなくなるもの。

恋愛も同じで、いつも「好きだよ」と言い続けていると、それが普通になって感動や喜びが薄れます

「会いたい」という言葉はもっと気をつける必要が。

というのも「会いたい」という言葉には、相手の都合を考えない一方的な意味が含まれているのです。

毎日のように「会いたい」という恋心はわかりますが、言われる方の身になることが大事でしょう。


注意点5. 恋人に対して異性の連絡先を全て削除してとお願いする

恋愛は究極の独占欲と説明しましたが、その極端な例が恋人に対して異性の連絡先を全て削除してほしいという要望でしょう。

異性のいる飲み会に行ったりするのを嫌がるのはまだ理解できます。

アドレス帳に異性の名前や連絡先が載っていること自体が許せなくなるのは、まさに究極の独占欲といえますね。

ここまで要求すると、恋愛は破綻の寸前まできていると思って良いでしょう。例え相手が連絡先を全て消去したとしても、その時の心の傷は癒えません。

【参考記事】はこちら▽


注意点6. 恋人を過度に束縛したり、干渉したりしていまう

いくら好きでも注意したいことは束縛したり干渉する

既婚であっても相手を好きすぎると、いつも自分のそばにいてくれないと不安になります。だから束縛や干渉したくなるのです。

たまにあることならいじらしい愛情を感じますが、束縛や干渉が過度になると不自由を感じて既婚を解消したくなることもあるでしょう。

特に男性は束縛を嫌う傾向があるので、女性は要注意。

難しいことですが、相手の自由を認めながら恋愛関係を保つように努力すること。そのためにはお互いを信頼することが大事です。

【参考記事】はこちら▽


注意点7. 出先や相手の友だちの前、職場など場所を考えずベタベタしてしまう

若い恋人同士によくあるのが、人前で恥ずかしげもなくベタつく行為。

2人だけのプライベートな場所ならOKですが、相手の友だちの前や職場などでそれをやるのは非常識です。

人前でベタつくのは、それだけ恋愛に不安がある証拠。ベタつくところを公に見せることで、自分たちの恋愛を確かなものにしたいのでしょう。

わざわざベタつかなくても、素敵な恋愛をしているカップルは見た目でわかります。もっと恋愛に自信を持つことを忘れずに。

【参考記事】はこちら▽


彼女が好きすぎて辛いと感じる時の対処法

彼女が好きすぎて辛い時の対処法

好きすぎて辛い時にはどうしたら良いでしょうか。特に男性は精神的にもろい面がありますから、適切に対処しないと恋愛がぶち壊しになることも。

ここでは彼女が好きすぎて辛いと感じる時、辛さを和らげる対処法について説明します。恋愛中の男性は必見ですよ。


対処法1. 相手に理想の恋人像を聞いて、近づけるように努力する

彼女が好きすぎて辛いのは、自分に自信がないのも一因です。

自信がないので、彼女が他の男性に目移りするのではないかと、不安になって辛くなるのでしょう。

対処法としては、彼女が思う理想の恋人像に自分を近づけることです。

少しずつ努力して近づけることで達成感を覚え、不安を解消できます。この対処法がおすすめなのは、自分から努力するという点

何もしないで不安だけ抱え込んで苦しむのは最悪です。自分から行動を起こすことで恋愛に積極的になれますね。


対処法2. 恋人に依存しすぎないよう、予定を埋めて私生活を充実させる

彼女を好きになった当初は、自分の人生のすべて捧げる気持ちになるはず。

しかしそれをいつまでも続けると、自分が苦しくなるだけでなく恋人にも負担を強いることになります。

このような時は、自分のプライベートな生活を充実させることがポイント。毎日彼女と会っていたのを週に2回にして、会えない分私生活を充実させるのです。

一気に燃え上がった恋は終わるのも早いもの。

燃え上がった恋の炎を持続させるためには、細く長く愛情を育てること。そのためにはお互いの私生活を充実させるのが一番です。


対処法3. 筋トレしたり、ダイエットしたり、自分磨きをして、自分に自信をつける

彼女か好きすぎて辛いときはダイエットなど自分磨きをする

彼女を好きになればなるほど、誰かに奪われるのではないかと不安に襲われます。不安の原因は自分に自信がないこと。

ただ不安に身を任せていれば辛くなるだけですから、何とか自分に自信をつけることが大事です。そのために効果的なのが自分磨き。

ジムに通って筋トレをするだけで自信が生まれます。ダイエットしてスマートになれば、自分のためにそこまで努力してくれたと好きな人は喜ぶはず

身体を動かせば前向き志向になって恋愛もうまくいきますよ。

【参考記事】はこちら▽


対処法4. なぜ辛いと感じるのか思いつく限り紙に書き出してみる

好きすぎて辛い時は逃げたり顔を背けるのではなく、真正面から辛さと向き合ってみるのも一つの方法です。

なぜ辛いのか、思いつくことすべてを紙に書き出してください。文字に書くことで辛さを客観的に見ることができます

辛さの実態がわかれば、それを解消する方法が見えてくるはず。

思いつく限り書き出したことを一つずつ解消すれば、自分に自信が生まれるでしょう。また書き出すことで辛さを軽減することができます。


対処法5. 思い切って好きすぎる好意を相手に伝えてみる

両思いでも好きすぎて辛いのに、片思いならなおさらです。彼女に今の現状を伝えてみるのも“アリ”です。

「重い…」と言われたらショックが大きいでしょうが、好きすぎる辛さから抜け出すことができます

素直に思いを告白すれば、彼女が受け止めてくれる可能性もあります。

自分の中にあるこのもやもやを好きな人に伝えてみるのもおすすめです。

【参考記事】はこちら▽


【付き合う前】片思い相手を好きすぎて辛い時の6つの対処法

片思いの相手を好きすぎて辛い時の対処法

色々な恋愛形態の中で最も辛いのが片思い。誰にも知られず、自分1人で苦しまねばならないからです。

片思いの辛さに耐えているだけでは心身に悪影響が及びます。ここでは片思い相手を好きすぎて辛い時の対処法について説明しましょう。


対処法1. 悩む暇もないくらい仕事や趣味に打ち込んでみる

片思いの辛さから逃れるためには、積極性と消極性の2つの方法があります。

どちらを選ぶかは個々人の性格によりますが、消極性で対処するなら職場の仕事や趣味に打ち込むのが一番

社会人なら片思いの辛さにとらわれると仕事が手につかなくなるでしょう。

周りにも迷惑をかけますから、悩む暇がないほど職場の仕事に打ち込むことで辛さを忘れられます。

職場の仕事が充実してくると心に余裕が生まれて、新たな恋愛に出会えるチャンスもありますよ。


対処法2. 親しい友人に相談して辛い気持ちを発散する

自分1人で苦しんでいると逃げ場がなくなってさらに辛くなります。

思い切って友人に打ち明けることで辛さを軽減できますよ

打ち明けるという行為には、友人のアドバイスがほしいという意味合いが込められています。

聞かされた友人も何らかのアドバイスをせざるを得ないでしょう。それによって新たな対処法を考えつくことも。

例えば友人が思いを相手の女性に伝える役目を果たしてくれないとも限りません。現実的な対処法としておすすめです。


対処法3. いつまでに実らなければ諦めると、事前に締め切りを決めてしまう

片思いの相手を好きすぎて辛いときは事前に締め切りを決める

片思いのままで苦しむよりは、積極的にアタックしてみるというのも1つの対処法です。

この場合、色々なケースが考えられますが、自分でゴールを決めて計画的に恋愛成就に向かって進むというのがおすすめ。

自分で締切を決めることによって、積極的な行動に出られます。事前に計画することで、万一の場合のショックも覚悟できます。

いつまでもグズグズと悩む自分ではなく、前向きの自分になることで辛さを解消するのは立派だといえますね。

【参考記事】はこちら▽


対処法4. なぜその人が好きで仕方ないのか、客観的にもう一度考えなおしてみる

ものごとを客観的に考え直すというのは、冷静になって心を落ち着かせることです。

冷静になることによって新たな解決法が見つかることがあります。

例えばもう一度じっくり考え直すことによって、彼女への愛が本物だと確信することもあるでしょう。その時は思い切って告白する勇気が湧くかもしれません。

逆に、頭の中で考えた疑似恋愛だと気づくこともあるでしょう。その時はきっぱり諦めがつきます。

どちらにしても落ち着いて考えれば頭を冷やすことになり、辛さの解消につなげることができます。

【参考記事】はこちら▽


対処法5. 少しでも脈ありだと思えるなら、思い切って告白してみる

思い切って告白することで、不安やイライラする気持ちを取り除くことができます。

がむしゃらに告白するのではなく、多少でも脈があるかどうか確かめて行動することが大事です。少しでも脈があるなら、告白が実る可能性もあるでしょう。

告白すると決めたら、告白の仕方について具体的に計画を練ってください。時と場所とタイミングを間違わなければ、相手も告白を受け入れてくれるかもしれません。

結果的に恋が叶わないとしても、それまでの片思いに決着をつけることができます。新たな恋に向かう気構えが生まれるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


対処法6. 彼氏持ちや彼女持ちの場合、できる限り次の恋に進むようにする

片思いの相手が彼氏 彼女持ちの場合次の恋に進む

告白しなくても、何らかの情報で彼氏持ちや彼女持ちであることがわかる場合があります。その時は思い切って諦めて、次の恋に向かうようにしましょう。

彼氏持ちや彼女持ちなら、諦めがつくものです。

彼女の幸せを願って片思いから静かに身を引くのは大人の対処法。もしも結婚の噂を耳にしたら、自分のことのように祝福してあげてください。

片思いの苦しさも会えない辛さも、時がたてば美しい思い出になるものです。

【参考記事】はこちら▽


本当にどうしようもない時は“略奪”を試みてみる

好きすぎて辛い片思いを簡単に諦めきれない場合はどうするか。彼女持ちや彼氏持ちであっても諦めきれない場合、思い切って略奪という手もあります。

これは一か八かの賭けです。もしかしたら恋の情熱にほだされて、愛が成就しないとも限りません。

まるでドラマの中の出来事みたいですが、片思いの辛さを相手にわかってもらう手段でもあります。

多少は自分にも脈があると感じたならば、思い切って行動する価値はありますね。

【参考記事】はこちら▽


一度自分の思いを見つめ直してみることが重要

自分の思いを見つめ直すのが大事

好きすぎて辛いとは、何と複雑な恋愛心理でしょうか。なぜこのような心理状態になるのか、女性側と男性側から心理を考察してみました。

恋は盲目と良いますが、記事を読んでいただければ冷静に客観的になることが大事だとわかっていただけるはず。

例え恋が辛くても、前向きに考えるようにしましょう。辛さが喜びに変わる日が来るかもしれませんよ。

【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事